総トップページにジャンプ

   青空の入門ページいわれ



 「青空の入門ページ」と「青空の創作ページ」は、最初に総トップページであった『RKOページへようこそ!』の内容を補完するために、次々と作成をしたものです。したがって、何となく応急的なページ多く、後になってみるとその体系が整っていないことに気づきます。

 実は、「青空の入門ページ」にある資料は、私が必要に応じて作成をしたものなのです。
 また、可能性を調べる「試み」として作成をしたものもあります。そんなことを最初に「おことわり」しておく必要があるでしょう。
 このホームページの管理人(黒田康太)は老いてきたせいか、記憶力が次第に弱くなってきました。そこで、忘れないためにメモをしておく必要があります。インターネットの操作やホームページの作成などの手順や方法は、その都度こまめにインプットしてメモを残しました。
 なぜならば、自分自身がわからなくなったときに、そこを見る必要があったからです。

 また、インターネット以外の項目に関しても同じことです。
 私は、いわゆる文学者でも美術家でもありませんし、音楽家でもありません。正直のところ、それらにはほとんど経験がないのです。つまり、芸術に関しては、まったくの素人(しろうと)なんです。
 ですから、一度やったことを整理したメモがあって、次回は迷わずできるようにすることが狙いなのです。それを「入門」などという言葉でまとめておくことは、ちょっとあつかましいかもしれません。

 しかし、高齢になって職を必要としなくなった人たち、つまり私も含めてですが、そんな人たちの「日々の楽しみ」を追究するために、さらに大げさに言うなれば「生きている証明」をするために、ガイダンスのような内容として考え、メモにまとめておいたのです。
 また、高齢になると一人で過ごすことを考えなければなりません。なぜならば、配偶者が死んでしまったり、子どもたちと軋轢(あつれき)があったりするからです。つまり、「一人で遊ぶことができるような時間・空間」を作ってみようという試みが、とくに高齢になったときに必要であることを忘れないでください。そんなための工夫も、この「青空の入門ページ」にはあるのです。

 市の総合福祉センターへ行って、皆さんの意見を聞くことがあります。
 すると、ほとんどの人が自分の意見に対して「そうだ。そうだ。」とか「そうだろう。そうだろう。」と言ってくれる人が欲しいようです。配偶者に死に別れた人の場合には、とくにそのような傾向が強いようです。しかし、現代において親身になって聞いてくれる人が身の回りにいる人は、ほとんど少ないことが現実です。いきおい、自分の生活に不満が生じたり、政治や社会情勢に目が向くことになるでしょう。
 しかし、そのようなことにならないようにこの「青空の入門ページ」が考えられたことも事実です。それぞれの人が自分なりに、気持ちを昇華できるようなきっかけや工夫も考えたからです。


 その結果、おかしな「入門ページ」ができてしまいました。
 なぜならば、私は社会人であったころ、技術系の仕事をしていたからです。つまり、エンジニアだったのです。そして、若いころは技術系のこと以外には、あまり勉強をする時間的余裕がありませんでした。そんな事情ですから、私にとっても今回ほとんどのことが「入門」で、いきおいお粗末な内容になってしまったのです。

 文学の勉強や油絵、そして作曲などは遅蒔きながら50歳代から始めました。
 宗教などの勉強も、そろそろ死が近づいたことで「安心立命」を確立するために、何とかしなければいけないと思って始めた次第です。したがって、手順を間違わないためのテキストが必要と考えたのです。そんな中で、誰でもやれば「ある程度はできる」のだということもわかりました。

 いずれも個人の楽しみの範囲でやってみたもので、あまり本格的なものではないことを、ここに重ねてお断りしておくゆえんです。あなたがプロを目指すときは、もしかしたら別の方法がよいのではないでしょうか。


 「入門ページ」は、「ホームページ作成」から初めて、いろいろな内容になりました。
 しかし、大げさに「入門」などと言っても、大したことではありません。
 ここでは、何でも「手始めにする」ときに、どんな基本知識が必要かをアドバイスしています。そして、そのほとんどは、私が実際にやって経験をしてみたことなんです。
 そんなわけで「入門」などと言うよりも、あなたへのアドバイスとともに、自分自身のためのメモ覚えともなっている次第です。

 いちおう、次のような八つの分野になっています。

    インターネット・パソコン・ホームページ入門
    文章・美術・音楽など入門
    古典・宗教など入門
    身近な知識・技術など入門
    ゲーム入門
    健康入門
    老化予防入門
    心立命入門

 これは、何となく雑駁(ざっぱく)な並べ方で、古典や宗教があるかと思えば、ゲームなどがあったりして、ちょっと不思議な空間ですね。また中には、なぜそこにそれが置かれているかその理由が、何となくはっきりしないものもあるでしょう。
 あまりよく吟味をしないままに、その都度アップデートしてしまったページがあるからです。

 「なぜそんなことになってしまったか」という疑問に、ここで弁解をしておきましょう。
 初めは大いに意気込んで始めた「入門コース」でしたが、どうしたことか当初の計画と異なってこのホームページには訪問者がほとんどありません。したがって、ご意見やご批評などもいただいたことがないのです。
 そんなわけで、まったく寂しいかぎりです。

 当初に考えたご利用者が、計画の百分の一にもならなかったのです。したがって、Yahoo楽天などから四つ借りていたサイト(合計1200メガバイト=1.2ギガバイト)を1ギガバイトのサイト一つにまとめてしてしまいました。そして、その1ギガバイトもまだ半分くらいしか利用していないありさまです。(2007年9月21日現在)
 仕方がないので、自分自身のメモや覚えをここに置いて、何とかいっぱいにしようと考えたのです。

 そんなわけで、意味内容のはっきりしないものや、作成途中で放置したようなものもあって、まったく見苦しい限りです。いったん作成を計画したものの、他の仕事が忙しかったり、私自身が健康をそこなったため億劫(おっくう)になったりして、作業が進まないままに中途半端の状態になっているページがあるのです。

 とくに「古典・宗教など入門」ページには、注意が必要です。
 最初、「青空ライブラリ(RIKO文庫)」として何人かの賛同をいただいて始めたのですが、実施に先がけて物故や事故があって、とても人手が足りません。本来ならば校正を入念にしなければならないところ、そのままになったページがあります。なぜならば、とりあえず自分自身用に使えればよいと考えたからです。今後、協力者が現れたら、より完成度の高い現代版のテキストを新たに載せていくつもりです。

 そのような事情で、何とか身体の健康を取り戻し、先に進めていこうと考えているのですが、……
 そんなことも、どうかご承知ください。



Kuroda Kouta (2004.07.03/2007.12.20)