総トップページ にジャンプ
この資料に関するコメント

 原文『歎異抄』全巻





 ひそかに愚案を回(めぐ)らして、ほぼ古今を勘(かんが)ふるに、先師(=親鸞)の口伝(くでん)の真信に異なることを歎き、後学相続の疑惑有ることを思ふ。幸ひに有縁(うえん)の知識に依(よ)らずば、いかでか易行(いぎょう)の一門に入ることを得んや。全(まった)く自見の覚悟をもつて他力の宗旨を乱ることなかれ。

よって、故親鸞聖人の御物語の趣(おもむき)、耳の底に留むる所(ところ)いささかこれをしるす。ひとへに同心行者の不審を散ぜんがためなりと。云々。


第一条

 一 弥陀の誓願不思議にたすけられまゐらせて、往生をばとぐるなりと信じて、念仏申さんとおもひたつこころのおこるとき、すなわち摂取不捨(せっしゅふしゃ)の利益にあづけしめたまふなり。弥陀の本願には、老少・善悪のひとをえらばれず、ただ信心を要とすとしるべし。そのゆへは、罪悪深重・煩悩熾盛(ぼんのうしじょう)の衆生をたすけんがための願にてまします。

しかれば本願を信ぜんには、他の善も要にあらず、念仏にまさるべき善なきがゆへに。悪をもおそるべからず、弥陀の本願をさまたぐるほどの悪なきゆへにと。云々。


第二条

 一 おのおの十余箇国のさかひをこえて、身命をかへりみずして、たづねきたらしめたまふ御こころざし、ひとへに「往生極楽のみちを問ひきかん」がためなり。しかるに、「念仏よりほかに往生のみちをも存知し、また法文等をもしりたるらん」と、こころにくくおぼしめしておはしましてはんべらんは、おほきなるあやまりなり。もししからば、南都・北嶺にもゆゆしき学匠たち、おほく座(おわ)せられて候ふなれば、かのひとびとにもあひたてまつりて、往生の要よくよくきかるべきなり。

親鸞におきては、ただ念仏して弥陀にたすけられまゐらすべしと、よきひと(=法然)の仰せをかぶりて、信ずるほかに別の子細なきなり。念仏は、まことに浄土に生るるたねにてやはんべるらん、また地獄におつべき業にてやはんべるらん。総じてもつて存知せざるなり。

たとひ法然聖人にすかされまひらせて、念仏して地獄におちたりとも、さらに後悔すべからず候ふ。そのゆへは、自余の行もはげみて仏に成るべかりける身が、念仏を申して地獄にもおちて候はばこそ、すかされたてまつりてといふ後悔も候はめ。いづれの行もおよびがたき身なれば、とても地獄は一定すみかぞかし。

弥陀の本願まことにおはしまさば、釈尊の説教虚言なるべからず。仏説まことにおはしまさば、善導の御釈、虚言したまふべからず。善導の御釈まことならば、法然の仰せそらごとならんや。法然の仰せまことならば、親鸞が申すむね、またもつてむなしかるべからず候ふか。詮ずるところ、愚身の信心におきては、かくのごとし。このうへは、「念仏をとりて信じたてまつらんとも、またすてんとも、面々(めんめん)の御はからひなり」と。云々。


第三条

 一 「善人なほもつて往生をとぐ、いはんや悪人をや?」 しかるを世のひとつねにいはく、「悪人なほ往生す、いかにいはんや善人をや?」と。この条、一旦そのいはれあるに似たれども、本願他力の意趣にそむけり。そのゆへは、自力作善のひとは、ひとへに他力をたのむこころかけたるあひだ、弥陀の本願にあらず。

しかれども、自力のこころをひるがへして、他力をたのみたてまつれば、真実報土の往生をとぐるなり。煩悩具足のわれらは、いづれの行にても生死(しょうじ)をはなるることあるべからざるを、あはれみたまひて、願をおこしたまふ本意、悪人成仏のためなれば、他力をたのみたてまつる悪人、もっとも往生の正因なり。よって善人だにこそ往生すれ、まして悪人はと、仰せ候ひき。


第四条

 一 慈悲に聖道・浄土のかはりめあり。聖道の慈悲といふは、ものをあはれみ、かなしみ、はぐくむなり。しかれども、おもふがごとくたすけとぐること、きはめてありがたし。浄土の慈悲といふは、念仏して、いそぎ仏になりて、大慈大悲心をもって、おもふがごとく衆生を利益(りやく)するをいふべきなり。今生(こんじょう)に、いかにいとほし、不便(ふびん)とおもふとも、存知のごとくたすけがたければ、この慈悲始終なし。

しかれば、念仏申すのみぞ、すえとほりたる大慈悲心にて候ふべきと。云々。


第五条

 一 親鸞は父母(ぶも)の孝養のためとて、一返にても念仏申したること、いまだ候はず。

そのゆへは、一切の有情(うじょう)はみなもって世々生々の父母(ぶも)・兄弟なり。いづれもいづれも、この順次生に仏に成りてたすけ候ふべきなり。わがちからにてはげむ善にても候はばこそ、念仏を回向(えこう)して父母をもたすけ候はめ。ただ自力をすてて、いそぎ浄土のさとりをひらきなば、六道・四生のあひだ、いづれの業苦(ごうく)にしづめりとも、神通方便をもって、まづ有縁を度すべきなりと。云々。


第六条

 一 専修念仏のともがらの、わが弟子、ひとの弟子といふ相論の候ふらんこと、もつてのほかの子細なり。

親鸞は弟子一人ももたず候ふ。そのゆへは、わがはからひにて、ひとに念仏を申させ候はばこそ、弟子にても候はめ。ひとえに弥陀の御もよほしにあづかって念仏申し候ふひとを、わが弟子と申すこと、きはめたる荒涼のことなり。つくべき縁あればともなひ、はなるべき縁あればはなるることのあるをも、師をそむきて、ひとにつれて念仏すれば、往生すべからざるものなりなんどといふこと、不可説なり。

如来よりたまはりたる信心を、わがものがほに、とりかへさんと申すにや。かへすがへすもあるべからざることなり。自然のことわりにあひかなはば、仏恩をもしり、また師の恩をもしるべきなりと。云々。


第七条

 一 念仏者は無礙(むげ)の一道なり。そのいはれいかんとならば、信心の行者には、天神・地祇も敬伏し、魔界・外道も障礙(しょうげ)することなし。罪悪も業報を感ずることあたはず、諸善もおよぶことなきゆへに無礙の一道なりと。云々。


第八条

 一 念仏は行者のために、非行・非善なり。わがはからひにて行ずるにあらざれば、非行といふ。わがはからひにてつくる善にもあらざれば、非善といふ。ひとへに他力にして、自力をはなれたるゆへに、行者のためには非行・非善なりと。云々。


第九条

 一 念仏申し候へども、踊躍歓喜(ゆやくかんぎ)のこころ、おろそかに候ふこと、またいそぎ浄土へまゐりたきこころの候はぬは、いかにと候ふべきことにて候ふやらんと、申しいれて候ひしかば、親鸞もこの不審ありつるに、唯円房おなじこころにてありけり。よくよく案じみれば、天にをどり地にをどるほどに、よろこぶべきことを、よろこばぬにて、いよいよ往生は一定とおもひたまふなり。

よろこぶべきこころをおさへて、よろこばせざるは、煩悩の所為なり。しかるに仏かねてしろしめして、煩悩具足の凡夫と仰せられたることなれば、他力の悲願は、かくのごときのわれらがためなりけりとしられて、いよいよたのもしくおぼゆるなり。また浄土へいそぎまゐりたきこころのなくて、いささか所労のこともあれば、死なんずるやらんとこころぼそくおぼゆることも、煩悩の所為なり。

久遠劫(くおんごう)よりいままで流転せる苦悩の旧里はすてがたく、いまだ生れざる安養の浄土はこひしからず候ふこと、まことによくよく煩悩の興盛に候ふにこそ。なごりをしくおもへども、娑婆の縁尽きて、ちからなくしてをはるときに、かの土へはまゐるべきなり。いそぎまゐりたきこころなきものを、ことにあはれみたまふなり。これにつけてこそ、いよいよ大悲大願はたのもしく、往生は決定と存じ候へ。

踊躍歓喜(ゆやくかんぎ)のこころもあり、いそぎ浄土へもまゐりたく候はんには、煩悩のなきやらんと、あやしく候ひなましと。云々。


第十条

 一 念仏には、無義をもつて義とす。不可称・不可説・不可思議のゆへにと、仰せ候ひき。

 そもそもかの御在生のむかし、おなじくこころざしにして、あゆみを遼遠(りょうえん)の洛陽にはげまし、信をひとつにして、心を当来の報土にかけしともがらは、同時に御意趣をうけたまはりしかども、そのひとびとにともなひて念仏申さるる老若、そのかずをしらずおはしますなかに、上人(=親鸞)の仰せにあらざる異義どもを、近来はおほく仰せられあうて候ふよし、伝へへうけたまはる。いはれなき条々の子細のこと。


第十一条

 一 一文不通(いちもんふつう)のともがらの念仏申すにあうて、「なんぢは誓願不思議を信じて念仏申すか?」、また「名号不思議を信ずるか?」と、いひおどろかして、ふたつの不思議を子細をも分明にいひひらかずして、ひとのこころをまどはすこと、この条、かへすがへすもこころをとどめて、おもひわくべきことなり。

誓願の不思議によりて、やすくたもち、となへやすき名号を案じいだしたまひて、この名字をとなへんものを、むかへとらんと、御約束あることなれば、まづ弥陀の大悲大願の不思議にたすけられまゐらせて、生死を出づべしと信じて、念仏の申さるるも、如来の御はからひなりとおもへば、すこしもみづからのはからひまじはらざるがゆへに、本願に相応して実報土に往生するなり。

これは誓願の不思議をむねと信じたてまつれば、名号の不思議も具足して、誓願・名号の不思議ひとつにして、さらに異なることなきなり。つぎにみづからのはからひをさしはさみて、善悪のふたつにつきて、往生のたすけ・さはり、二様におもふは、誓願の不思議をばたのまずして、わがこころに往生の業をはげみて、申すところの念仏をも、自行になすなり。

このひとは名号の不思議をもまた信ぜざるなり。信ぜざれども、辺地・懈慢(けまん)・疑城・胎宮にも往生して、果遂の願(かすいのがん=第二十願)のゆへに、つひに報土に生ずるは、名号不思議のちからなり。これすなはち、誓願不思議のゆへなれば、ただひとつなるべし。


第十二条

 一 経釈をよみ学せざるともがら、往生不定のよしのこと。この条、すこぶる不足言の義といひつべし。

他力真実のむねをあかせるもろもろの聖教は、本願を信じ念仏を申さば仏に成る、そのほか、なにの学問かは往生の要なるべきや。まことに、このことわりに迷へらんひとは、いかにもいかにも学問して、本願のむねをしるべきなり。経釈をよみ学すといへども、聖教の本意をこころえざる条、もつとも不便のことなり。一文不通にして、経釈の往く路もしらざらんひとの、となへやすからんための名号におはしますゆへに、易行(いぎょう)といふ。

学問をむねとするは聖道門なり。難行となづく。あやまって学問して名聞・利養のおもひに住するひと、順次の往生、いかがあらんずらんといふ証文も候ふぞかし。当時、専修念仏のひとと聖道門のひと、法輪をくはだてて、「わが宗こそすぐれたれ、ひとの宗はおとりなり」といふほどに、報敵も出できたり、謗法もおこる。これしかしながら、みずからわが法を破謗(はぼう)するにあらずや。

たとひ諸門こぞりて、「念仏はかひなきひとのためなり、その宗あさし、いやし」といふとも、さらにあらそはずして、「われらがごとく、下根(げこん)の凡夫、一字不通のものの、信ずればたすかるよし、うけたまはりて信じ候へば、さらに上根のひとのためにはいやしくとも、われらがためには最上の法にてまします。たとひ自余の教法すぐれたりとも、みづからがためには、器量およばざればつとめがたし。

われもひとも、生死をはなれんことこそ、諸仏の御本意にておはしませば、御さまたげあるべからず」とて、にくい気せずは、たれのひとかありて、あだをなすべきや。

かつは諍論(じょうろん)のところには、もろもろの煩悩おこる、智者遠離すべきよしの証文候ふにこそ。故聖人(=親鸞)の仰せには、「この法をば信ずる衆生もあり、そしる衆生もあるべしと、仏説きおかせたまひたることなれば、われはすでに信じたてまつる。また、ひとありてそしるにて、仏説まことなりけりとしられ候ふ。しかれば往生はいよいよ一定とおもひたまふなり。あやまつてそしるひとの候はざらんにこそ、いかに信ずるひとはあれども、そしるひとのなきやらんともおぼえ候ひぬべけれ。

かく申せばとて、かならずひとにそしられんとにはあらず、仏の、かねて信謗ともにあるべきむねをしろしめして、ひとの疑をあらせじと、説きおかせたまふことを申すなり」とこそ候ひしか。いまの世には、学問してひとのそしりをやめ、ひとへに論議問答むねとせんと、かまへられ候ふにや。学問せば、いよいよ如来の御本意をしり、悲願の広大のむねをも存知して、いやしからん身にて往生はいかがなんどあやぶまんひとにも、本願には善悪・浄穢(じょうえ)なき趣をも、説ききかせられ候はばこそ、学生のかひにても候はめ。

たまたまなにごころもなく、本願に相応して念仏するひとをも、学問してこそなんどいひおどさるること、法の魔障なり、仏の怨敵(おんてき)なり。みづから他力の信心かくるのみならず、あやまつて他を迷はさんとす。つつしんでおそるべし、先師(=親鸞)の御こころにそむくことを。かねてあはれむべし、弥陀の本願にあらざることをと。云々。


第十三条

 一 弥陀の本願不思議におはしませばとて、悪をおそれざるは、また本願ぼこりとて、往生かなふべからずといふこと。この条、本願を疑ふ、善悪の宿業をこころえざるなり。

よきこころのおこるも、宿善のもよほすゆへなり。悪事のおもはれせらるるも、悪業のはからふゆへなり。故聖人(=親鸞)の仰せには、「卯毛(うのけ=兎の毛)・羊毛(ひつじのけ)のさき(=先)にゐるちり(=塵)ばかりもつくる罪の、宿業にあらずといふことなしとしるべし」と候ひき。

またあるとき、「唯円房はわがいふことをば信ずるか?」と、仰せの候ひしあひだ、「さん候ふ」と、申し候ひしかば、「さらば、いはんことたがふ(=違う)まじきか?」と、かさねて仰せの候ひしあひだ、つつしんで領状(りょうじょう)申して候ひしかば、「たとへば、ひとを千人ころしてんや、しからば往生は一定すべし」と、仰せ候ひしとき、「仰せにては候へども、一人もこの身の器量にては、ころしつべしともおぼえず候ふ」と、申して候ひしかば、「さては、いかに親鸞がいふことをたがふまじきとはいふぞ」と。

「これにてしるべし。なにごともこころにまかせたることならば、往生のために千人ころせといはんに、すなはちころすべし。しかれども、一人にてもかなひぬべき業縁なきによりて害せざるなり。わがこころのよくてころさぬにはあらず。また害せじとおもふとも、百人・千人をころすこともあるべし」と、仰せの候ひしは、われらがこころのよきをばよしとおもひ、悪しきことをば悪しとおもひて、願の不思議にてたすけたまふといふことを、しらざることを仰せの候ひしなり。

そのかみ邪見(じゃけん)におちたるひとあって、悪をつくりたるものをたすけんといふ願にてましませばとて、わざとこのみて悪をつくりて、往生の業とすべきよしをいひて、やうやうにあしざまなることのきこえ候ひしとき、御消息に、「薬あればとて、毒をこのむべからず」と、あそばされて候ふは、かの邪執をやめんがためなり。

まったく、悪は往生のさはりたるべしとにはあらず。持戒・持律にてのみ本願を信ずべくは、われらいかでか生死をはなるべきや。かかるあさましき身も、本願にあひたてまつりてこそ、げにほこられ候へ。さればとて、身にそなへざらん悪業は、よもつくられ候はじものを。また、「海・河に網をひき、釣をして、世をわたるものも、野・山にししをかり、鳥をとりて、いのちをつぐともがらも、商ひをし、田・畠をつくりて過ぐるひとも、ただおなじことなり」。

「さるべき業縁のもよほさば、いかなるふるまひもすべし」とこそ、聖人(=親鸞)は仰せ候ひしに、当時は後世者(ごせしゃ)ぶりして、よからんものばかり念仏申すべきやうに、あるいは道場にはりぶみをして、なむなむ(なんなん)のことしたらんものをば、道場へ入るべからずなんどといふこと、ひとへに賢善・精進の相を外にしめして、内には虚仮(こけ)をいだけるものか。

願にほこりてつくらん罪も、宿業のもよほすゆへなり。されば、善きことも、悪しきことも、業報にさしまかせて、ひとへに本願をたのみまゐらすればこそ、他力にては候へ。『唯信抄』にも、「弥陀、いかばかりのちからましますとしりてか、罪業の身なれば、すくはれがたしとおもふべき」と候ふぞかし。本願にほこるこころのあらんにつけてこそ、他力をたのむ信心も決定しぬべきことにて候へ。

おほよそ、悪業・煩悩を断じ尽してのち、本願を信ぜんのみぞ、願にほこるおもひもなくてよかるべきに、煩悩を断じなば、すなはち仏に成り、仏のためには、五劫思惟の願、その詮なくやましまさん。本願ぼこりといましめらるるひとびとも、煩悩・不浄具足せられてこそ候うげなれ。それは願にほこらるるにあらずや。いかなる悪を本願ぼこりといふ、いかなる悪かほこらぬにて候ふべきぞや。かへりて、こころをさなきことか。


第十四条

 一 一念に八十億劫の重罪を滅すと信ずべしといふこと。この条は、十悪・五逆の罪人、日ごろ念仏を申さずして、命終のとき、はじめて善知識のをしへにて、一念申せば八十億劫の罪を滅し、十念申せば、十八十億劫の重罪を滅して往生すといへり。これは十悪・五逆の軽重をしらせんがために、一念・十念といへるか。

滅罪の利益なり。いまだわれらが信ずるところにおよばず。そのゆへは、弥陀の光明に照らされまゐらするゆへに、一念発起するとき金剛の信心をたまはりぬれば、すでに定聚の位にをさめしめたまひて、命終すれば、もろもろの煩悩・悪障を転じて、無生忍をさとらしめたまふなり。この悲願ましまさずは、かかるあさましき罪人、いかでか生死を解脱すべきとおもひて、一生のあひだ申すところの念仏は、みなことごとく如来大悲の恩を報じ、徳を謝すとおもふべきなり。

念仏申さんごとに、罪をほろぼさんと信ぜんは、すでにわれと罪を消して、往生せんとはげむにてこそ候ふなれ。もししからば、一生のあひだおもひとおもふこと、みな生死のきづなにあらざることなければ、いのち尽きんまで念仏退転せずして往生すべし。ただし業報かぎりあることなれば、いかなる不思議のことにもあひ、また病悩・苦痛せめて、正念に住せずしてをはらんに、念仏申すことかたし。そのあひだの罪をば、いかがして滅すべきや。

罪消えざれば、往生はかなふべからざるか。摂取不捨の願をたのみたてまつらば、いかなる不思議ありて、罪業ををかし、念仏申さずしてをはるとも、すみやかに往生をとぐべし。また念仏の申されんも、ただいまさとりをひらかんずる期のちかづくにしたがひても、いよいよ弥陀をたのみ、御恩を報じたてまつるにてこそ候はめ。罪を滅せんとおもはんは、自力のこころにして、臨終正念といのるひとの本意なれば、他力の信心なきにて候ふなり。


第十五条

 一 煩悩具足の身をもつて、すでにさとりをひらくといふこと。この条、もつてのほかのことに候ふ。

即身成仏(そくしんじょうぶつ)は真言秘教の本意、三密行業の証果なり。六根清浄はまた法花一乗の所説、四安楽の行の感徳なり。これみな難行上根のつとめ、観念成就のさとりなり。来生の開覚は、他力浄土の宗旨、信心決定の通なるが故なり。これまた易行下根のつとめ、不簡善悪の法なり。おほよそ今生においては、煩悩・悪障を断ぜんこと、きはめてありがたきあひだ、真言・法華を行ずる浄侶、なほもつて順次生のさとりをいのる。

いかにいはんや、戒行・慧解(えげ)ともになしといへども、弥陀の願船に乗じて、生死の苦海をわたり、報土の岸につきぬるものならば、煩悩の黒雲はやく晴れ、法性の覚月すみやかにあらはれて、尽十方の無碍の光明に一味にして、一切の衆生を利益せんときにこそ、さとりにては候へ。

この身をもつてさとりをひらくと候ふなるひとは、釈尊のごとく種々の応化の身をも現じ、三十二相・八十随形好(ずいぎょうこう)をも具足して、説法利益候ふにや。これをこそ、今生にさとりをひらく本とは申し候へ。『和讃』(=『高僧和讃』)にいわく、「金剛堅固の信心の さだまるときをまちえてぞ 弥陀の心光摂護(しんこうしょうご)して ながく生死をへだてける」と候へば、信心の定まるときに、ひとたび摂取して捨てたまはざれば、六道に輪廻すべからず。

しかれば、ながく生死をばへだて候ふぞかし。かくのごとくしるを、さとるとはいひまぎらかすべきや。あはれに候ふをや。「浄土真宗には、今生に本願を信じて、かの土にしてさとりをばひらくとならひ候ふぞ」とこそ、故聖人(=親鸞)の仰せには候しか。


第十六条

 一 信心の行者、自然に、はらをもたて、あしざまなることをもをかし、同朋(どうぼう)・同侶(どうりょ)にもあひて、口論をもしてはかならず廻心(えしん)すべしといふこと。この条、断悪修善のここちか。

一向専修のひとにおいては、廻心といふこと、ただひとたびあるべし。その廻心は、日ごろ本願他力真宗をしらざるひと、弥陀の知恵をたまはりて、日ごろのこころにては、往生かなふべからずとおもひて、もとのこころをひきかへて、本願をたのみまゐらするをこそ、廻心とは申し候へ。

一切の事に、あしたゆふべに廻心して、往生をとげ候ふべくは、ひとのいのちは、出づる息、入るほどをまたずして、をはることなれば、廻心もせず、柔和(にゅうわ)・忍辱(にんにく)のおもひにも住せざらんさきに、いのちつきば、摂取不捨の誓願はむなしくならせおはしますべきにや。

口には、願力をたのみたてまつるといひて、こころには、さこそ悪人をたすけんといふ願、不思議にましますといふとも、さすが、よからんものをこそ、たすけたまはんずれとおもふほどに、願力を疑ひ、他力をたのみまゐらするこころかけて、辺地の生をうけんこと、もっともなげきおもひたまふべきことなり。

信心定まりなば、往生は弥陀にはからはれまゐらせてすることなれば、わがはからひなるべからず。わろからんにつけても、いよいよ願力を仰ぎまゐらせば、自然のことわりにて、柔和・忍辱のこころも出でくべし。

すべてよろづのことにつけて、往生には、かしこきおもひを具せずして、ただほれぼれと弥陀の御恩の深重なること、つねはおもひいだしまゐらすべし。しかれば念仏も申され候ふ。これ自然なり。:わがはからはざるを、自然と申すなり。これすなはち他力にてまします。しかるを、自然といふことの別にあるやうに、われ物しりがほにいふひとの候ふよし、うけたまはる、あさましく候ふなり。


第十七条

 一 辺地の往生をとぐるひと、つゐには地獄におつべしといふこと。この条、いづれの証文にみえ候ふぞや。学生たつるひとのなかに、いひいださるることにて候ふなるこそ、あさましく候へ。経論・正教をば、いかやうにみなされて候ふらん。

信心かけたる行者は、本願を疑ふによりて、辺地に生じて、疑の罪をつぐのひてのち、報土のさとりをひらくとこそ、うけたまはり候へ。信心の行者すくなきゆへに、化土におほくすすめいれられ候ふを、つひにむなしくなるべしと候ふなるこそ、如来に虚妄を申しつけまゐらせられ候ふなれ。


第十八条

 一 仏法のかたに施入物(せにゅうもの)の多少にしたがつて、大小仏になるべしいふこと。この条、不可説なり。様々比興のことなり。

まづ、仏に大小の分量を定めんこと、あるべからず候ふか。かの安養浄土の教主(=阿弥陀仏)の御身量を説かれて候ふも、それは方便報身のかたちなり。法性のさとりをひらいて、長短・方円のかたちにもあらず、青・黄・赤・白・黒のいろをもはなれなば、なにをもってか大小を定むべきや。念仏申すに、化仏をみたてまつるといふことの候ふなるこそ、「大念には大仏を見、小念には小仏を見る」といへるか。

もしこのことわりなんどに、はしひきかけられ候ふやらん。かつはまた、檀波羅蜜(だんばらみつ)の行ともいひつべし、いかに宝物を仏前にもなげ、師匠に施すとも、信心かけなば、その詮なし。一紙・半銭も仏法のかたに入れずとも、他力にこころをなげて、信心ふかくば、それこそ願の本意にて候はめ。すべて仏法にことをよせて、世間の欲心もあるゆへに、同朋をいひおどさるるにや。


 右条々(=以上)は、みなもって信心のことなるより、おこり候ふか。故聖人(=親鸞)の御物語に、法然聖人の御とき、御弟子そのかずおはしけるなかに、おなじく御信心のひとも、すくなくおはしけるにこそ、親鸞、御同朋の御なかにして、御相論のこと候ひけり。

そのゆへは、「善信(=親鸞)が信心も聖人(=法然)の御信心も一つなり」と仰せの候ひければ、勢観房(せいかんぼう)・念仏房なんど申す御同朋達、もってのほかにあらそひたまひて、「いかでか聖人の御信心に、善信房の信心、一つにはあるべきぞ?」と候ひければ、「聖人の御知恵・才覚ひろくおはしますに、一つならんと申さばこそひがごとならめ。

往生の信心においては、まつたく異なることなし。ただ一つなり」と御返答ありけれども、なほ「いかでかその義あらん?」といふ疑難ありければ、詮ずるところ、聖人の御まへにて、自他の是非を定むべきにて、この子細を申しあげければ、法然聖人の仰せには、「源空が信心も、如来よりたまはりたる信心なり。善信房の信心も、如来よりたまはらせたまひたる信心なり。されば、ただ一つなり。

別の信心にておはしまさんひとは、源空がまゐらんずる浄土へは、よもまゐらせたまひ候はじ」と仰せ候ひしかば、当時の一向専修のひとびとのなかにも、親鸞の御信心に一つならぬ御ことも候ふらんとおぼえ候ふ。

いづれもいづれも、繰り言にて候へども、書きつけ候ふなり。

露命(ろめい)わづかに枯草(こそう)の身にかかりて候ふほどにこそ、あひともなはしめたまふひとびと、御不審をもうけたまはり、聖人(=親鸞)の仰せの候ひし趣をも、申しきかせまゐらせ候へども、閉眼(へいがん)ののちは、さこそしどけなきことどもにて候はんずらめと、歎き存じ候ひて、かくのごとくの義ども、仰せられあひ候ふひとびとにも、いひまよはされなんどせらるることの候はんときは、故聖人(=親鸞)の御こころにあひかなひて、御もちゐ候ふ御聖教どもを、よくよく御覧候ふべし。

おほよそ聖教には、真実・権仮(ごんけ)ともにあひまじはり候ふなり。権をすてて実をとり、仮をさしおきて真をもちゐるこそ、聖人(=親鸞)の御本意にて候へ。かまへてかまへて、聖教をみみだらせたまふまじく候ふ。大切の証文ども、少々ぬきいでまゐらせ候ふて、目やすにして、この書に添へまゐらせて候ふなり。

聖人(=親鸞)のつねの仰せには、:「弥陀の五劫思惟の願をよくよく案ずれば、ひとへに親鸞一人がためなりけり。されば、そくばく(=説明をしにくい)の業をもちける身にてありけるを、たすけんとおぼしめしたちける本願のかたじけなさよ」と御述懐候ひしことを、いままた案ずるに、善導の「自身はこれ現に罪悪生死の凡夫、曠劫よりこのかた、つねにしづみ、つねに流転して、出離の縁あることなき身としれ」(=善導の『散善義』)といふ金言に、すこしもたがはせおはしまさず。

さればかたじけなくも、わが御身にひきかけて、われらが身の罪悪のふかきほどをもしらず、如来の御恩のたかきことをもしらずして迷へるを、おもひしらせんがためにて候ひけり。まことに如来の御恩といふことをば沙汰なくして、われもひとも、よしあしといふことをのみ申しあへり。

聖人の仰せには、「善悪のふたつ、総じてもつて存知せざるなり。そのゆへは、如来の御こころによし(=善し)とおぼしめすほどに、しりとほしたらばこそ、よき(=善き)をしりたるにてもあらめ、如来の悪しとおぼしめすほどに、しりとほしたらばこそ、悪しさをしりたるにてもあらめど、:煩悩具足の凡夫、火宅無常の世界は、よろづのこと、みなもて(もって)そらごと、たはごと、まことあることなきに、ただ念仏のみぞまことにておはします」とこそ、仰せは候ひしか。

まことに、われもひとも、そらごとをのみ申しあひ候ふなかに、ひとついたましきことの候ふなり。

そのゆへは、念仏申すについて、信心の趣をもたがひに問答し、ひとにもいひきかするとき、ひとの口をふさぎ、相論をたたかい勝たんがために、まったく仰せにてなきことをも、仰せとのみ申すこと、あさましくなげき(=歎き)存じ候ふなり。

このむねをよくよくおもひとき、こころえらるべきことに候ふなり。これさらにわたくしのことばにあらずといへども、経釈のゆくぢ(=往く路)もしらず、法文の浅深をこころえわけたることも候はねば、さだめてをかしきことにてこそ候はめども、古(=故)親鸞の仰せごと候ひし趣(おもむき)、百分が一、かたはしばかりをもおもひいでまゐらせて、書きつけ候ふなり。

かなしきかなや、さいはひに念仏しながら、直(じき)に報土に生れずして、辺地に宿をとらんこと。一室の行者のなかに、信心異なることなからんために、なくなく筆を染めて、これをしるす。なづけて『歎異抄』といふべし。外見あるべからず。


Kuroda Kouta (2005.10.24/2007.02.13)