総トップページにジャンプ

  私の「般若心経」入門


○はじめに
○般若心経漢訳原文
○般若心経漢訳大本
○般若心経英語訳文
○般若心経現代語訳(私流=個人用)
○経典の中にある無と空
○空の意味
○無の意味


○はじめに

 このページは、「私のシステム」の資料として作成をしました。
 そんなわけで、私個人の解釈ですから、学問的には間違っているかもしれません。また、かなり大きな問題なので、少しずつ書き足していく方法で行っています。したがって、書くことをためらっているために、未完成になっている記述が多くあることでしょう。
 そのようなことを最初にお断りしておきます。

 般若心経の漢訳や現代語訳は、かなり存在します。
 それでは、なぜここに新たに般若心経を載せるのでしょうか。実は、今までの般若心経は難しくて私にはわからないのです。そして、わからなければ仕方がありません。いくら有りがたい経文であっても、「猫に小判」や「豚に真珠」であっては困ります。
 つまり、自分なりにわかるようにしたいのです。

 般若心経の現代語訳についていうと、中村元・紀野一義両氏の訳、糸川英夫氏の訳、桑田二郎氏の訳、柳沢桂子氏の訳などは、それなりにわかります。しかし、私にはまだまだ難解です。そして、私の解釈とは異なる部分を多く含んでいます。そこで、自分自身のために納得のできる般若心経が必要だと考えました。
 そんなためのページであることをご理解ください。


○般若心経漢訳原文

 いくつかある漢訳ですが、ここではテキストとして玄奘訳によるものを用います。
 いちばん有名なお経ですから、ご存じの人も多いことでしょう。

観自在菩薩。行深般若波羅密多時。照見五蘊皆空。度一切苦厄。舎利子。色不異空。空不異色。色即是空。空即是色。受想行識亦復如是。舎利子。是諸法空相・不生不滅。不垢不浄不増不減。是故空中。無色。無受想行識。無眼耳鼻舌身意。無色声香味触法。無眼界。乃至無意識界。無無明。亦無無明尽。乃至無老死。亦無老死尽。無苦集滅道。無智亦無得。以無所得故。菩提薩捶。依般若波羅密多故。心無●礙。無●礙故。無有恐怖。遠離一切顛倒夢想。究竟涅槃。三世諸仏。依般若波羅密多故。得阿耨多羅三藐三菩提。故知般若波羅密多。是大神呪。是大明呪。是無上呪。是無等等呪。能除一切苦。真実不虚故。説般若波羅密多呪。即説説曰

 掲諦 掲諦 波羅掲諦 波羅僧掲諦 菩提僧莎訶

般若心経(般若波羅密多心経)


 なお、上の文で●となっている箇所は、「四」の下に「圭」という文字です。


○般若心経漢訳大本

 大本は、原文の前後に少しばかりあって、いわゆるお経の形になっています。
 後でこの部分を取ったか、あるいは後で付けたかについて、私は存じません。


○般若心経英語訳文

 残念ながら、私はパーリ語を知りません。
 そこで、パーリ語からダイレクトに(漢訳を経由しないで)訳された英語の訳文を利用します。

 The venerable Bodhisattva Avalokitesvara, performing his study in the deep Prajnaparamita(perfection of wisdom), thought thus: "There are the five Skandhas, and these he considered as by their nature empty (phenomenal)."
 "O Sariputra," he said, "form here is emptiness, and emptiness indeed is form. Emptiness is not different from, form is not different from emptiness. What is form that is emptiness, what is emptiness that is form."
 "The same applies to perception, name, conception, and knowledge."
 "here, O Sariputra, all things have the character of emptiness, they have no beginning, no end, they are faultless and not faultless, they are not imperfect and not perfect. Therefore, O Sariputra, in this emptiness there is no form, no perception, no name, no concepts, no knowledge. No eye, ear, nose, tongue, body, mind. Nl form, sound, smell, taste, touch, objects.
 ……


○般若心経現代語訳(私流=個人用)

 皆さん。
 物そのものには、分子であってもともと実態がありません。実態がないからこそ、分子が集まると物になるのです。
 実態がないと言っても、見えない分子の集まりなのです。したがって、物は見えないからと言ってないわけではないのです。
 ……


 

○経典の中にある無と空

 ここで改めて、経典の中にある「無」と「空」という文字について、考えてみましょう。
 この「空」についての理解と認識ができていないと、何回『般若心経』を読んでも意味がわかりません。そこで、私は自分なりに次のように考えました。

 『般若心経』は短い教典です。
 いわゆる玄奘訳の小本でも、たかだか総文字数が262文字です。
 そして驚くことに、その中に

    「無」という文字  21文字
    「空」という文字  7文字

が含まれているのです。
 つまり、「無」と「空」という文字は、全体の1割以上も占めているのです。
 そのようなことも踏まえて、この経はいかに「無」と「空」という概念を主題としているかが、自ずとわかります。
 ……


○空の意味

 空の意味について、改めて考えてみましょう。
 空というのは、ものがあるとかないとかいうことではなく、一つの状態を言うようです。つまり、自由というような空間を言っているのであって、無にとらわれないことです。
 むろん、空は「からっぽ」のことではありません。むしろ、虚空というような一種の宇宙空間を言っているのではないでしょうか。私たち人間も、動物も植物も、月も太陽も含む空間です。
 そこにすべてのものが、例えば分子というような見えないレベルで、溶け込んでいるということになりましょう。
 ……


○無の意味

 無の意味。
 無は有の反対概念と考えられます。
 しかし、単に無いというのではなく、「とらわれない」「こだわらない」ということを含みます。つまり、一切の執着を離れて、物事に心を奪われないことです。
 ……


Kuroda Kouta (2007.08.25/2008.02.04)