総トップページにジャンプ

  rikの「ラップリン健康法」仮説



はじめに
ラップリン健康法


はじめに

 いちおう仮説としておきましょう。


ラップリン健康法

 オシッコは、身体の初期状態を知っていて、何らかの不都合で異常をきたすと、それを正常に戻すらしい。つまり、オシッコは治療ではなく、予防の働きがある。いったん、症状が重くなってしまうと、もはや効果はないみたい。

 身体がその状態になってしまうと、もはや効かない。つまり、それが通常な状態でない健康なうちに、日々やっておく必要がある。

 インターフェロンの作用とも関係があるらしい。
 インターフェロン(interferon)は、ウイルスが感染した細胞や腫瘍細胞で作られて、その増殖の抑制をする特殊な蛋白質。抗癌剤などに利用される。

 内臓や皮膚(肌)を活性化する効果があるらしい。

 ガンにならない、あるいはなりにくくなる効果があるのではないか。

 寿命が延びるのではないか。

 どうして良くなるかが科学的に証明される以前からも、世界中で行われていたという事実。


Kuroda Kouta (2010.11.28/2010.11.28)