ラインムジークさんのM IDI。  左のスライド音を小さくしたり、止められます。

総トップページ にジャンプ

    リンクの皆さま


 ここには、いままでいろいろと指導をいただいた方々のホームページをご紹介いたします。あわせて、あなたにメリットがありそうなホームページをお知らせしておきましょう。



 増井容子さんの素敵なページです。
 ギターを弾く人・ギター音楽に興味のある人には、必見のホームページと言えましょう。
 有名なタレガの「アルハンブラの宮殿」なども、容子さんが作成をしたM IDIで聞くことができます。

 



 パソコンを始めたのが、2003年のお雛様の日でした。まったく何もわからない私に、いろいろと教えてくれたM 先輩のホームページです。技術的に大いに学ばせていただきました。
 感謝をするとともに、皆さまにご紹介いたしましょう。

http://members3.jcom.home.ne.jp/makiko.miki/




 時々刻々と変化をする時代の流れを先取りする情報。
 生きる指針を得るために、日々私が見る異色のブログ。あくまでも過去の時代を冷静に分析し、未来を見通そうという姿勢が素晴らしい。将来が不安な方は、ぜひ見ておくとよいでしょう。





 「人類猫化計画」
 神奈川県の西端・湯河原温泉で小さな旅館を営む かけだしの女将が綴る日々のプログ。
 本人は「現代の寺田屋女将・お登勢」を目指しているが、はてさて……(^^;;





 歌人、三木アヤの短歌集のホームページです。
 19歳で「多磨」に入会し、その後、「コスモス」で60有余年の作歌人生と臨床心理を専攻し、ユング派の心理カウンセラーで箱庭療法の技法の普及にも貢献。





 現代における社会現象の問題点などを鋭く描き出した異色のホームページです。
 國の存亡にかかわる問題なども、やさしく解説がなされていますので、近未来のことを考える必要が生じたら、ぜひお目をとおすことをお勧めします。





 掲示板とチャット、そしてパソコンショップなどの老舗(しにせ)teacupさん。
 無料の掲示板をやっていたんだが、割安なので有料のに変えちゃった。同じ形のバナー(リンク方法)をクリックすると、無料画像素材サイトの紹介がありますよ。





 「いらそよ」さんの素敵なフリーの素材集です。
 見ているだけでも楽しくなっちゃうような可愛い素材がいっぱい。私は、そのいくつかをダウンロードさせていただき、利用をしています。





 素晴らしいピアノの実演があるサイトです。
 園田高弘氏や廻由美子さんの演奏が聴けます。私は、このようなサイトがあるので、演奏会に聴きに行くことも少なくなってしまいました。あるいは、歳のせいでしょうか。

http://www.piano.or.jp/enc/pianist/index.html



 長谷川さんが教えてくれた「ベートーベンのヴァイオリンソナタ」がほとんど聞けるサイトです。
 1番・2番・3番・4番・5番(スプリング)・9番(クロイッェル)などをヴァイオリン=シュナイダーハン、ピアノ=ケンプで聞けます。その他、素晴らしいクラシック音楽が解説付きで、多く納められています。

http://www.yung.jp/yungdb/kousin.php



 大好きなピアノ曲がたくさんある「ラインムジーク」さんを、ときどき聞かせてもらいます。
 ショパンの曲やブルグミュラーの素敵な曲などが、美しい画像や親切な解説ととともに聞けるので、とても楽しみです。皆さんもどうぞ、素晴らしい「調和のひととき」で安らいでください。

 

  クラシックMIDIラインムジーク



 ギタリストの多嶋田 馨氏がお作りになった最高のM IDI 曲集です。
 ソル・タレガ・フェルディナンド=カルリ・コスト・ジュリアーニ・アグアード・カルカッシ・カルリ・レニアーニ・サグレラス・バリオス・アントニオ=カーノなどの曲が、ほとんど聴ける素晴らしいサイトです。

  



 このホームページに、すばらしい仕様のアクセスカウンタを8個お借りしました。
 その他、「BLOG(ブログ)」や「100メガバイトのホームページ」などがあって「レンタルプログラムと娯楽ツールの決定版!」です。あなたも、ご利用をしたらいかがでしょうか。






 なお、ご覧になっているこの『RIKOホームページ』自体は、リンクフリーです。
 上記の「リンクの皆さま」の各ホームページのリンクについては、このホームページでは個別に許可を取りました。しかし、新たにリンクをするときは、改めて各管理人にお問い合わせください。
 この『RIKOホームページ』にリンクをしていただくときは、なるべくトップページからお願いします。後で、技術的なトラブルが生じないようにするためです。
 その理由については、「プロローグについて」をご参照ください。
 この『RIKOホームページ』にリンクをするきに、下記バナーを利用していただいてもかまいません。

  URL は http://www.riko.cc/ です。

Kuroda Kouta (2006.02.15/2007.08.06)