総トップページにジャンプ

  新宿御苑


○はじめに
○入り口(新宿門)
○母と子の森
○日本庭園
○旧御涼亭(台湾閣)
○イギリス風景式庭園
○フランス式整形庭園
○玉藻池
○温室
○おわりに


○はじめに

 新宿御苑をプチさん(プティ散策)してみました。
 園内は大きく、
  母と子の森
  日本庭園
  イギリス風景色庭園
  フランス式整形庭園
  温室
の区域に分かれているようです。


○入り口(新宿門)

 新宿門・大木戸門・千駄ヶ谷門から出入りできます。他に正門や管理門がありますが、一般入園者は通れません。下は新宿門。左側(北)にあるのは、インフォメーションセンターです。





○母と子の森

 身近な自然の動植物が楽しめるエリアです。




 の回りを一周する散策・観察路のようになっています。




 池尻は、水が淀んでいました。




 このコースには、大木もありました。まず、メタセコイヤ




 メタセコイヤの説明。




 ラクウショウ




 ラクウショウの説明。





○日本庭園

 「上の池」から始まる池を中心とした日本庭園




 太鼓橋を渡ったところから北を見ると。




 さらに下って、上の池は橋の向こうに。




 芝生はきれいに手入れをされている。





○旧御涼亭(台湾閣)

 池ノ上に建っている。




 正面入り口。




 その説明文




 入り口右側の飾り窓。




 その説明。




 内部からの眺め。





○イギリス風景式庭園

 イギリス風景式庭園の「中の池」。西を見たところ。




 しかし、ちょっとアングルを変えると、西新宿の高層ビルが見える。数枚前の「○日本庭園」にある「上の池」の上には、左側の建物がで〜んと写っていたので上部をカットした。





○フランス式整形庭園

 シンメトリーなのがフランス式整形庭園なのであろうか。砂利の広場の向こうは、大木の並木。




 反対側の並木。




 バラ園になっているが、季節でないので咲いていない。




 東側にある正門を内側から見たところ。この門は、ふだんは閉まっているようだ。





○玉藻池

 江戸時代に完成した内藤家の庭園の面影を残している。玉藻池の中島。




 玉藻池の説明




 玉藻池の上にある休憩所。手前に池がある。




 休憩所から池までは、なだらかな斜面になっている。





○温室

 工事中のため閉鎖中。平成23(2011年)年に、リニューアルオープンの予定らしい。




 温室の前(南)にある花壇





○おわりに

 入場料が必要ですが、全体が管理区域ですから比較的に安全な場所でしょう。また、池に落ちたりしないかぎり、あまり危険もないので高齢者には好ましい場所のようです。


Kuroda Kouta (2008.09.05/2008.09.07)