総トップページ にジャンプ
この資料に関するコメント


 読下し『論語』全巻



(内容一覧)

    
学而第一
     為政第二
     八*(はちいつ)第三

     里仁第四
     公冶長第五
     雍也第六
     述而第七
     泰伯第八
     子罕第九
     郷黨第十
     先進第十一
     顔淵第十二

     子路第十三
     憲問第十四
     衛靈公第十五
     季子第十六
     陽貨第十七
     微子第十八
     子張第十九

     尭曰第二十


(論語 巻第一)




 学而第一



一 子の曰(のたま)わく、学びて時にこれを習う、亦(ま)た説(よろこ)ば しからずや。朋(とも)あり、遠方より来たる、亦楽しからずや。人知らずして 慍(うら)みず、亦君子ならずや。


二 有子(ゆうし)が曰(い)わく、其の人と為りや、孝弟にして上(かみ)を 犯すことを好む者は鮮(すく)なし。上を犯すことを好まずしてして乱を作(な)すことを好む者は、未だこれ有らざるなり。君子は本(もと)を務む。本(もと)立ちて道生(みち しょう)ず。孝弟なる者は其れ仁の本たるか。


三 子の曰わく、巧言令色(こうげんれいしょく)、鮮(すく)なし仁。


四 曾子(そうし)の曰わく、吾れ日に三たび吾が身を省(かえりみ)る。人の為に謀りて忠ならざるか、朋友と交わりて信ならざるか、習わざるを伝うるか。


五 子の曰わく、千乗(せんじょう)の国を道びくに、事を敬して信、用を節して人を愛し、民を使うに時を以てす。


六 子の曰わく、弟子(ていし)、入りては則ち孝、出(い)でては則ち弟、謹みて信あり、汎(ひろ)く衆を愛して仁に親しみ、行いて余力あれば、則ち以て文を学ぶ。


七 子夏(しか)が曰わく、賢(けん)を賢として色に易(か)え、父母に事(つか)えて能(よ)く其の力を竭(つく)し、君に事えて能くその身を致(いた)し、朋友と交わるに言いて信あらば、未だ学ばずと曰うと雖(いえ)ども、吾は必ずこれを学びたりと謂(い)わん。


八 子の曰わく、君子(くんし)、重からざれば則ち威あらず、学べば則ち固ならず。忠信を主とし、己に如(し)からざる者を友とすることなかれ。過てば則ち改むるに憚(はばか)ること勿(な)かれ。


九 曾子の曰わく、終わりを慎み遠きを追えば、民の徳、厚きに帰す。


一〇 子禽(しきん)、子貢に問いて曰わく、夫子(ふうし)の是(こ)の邦(くに)に至るや、必らず其の政を聞く。これを求めたるか、抑々(そもそも)これを与えたるか。子貢が曰わく、夫子は温良恭倹譲(おんりょうきょうけんじょう)、以てこれを得たり。夫子のこれを求むるや、其れ諸(こ)れ人のこれを求むるに異なるか。


一一 子の曰わく、父 在(いま)せば其の志しを観(み)、父没すれば其の行いを観る。三年、父の道を改むること無きを、孝と謂うべし。


一二 有子が曰わく、礼の用は和を貴しと為す。先王の道も斯れを美となす。小大これに由るも行なわれざる所あり。和を知りて和すれども礼を以てこれを節せざれば、亦た行なわるべからず。


一三 有子が曰わく、信、義に近づけば、言 復(ふ)むべし。恭(きょう)、礼に近づけば、恥辱に遠ざかる。因(よ)ること、其の親(しん)を失なわざれば、亦た宗(そう)とすべし。


一四 子の曰(のたま)わく、君子は食飽かんことを求むること無く、居(きょ)安からんことを求むること無し。事に敏にして言に慎み、有道(ゆうどう)に就きて正す。学を好むと謂うべきのみ。


一五 子貢が曰わく、貧しくして諂(へつら)うこと無く、富みて驕(おご)ること無きは、何如(いかん)。子の曰わく、可なり。未だ貧しくして道を楽しみ、富みて礼を好む者には若(し)かざるなり。子貢が曰わく、詩に云う、切(せっ)するが如く磋(さ)するが如く、琢(たく)するが如く磨するが如しとは、其れ斯れを謂うか。子の曰わく、賜(し)や、始めて与(とも)に詩を言うべきのみ。諸(こ)れに往(おう)を告げて来を知る者なり。


一六 子の曰わく、人の己れを知らざることを患(うれ)えず、人を知らざることを患(うれ)う。



 為政第二



一 子の曰わく、政を為すに徳を以てすれば、譬(たと)えば北辰の其の所に居て衆星(しゅうせい)のこれに共(むか)うがごとし。


二 子の曰わく、詩三百、一言(いちごん)以てこれを蔽(おお)う、曰わく思い邪(よこしま)なし。


三 子の曰わく、これを道びくに政を以てし、これを斉(ととの)うるに刑を以てすれば、民免(まぬが)れて恥ずることなし。これを道びくに徳を以てし、こてを斉うるに礼を以てすれば、恥ありて且(か)つ格(ただ)し。


四 子の曰わく、吾れ十有五にして学に志す。三十にして立つ。四十にして惑わず。五十にして天命を知る。六十にして耳 順(した)がう。七十にして心の欲する所に従って、矩(のり)を踰(こ)えず。


五 孟懿子(もういし)、孝を問う。子の曰わく、違(たが)うこと無し。樊遲(はんち)御(ぎょ)たり。子これに告げて曰わく、孟孫、孝を我れに問う、我れ対(こた)えて曰く、違うことなしと。樊遲が曰わく、何の謂(い)いぞや。子の曰わく、生けるにはこれに事(つか)うるに礼を以てし、死すればこれを葬るに礼を以てし、これを祭るに礼を以てす。


六 孟武伯(もうぶはく)、孝を問う。子の曰わく、父母には唯(た)だ其の疾(やまい)をこれ憂えしめよ。


七 子游(しゆう)、孝を問う。子の曰わく、今の孝は是れ能(よ)く養なうを謂う。犬馬に至るまで皆な能く養なうこと有り。敬せずんば何を以て別(わか)たん。


八 子夏(しか)、孝を問う。子の曰わく、色難(いろ かた)し。事あれば弟子(ていし)其の労に服し、酒食あれば先生に饌(せん)す。曾(すなわ)ち是れを以て孝と為さんや。


九 子の曰わく、吾れ回(かい=顔回)と言うこと終日、違(たが)わざること愚なるが如し。退きて其の私(し)を省(み)れば、亦た以て発するに足れり。回や愚ならず。


一〇 子の曰わく、其の以(な)す所を視(み)、其の由る所を観、其の安んずる所を察すれば、人 焉(いずく)んぞ捜(かく)さんや、人焉んぞ捜さんや。


一一 子の曰わく、故(ふる)きを温めて新しきを知る、以て師と為るべし。


一二 子の曰わく、君子は器(うつわ)ならず。


一三 子貢、君子を問う。子の曰わく、先ず其の言を行い、而して後(のち)にこれに従う。


一四 子の曰わく、君子は周して比せず、小人は比して周せず。


一五 子の曰わく、学んで思わざれば則ち罔(くら)し。思うて学ばざれば則ち殆(あや)うし。


:一六 子の曰わく、異端を攻(おさ)むるは斯れ害のみ。


一七 子の曰わく、由(ゆう)よ、女(なんじ)にこれを知ることを誨(おし)えんか。これを知るをこれを知ると為し、知らざるを知らざると為せ。是れ知るなり。


一八 子張(しちょう)、禄を干(もと)めんことを学ぶ。子の曰わく、多く聞きて疑わしきを闕(か)き、慎みて其の余りを言えば、則ち尤(とがめ)寡(すく)なし。多く見て殆(あや)うきを闕き、慎みて其の余りを行えば、則ち悔(く)い寡なし。言に尤寡なく行(こう)に悔寡なければ、禄は其の中に在り。


一九 哀公問うて曰わく、何を為さば則ち民服せん。孔子対(こた)えて曰わく、直きを挙げて諸(こ)れを枉(まが)れるに錯(お)けば則ち服す。枉れるを挙げて諸れを直きに錯けば則ち民服ぜず。


二〇 季康子(きこうし)問う、民をして敬忠にして以て勧(すす)ましむるには、これを如何(いかん)。子の曰わく、これに臨むに荘を以てすれば則ち敬す、孝慈(こうじ)なれば則ち忠あり、善を挙げて不能を教うれば則ち勧む。


二一 或るひと孔子に謂いて曰わく、子 奚(なん)ぞ政を為さざる。子の曰わく、書に云う、孝なるかな惟(こ)れ孝、兄弟に友(ゆう)に、有政(ゆうせい)に施すと。是れ亦た政を為すなり。奚ぞ其れ政を為すことを為さん。


二二 子の曰わく、人にして信なくんば、其の可なることを知らざるなり。大車*(げい=ながえの横木)なく小車*(げつ=ながえのくびき止め)なくんば、其れ何を以てかこれを行(や)らんや。


二三 子張問う、十世(じゅっせい)知るべきや。子の曰わく、殷(いん)は夏(か)の礼に因(よ)る、損益する所知るべきなり。周は殷の礼に因る、損益する所知るべきなり。其れ或は周を継ぐ者は、百世と雖(いえ)ども知るべきなり



二四 子の曰わく、其の鬼(き)に非ずしてこれを祭るは、諂(へつら)いなり。義を見て為ざるは勇なきなり。


(論語 巻第二)



 八*(はちいつ)第三



一 孔子、季氏を謂(のたま)わく、八*(はちいつ=天使の舞)、庭(てい)に舞わす、是れをも忍ぶべくんば、孰(いず)れをか忍ぶべからざらん。


二 三家者(さんかしゃ)、雍(よう)を以て徹す。子の曰わく、相(たす)くるは維(こ)れ辟公(へきこう)、天子穆穆(ぼくぼく)と。奚(なん)ぞ三家の堂に取らん。


三 子の曰わく、人にして仁ならずんば、礼を如何(いかん)。人にして仁ならずんば、楽(がく)を如何。


四 林放(りんぽう)、礼の本(もと)を問う。子の曰わく、大なるかな問うこと。礼は其の奢(おご)らんよりは寧(むし)ろ倹せよ。喪は其の易(おさ)めんよりは寧ろ戚(いた)め。


五 子の曰わく、夷狄(いてき=未開民族)の君あるは、諸夏(しょか)の亡きに如(し)かざるなり。


六 季氏、泰山に旅す。子、冉有(ぜんゆう)に謂いて曰わく、女(なんじ)救うこと能(あた)わざるか。対(こた)えて曰わく、能わず。子の曰わく、嗚呼(ああ)、曾(すなわ)ち泰山を林放にも如(し)かずと謂(おも)えるか。


七 子の曰わく、君子は争う所なし。必ずや射(しゃ=弓争い)か。揖譲(ゆうじょう)して升(のぼ)り下(くだ)り、而して飲ましむ。其の争いは君子なり。


八 子夏問うて曰わく、巧笑倩(こうしょうせん)たり、美目*(はん)たり、素(そ)以て絢(あや)を為すとは、何の謂いぞや。子の曰わく、絵の事は素を後にす。曰わく、礼は後か。子の曰わく、予(わ)れを起こす者は商なり。始めて与(とも)に詩を言うべきのみ。


九 子の曰わく、夏の礼は吾れ能くこれを言えども、杞(き)は徴(しるし)とするに足らざるなり。殷の礼は吾れ能くこれを言えども、宋は徴とするに足らざるなり。文献、足らざるが故なり。足らば則ち吾れ能くこれを徴とせん。


一〇 子の曰わく、*(てい)、既に灌(かん)してより往(のち)は、吾れこれを観ることを欲せず。


一一 或るひと*(てい)の説を問う。子の曰わく、知らざるなり。其の説を知る者の天下に於(お)けるや、其れ諸(こ)れを斯(ここ)に示(み)るが如きかと。其の掌(たなごころ)を指す。


一二 祭ること在(いま)すが如くし、神を祭ること神在すが如くす。子の曰わく、吾れ祭に与(あずか)らざれば、祭らざるが如し。


一三 王孫賈(か)問うて曰わく、其の奧(おう)に媚びんよりは、寧ろ竈(そう)に媚びよとは、何の謂いぞや。子の曰わく、然らず。罪を天に獲(う)れば、祷(いの)る所なきなり。


一四 子の曰わく、周は二代に監(かんが)みて郁郁乎(いくいくこ)として文なるかな。吾は周に従わん。


一五 子、大廟(たいびょう)に入りて、事ごとに問う。或るひとの曰わく、孰(たれ)か*人(すうひと)の子(こ)を礼を知ると謂うや、大廟に入りて、事ごとに問う。子これを聞きて曰わく、是れ礼なり。


一六 子の曰わく、射(しゃ)は皮を主とせず。力の科を同じくせざるが為なり。古(いにし)えの道なり。


一七 子貢、告朔(こくさく)の*羊(きよう)を去らんと欲す。子の曰わく、賜(し)や、女(なんじ)は其の羊を愛(おし)む、我れは其の礼を愛む。


一八 子の曰わく、君に事(つか)うるに礼を尽くせば、人以て諂(へつら)えりと為す。


一九 定公問う、君、臣を使い、臣、君に事(つか)うること、これを如何(いかん)。孔子対(こた)えて曰わく、君、臣を使うに礼を以てし、臣、君に事うるに忠を以てす。


二〇 子の曰わく、關雎(かんしょ)は楽しみて淫せず、哀(かな)しみて傷(やぶ)らず。


二一 哀公、社を宰我(さいが)に問う。宰我、対(こた)えて曰わく、夏后(かこう)氏は松を以てし、殷人(いんひと)は柏(はく)を以てし、周人は栗(りつ)を以てす。曰わく、民をして戦栗(せんりつ)せしむるなり。子これを聞きて曰わく、成事(せいじ)は説かず、遂事(すいじ)は諌(いさ)めず、既往(きおう)は咎(とが)めず。


二二 子の曰わく、管仲(かんちゅう)の器(うつわ)は小なるかな。或るひとの曰わく、管仲は倹(けん)なるか。曰わく、管氏に三帰あり、官の事は摂(か)ねず、焉(いずく)んぞ倹なるを得ん。然らば則ち管仲は礼を知るか。曰(のたま)わく、邦君(ほうくん)、樹(じゅ)して門を塞(ふさ)ぐ、管氏も亦た樹して門を塞ぐ。邦君、両君の好(よしみ)を為すに反*(はんてん=友好の盃台)あり、管氏も亦た反*あり。管氏にして礼を知らば、孰(たれ)か礼を知らざらん。


二三 子、魯の大師に楽(がく)を語りて曰わく、楽は其れ知るべきのみ。始めて作(おこ)すに翕如(きゅうじょ)たり。これを従(はな)ちて純如たり、*如(きょうじょ)たり、繹如(えきじょ)たり。以て成る。


二四 儀の封人(ふうじん)、見(まみ)えんことを請う。曰わく、君子の斯(ここ)に至るや、吾れ未だ嘗(かつ)て見ることを得ずんばあらざるなり。従者これを見えしむ。出でて曰わく、二三子、何ぞ喪(そう)することを患えんや。天下の道なきや久し。天 将(まさ)に夫子(ふうし)を以て木鐸(ぼくたく)と為さんとす。


二五 子、韶(しょう)を謂(のたま)わく、美を尽くせり、又た善を尽せり。武を謂わく、美を尽せり、未(いま)だ善を尽くさず。


二六 子の曰わく、上(かみ)に居て寛(かん)ならず、礼を為(な)して敬せず、喪に臨みて哀しまずんば、吾れ何を以てかこれを観んや。



 里仁第四



一 子の曰わく、仁に里(お)るを美(よ)しと為す。択(えら)んで仁に処(お)らずんば、焉(いずく)んぞ知なることを得ん。


二 子の曰わく、不仁者(ふじんしゃ)は以て久しく約に処(お)るべからず。以て長く楽しきに処るべからず。仁者は仁に安んじ、知者は仁を利とす。


三 子の曰わく、惟(た)だ仁者のみ能く人を好み、能く人を悪(にく)む。


四 子の曰わく、苟(まこと)に仁に志(こころざ)せば、悪しきこと無し。


五 子の曰わく、富(とみ)と貴(たっと)きとは、是れ人の欲する所なり。其の道を以てこれを得ざれば、処(お)らざるなり。貧しきと賎(いや)しきとは、是れ人の悪(に)くむ所なり。其の道を以てこれを得ざれば、去らざるなり。君子、仁を去りて悪(いずく)にか名を成さん。君子は食を終うる間も仁に違(たが)うことなし。造次(ぞうじ)にも必ず是(ここ)に於てし、巓沛(てんばい=ひっくり返り)にも必ず是に於いてす。


六 子の曰わく、我れ未だ仁を好む者、不仁を悪(に)くむ者を見ず。仁を好む者は、以てこれに尚(くわ)うること無し。不仁を悪くむ者は、其れ仁を為す、不仁者をして其の身に加えしめず。能く一日も其の力を仁に用いること有らんか、我れ未だ力の足らざる者を見ず。蓋(けだ)しこれ有らん、我れ未だこれを見ざるなり。


七 子の曰わく、人の過(あやま)つや、各々其の党(たぐい)に於いてす。過ちを観て斯(ここ)に仁を知る。


八 子の曰わく、朝(あした)に道を聞きては、夕べに死すとも可なり。


九 子の曰わく、士、道に志(こころざ)して、悪衣悪食を恥ずる者は、未だ与(とも)に議(はか)るに足らず。


一〇 子の曰わく、君子の天下に於けるや、適(てき)も無く、莫(ばく)も無し。義にこれ与(とも)に比(した)しむ。


一一 子の曰わく、君子は徳を懐(おも)い、小人は土(ど)を懐う。君子は刑を懐い、小人は恵を懐う。


一二 子の曰わく、利に放(よ)りて行えば、怨み多し。


一三 子の曰わく、能く礼譲(れいじょう)を以て国を為(おさ)めんか、何か有らん。能く礼譲を以て国を為めずんば、礼を如何(いかん)。


一四 子の曰わく、位なきことを患(うれ)えず、立つ所以(ゆえん)を患う。己を知ること莫(な)きを患えず、知らるべきことを為すを求む。


一五 子の曰わく、参(しん)よ、吾が道は一(いつ)以(もっ)てこれを貫く。曾子の曰わく、唯(い)。子出ず。門人問うて曰わく、何の謂いぞや。曾子の曰わく、夫子(ふうし)の道は忠恕(ちゅうじょ)のみ。


一六 子の曰わく、君子は義に喩(さと)り、小人は利に喩る。


一七 子の曰わく、賢(けん)を見ては斉(ひと)しからんことを思い、不賢(ふけん)を見ては内に自ら省(かえり)みる。


一八 子の曰わく、父母に事(つか)うるには幾(ようや)くに諌(いさ)め、志しの従わざるを見ては、又た敬(けい)して違(たが)わず、労して怨みず。


一九 子の曰わく、父母在(いま)せば、遠く遊ばず。遊ぶこと必ず方(ほう)あり。


二〇 子の曰わく、三年、父の道を改むること無きを、孝と謂うべし。


二一 子の曰わく、父母の年は知らざるべからず。一は則ち以て喜び、一は則ち以て懼(おそ)る。


二二 子の曰わく、古者(こしゃ)、言をこれ出(い)ださざるは、躬(み)の逮(およ)ばざるを恥じてなり。


二三 子の曰わく、約を以てこれを失する者は、鮮(すく)なし。


二四 子の曰わく、君子は言に訥(とつ)にして、行(こう)に敏ならんと欲す



二五 子の曰わく、徳は孤ならず。必らず隣あり。


二六 子游が曰わく、君に事(つか)うるに數々(しばしば)すれば、斯(ここ)に辱(はずか)しめられ、朋友に數々すれば、斯に疎(うと)んぜらる。


(論語 巻第三)



 公冶長第五



一 子、公冶長を謂(のたま)わく、妻(めあ)わすべきなり。縲紲(るいせつ)の中(うち)に在りと雖(いえ)ども、其の罪に非らざるなりと。其の子(こ)を以てこれに妻わす。

二 子、南容を謂わく、邦(くに)に道あれば廃(す)てられず、邦に道なければ刑戮(けいりく)に免れんと。其の兄の子(こ)を以てこれに妻(めあ)わす。


三 子、子賎(しせん)を謂わく、君子なるかな、若(かくのごと)き人。魯に君子なかりせば、斯れ焉(いず)くにか斯れを取らん。


四 子貢、問うて曰わく、賜(し)や何如(いかん)。子の曰わく、女(なんじ)は器なり。曰わく、何の器ぞや。曰わく、瑚*(これん)なり。


五 或るひとの曰わく、雍(よう)や、仁にして佞(ねい)ならず。子の曰わく、焉(いずく)んぞ佞を用いん。人に禦(あた)るに口給(こうきゅう)を以てすれば、屡々(しばしば)人に憎まる。其の仁を知らず、焉んぞ佞を用いん。


六 子、漆雕開(しつちょうかい)をして仕えしむ。対(こた)えて曰わく、吾れ斯(こ)れをこれ未だ信ずること能わず。子 説(よろこ)ぶ。


七 子の曰わく、道行なわれず、桴(いかだ)に乗りて海に浮かばん。我に従わん者は、其れ由(ゆう)なるか。子路(しろ)これを聞きて喜ぶ。子の曰わく、由や、勇を好むこと我れに過ぎたり。材を取る所なからん。


八 孟武伯(もうぶはく)問う、子路、仁なりや。子の曰わく、知らざるなり。又た問う。子の曰わく、由や、千乗の国、其の賦(ふ)を治めしむべし、其の仁を知らざるなり。求や何如(いかん)。子の曰わく、求や、千室の邑(ゆう)、百乗の家、これが宰(さい)たらしむべし、其の仁を知らざるなり。赤(せき)や何如。子の曰わく、赤や、束帯して朝(ちょう)に立ち、賓客と言わしむべし、其の仁を知らざるなり。


九 子、子貢に謂(い)いて曰わく、女(なんじ)と回と孰(いず)れか愈(まさ)れる。対(こた)えて曰わく、賜(し)や、何ぞ敢て回を望まん。回や一を聞きて以て十を知る。賜や一を聞きて以て二を知る。子の曰わく、如(し)かざるなり。吾と女(なんじ)と如かざるなり。


一〇 宰予、昼寝(ひるい)ぬ。子の曰わく、朽木(きゅうぼく)は雕(ほ)るべからず、糞土(ふんど)の牆(かき)は朽(ぬ)るべからず。予に於てか何ぞ誅(せ)めん。子の曰わく、始め吾れ人に於けるや、其の言を聴きて其の行(こう)を信ず。今吾れ人に於けるや、其の言を聴きて其の行を観る。予に於てか是れを改む。


一一 子の曰わく、吾れ未(いま)だ剛者(ごうしゃ)を見ず。或るひと対(こた)えて曰わく、申*(しんとう)と。子の曰わく、*(とう)や慾なり。焉(いずく)んぞ剛なることを得ん。


一二 子貢が曰わく、我れ人の諸(こ)れを我に加えんことを欲せざるは、吾れ亦た諸れを人に加うること無からんと欲す。子の曰わく、賜や、爾(なんじ)の及ぶ所に非らざるなり。


一三 子貢が曰わく、夫子(ふうし)の文章は、得て聞くべきなり。夫子の性と天道とを言うは、得て聞くべからざるなり。


一四 子路、聞くこと有りて、未だこれを行うこと能わざれば、唯だ聞く有らんことを恐る。


一五 子貢問うて曰わく、孔文子(こうぶんし)、何を以てかこれを文と謂うや。子の曰わく、敏(びん)にして学を好み、下問(かもん)を恥じず、是(ここ)を以てこれを文と謂うなり。


一六 子、子産(しさん)を謂(のたま)わく、君子の道四つ有り。其の己れを行なうや恭(きょう)、其の上(かみ)に事(つか)うるや敬、其の民を養うや恵(けい)、其の民を使うや義。


一七 子の曰わく、晏平仲(あんぺいちゅう)、善く人と交わる。久しくしてこれを敬す。


一八 子の曰わく、臧文仲(そうぶんちゅう)、蔡(さい)を居く。節を山にし*(せつ=梁上の短い柱)を藻にす、何如(いかん)ぞ其れ知ならん。


一九 子張問うて曰わく、令尹子文(れいいんしぶん)、三たび仕えて令尹と為れども、喜ぶ色なし。三たびこれを已(や)めらるとも、慍(いか)れる色なし。旧令尹の政、必ず以て新令尹に告ぐ。何如(いかん)。子の曰わく、忠なり。曰わく、仁なりや。曰わく、未だ知ならず。焉(いずく)んぞ仁なることを得ん。崔子(さいし)、斉(せい)の君を弑(しい)す。陳文子、馬十乗あり、棄ててこれを違(さ)る。他邦に至りて則ち曰わく、猶(な)お吾が大夫崔子がごときなりと。これを違(さ)る。一邦に至りて、則ち又た曰わく、猶お吾が大夫崔子がごときなりと。これを違る。何如。子の曰わく、清し。曰(い)わく、仁なりや。曰(のたま)わく、未だ知ならず、焉んぞ仁なることを得ん。


二〇 季文子、三たび思いて而(しか)る後に行う。子、これを聞きて曰わく、再(ふたた)びせば斯れ可なり。


二一 子の曰わく、寧武子(ねいぶし)、邦(くに)に道あれば則ち知、邦に道なければ則ち愚。其の知は及ぶべきなり、其の愚は及ぶべからざるなり。


二二 子、陳に在りて曰わく、帰らんか、帰らんか。吾が党の小子(しょうし)、狂簡、斐然(ひぜん)として章を成す。これを裁する所以(ゆえん)を知らざるなり。


二三 子の曰わく、伯夷(はくい)・叔齊(しゅくせい)、旧悪を念(おも)わず。怨み是(ここ)を用(もつ)て希(まれ)なり。


二四 子の曰わく、孰(たれ)か微生高(びせいこう)を直(ちょく)なりと謂う。或るひと醯(す)を乞う。諸(こ)れを其の鄰(となり)に乞いてこれを与う。


二五 子の曰わく、巧言、令色、足恭(すうきょう)なるは、左 丘明(きゅうめい)これを恥ず、丘も亦たこれを恥ず。怨みを匿(かく)して其の人を友とするは、左丘明これを恥ず、丘も亦たこれを恥ず。


二六 顔淵(がんえん)・季路 侍(じ)す。子の曰わく、盍(なん)ぞ各々爾(なんじ)の志しを言わざる。子路が曰わく、願わくは車馬衣裘(いきゅう)、朋友と共にし、これを敝(やぶ)るとも憾(うら)み無けん。顔淵の曰わく、願わくは善に伐(ほこ)ること無く、労を施すこと無けん。子路が曰わく、願わくは子の志しを聞かん。子の曰わく、老者(ろうしゃ)はこれを安んじ、朋友はこれを信じ、少者はこれを懐(なつ)けん。


二七 子の曰わく、已(や)んぬるかな。吾れ未だ能く其の過(あやま)ちを見て内に自ら訟(せ)むる者を見ざるなり。


二八 子の曰わく、十室の邑(ゆう)、必ず忠信、丘が如き者あらん。丘の学を好むに如(し)かざるなり。



 雍也第六



一 子の曰わく、雍(よう)や南面せしむべし。


二 仲弓、子桑伯子を問う。子の曰わく、可なり、簡なり。仲弓が曰わく、敬に居(い)て簡を行い、以て其の民に臨まば、亦た可ならずや。簡に居て簡を行う、乃(すな)わち大簡なること無からんや。子の曰わく、雍の言、然り。


三 哀公問う、弟子、孰(だれ)か学を好むと為す。孔子対(こた)えて曰わく、顔回なる者あり、学を好む。怒りを遷(うつ)さず、過ちを弐(ふた)たびせず。不幸、短命にして死せり。今や則ち亡(な)し。未だ学を好む者を聞かざるなり。


四 子華、斉(せい)に使いす。冉子(ぜんし)、其の母の為めに粟(ぞく)を請う。子の曰わく、これに釜(ふ)を与えよ。益(ま)さんことを請う。曰わく、これに*(ゆ=十六斗の量)を与えよ。冉子、これに五 秉(へい)を与う。子の曰わく、赤の斉に適(ゆ)くや、肥馬に乗りて軽裘(けいきゅう)を衣(き)たり。吾れこれを聞く、君子は急を周(すく)うて富めるに継がずと。


五 原思(げんし)、これが宰(さい)たり、これに粟(ぞく)九百を与う。辞す。子の曰わく、毋(な)かれ、以て爾(なんじ)が隣里郷党に与えんか。


六 子、仲弓(ちゅうきゅう)を謂(い)いて曰(のたま)わく、犂牛(りぎゅう)の子、*(あか)くして且つ角(つの)あらば、用いること勿(な)からんと欲すと雖ども、山川其れ舎(す)てんや。


七 子の曰わく、回や其の心 三月(さんがつ)仁に違わず。其の余は則ち日月(ひびつきづき)に至るのみ。


八 季康子(きこうし)、問う、仲由(ちゅうゆう)は政に従わしむべきか。子の曰わく、由や果(か)、政に従うに於てか何か有らん。曰わく、賜(し)は政に従わしむべきか。曰わく、賜や達(たつ)、政に従うに於てか何か有らん。曰わく、求(きゅう)は政に従わしむべきか。曰わく、求や芸あり、政に従うに於てか何か有らん。


九 季氏、閔子騫(びんしけん)をして費の宰たらしむ。閔子騫が曰わく、善く我が為に辞せよ。如(も)し我れを復(ま)たする者あらば、則ち吾れは必ず*(ぶん)の上(ほとり)に在らん。


一〇 伯牛(はくぎゅう)、疾(やまい)あり。子、これを問う。*(まど)より其の手を執りて曰わく、これを亡ぼせり、命(めい)なるかな。斯(こ)の人にして斯の疾あること。斯の人にして斯の疾あること。


:一一 子の曰わく、賢なるかな回や。一箪(たん)の食(し)、一瓢(びょう)の飲(いん)、陋巷(ろうこう)に在り。人は其の憂いに堪えず、回や其の楽しみを改めず。賢なるかな回や。


一二 冉求が曰わく、子の道を説(よろこ)ばざるには非ず。力足らざればなり。子の曰わく、力足らざる者は中道にして癈す。今女(なんじ)は画(かぎ)れり。


一三 子、子夏に謂いて曰わく、女(なんじ)、君子の儒(じゅ)と為れ。小人の儒と為ること無かれ。


一四 子游、武城の宰たり。子の曰わく、女(なんじ)、人を得たりや。曰わく、澹台滅明(たんだいめつめい)なる者あり、行くに径(こみち)に由らず、公事に非らざれば未だ嘗て偃(えん)の室に至らざるなり。


一五 子の曰わく、孟之反(もうしはん)、伐(ほこ)らず。奔(はし)って殿(でん)たり。将(まさ)に門に入らんとす。其の馬に策(むちう)って曰わく、敢(あ)えて後(おく)れたるに非らず、馬進まざるなり。


一六 子の曰わく、祝*(しゅくだ)の佞(ねい)あらずして宋朝の美あるは、難(かた)いかな、今の世に免(まぬが)れんこと。


一七 子の曰わく、誰か能く出ずるに戸(こ)に由らざらん。何ぞ斯の道に由ること莫(な)きや。


一八 子の曰わく、質、文に勝てば則ち野(や)。文、質に勝てば則ち史。文質彬彬(ひんぴん)として然る後に君子なり。


一九 子の曰わく、人の生くるは直(なお)し。これを罔(し)いて生くるは、幸(さいわい)にして免(まぬが)るるなり。


二〇 子の曰わく、これを知る者はこれを好む者に如(し)かず。これを好む者はこれを楽しむ者に如かず。


二一 子の曰わく、中人(ちゅうじん)以上には、以て上(かみ)を語(つ)ぐべきなり。中人以下には、以て上を語ぐべからざるなり。


:二二 樊遅(はんち)、知を問う。子の曰わく、民の義を務め、鬼神を敬してこれを遠ざく、知と謂うべし。仁を問う。曰わく、仁者は難きを先にして獲るを後にす。仁と謂うべし。


二三 子の曰わく、知者は水を楽しみ、仁者は山を楽しむ。知者は動き、仁者は静かなり。知者は楽しみ、仁者は寿(いのちなが)し。


二四 子の曰わく、斉(せい)、一変せば魯(ろ)に至らん。魯、一変せば道に至らん。


二五 子の曰わく、觚(こ)、觚ならず。觚ならんや、觚ならんや。


二六 宰我、問うて曰わく、仁者はこれに告げて、井(せい)に仁ありと曰(い)うと雖(いえど)も、其れこれに従わんや。子の曰わく、なんすれぞ其れ然らん。君子は逝かしむべきも、陥(おとしい)るべからざるなり。欺くべきも、罔(し)うべからざるなり。


二七 子の曰わく、君子、博く文を学びて、これを約するに礼を以てせば、亦た以て畔(そむ)かざるべきか。


二八 子、南子(なんし)を見る。子路 説(よろこ)ばず。夫子(ふうし)これに矢(ちか)って曰わく、予(わ)が否(すまじ)き所の者は、天これを厭(た)たん、天これを厭たん。


二九 子の曰わく、中庸の徳たるや、其れ至れるかな。民 鮮(すく)なきこと久し。


三〇 子貢が曰わく、如(も)し能く博(ひろ)く民に施して能く衆を済(すく)わば、何如(いかん)。仁と謂うべきか。子の曰わく、何ぞ仁を事とせん。必らずや聖か。尭舜も其れ猶(な)お諸(こ)れを病めり。夫(そ)れ仁者は己れ立たんと欲して人を立て、己れ達せんと欲して人を達す。能く近く取りて譬(たと)う。仁の方(みち)と謂うべきのみ。


(論語 巻第四)



 述而第七



一 子の曰わく、述べて作らず、信じて古(いにし)えを好む。竊(ひそ)かに我が老彭(ろうほう)に比す。


二 子の曰わく、黙してこれを識(しる)し、学びて厭(いと)わず、人を誨(おし)えて倦(う)まず。何か我れに有らんや。


三 子の曰わく、徳の脩めざる、学の講ぜざる、義を聞きて徙(うつ)る能(あた)わざる、不善の改むる能わざる、是れ吾が憂いなり。


四 子の燕居(えんきょ)、申申如(しんしんじょ)たり、夭夭如(ようようじょ)たり。


五 子の曰わく、甚だしいかな、吾が衰えたるや。久し、吾れ復た夢に周公を見ず。


六 子の曰わく、道に志し、徳に拠(よ)り、仁に依(よ)り、芸に游(あそ)ぶ。


七 子の曰わく、束脩(そくしゅう)を行うより以上は、吾れ未だ嘗(かつ)て誨(おし)うること無くんばあらず。


八 子の曰わく、憤(ふん)せずんば啓せず。*(ひ)せずんば発せず。一隅(いちぐう)を挙げてこれに示し、三隅を以て反(か)えらざれば、則ち復たせざるなり。


九 子、喪(も)ある者の側(かたわら)に食すれば、未だ嘗(かつ)て飽かざるなり。子、是(こ)の日に於て哭(こく)すれば、則ち歌わず。


一〇 子、顔淵に謂いて曰わく、これを用うれば則ち行い、これを舎(す)つれば則ち蔵(かく)る。唯だ我と爾(なんじ)と是れあるかな。子路が曰わく、子、三軍を行なわば、則ち誰れと与(とも)にせん。子の曰わく、暴虎馮河(ぼうこひょうが)して死して悔いなき者は、吾れ与にせざるなり。必らずや事に臨(のぞ)みて懼(おそ)れ、謀(ぼう)を好みて成さん者なり。


一一 子の曰わく、富(とみ)にして求むべくんば、執鞭(しつべん)の士と雖も、吾れ亦たこれを為さん。如(も)し求むべからずんば、吾が好む所に従わん。


一二 子の慎しむ所は、斉、戦、疾。


一三 子、斉に在(いま)して韶(しょう)を聞く。三月、肉の味を知らず。曰わく、図(はか)らざりき、楽(がく)を為すことの斯(ここ)に至らんとは。


一四 冉有(ぜんゆう)が曰わく、夫子(ふうし)は衛(えい)の君を為(たす)けんか。子貢が曰わく、諾(だく)、吾れ将にこれを問わんとす。入りて曰わく、伯夷(はくい)・叔斉(しゅくせい)は何人(なんびと)ぞや。曰わく、古(いにしえ)の賢人なり。曰わく、怨(うらみ)たるか。曰わく、仁を求めて仁を得たり。又た何ぞ怨みん。出でて曰わく、夫子は為(たす)けじ。


:一五 子の曰わく、疏食(そし)を飯(くら)い水を飲み、肱(ひじ)を曲げてこれを枕とす。楽しみ亦た其の中に在り。不義にして富み且つ貴きは、我れに於て浮雲(ふうん)の如し。


一六 子の曰わく、我に数年を加え、五十にして以て易(えき)を学べば、大なる過ち無かるべし。


一七 子の雅言(がげん)する所は、詩、書、執礼、皆な雅言す。


一八 葉公(しょうこう)、孔子を子路に問う。子路 対(こたえ)ず。子の曰わく、女(なんじ)奚(なんぞ)曰わざる、其の人と為(な)りや、憤りを発して食を忘れ、楽しみて以て憂いを忘れ、老いの将に至らんとするを知らざるのみと。


一九 子の曰わく、我は生まれながらにしてこれを知る者に非ず。古(いにしえ)を好み、敏(びん)にして以てこれを求めたる者なり。


:二〇 子、怪力乱神を語らず。


二一 子の曰わく、我れ三人行なえば必ず我が師を得(う)。其の善き者を択(えら)びてこれに従う。其の善からざる者にしてこれを改む。


二二 子の曰わく、天、徳を予(われ)生(な)せり。桓*(かんたい)其れ予れを如何(いかん)。


二三 子の曰わく、二三子(にさんし)、我れを以て隠せりと為すか。吾れは爾(なんじ)に隠すこと無し。吾れ行うとして二三子と与(とも)にせざる者なし。是れ丘(きゅう)なり。


二四 子、四つを以て教う。文・行・忠・信。


二五 子の曰わく、聖人は吾れ得てこれを見ず。君子者(くんししゃ)を見るを得ば、斯(こ)れ可(か)なり。子の曰わく、善人は吾れ得てこれを見ず。恒(つね)ある者を見るを得ば、斯れ可なり。亡(な)くして有りと為し、虚(むな)しくして盈(み)てりと為し、約にして泰(ゆた)かなりと為す。難(かた)いかな、恒あること。


二六 子、釣(つり)して綱(こう)せず。弋(よく)して宿(しゅく)を射ず。


二七 子の曰わく、蓋(けだ)し知らずしてこれを作る者あらん。我れは是れ無きなり。多く聞きて其の善き者を択びてこれに従い、多く見てこれを識(しる)すは、知るの次ぎなり。


二八 互郷(ごきょう)、与(とも)に言い難たし。童子 見(まみ)ゆ。門人惑う。子の曰わく、其の進むに与(くみ)するなり。其の退くに与せざるなり。唯だ、何ぞ甚だしき。人、己れを潔(いさぎよ)くして以て進まば、其の潔きに与みせん。其の往(おう)を保(ほ)せざるなり。


二九 子の曰わく、仁遠からんや。我れ仁を欲すれば、斯(ここ)に仁至る。


三〇 陳の司敗(しはい)問う、昭公は礼を知れるか。孔子対(こた)えて曰わく、礼を知れり。孔子退く。巫馬期(ふばき)を揖(ゆう)してこれを進めて曰わく、吾れ聞く、君子は党(とう)せずと。君子も亦た党するか。君、呉に取(めと)れり。同姓なるが為めにこれを呉孟子と謂う。君にして礼を知らば、孰(たれ)か礼を知らざらん。巫馬期、以て告(もう)す。子の曰わく、丘(きゅう)や幸いなり、苟(いやし)くも過ちあれば、人必ずこれを知る。


三一 子、人と歌いて善ければ、必ずこれを反(か)えさしめて、而(しか)して後にこれに和す。


三二 子の曰わく、文は吾れ猶お人のごとくなること莫(な)からんや。躬(み)、君子を行なうことは、則ち吾れ未だこれを得ること有らざるなり。


三三 子の曰わく、聖と仁との若(ごと)きは、則ち吾れ豈(あ)に敢えてせんや。抑々(そもそも)これを為して厭(いと)わず、人を誨(おし)えて倦(う)まずとは、則ち謂うべきのみ。公西華(こうせいか)が曰わく、正に唯(た)だ弟子学ぶこと能わざるなり。


三四 子の疾(やまい)、病(へい)なり。子路、祷(いの)らんと請う。子の曰わく、諸(こ)れ有りや。子路対(こた)えて曰わく、これ有り、誄(るい)に曰わく、爾(なんじ)を上下の神祇(しんぎ)に祷ると。子の曰わく、丘の祷ること久し。


三五 子の曰わく、奢(おご)れば則ち不孫(ふそん)、倹なれば則ち固(いや)し。其の不孫ならんよりは寧(むし)ろ固しかれ。


三六 子の曰わく、君子は坦(たいら)かに蕩蕩(とうとう)たり。小人は長(とこしな)えに戚戚(せきせき)たり。


三七 子は温にして*(はげ)し。威(い)にして猛ならず。恭々(うやうや)しくして安し。



 泰伯第八



一 子の曰わく、泰伯(たいはく)は其れ至徳と謂うべきのみ。三たび天下を以て譲る。民得て称すること無し。


二 子の曰わく、恭にして礼なければ則ち労す。慎にして礼なければ則ち*(し)す。勇にして礼なければ則ち乱る。直にして礼なければ則ち絞(こう)す。君子、親(しん)に篤(あつ)ければ、則ち民仁に興こる。故旧遺(こきゅうわす)れざれば、則ち民偸(うす)からず。


三 曾子、疾(やまい)あり。門弟(もんてい)子を召(よ)びて曰わく、予(わ)が足を啓(ひら)け、予が手を啓け。詩に云う、戦戦兢兢(せんせんきょうきょう)として、深淵に臨むが如く、薄冰(はくひょう)を履(ふ)むが如しと。而今(いま)よりして後(のち)、吾れ免(まぬが)るることを知るかな、小子(しょうし)。


四 曾子、疾(やまい)あり。孟敬子これを問う。曾子言いて曰わく、鳥の将に死なんとするや、其の鳴くこと哀し。人の将に死なんとするや、其の言うこと善し。君子の道に貴ぶ所の者は三つ。容貌を動かしては斯(ここ)に暴慢(ぼうまん)を遠ざく。顔色を正しては斯に信に近づく。辞気を出(い)だしては斯に鄙倍(ひばい)を遠ざく。*豆(へんとう)の事は則ち有司(ゆうし)存せり。


五 曾子の曰わく、能(のう)を以て不能に問い、多きを以て寡(すく)なきに問い、有れども無きが若(ごと)く、実(み)つれども虚しきが若く、犯されて校(むく)いず。昔者(むかし)、吾が友、嘗(かつ)て斯(ここ)に従事せり。


六 曾子の曰わく、以て六尺の孤を託すべく、以て百里の命(めい)を寄すべく、大節に臨んで奪うべからず。君子人(くんしじん)か、君子人なり。


七 曾子の曰わく、士は以て弘毅(こうき)ならざるべからず。任(にん)重くして道遠し。仁以て己れが任と為す、亦た重からずや。死して後(のち)已(や)む、亦た遠からずや。


八 子の曰わく、詩に興こり、礼に立ち、楽(がく)に成る。


:九 子の曰わく、民は之(これ)に由(よ)らしむべし。之れを知らしむべか
らず。


一〇 子の曰わく、勇を好みて貧しきを疾(にく)むは、乱なり。人にして不仁なる、これを疾むこと已甚(はなはだ)しきは、乱なり。


一一 子の曰わく、如(も)し周公の才の美ありとも、驕(おご)り且つ吝(やぶさ)かならしめば、其の余(よ)は観るに足らざるのみ。


一二 子の曰わく、三年学びて穀(こく)に至らざるは、得やすからざるのみ。


一三 子の曰わく、篤く信じて学を好み、死を守りて道を善くす。危邦(きほう)には入らず、乱邦には居らず。天下道あれば則ち見(あらわ)れ、道なければ則ち隠る。邦(くに)に道あるに、貧しくして且つ賎しきは恥なり。邦に道なきに、富て且つ貴きは恥なり。


一四 子の曰わく、其の位に在らざれば、其の政(まつりごと)を謀(はか)らず。


一五 子の曰わく、師摯(しし)の始め、関雎(かんしょ)の乱(おわ)りは、洋洋乎(ようようこ)として耳に盈(み)てるかな。


一六 子の曰わく、狂にして直ならず、*(とう)にして愿(げん)ならず、**(こうこう)にして信ならずんば、吾れはこれを知らず。


一七 子の曰わく、学は及ばざるが如くするも、猶(な)おこれを失わんことを恐る。


一八 子の曰わく、巍巍(ぎぎ)たるかな、舜(しゅん)・禹(う)の天下を有(たも)てるや。而(しか)して与(あずか)らず。


一九 子の曰わく、大なるかな、尭の君たるや。巍巍(ぎぎ)として唯だ天を大なりと為す。唯だ尭これに則(のっと)る。蕩々(とうとう)として民能く名づくること無し。巍巍として其れ成功あり。煥(かん)として其れ文章あり。


二〇 舜、臣五人ありて、天下治まる。武王曰わく、予(わ)れに乱臣十人あり。孔子の曰わく、才難(さいかた)しと、其れ然らずや。唐虞(とうぐ)の際、斯に於て盛んと為す。婦人あり。九人のみ。(文王、西伯(せいは)と為りて)天下を三分して其の二を有(たも)ち、以て殷(いん)に服事(ふくじ)す。周の徳は、其れ至福と謂うべきのみ。


:二一 子の曰わく、禹は吾れ間然(かんぜん)すること無し。飲食を菲(うす)くして孝を鬼神に致し、衣服を悪しくして美を黻冕(ふつべん)に致し、宮室を卑(ひ)くして力を溝洫(こうきょく)に盡(つく)す。禹は吾れ間然すること無し。


(論語 巻第五)



 子罕第九



一 子、罕(まれ)に利を言う、命(めい)と仁と。


二 達巷党(たつこうとう)の人曰わく、大なるかな孔子、博く学びて名を成す所なし。子これを聞き、門弟子(もんていし)に謂いて曰わく、吾れは何を執(と)らん。御(ぎょ)を執らんか、射(しゃ)を執らんか。吾れは御を執らん。

@@@
三 子の曰わく、麻冕(まべん)は礼なり。今や純(いと)なるは倹なり。吾れは衆に従わん。下(しも)に拝するは礼なり。今上(かみ)に拝するは泰なり。衆に違うと雖も、吾れは下に従わん。


四 子、四を絶つ。意なく、必なく、固なく、我なし。


五 子、匡(きょう)に畏(おそ)る。曰わく、文王既に没したれども、文*(ここ)に在らずや。天の将に斯の文を喪(ほろ)ぼさんとするや、後死(こうし)の者、斯の文に与(あず)かることを得ざるなり。天の未(いま)だ斯の文を喪ぼさざるや、匡人(きょうひと)其れ予(わ)れを如何(いかん)。


六 太宰(たいさい)、子貢に問いて曰わく、夫子は聖者か。何ぞ其れ多能なる。子貢が曰わく、固(もと)より天縦(てんしょう)の将聖(しょうせい)にして、又た多能なり。子これを聞きて曰わく、太宰、我れを知れる者か。吾れ少(わかく)して賎(いや)し。故に鄙事(ひじ)に多能なり。君子、多ならんや。多ならざるなり。


七 牢(ろう)が曰わく、子云(のた)まう、吾れ試(もち)いられず、故に芸ありと。


八 子の曰わく、吾れ知ること有らんや、知ること無きなり。鄙夫(ひふ)あり、来たって我れに問う、空空如(くうくうじょ)たり。我れ其の両端を叩いて竭(つ)くす。


九 子の曰わく、鳳鳥(ほうちょう)至らず、河(か)、図(と)を出ださず。吾れやんぬるかな。


一〇 子、斉衰(しさい)の者と冕衣裳(べんいしょう)の者と瞽者(こしゃ)とを見れば、これを見ては少(わか)しと雖も必ず作(た)ち、これを過ぐれば必ず趨(はし)る。


一一 顔淵、喟然(きぜん)として歎じて曰わく、これを仰げば彌々(いよいよ)高く、これを鑽(き)れば彌々堅し。これを瞻(み)るに前に在れば、忽焉(こつえん)として後(しりえ)に在り。夫子、循々然(じゅんじゅんぜん)として善く人を誘(いざな)う。我れを博(ひろ)むるに文を以てし、我れを約するに礼を以てす。罷(や)まんと欲するも能わず。既に吾が才を竭(つ)くす。立つ所ありて卓爾(たくじ)たるが如し。これに従わんと欲すと雖ども、由(よし)なきのみ。


一二 子の疾(やまい)、病(へい)なり。子路、門人をして臣たらしむ。病、間(かん)なるときに曰わく、久しかな、由(ゆう)の詐(いつわ)りを行うや。臣なくして臣ありと為す。吾れ誰をか欺かん。天を欺かんか。且つ予(わ)れ其の臣の手に死なんよりは、無寧(むしろ)二三子の手に死なんか。且つ予れ縦(たと)い大葬を得ずとも、予れ道路に死なんや。


一三 子貢が曰わく、斯こに美玉あり、*(ひつ=櫃)に*(おさ=収納)めて諸(こ)れを蔵せんか、善賈(ぜんこ)を求めて諸れを沽(う)らんか。子の曰わく、これを沽らんかな、これを沽らんかな。我れは賈(こ)を待つ者なり。


一四 子、九夷に居らんと欲す。或るひとの曰わく、陋(いやし)きことこれ如何せん。子の曰わく、君子これに居らば、何の陋しきことかこれ有らん。


一五 子の曰わく、吾れ衛より魯に反(かえ)り、然る後に楽正しく、雅頌(がしょう)各々其の所を得たり。


一六 子の曰わく、出でては則ち公卿(こうけい)に事(つか)え、入りては則ち父兄に事う。喪の事は敢えて勉めずんばあらず。酒の困(みだ)れを為さず、何か我れに有らんや。


:一七 子、川の上(ほとり)に在りて曰わく、逝く者は斯(か)くの如きか。昼夜を舎(や)めず。


一八 子の曰わく、吾れ未だ徳を好むこと色を好むが如くする者を見ざるなり。


一九 子の曰わく、譬(たと)えば山を為(つく)るが如し。未だ一簣(き)を成さざるも、止(や)むは吾が止むなり。譬えば地を平らかにするが如し。一簣を覆(ふく)すと雖も、進むは吾が往くなり。


二〇 子の曰わく、これに語(つ)げて惰(おこた)らざる者は、其れ回なるか



二一 子、顔淵を謂いて曰わく、惜しいかな。吾れ其の進むを見るも、未だ其の止むを見ざるなり。


二二 子の曰わく、苗にして秀(ひい)でざる者あり。秀でて実らざる者あり。


二三 子の曰わく、後生(こうせい)畏(おそ)るべし。焉(いずく)んぞ来者(らいしゃ)の今に如(し)かざるを知らんや。四十五十にして聞こゆること無くんば、斯れ亦た畏るるに足らざるのみ。


二四 子の曰わく、法語の言は、能く従うこと無からんや。これを改むるを貴しと為す。巽與(そんよ)の言は、能く説(よろ)こぶこと無からんや。これを繹(たず)ぬるを貴しと為す。説こびて繹ねず、従いて改めずんば、吾れこれを如何ともする末(な)きのみ。


二五 子の曰わく、忠信を主とし、己に如(し)かざる者を友とすること無かれ。過てば則ち改むるに憚(はば)かること勿かれ。


二六 子の曰わく、三軍も帥を奪うべきなり。匹夫も志しを奪うべからざるなり。


二七 子の曰わく、敝(やぶれ)たる**(うんぽう=綿入れの上着)を衣(き)、孤貉(こかく)を衣たる者と立ちて恥じざる者は、其れ由なるか。


二八 *(そこな)わず求めず、何を用(もっ)てか臧(よ)からざらん。子路、終身これを誦(しょう)す。子の曰わく、是の道や、何ぞ以て臧しとするに足らん。


二九 子の曰わく、歳(とし)寒くして、然る後に松栢(しょうはく)の彫(しぼ)むに後(おく)るることを知る。


三〇 子の曰わく、知者は惑わず、仁者は憂えず、勇者は懼(おそ)れず。


三一 子の曰わく、与(とも)に学ぶべし、未だ与に道に適(ゆ)くべからず。与に道に適くべし、未だ与に立つべからず。与に立つべし、未だ与に権(はか)るべからず。


三二 唐棣(とうてい)の華(はな)、偏(へん)として其れ反せり。豈に爾(なんじ)を思わざらんや、室是れ遠ければなり。子の曰わく、未だこれを思わざるなり。夫(そ)れ何の遠きことかこれ有らん。



 郷黨第十



一 孔子、郷黨(きょうとう)に於て恂々如(じゅんじゅんじょ)たり。言うこと能わざる者に似たり。其の宗廟、朝廷に在(いま)すや、便々として言い、唯だ謹(つつ)しめり。


二 朝(ちょう)にして下大夫(かたいふ)と言えば、侃々如(かんかんじょ)たり。上大夫(じょうたいふ)と言えば、ギンギン如(じょ)たり。君在(いま)せばシュクセキ如たり、与与如(よよじょ)たり。


三 君、召して擯(ひん)たらしむれば、色勃如(ぼつじょ)たり。足カク如たり。与(とも)に立つ所を揖(ゆう)すれば、其の手を左右にす。衣(い)の前後セン如たり。趨(はし)り進むには翼(よく)如たり。賓(ひん)退けば必らず復命して曰わく、賓顧みずと。


四 公門に入るに、鞠躬(きくきゅう)如(じょ)たり。容(い)れられざるが如くす。立つに門に中せず。行くに閾(しきい)を履(ふ)まず。位を過ぐれば、色勃如(ぼつじょ)たり、足カク如たり。其の言うこと、足らざる者に似たり。斉(し)を摂(かか)げて堂に升(のぼ)るに、鞠躬如たり。気を屏(おさ)めて息をせざる者に似たり。出でて一等を降(くだ)れば、顔色を逞(はな)っ
て怡怡(いい)如たり。階を沒(つく)せば、趨(はし)り進むこと翼如たり。其の位に復(かえ)れば**(しゅくせき)如たり。


五 圭を執(と)れば、鞠躬(きくきゅう)如(じょ)たり。勝(た)えざるが如し。上ぐることは揖(ゆう)するが如く、下すことは授くるが如く、勃如(ぼつじょ)として戦色。足はシュクシュク如(じょ)として循(したが)うこと有り。享礼(きょうれい)には容色あり。私覿(してき)には愉愉(ゆゆ)如たり。


六 君子は紺(かん)シュウを以て飾らず。紅紫は以て褻服(せつふく)と為さず。暑に当たりては袗(ひとえ)のチゲキ、必ず表して出(い)ず。*衣(しい)には羔裘(こうきゅう)、素衣には麑裘(げいきゅう)。黄衣には狐裘。褻裘は長く、右の袂を短くす。必ず寝衣あり、長(た)け一身有半。狐狢(こかく)の厚き以て居る。喪を去(のぞ)いては佩(お)びざる所なし。帷裳(いしょう)に非らざれば必ずこれを殺(さい)す。羔裘玄冠しては以て弔せず。吉月には必ず朝服(ちょうふく)して朝す。


七 潔斎(ものいみ)には必ず[湯浴みの後に着る]ゆかたを備え、それは麻布で作る。潔斎には必ず普段とは食事を変え、住いも必ず普段とは場所を移す。


八 食(いい)は精(しらげ)を厭(いと)わず。膾(なます)は細きを厭わず。食の饐(い)してアイせると魚の餒(あさ)れて肉の敗(やぶ)れたるは食(く)らわず。色の悪しきは食らわず。臭いの悪しきは食らわず。**(じん)を失えるは食らわず。時ならざるは食らわず。割(きりめ)正しからざれば食らわず。其の醤(しょう)を得ざれば食らわず。肉は多しと雖ども、食(し)の気に勝たしめず。唯だ酒は量なく、乱に及ばず。沽(か)う酒と市(か)う脯(ほじし)は食らわず。薑(はじかみ)を撤(す)てずして食らう、多くは食らわず。公に祭れば肉を宿(よべ)にせず。祭の肉は三日を出ださず。三日を出ずればこれを食らわず。食らうには語らず、寝(い)ぬるには言わず。疏食(そし)と菜羮(さいこう)と瓜(うり)と雖も、祭れば必ず斉如(さいじょ)たり。


九 席正しからざれば、坐せず。


一〇 郷人(きょうじん)の飲酒には、杖者(じょうじゃ)出ずれば、斯こに出ず。郷人の儺(おにやらい)には、朝服して*階(そかい)に立つ。


一一 人を他邦(たほう)に問えば、再拝(さいはい)してこれを送る。


一二 康子(こうし)、薬を饋(おく)る。拝してこれを受く、曰わく、丘未だ達せず、敢て嘗(な)めず。


一三 厩(うまや)焚(や)けたり、子、朝(ちょう)より退きて曰わく、人を傷(そこな)えりや。馬を問わず。


一四 君、食(しょく)を賜えば、必ず席を正して先ずこれを嘗(な)む。君、腥(なまぐさ)きを賜えば、必ず熟してこれを薦(すす)む。君、生(い)けるを賜えば、必ずこれを畜(か)う。


一五 君に侍食(じしょく)するに、君祭れば先ず飯(はん)す。


一六 疾(しつ)あるに、君これを視れば、東首(とうしゅ)して朝服を加え、紳(しん)を*(ひ)く。


一七 君、命じて召せば、駕(が)を俟(ま)たずして行く。


一八 大廟に入りて、事ごとに問う。


一九 朋友死して帰する所なし。曰わく、我れに於て殯(ひん)せよ。朋友の饋(おく)りものは、馬車と雖も、祭りの肉に非ざれば、拝せず。


二〇 寝(い)ぬるに尸(し)せず。居るに容(かたち)づくらず。


二一 子、斉衰(しさい)の者を見ては、狎(な)れたりと雖ども必ず変ず。冕者(べんしゃ)と瞽者(こしゃ)とを見ては、褻(せつ)と雖も必ず貌(かたち)を以てす。凶服の者にはこれに式(しょく)す。負版(ふはん)の者に式す。盛饌(せいせん)あれば必ず色を変じて作(た)つ。迅雷(じんらい)風烈には必ず変ず。


二二 車に升(のぼ)りては、必ず正しく立ちて綏(すい)を執(と)る。車の中にして内顧(ないこ)せず。疾言(しつげん)せず、親指せず。


二三 色みて斯(ここ)に挙(あが)り、翔(かけ)りて而(しか)して後に集(とど)まる。曰わく、山梁(さんりょう)の雌雉(しち)、時なるかな、時なるかな。子路これを共す。三たび嗅ぎて作(た)つ。


(論語 巻第六)



 先進第十一



一 子の曰わく、先進の礼楽に於けるや、野人なり。後進の礼楽に於けるや、君子なり。如(も)しこれを用うれば、則ち吾れは先進に従わん。


二 子の曰わく、我れに陳、蔡に従う者は、皆な門に及ばざるなり。


三 徳行(とくこう)には顔淵、閔子騫(びんしけん)、冉伯牛(ぜんはくぎゅう)、仲弓、言語には宰我(さいが)、子貢、政事には冉有、季路、文学には子游、子夏。


四 子の曰わく、回や、我れを助くる者に非ざるなり。吾が言に於て説(よろ)こばざる所なし。


五 子の曰わく、孝なるかな、閔子騫(びんしけん)。人、其の父母昆弟(こんてい)を間するの言あらず。


六 南容(なんよう)、白圭(はくけい)を三復す。孔子、其の兄の子(こ)を以てこれに妻(めあ)わす。


七 季康子(きこうし)問う、弟子(ていし)孰(たれ)か学を好むと為す。孔子対(こた)えて曰わく、顔回なる者あり、学を好む。不幸、短命にして死せり。今や則ち亡(な)し。


八 顔淵死す。顔路、子の車以てこれが椁(かく)を為(つく)らんことを請う。子の曰わく、才も不才も、亦た各々其の子(こ)と言うなり。鯉(り)や死す、棺ありて椁なし。吾れ徒行(とこう)して以てこれが椁を為らず。吾れが大夫の後(しりえ)に従えるを以て、徒行すべからざるなり。


九 顔淵死す。子の曰わく、噫(ああ)、天予(われ)を喪(ほろ)ぼせり、天予を喪ぼせり。


一〇 顔淵死す。子これを哭して慟(どう)す。従者の曰わく、子慟せり。曰わく、慟すること有るか。夫(か)の人の為めに慟するに非らずして、誰が為にかせん。


一一 顔淵死す。門人厚くこれを葬らんと欲す。子の曰わく、不可なり。門人厚くこれを葬る。子の曰わく、回や、予(わ)れを視ること猶(な)お父のごとし。予れは視ること猶お子のごとくすることを得ず。我れに非ざるなり、夫(か)の二三子なり。


:一二 季路、鬼神に事(つか)えん事を問う。子の曰わく、未だ人に事うること能わず、焉(いずく)んぞ能く鬼(き)に事えん。曰わく、敢(あ)えて死を問う。曰わく、未だ生を知らず、焉んぞ死を知らん。


一三 閔子騫(びんしけん)、側(かたわ)らに侍す、**(ぎんぎん)如(じょ)たり。子路、行行(こうこう)如たり。冉子(ぜんし)、子貢、侃侃(かんかん)如たり。子楽しむ。曰わく、由(ゆう)がごときは其の死を得ざらん。


一四 魯人(ろひと)、長府を為(つ)くる。閔子騫(びんしけん)が曰わく、旧貫に仍(よ)らば、これを如何、何ぞ必ずしも改め作らん。子の曰わく、夫(か)の人は言わず。言えば必ず中(あた)ること有り。


一五 子の曰わく、由(ゆう)の瑟(しつ)、奚為(なんす)れぞ丘(きゅう)の門に於てせん。門人、子路を敬せず。子の曰わく、由や堂に升(のぼ)れり。未だ室に入らざるなり。


一六 子貢問う、師と商とは孰(いず)れか賢(まさ)れる。子の曰わく、師や過ぎたり、商や及ばず。曰わく、然らば則ち師は愈(まさ)れるか。子の曰わく、過ぎたるは猶(な)お及ばざるがごとし。


一七 季氏(きし)、周公より富めり。而(しか)して求やこれが為めに聚斂(しゅうれん)してこれを附益す。子の曰わく、吾が徒に非らざるなり。小子、鼓(こ)を鳴らしてこれを攻めて可なり。


一八 柴(さい)や愚、參(しん)や魯、師や辟(へき)、由や*(がん)。


一九 子の曰わく、回や其れ庶(ちか)きか、屡々(しばしば)空(むな)し。賜(し)は命を受けずして貨殖す。億(おもんばか)れば則ち屡々中(あた)る。


二〇 子張、善人の道を問う。子の曰わく、迹(あと)を践(ふ)まず、亦た室に入らず。


二一 子の曰わく、論の篤きに是れ与(くみ)すれば、君子者か、色荘者(しきそうしゃ)か。


二二 子路問う、聞くままに斯れ行わんや。子の曰わく、父兄の在(いま)すこと有り、これを如何ぞ、其れ聞くままに斯れ行わんや。冉有(ぜんゆう)問う、聞くままに斯れ行わんや。子の曰わく、聞くままに斯れこれを行え。公西華(こうさいか)が曰わく、由や問う、聞くままに斯れ行わんやと。子の曰わく、父兄の在すこと有りと。求や問う、聞くままに斯れ行わんやと。子の曰わく、聞くままに斯れ行なえと。赤(せき)や惑う。敢えて問う。子の曰わく、求や退く、故にこれを進む。由や人を兼ぬ、故にこれを退く。


二三 子、匡(きょう)に畏(おそ)る。顔淵後(おくれ)たり。子の曰わく、吾れ女(なんじ)を以て死せりと為す。曰わく、子在(いま)す、回何ぞ敢えて死せん。


二四 季子然(きしぜん)問う、仲由、冉求は大臣と謂うべきか。子の曰わく、吾れ子を以て異なるをこれ問うと為す、曾(すなわ)ち由と求とをこれ問う。所謂(いわゆる)大臣なる者は、道を以て君に事(つか)え、不可なれば則ち止(や)む。今、由と求とは具臣(ぐしん)と謂うべし。曰わく、然らば則ちこれに従わん者か。子の曰わく、父と君とを弑(しい)せんには、亦た従わざるなり。


二五 子路、子羔(しこう)をして費の宰たらしむ。子の曰わく、夫(か)の人の子(こ)を賊(そこな)わん。子路が曰わく、民人あり、社稷(しゃしょく)あり、何ぞ必ずしも書を読みて然る後に学と為さん。子の曰わく、是の故に夫の佞者(ねいじゃ)を悪(にく)む。


二六 子路、曾皙、冉有、公西華、侍坐す。子の曰わく、吾が一日も爾(なんじ)より長じたるを以て、吾れを以てすること無かれ。居れば則ち曰わく、吾れを知らずと。如(も)し爾を知るもの或(あ)らば、則ち何を以てせんや。子路卒爾(そつじ)として対(こた)えて曰わく、千乗の国、大国の間に摂して、これに加うるに、師旅(しりょ)を以てし、これに因るに飢饉を以てせんに、由やこれを為(おさ)め、三年に及ぶ比(ころ)に、勇ありて且つ方を知らしむべきなり。夫子(ふうし)これを哂(わら)う。求よ爾は何如。対えて曰わく、方の六七十、如(も)しくは五六十、求やこれを為め、三年に及ぶ比ろに、民を足らしむべきなり。其の礼楽の如きは、以て君子に俟(ま)たん。赤(せき)よ爾は何如。対えて曰わく、これを能くすと曰(い)うには非らず。願わくば学ばん。宗廟の事、如しくは会同に、端章甫(たんしょうほ)して願わくは小相(しょうそう)たらん。点よ爾は何如。瑟(しつ)を鼓(ひ)くことを希(や)み、鏗爾(こうじ)として瑟を舎(お)きて作(た)ち、対えて曰わく、三子者(さんししゃ)の撰(せん)に異なり。子の曰わく、何ぞ傷(いた)まんや、亦た各々其の志しを言うなり。曰わく、莫春(ぼしゅん)には春服既に成り、冠者五六人、童子六七人を得て、沂(き)に浴し、舞*(ぶう)に風(ふう)して、詠じて帰えらん。夫子喟然(きぜん)として歎じて曰わく、吾れは点に与(くみ)せん。三子出(い)ず。曾皙後れたり。曾皙が曰わく、夫(か)の三子者の言は何如。子曰わく、亦た各々其の志を言うのみ。曰わく、夫子、何ぞ由を哂うや。曰わく、国を為(おさ)むるには礼を以てす。其の言譲らず。是の故にこれを哂う。求と唯(いえ)ども則ち邦に非ずや、安(いずく)んぞ方六七十如(も)しくは五六十にして邦に非らざる者を見ん。赤(せき)と唯(いえど)も則ち邦に非らずや、宗廟、会同は諸侯に非らずしてこれを如何。赤やこれが小相たらば、孰(たれ)か能くこれが大相たらん。



 顔淵第十二



一 顔淵、仁を問う。子の曰わく、己れを克(せ)めて礼に復(かえ)るを仁と為す。一日己れを克めて礼に復れば、天下仁に帰す。仁を為すこと己れに由(よ)る。而して人に由らんや。顔淵の曰わく、請(こ)う、其の目(もく)を問わん。子の曰わく、礼に非ざれば視ること勿(な)かれ、礼に非ざれば聴くこと勿れ、礼に非ざれば言うこと勿れ、礼に非ざれば動くこと勿れ。顔淵の曰わく、回、不敏(ふびん)なりと雖ども、請う、斯の語を事(こと)せん。


二 仲弓、仁を問う。子の曰わく、門を出でては大賓(だいひん)を見るが如くし、民を使うには大祭に承(つか)えまつるが如くす。己れの欲せざる所は人に施すこと勿かれ。邦に在りても怨み無く、家に在りても怨み無し。仲弓が曰わく、雍、不敏なりと雖ども、請う、斯の語を事とせん。


三 司馬牛(しばぎゅう)、仁を問う。子の曰わく、仁者は其の言や*(じん)。曰わく、其の言やジン、斯れこれを仁と謂うべきか。子の曰わく、これを為すこと難たし。これを言うにジンなること無きを得んや。


四 司馬牛、君子を問う。子の曰わく、君子は憂えず、懼(おそ)れず、曰わく、憂えず、懼れず、斯れこれを君子と謂うべきか。子の曰わく、内に省(かえり)みて疚(やま)しからずんば、夫(そ)れ何をか憂え何をか懼れん。


五 司馬牛、憂れえて曰わく、人皆兄弟あり、我れ独(ひと)り亡(な)し。商これを聞く、死生 命あり、富貴 天に在り。君子は敬して失なく、人と恭々(うやうや)しくして礼あらば、四海の内は皆な兄弟たり。君子何ぞ兄弟なきを患(うれ)えんや。


六 子張、明を問う。子の曰わく、浸潤(しんじゅん)の譖(そしり)、膚受(ふじゅ)の愬(うったえ)、行なわれざる、明なりと謂うべきのみ。浸潤の譖、膚受の愬、行なわれざる、遠しと謂うべきのみ。


七 子貢、政を問う。子の曰わく、食を足し兵を足し、民をしてこれを信ぜしむ。子貢が曰わく、必ず已(や)むを得ずして去らば、斯の三者に於て何(いず)れをか先きにせん。曰わく、兵を去らん。曰わく、必ず已むを得ずして去らば、斯の二者に於て何ずれをか先きにせん。曰わく、食を去らん。古(いにしえ)より皆な死あり、民は信なくんば立たず。


八 棘子成が曰わく、君子は質のみ。何ぞ文を以て為さん。子貢が曰わく、惜しいかな、夫(か)の子の君子を説くや。駟も舌に及ばず。文は猶お質のごときなり、質は猶お文のごときなり。虎豹のカクは猶お犬羊のカクのごときなり。


九 哀公、有若(ゆうじゃく)に問いて曰わく、年饑(う)えて用足らず、これを如何。有若対たえて曰わく、盍(な)んぞ徹(てつ)せざるや。曰わく、二にして吾れ猶(な)お足らず、これを如何ぞ其れ徹せんや。対たえて曰わく、百姓(ひゃくせい)足らば、君孰(たれ)と与(とも)にか足らざらん。百姓足らずんば、君孰と与にか足らん。


一〇 子張、徳を崇(たか)くし惑(まどい)を弁ぜんことを問う。子の曰わく、忠信を主として義に徒(うつ)るは、徳を崇くするなり。これを愛しては其の生を欲し、これを悪(にく)みては其の死を欲す。既に其の生を欲して、又た其の死を欲するは、是れ惑いなり。


一一 斉の景公、政を孔子に問う。孔子対たえて曰わく、君 君たり、臣 臣たり、父 父たり、子 子たり。公の曰わく、善いかな。信(まこと)に如(も)し君 君たらず、臣 臣たらず、父 父たらず、子 子たらずんば、粟(ぞく)ありと雖ども、吾れ豈に得て諸(こ)れを食らわんや。


一二 子の曰わく、片言(へんげん)以て獄(うったえ)を折(さだ)むべき者は、其れ由なるか。子路、諾を宿(とど)むること無し。


一三 子の曰わく、訟(うったえ)を聴くは、吾れ猶お人のごときなり。必ずや訟え無からしめんか。


一四 子張、政を問う。子の曰わく、これに居りては倦(う)むこと無く、これを行うには忠を以てす。


一五 子の曰わく、博ろく文を学びて、これを約するに礼を以てせば、亦た以て畔(そむ)かざるべきか。


一六 子の曰わく、君子は人の美を成す。人の悪を成さず。小人は是れに反す。


一七 季康子、政を孔子に問う。孔子対たえて曰わく、政とは正なり。子帥(ひき)いて正しければ、孰(たれ)か敢えて正しからざらん。


一八 季康子、盗(とう)を患(うれ)えて孔子に問う。孔子対えて曰わく、苟(いやし)くも子の不欲ならば、これを賞すと雖ども竊(ぬす)まざらん。


一九 季康子、政を孔子に問いて曰わく、如(も)し無道を殺して以て有道に就かば、何如。孔子対たえて曰わく、子、政を為すに、焉(な)んぞ殺を用いん。子、善を欲すれば、民善ならん。君子の徳は風なり、小人の徳は草なり。草、これに風を上(くわ)うれば、必らず偃(ふ)す。


二〇 子張問う、士何如(いか)なれば斯れを達と謂うべき。子の曰わく、何ぞや、爾(なんじ)の所謂(いわゆる)とは。子張対(こた)えて曰わく、邦(くに)に在(あ)りても必ず聞こえ、家に在りても必ず聞こゆ。子の曰わく、是れ聞なり、達に非ざるなり。夫れ達なる者は、質直にして義を好み、言を察して色を観、慮(はか)って以て人に下る。邦に在りても必ず達し、家に在りても必ず達す。夫れ聞なる者は、色に仁を取りて行いは違(たが)い、これに居りて疑わず。邦に在りても必ず聞こえ、家に在りても必ず聞こゆ。


二一 樊遅(はんち)従いて舞*(ぶう=雨乞い台)の下(もと)に遊ぶ。曰わく、敢えて徳を崇(たか)くし慝(とく)を脩(おさ)め惑いを弁ぜんことを問う。子の曰わく、善いかな、問うこと。事を先にして得ることを後にするは、徳を崇くするに非ずや。其の悪を攻めて人の悪を攻むること無きは、慝を脩むるに非ずや。一朝の忿(いきどお)りに其の身を忘れて以て其の親(しん)に及ぼすは、惑いに非ずや。


二二 樊遅(はんち)、仁を問う。子の曰わく、人を愛す。知を問う。子の曰わく、人を知る。樊遅未だ達せず。子の曰わく、直(なお)きを挙げて諸(こ)れを枉(まが)れるに錯(お)けば、能く枉れる者をして直からしめん。樊遅退きて子夏に見(まみ)えて曰わく、嚮(さき)に吾れ夫子に見えて知を問う、子の曰わく、直きを挙げて諸れを枉れるに錯けば、能く枉れる者をして直からしめんと。何の謂いぞや。子夏が曰わく、富めるかな、是の言や。舜、天下を有(たも)ち、衆に選んで皐陶(こうよう)を挙げしかば、不仁者は遠ざかれり。湯(とう)、天下を有ち、衆に選んで伊尹を挙げしかば、不仁者は遠ざかれり。


二三 子貢、友を問う。子の曰わく、忠告して善を以てこれを道びく。不可なれば則ち止(や)む。自ら辱(はずかし)めらるること無かれ。


二四 曾子の曰わく、君子は文を以て友を会し、友を以て仁を輔(たす)く。


(論語 巻第七)



 子路第十三



一 子路、政を問う。子の曰わく、これに先んじ、これを労す。益を請う。曰わく、倦むこと無かれ。


二 仲弓、季氏の宰と為りて、政を問う。子の曰わく、有司を先にし、小過(しょうか)を赦(ゆる)し、賢才を挙げよ。曰わく、焉(いず)くんぞ賢才を知りてこれを挙げん。曰わく、爾(なんじ)の知る所を挙げよ。爾の知らざる所、人其れ諸(こ)れを舎(す)てんや。


三 子路が曰わく、衛の君、子を待ちて政を為さば、子将に奚(なに)をか先にせん。子の曰わく、必ずや名を正さんか。子路が曰わく、是れ有るかな、子の迂(う)なるや。奚(なん)ぞ其れ正さん。子の曰わく、野(や)なるかな、由や。君子は其の知らざる所に於ては、蓋闕如(かつけつじょ)たり。名正しからざれば則ち言順(したが)わず、言順わざれば則ち事成らず、事成らざれば則ち礼楽興らず、礼楽興らざれば則ち刑罰中(あた)らず、刑罰中らざれば則ち民手足を措(お)く所なし。故に君子はこれに名づくれば必ず言うべきなり。これを言えば必ず行うべきなり。君子、其の言に於て、苟(いやし)くもする所なきのみ。


四 樊遅(はんち)、稼を学ばんと請う。子の曰わく、吾れ老農に如(し)かず。圃(ほ)を為(つ)くることを学ばんと請う。曰わく、吾れは老圃に如かず。樊遅出ず。子の曰わく、小人なるかな、樊須(はんす)や。上(かみ)礼を好めば、則ち民は敢えて敬せざること莫(な)し。上義を好めば、則ち民は敢えて服せざること莫し。上信を好めば、則ち民は敢えて情を用いざること莫し。夫れ是(か)くの如くんば、則ち四方の民は其の子を襁負(きょうふ)して至らん。焉んぞ稼を用いん。


五 子の曰わく、詩三百を誦(しょう)し、これに授くるに政を以てして達せず、四方に使いして専(ひと)り対(こた)うること能わざれば、多しと雖も亦た奚(なに)を以て為さん。


六 子の曰わく、其の身正しければ、令せざれども行わる。其の身正しからざれば、令すと雖も従わず。


七 子の曰わく、魯衛の政は兄弟なり。


八 子、衛の公子荊(こうしけい)を謂わく、善く室を居(お)く。始め有るに曰わく、苟(いささ)か合う。少しく有るに曰わく、苟か完(まった)し。富(さかん)に有るに曰わく、苟か美(よ)し。


九 子、衛に適(ゆ)く。冉有(ぜんゆう)僕たり。子の曰わく、庶(おお)きかな。冉有が曰わく、既に庶し。又た何をか加えん。曰わく、これを富まさん。曰わく、既に富めり。又た何をか加えん。曰わく、これを教えん。


一〇 子の曰わく、苟(いやしく)も我れを用うる者あらば、期月(きげつ)のみにして可ならん。三年にして成すこと有らん。


一一 子の曰わく、善人、邦(くに)を為(おさ)むること百年、亦た以て残に勝ちて殺を去るべしと。誠なるかな、是の言や。


一二 子の曰わく、如(も)し王者あらば、必ず世にして後に仁ならん。


一三 子の曰わく、苟(いやしく)も其の身を正せば、政に従うに於てか何か有らん。其の身を正しくすること能わざれば、人を正しくすることを如何せん。


一四 冉子、朝(ちょう)より退く。子の曰わく、何ぞ晏(おそ)きや。対たえて曰わく、政あり。子の曰わく、其れ事ならん。如(も)し政あらば、吾れを以(もち)いずと雖も、吾れ其れこれを与(あずか)り聞かん。


一五 定公問う。一言にして以て邦を興こすべきこと諸(こ)れ有りや。孔子対たえて曰わく、言は以て是(か)くの若(ごと)くなるべからざるも、其れ幾(ちか)きなり。人の言に曰わく、君たること難(かた)し、臣たること易(やす)からずと。如(も)し君たることの難きを知らば、一言にして邦を興こすに幾(ちか)かからずや。曰わく、一言にして以て邦を喪(ほろ)ぼすべきこと諸れ有りや。孔子対たえて曰わく、言は以て是くの若とくなるべからざるも、其れ幾きなり。人の言に曰わく、予(わ)れは君たることを楽しむこと無し。唯だ其の言にして予れに違(たが)うこと莫(な)きを楽しむなりと。如し其れ善にしてこれに違うこと莫くんば、亦た善からずや。如し不善にしてこれに違うこと莫くんば、一言にして邦を喪ぼすに幾(ちか)かからずや。


一六 葉公(しょうこう)、政を問う。子の曰わく、近き者説(よろこ)び遠き者来たる。


一七 子夏、*父(きょほ)の宰と為りて、政を問う。子の曰わく、速やかならんと欲すること毋(な)かれ。小利を見ること毋かれ。速やかならんと欲すれば則ち達せず。小利を見れば則ち大事成らず。


一八 葉公(しょうこう)、孔子に語りて曰わく、吾が党に直躬(ちょくきゅう)なる者あり。其の父、羊を攘(ぬす)みて。子これを証す。孔子の曰わく、吾が党の直(なお)き者は是れに異なり。父は子の為めに隠し、子は父の為に隠す。直きこと其の内に在り。


一九 樊遅、仁を問う。子の曰わく、居処(きょしょ)は恭に、事を執りて敬に、人に与(まじわ)りて忠なること、夷狄に之(ゆ)くと雖ども、棄つるべからざるなり。


二〇 子貢問いて曰わく、何如(いか)なるをか斯れこれを士と謂うべき。子の曰わく、己れを行うに恥あり、四方に使いして君命を辱(はずか)しめざる、士と謂うべし。曰わく、敢えて其の次を問う。曰わく、宗族(そうぞく)孝を称し、郷党(きょうとう)弟を称す。曰わく、敢えて其の次を問う。曰わく、言必ず信、行必ず果(か)、**然(こうこうぜん)たる小人なるかな。抑々(そもそも)亦た以て次ぎと為すべし。曰わく、今の政に従う者は如何。子の曰わく、噫(ああ)、斗(と)ショウの人、何んぞ算(かぞ)うるに足らん。


二一 子の曰わく、中行(ちゅうこう)を得てこれに与(くみ)せずんば、必ずや狂狷(きょうけん)か。狂者は進みて取り、狷者は為さざる所あり。


二二 子の曰わく、南人(なんじん)、言えること有り。曰わく、人にして恒(つね)なくんば、以て巫医(ふい)を作(な)すべからずと。善いかな。其の徳を恒にせざれば、或るいはこれに羞(はじ)を承(すす)めん。子の曰わく、占(うらな)わざるのみ。


二三 子の曰わく、君子は和して同ぜず。小人は同じて和せず。


二四 子貢問いて曰わく、郷人皆なこれを好(よみ)せば何如。子の曰わく、未だ可ならざるなり。郷人皆なこれを悪(にく)まば何如。子の曰わく、未だ可ならざるなり。郷人の善き者はこれを好し、其の善からざる者はこれを悪くまんには如(し)かざるなり。


二五 子の曰わく、君子は事(つか)え易(やす)くして説(よろこ)ばしめ難(がた)し。これを説ばしむるに道を以てせざれば、説ばざるなり。其の人を使うに及びては、これを器(うつわ)にす。小人は事え難くして説ばしめ易し。これを説ばしむるに道を以てせずと雖も、説ぶなり。


二六 子の曰わく、君子は泰(ゆたか)にして驕らず、小人は驕りて泰ならず。


二七 子の曰わく、剛毅朴訥(ごうきぼくとつ)、仁に近し。


二八 子路問いて曰わく、何如(いか)なるをか斯れこれを士と謂うべき。子の曰わく、切切偲偲怡怡如(せつせつししいいじょ)たる、士と謂うべし。朋友には切切偲偲、兄弟には怡怡如たり。


二九 子の曰わく、善人、民を教うること七年、亦た以て戎(じゅう)に即(つ)かしむべし。


三〇 子の曰わく、教えざる民を以て戦う、是れこれを棄つと謂う。



 憲問第十四



一 憲、恥を問う。子の曰わく、邦(くに)に道あれば穀(こく)す。邦に道なきに穀するは、恥なり。


二 克(こく)・伐(ばつ)・怨(えん)・欲(よく)、行なわれざる、以て仁と為すべし。子の曰わく、以て難(かた)しと為すべし。仁は則ち吾れ知らざるなり。


三 子の曰わく、士にして居を懐(おもう)は、以て士と為すに足らず。


四 子の曰わく、邦(くに)に道有れば、言を危(はげ)しくし行を危しくす。邦に道無ければ、行を危しくして言は孫(したが)う。


五 子の曰わく、徳有る者は必ず言あり。言有る者は必ずしも徳あらず。仁者は必ず勇あり。勇者は必ずしも仁あらず。


六 南宮*(なんきゅうかつ)、孔子に問いて曰わく、*(げい)は射(しゃ)を善くし、*(ごう)は舟を盪(うごか)す。倶(とも)に其の死を得ず。禹と稷(しょく)とは躬(みずか)ら稼(か)して天下を有(たも)つ。夫子(ふうし)答えず。南宮*出(い)ず。子の曰わく、君子なるかな、若(かくのごと)き人。徳を尚(たっと)べるかな、若き人。


七 子の曰わく、君子にして不仁なる者あらんか。未だ小人にして仁なる者あらざるなり。


八 子の曰わく、これを愛して能く労すること勿(な)からんや。忠にして能く誨(おし)うること勿からんや。


九 子の曰わく、命を為(つく)るに卑*(ひじん)これを草創(そうそう)し、世叔(せいしゅく)これを討論し、行人子羽(こうじん しう)これを脩飾(しゅうしょく)し、東里(とうり)の子産(しさん)これを潤色(じゅんしょく)す。


一〇 或るひと子産(しさん)を問う。子の曰わく、恵人(けいじん)なり。子西(しせい)を問う。曰わく、彼れをや、彼れをや。管仲(かんちゅう)を問う。曰わく、(この)人や、伯氏(はくし)の駢邑(べんゆう)三百を奪い、疏食(そし)を飯(くら)いて歯(よわい)を沒するまで怨言(えんげん)なし。


一一 子の曰わく、貧しくして怨むこと無きは難(かた)く。富みて驕ること無きは易(やす)し。


一二 子の曰わく、孟公綽(もうこうしゃく)、趙魏(ちょうぎ)の老と為れば、則ち優。以て膝薛(とうせつ)の大夫(たいふ)と為すべからず。


一三 子路、成人を問う。子の曰わく、臧武仲(ぞうぶちゅう)の知、公綽(こうしゃく)の不欲、卞荘子(べんそうし)の勇、冉求(ぜんきゅう)の芸の若(ごと)き、これを文(かざ)るに礼楽を以てせば、亦た以て成人と為すべし。曰わく、今の成人は、何ぞ必ずしも然らん。利を見ては義を思い、危うきを見ては命(いのち)を授く、久要(きゅうよう)、平生の言を忘れざる、亦た以て成人と為すべし。


一四 子、公叔文子(こうしゅくぶんし)を公明賈(こうめいか)に問いて曰わく、信(まこと)なるか。夫子(ふうし)の言わず、笑わず、取らざること。公明賈対(こた)えて曰わく、以て告(もう)す者の過(あやまち)なり。夫子、時にして然(しか)る後に言う、人の言うことを厭(いと)わざるなり。楽しみて然る後に笑う、人其の笑うことを厭わざるなり。義にして然る後に取る、人其の取ることを厭わざるなり。子の曰わく、其れ然り。豈(あ)に其れ然らんや。


一五 子の曰わく、臧武仲(ぞうぶちゅう)、防を以て魯に後(のち)たらんことを求む。君を要せずと曰(い)うと雖も、吾れは信ぜざるなり。


一六 子の曰わく、晋(しん)の文公は、譎(いつわ)りて正しからず。斉(せい)の桓公(かんこう)は正しくして譎らず。


一七 子路が曰わく、桓公(かんこう)、公子糾(こうしきゅう)を殺す。召忽(しょうこつ)これに死し、管仲(かんちゅう)は死せず。曰わく、未だ仁ならざるか。子の曰わく、桓公、諸侯を九合して、兵車を以てせざるは、管仲の力なり。其の仁に如(し)かんや、其の仁に如かんや。


一八 子貢が曰わく、管仲は仁者に非ざるか。桓公、公子糾(こうしきゅう)を殺して、死すること能わず。又(ま)たこれを相(たす)く。子の曰わく、管仲、桓公を相けて諸侯に覇(は)たり、天下を一匡(いっきょう)す。民、今に到(いた)るまで其の賜(し)を受く。管仲微(な)かりせば、吾れ其れ髪(はつ)を被(こうむ)り衽(じん)を左にせん。豈(あ)に匹夫匹婦(ひっぷひっぷ)の諒(まこと)を為し、自ら溝涜(こうとく)に経(くび)れて知らるること莫(な)きが若(ごと)くならんや。


一九 公叔文子(こうしゅくぶんし)の臣、大夫*(せん)、文子と同じく公に升(のぼ)る。子これを聞きて曰わく、以て文と為すべし。


二〇 子、衛の霊公の無道なるを言う。康子(こうし)が曰わく、夫(そ)れ是(か)くの如くんば、奚(いか)にしてか喪(うし)なわざる。孔子の曰わく、仲叔圉(ちゅうしゅくぎょ)は賓客を治め、祝*(しゅくた)は宗廟(そうびょう)を治め、王孫賈(おうそんか)は軍旅を治む。夫れ是くの如くんば、奚(いか)んぞ其れ喪(うし)なわん。


二一 子の曰わく、其の言に*(は)じざれば、則ちこれを為すこと難し。


二二 陳成子(ちんせいし)、簡公を弑(しい)す。孔子、沐浴して朝(ちょう)し、哀公に告げて曰わく、陳恆(ちんこう)、其の君を弑す。請う、これを討たん。公の曰わく、夫(か)の三子に告げよ。孔子の曰わく、吾れ大夫の後(しりえ)に従えるを以て、敢(あ)えて告げずんばあらざるなり。君の曰わく、夫の三子者に告げよと。三子に之(ゆ)きて告ぐ。可(き)かず。孔子の曰わく、吾れ大夫の後に従えるを以て、敢えて告げずんばあらざるなり。


二三 子路、君に事(つか)えんことを問う。子の曰わく、欺くこと勿(な)かれ。而してこれを犯(おか)せ。


二四 子の曰わく、君子は上達(じょうたつ)す。小人は下達(かたつ)す。


二五 子の曰わく、古(いにしえ)の学者は己の為ににし、今の学者は人の為にす。


二六 *伯玉(きょはくぎょく)、人を孔子に使いせしむ。孔子これに坐を与えて問いて曰わく、夫子(ふうし)何をか為す。対(こた)えて曰わく、夫子は其の過(あやま)ち寡(すく)なからんことを欲して、未だ能わざるなり。使者出ず。子の曰わく、使いなるかな、使いなるかな。


二七 子の曰わく、其の位に在らざれば、其の政を謀(はか)らず。


二八 曾子の曰わく、君子は思うこと其の位を出でず。


二九 子の曰わく、君子は其の言の其の行に過ぐるを恥ず。


三〇 子の曰わく、君子の道なる者三つ。我れ能(よ)くすること無し。仁者は憂えず。知者は惑わず、勇者は懼(おそ)れず。子貢が曰わく、夫子自ら道(い)うなり。


三一 子貢、人を方(たくら)ぶ。子の曰わく、賜(し)や、賢なるかな。夫(そ)れ我れは則ち暇(いとま)あらず。


三二 子の曰わく、人の己を知らざることを患(うれ)えず、己れの能(のう)なきを患う。


三三 子の曰わく、詐(いつわ)りを逆(むか)えず、信ぜられざるを億(おもんばか)らず、抑々(そもそも)亦た先ず覚る者は、是れ賢か。


三四 微生畝(びせいほ)、孔子に謂いて曰わく、丘、何爲(なんす)れぞ是れ栖栖(せいせい)たる者ぞ。乃(すなわ)ち佞(ねい)を為すこと無からんや。孔子対(こた)えて曰わく、敢て佞を為すに非らざるなり。固を疾(にく)むなり。


三五 子の曰わく、驥(き)は其の力を称せず。其の徳を称す。


三六 或るひとの曰わく、徳を以て怨みに報いば、何如(いかん)。子の曰わく、何を以てか徳に報いん。直きを以て怨みに報い、徳を以て徳に報ゆ。


三七 子の曰わく、我れ知ること莫(な)きかな。子貢が曰わく、何爲(なんす)れぞ其れ子を知ること莫からん。子の曰わく、天を怨みず、人を尤(とが)めず、下学(かがく)して上達す。我れを知る者は其れ天か。


三八 公伯寮(こうはくりょう)、子路を季孫(きそん)に愬(うった)う。子服景伯(しふくけいはく)以て告(もう)して曰わく、夫子(ふうし)固(もと)より公伯寮に惑える志し有り。吾が力猶(な)お能く諸(こ)れを市朝(しちょう)に肆(さら)さん。子の曰わく、道の将に行なわんとするや、命なり。道の将に廃せんとするや、命なり。公伯寮、其れ命を如何。


:三九 子の曰わく、賢者は世を避く。其の次は地を避く。其の次は色を避く。其の次は言を避く。子の曰わく、作す者七人。


四〇 子路、石門に宿る。晨門(しんもん)曰わく、奚(いず)れよりぞ。子路が曰わく、孔氏よりす。曰わく、是れ其の不可なることを知りて而(しか)もこれを為す者か。


四一 子、磬(けい)を衛に撃(う)つ。簣(あじか)を荷ないて孔氏の門を過ぐる者あり。曰わく、心あるかな、磬を撃つこと。既にして曰わく、鄙(いやし)きかな、**乎(こうこうこ)たり。己れを知ること莫(な)くんば、斯れ已(や)まんのみ、深ければ*(れい)し、浅ければ掲す。子の曰わく、果なるかな。難(かた)きこと末(な)きなり。


四二 子張(しちょう)が曰わく、書に云う、高宗(こうそう)、諒陰(りょうあん)三年言(ものい)わずとは、何の謂(い)いぞや。子の曰わく、何ぞ必ずしも高宗のみならん。古(いにしえ)の人皆な然(しか)り。君薨(こう)ずれば、百官、己れを総べて以て冢宰(ちょうさい)に聴くこと三年なり。


四三 子の曰わく、上(かみ)、礼を好めば、則ち民使い易し。


四四 子路、君子を問う。子の曰わく、己れを脩(おさ)めて以て敬す。曰わく、斯(か)くの如きのみか。曰わく、己れを脩めて以て人を安んず。曰わく、斯くの如きのみか。曰わく、己れを脩めて以て百姓(ひゃくせい)を安すんず。己れを脩めて以て百姓を安すんずるは、尭・舜も其れ猶(な)お諸(こ)れを病めり。


四五 原壌(げんじょう)、夷(い)して俟(ま)つ。子の曰わく、幼にして孫弟(そんてい)ならず、長じて述(の)ぶること無く、老いて死せず。是れを賊と為す。杖を以て其の脛(はぎ)を叩(う)つ。


四六 闕党(けっとう)の童子(どうじ)、命(めい)を将(おこ)なう。或る人これを問いて曰わく、益者(えきしゃ)か。子の曰わく、吾れ其の位に居るを見る。其の先生と竝び行くを見る。益を求むる者に非ざるなり。速みやかに成らんと欲する者なり。


(論語 巻第八)



 衛靈公第十五



一 衛の霊公、陳を孔子に問う。孔子対たえて曰わく、俎豆(そとう)の事は則ち嘗(かつ)てこれを聞けり。軍旅(ぐんりょ)の事は未だこれを学ばざるなり。明日(めいじつ)遂(つい)に行く。


二 陳に在(いま)して糧を絶つ。従者病みて能く興(た)つこと莫(な)し。子路 慍(いか)って見(まみ)えて曰わく、君子も亦た窮すること有るか。子の曰わく、君子固(もと)より窮す。小人窮すれば斯(ここ)に濫(みだ)る。


三 子の曰わく、賜(し)や、女(なんじ)予(わ)れを以て多く学びてこれを識(し)る者と為すか。対(こた)えて曰わく、然(しか)り、非なるか。曰わく、非なり。予れは一以てこれを貫く。


四 子の曰わく、由よ、徳を知る者は鮮(すく)なし。


五 子の曰わく、無為にして治まる者は其れ舜なるか。夫(そ)れ何をか為さんや。己れを恭々(うやうや)しくして正しく南面するのみ。


六 子張、行なわれんことを問う。子の曰わく、言 忠信、行 篤敬(とくけい)なれば、蛮貊(ばんぱく)の邦(くに)と雖ども行なわれん。言 忠信ならず、行 篤敬ならざれば、州里と雖ども行なわれんや。立ちては則ち其の前に参するを見、輿(くるま)に在(あ)りては則ち其の衡(こう)に倚(よ)るを見る。夫(そ)れ然る後に行なわれん。子張、諸(こ)れを紳(しん)に書す。


七 子の曰わく、直なるかな史魚(しぎょ)。邦(くに)に道有るにも矢の如く、邦に道無きも矢の如し。君子なるかな遽伯玉(きょはくぎょく)。邦に道有れば則ち仕え、邦に道無ければ則ち巻きてこれを懐(ふところ)にすべし。


八 子の曰わく、与(とも)に言うべくしてこれと言わざれば、人を失なう。与に言うべからずしてこれと言えば、言を失なう。知者は人を失なわず、亦た言を失なわず。


九 子の曰わく、志士仁人は、生を求めて以て仁を害すること無し。身を殺して以て仁を成すこと有り。


一〇 子貢、仁を為さんことを問う。子の曰わく、工(こう)、其の事を善くせんと欲すれば、必ず先ず其の器(き)を利(と)くす。是の邦に居りては、其の大夫の賢者に事(つか)え、其の士の仁者を友とす。


一一 顔淵、邦を為(おさ)めんことを問う。子の曰わく、夏(か)の時を行い、殷の輅(ろ)に乗り、周の冕(べん)を服し、楽は則ち韶舞(しょうぶ)し、鄭声(ていせい)を放ちて佞人(ねいじん)を遠ざけよ。鄭声は淫(いん)に、佞人は殆(あや)うし。


:一二 子の曰わく、人にして遠き慮(おもんばか)り無ければ、必ず近き憂い有り。


一三 子の曰わく、已(や)んぬるかな。吾れ未だ徳を好むこと色を好むが如くする者を見ざるなり。


一四 子の曰わく、臧文仲(ぞうぶんちゅう)は其れ位を竊(ぬす)める者か。柳下恵(りゅうかけい)の賢を知りて与(とも)に立たず。


一五 子の曰わく、躬(み)自ら厚くして、薄く人を責むれば、則ち怨みに遠ざかる。


:一六 子の曰わく、如之何(いかん)、如之何と曰わざる者は、吾れ如之何ともすること末(な)きのみ。


一七 子の曰わく、群居して終日、言 義に及ばず、好んで小慧(しょうけい)を行う。難いかな。


一八 子の曰わく、君子、義以て質と為し、礼以てこれを行い、孫以てこれを出だし、信以てこれを成す。君子なるかな。


一九 子の曰わく、君子は能(のう)なきことを病(うれ)う。人の己れを知らざることを病えず。


二〇 子の曰わく、君子は世(よ)を沒(お)えて名の称せられざることを疾(にく)む。


二一 子の曰わく、君子は諸(こ)れを己のれに求む。小人は諸れを人に求む。


二二 子の曰わく、君子は矜(きょう)にして争わず、群して党せず。


二三 子の曰わく、君子は言を以て人を挙(あ)げず、人を以て言を廃せず。


:二四 子貢問うて曰わく、一言にして以て終身これを行うべき者ありや。子の曰わく、其れ恕(じょ)か。己のれの欲せざる所、人に施すことな勿(な)かれ。


二五 子の曰わく、吾れの人に於けるや、誰をか毀(そし)り誰をか誉めん。如(も)し誉むる所の者あらば、其れ試みる所あらん。斯の民や、三代の直道(ちょくどう)にして行う所以(ゆえん)なり。


二六 子の曰わく、吾れは猶(な)お史の文を闕(か)き、馬ある者は人に借(か)してこれに乗らしむるに及べり。今は則ち亡(な)きかな。


二七 子の曰わく、巧言は徳を乱る。小、忍びざれば、則ち大謀を乱る。


二八 子の曰わく、衆これを悪(にく)むも必ず察し、衆これを好むも必ず察す。


二九 子の曰わく、人能く道を弘む。道、人を弘むるに非らず。


三〇 子の曰わく、過(あやま)ちて改めざる、是れを過ちと謂う。


三一 子の曰わく、吾れ嘗(かつ)て終日食(く)らわず、終夜寝(い)ねず、以て思う。益なし。学ぶに如(し)かざるなり。


:三二 子の曰わく、君子は道を謀りて食を謀らず。耕して餒(う)え其の中(うち)に在り。君子は道を憂えて貧しきを憂えず。


三三 子の曰わく、知はこれに及べども仁これを守ること能わず、これを得ると雖も必ずこれを失う。知はこれに及び仁能く守れども、荘以てこれに*(のぞ)まざれば、則ち民は敬せず。知はこれに及び仁能くこれを守り、荘以てこれに*(のぞ)めども、これを動かすに礼を以てせざれば、未だ善ならざるなり。


三四 子の曰わく、君子は小知すべからずして、大受すべし。小人は大受すべからずして、小知すべし。


三五 子の曰わく、民の仁に於けるや、水火よりも甚だし。水火は吾れ蹈(ふ)みて死する者を見る。未だ仁を蹈みて死する者を見ざるなり。


三六 子の曰わく、仁に当たりては、師にも譲らず。


三七 子の曰わく、君子は貞にして諒(りょう)ならず。


三八 子の曰わく、君に事(つか)えては、其の事を敬して其の食を後(あと)にす。


三九 子の曰わく、教えありて類なし。


四〇 子の曰わく、道同じからざれば、相い為めに謀(はか)らず。


四一 子の曰わく、辞は達するのみ。


四二 師冕(しべん)見(まみ)ゆ。階に及べり。子の曰わく、階なり。席に及べり。子の曰わく、席なり。皆な坐す。子これに告げて曰わく、某(ぼう)は斯(ここ)に在り。某は斯に在り。師冕出(い)ず。子張問いて曰わく、師と言うの道か。子の曰わく、然り。固(もと)より師を相(たす)くるの道なり。



 季子第十六



一 季氏、将に*臾(せんゆ)を伐(う)たんとす。冉有(ぜんゆう)・季路、孔子に見(まみ)えて曰わく、季氏、将に*臾に事あらんとす。孔子の曰わく、求よ、乃(すなわ)ち爾(なんじ)是れ過(あやま)てること無からんや。夫れ*臾は、昔者(むかし)先王以て東蒙(とうもう)の主と為し、且つ邦域の中に在り。是れ社稷(しゃそく)の臣なり。何を以てか伐つことを為さん。
 冉有が曰わく、夫(か)の子これを欲す。吾れ二臣は皆欲せざるなり。孔子の曰わく、求(きゅう)よ、周任に言あり曰わく、力を陳(の)べて列に就き、能わざれば止(や)むと。危うくして持せず、顛(くつがえ)って扶(たす)けずんば、則ち将(は)た焉(いずく)んぞ彼(か)の相(しょう)を用いん。
 且つ爾(なんじ)の言は過まてり。虎*(こじ)、*(こう)より出(い)で、亀玉(きぎょく)、*(とく)中に毀(こわ)るれば、是れ誰の過ちぞや。冉有が曰わく、今夫れ*臾は固たくして費に近かし。今取らずんば、後世必ず子孫の憂いと為らん。孔子の曰わく、求よ、君子は夫(か)のこれを欲すと曰うを舎(お)いて必ずこれが辞を為すことを疾(にく)む。丘(きゅう)や聞く、国を有(たも)ち家を有つ者は寡(すく)なきを患(うれ)えずして均(ひと)しからざるを患え、貧しきを患えずして安からざるを患うと。
 蓋(けだ)し均しければ貧しきこと無く、和すれば寡なきこと無く、安ければ傾くこと無し。夫れ是(か)くの如し、故に遠人(えんじん)服せざれば則ち文徳を修めて以てこれを来たし、既にこれを来たせば則ちこれを安んず。今、由と求とは夫(か)の子(し)を相(たす)け、遠人服せざれども来たすこと能わず、而かして干戈(かんか)を邦内に動かさんことを謀る。吾れ恐る、季孫の憂いは*臾に在らずして蕭牆(しょうしょう)の内に在らんことを。


二 孔子の曰わく、天下道有れば、則ち礼楽征伐、天子より出(い)ず。天下道なければ、則ち礼楽征伐、諸侯より出ず。諸侯より出ずれば、蓋(けだ)し十世にして失なわざること希(すく)なし。大夫より出ずれば、五世にして失なわざること希なし。陪臣 国命を執れば、三世にして失なわざること希し。天下道 有れば、則ち政は大夫に在らず。天下道あれば、則ち庶人は議せず。


三 孔子の曰わく、禄(ろく)の公室を去ること五世なり。政の大夫に逮(およ)ぶこと四世なり。故に夫(か)の三桓(さんかん)の子孫は微なり。


四 孔子の曰わく、益者(えきしゃ)三友。直きを友とし、諒(まこと)を友とし、多聞を友とするは、益なり。便辟(べんへき)を友とし、善柔を友とし、便佞(べんねい)を友とするは損なり。


五 孔子の曰わく、益者 三楽(さんらく)、損者三楽。礼楽を節せんことを楽しみ、人の善を道(い)うことを楽しみ、賢友多きを楽しむは、益なり。驕楽(きょうらく)を楽しみ、佚遊(いつゆう)を楽しみ、宴楽を楽しむは、損なり。


六 孔子の曰わく、君子に侍するに三愆(さんえん)あり。言(げん)未だこれに及ばずして言う、これを躁(そう)と謂う。言これに及びて言わざる、これを隠と謂う。未だ顔色を見ずして言う、これを瞽(こ)と謂う。


七 孔子の曰わく、君子に三戒あり。少(わか)き時は血気未だ定まらず、これを戒むること色に在り。其の壮なるに及んでは血気方(まさ)に剛なり、これを戒むること闘(とう)に在り。其の老いたるに及んでは血気既に衰う、これを戒むること得に在り。


八 孔子の曰わく、君子に三畏(さんい)あり。天命を畏れ、大人を畏れ、聖人の言を畏る。小人は天命を知らずして畏れず、大人に狎(な)れ、聖人の言を侮る。


九 孔子の曰わく、生まれながらにしてこれを知る者は上(かみ)なり。学びてこれを知るものは次ぎなり。困(くるし)みてこれを学ぶは又た其の次ぎなり。困みて学ばざる、民斯れを下(しも)と為す。


一〇 孔子の曰わく、君子に九思あり。視るには明を思い、聴くには聡を思い、色には温を思い、貌(かたち)には恭を思い、言には忠を思い、事には敬を思い、疑わしきには問いを思い、忿(いかり)には難を思い、得るを見ては義を思う。


一一 孔子の曰わく、善を見ては及ばざるが如くし、不善を見ては湯を探る如くす。吾れ其の人を見る、吾れ其の語を聞く。隠居して以て其の志しを求め、義を行いて以て其の道を達す。吾れ其の語を聞く、未だ其の人を見ず。


一二 (孔子の曰わく、誠に富みを以てせず、亦た祗(ただ)に異を以てす。) 斉の景公、馬 千駟(せんし)あり。死するの日、民徳として称すること無し。伯夷・叔斉(はくい・しゅくせい)、首陽の下(もと)に餓う。民今に到るまでこれを称す。其れ斯(こ)れをこれ謂うか。


一三 陳亢(ちんこう)、伯魚(はくぎょ)に問うて曰わく、子も亦た異聞ありや。対(こた)えて曰わく、未(いま)だし。嘗(かつ)て独(ひと)り立てり。鯉(り)趨(はし)りて庭を過ぐ。曰わく、詩を学びたりや。対たえて曰わく、未だし。詩を学ばずんば、以て言うこと無し。鯉退りぞきて詩を学ぶ。
 他日又た独り立てり。鯉趨りて庭を過ぐ。曰わく、礼を学びたりや。対たえて曰わく、未だし。礼を学ばずんば、以て立つこと無し。鯉退りぞきて礼を学ぶ。斯の二者を聞けり。陳亢退ぞきて喜びて曰わく、一を問いて三を得たり。詩を聞き、礼を聞き、又た:君子の其の子を遠ざくるを聞く。


一四 邦君(ほうくん)の妻、君これを称して夫人と曰う。夫人自ら称して小童と曰う。邦人これを称して君夫人(くんふじん)と曰う。異邦に称して寡小君(かしょうくん)と曰う。異邦の人これを称して亦た君夫人と曰う。


(論語 巻第九)



 陽貨第十七



一 陽貨、孔子を見んと欲す。孔子見(まみ)えず。孔子に豚(いのこ)を帰(おく)る。孔子其の亡(な)きを時として往きてこれを拝す。塗(みち)に遇(あ)う。孔子に謂いて曰わく、来たれ。予(わ)れ爾(なんじ)と言わん。曰わく、其の宝を懐(いだ)きて其の邦(くに)を迷わす、仁と謂うべきか。曰わく、不可なり。事に従うを好みて亟々(しばしば)時を失う、知と謂うべきか。曰
わく、不可なり。日月逝(ゆ)く、歳(とし)我れと与(とも)ならず。孔子の曰わく、諾(だく)。吾れ将(まさ)に仕えんとす。


二 子の曰わく、性、相(あ)い近し。習えば、相い遠し。


三 子の曰わく、唯だ上知(じょうち)と下愚(げぐ)とは移らず。


四 子、武城に之(ゆ)きて絃歌(げんか)の声を聞く。夫子(ふうし)莞爾(かんじ=にっこり)として笑いて曰わく、鷄を割(さ)くに焉(いずく)んぞ牛刀を用いん。子游対(こた)えて曰わく、昔者(むかし)偃(えん)や諸(こ)れを夫子に聞けり、曰わく、君子道を学べば則ち人を愛し、小人道を学べば則ち使い易(やす)しと。子の曰わく、二三子(にさんし)よ、偃の言是(げん ぜ)なり。前言はこれに戯(たわむ)れしのみ。


五 公山不擾(こうざんふじょう)、費を以て畔(そむ)く。招く。子徃かんと欲す。子路 説(よろ)こばずして曰わく、之(ゆ)くこと末(な)きのみ。何ぞ必ずしも公山氏にこれ之かん。子の曰わく、夫れ我れを招く者にして、豈(あ)に徒(ただ)ならんや。如(も)し我を用うる者あらば、吾れは其れ東周を為さんか。


六 子張、仁を孔子に問う。孔子の曰わく、能く五つの者を天下に行なうを仁と為す。これを請(こ)い問う。曰わく、恭・寛・信・敏・惠なり。恭なれば則ち侮られず、寛なれば則ち衆を得、信なれば則ち人任じ、敏なれば則ち功あり、恵なれば則ち以て人を使うに足る。


七 **(ひつきつ=人名)、招く。子往かんと欲す。子路が曰わく、昔者(むかし)由や諸(こ)れを夫子に聞けり、曰わく、親(みずか)ら其の身に於いて不善を為す者は、君子は入らざるなりと。**中牟(ちゅうぼう)を以て畔(そむ)く。子の往くや、これを如何。子の曰わく、然り。是の言有るなり。堅しと曰(い)わざらんや、磨すれども*(うすろ)がず。白しと曰わざらんや、涅(でつ)すれども緇(くろ)まず。吾れ豈に匏瓜(ほうか)ならんや。焉(いずく)んぞ能く繋(かか)りて食らわれざらん。


八 子の曰わく、由よ、女(なんじ)六言の六蔽(へい)を聞けるか。対えて曰わく、未(いま)だし。居れ、吾れ女に語(つ)げん。仁を好みて学を好まざれば、其の蔽や愚。知を好みて学を好まざれば、其の蔽や蕩(とう)。信を好みて学を好まざれば、其の蔽や賊。直を好みて学を好まざれば、其の蔽や絞(こう)。勇を好みて学を好まざれば、其の蔽や乱。剛を好みて学を好まざれば、其の蔽や狂。


九 子の曰わく、小子(しょうし)、何ぞ夫(か)の詩を学ぶこと莫(な)きや。詩は以て興(お)こすべく、以て観るべく、以て群すべく、以て怨むべし。邇(ちか)くは父に事(つか)え、遠くは君に事え、多く鳥獣草木の名を識(し)る。


一〇 子、伯魚に謂いて曰わく、女(なんじ)周南・召南を為(まな)びたるか。人にして周南・召南を為ばずんば、其れ猶(な)お正しく牆(かき)に面して立つがごときか。


一一 子の曰わく、礼と云い、礼と云うも、玉帛(ぎょくはく)を云わんや。楽と云い楽と云うも、鐘鼓(しょうこ)を云わんや。


一二 子の曰わく、色 *(はげ)しくして内 荏(やわらか)なるは、諸(こ)れを小人(しょうじん)に譬(たと)うれば、其れ猶(な)お穿*(せんゆ=こそ泥)の盗のごときか。


一三 子の曰わく、郷原(きょうげん)は徳の賊なり。


一四 子の曰わく、道に聴きて塗(みち)に説くは、徳をこれ棄(す)つるなり。


一五 子の曰わく、鄙夫(ひふ)は与(とも)に君に事(つか)うべけんや。其の未だこれを得ざれば、これを得んことを患(うれ)え、既にこれを得れば、これを失なわんことを患う。苟(いやしく)もこれを失なわんことを患うれば、至らざる所なし。


一六 子の曰わく、古者(いにしえ)、民に三疾(さんしつ)あり。今や或いは是れ亡(な)きなり。古(いにしえ)の狂や肆(し)、今の狂や蕩(とう)。古えの矜(きょう)や廉(れん)、今の矜や忿戻(ふんれい)。古えの愚や直、今の愚や詐(さ)のみ。


:一七 子の曰わく、巧言令色、鮮(すく)なし仁。


一八 子の曰わく、紫の朱を奪うを悪(にく)む。鄭声(ていせい)の雅楽を乱るを悪む。利口の邦家を覆すを悪む。


一九 子の曰わく、予(わ)れ言うこと無からんと欲す。子貢が曰わく、子 如(も)し言わずんば、則ち小子何をか述べん。子の曰わく、天何をか言うや。四時 行なわれ、百物 生ず。天何をか言うや。


二〇 孺悲(じゅひ)、孔子に見(まみ)えんと欲す。孔子辞するに疾(やまい)を以てす。命を将(おこ)なう者、戸を出(い)ず。瑟(しつ)を取りて歌い、これをして聞かしむ。


二一 宰我(さいが)問う、三年の喪は期にして已(すで)に久し。君子三年礼を為さずんば、礼必ず壊(やぶ)れん。三年 楽(がく)を為さずんば、楽必ず崩れん。旧穀既に沒(つ)きて新穀既に升(みの)る、燧(すい)を鑚(き)りて火を改む。期にして已(や)むべし。
 子の曰わく、夫(か)の稲を食らい、夫の錦を衣(き)る、女(なんじ)に於いて安きか。曰わく、安し。女(なんじ)安くんば則ちこれを為せ。夫れ君子の喪に居る、旨(うま)きを食らうも甘からず、楽(がく)を聞くも楽しからず、居処安からず、故に為さざるなり。今 女(なんじ)安く仁なるや。
 子(こ)生まれて三年、然る後に父母の懐(ふところ)を免(まぬが)る。夫れ三年の喪は天下の通喪(つうそう)なり。予(よ)や、其の父母に三年の愛あらんか。


二二 子の曰わく、飽くまで食らいて日を終え、心を用うる所無し、難いかな。博奕(はくえき)なる者あらずや。これを為すは猶(な)お已むに賢(まさ)れり。


二三 子路が曰わく、君子 勇を尚(とうと)ぶか。子の曰わく、君子義を以て上(かみ)と為す。君子 勇有りて義なければ乱を為す。小人 勇有りて義なければ盗を為す。


二四 子貢問いて曰わく、君子も亦た悪(にく)むこと有りや。子の曰わく、悪むこと有り。人の悪を称する者を悪む。下(しも)に居て上(かみ)を*(そし)る者を悪む。勇にして礼なき者を悪む。果敢にして窒(ふさ)がる者を悪む。曰わく、賜(し)や亦た悪むこと有りや。徼(かす)めて以て知と為す者を悪む。不孫(ふそん)にして以て勇と為す者を悪む。訐(あば)きて以て直と為す者を悪む。


:二五 子の曰わく、唯だ女子と小人とは養い難しと為す。これを近づくれば則ち不孫(ふそん)なり。これを遠ざくれば則ち怨む。


二六 子の曰わく、年四十にして惡まるるは、其れ終わらんのみ。



 微子第十八



一 微子はこれを去り、箕子(きし)はこれが奴(ど)と為り、比干(ひかん)は諌めて死す。孔子曰わく、殷(いん)に三仁あり。


二 柳下恵(りゅうかけい)、士師と為り、三たび黜(しりぞ)けらる。人の曰わく、子未だ以て去るべからざるか。曰わく、道を直くして人に事(つか)うれば、焉(いず)くに往くとして三たび黜けられざらん。道を枉(ま)げて人に事うれば、何ぞ必ずしも父母の邦(くに)を去らん。


三 斉の景公、孔子を待つに曰わく、季氏の若(ごと)きは則ち吾れ能わず。季孟の間を以てこれを待たん。曰わく、吾れ老いたり、用いること能わざるなり。孔子行(さ)る。


四 斉人(せいひと)、女楽(じょがく)を帰(おく)る。季桓子(きかんし)これを受く。三日朝(ちょう)せず。孔子行(さ)る。


五 楚の狂接輿(きょうせつよ)、歌いて孔子を過ぐ、曰わく、鳳(ほう)よ鳳よ、何ぞ徳の衰えたる。往く者は諌むべからず、来たる者は猶(な)お追うべし。已(や)みなん已みなん。今の政に従う者は殆(あや)うし。孔子下(お)りてこれと言(い)わんと欲す。趨(はし)りてこれを辟(さ)く。これを言うことを得ず。


六 長沮(ちょうそ)・桀溺(けつでき)、*(ぐう=並んで)して耕す。孔子これを過ぐ。子路をして津(しん)を問わしむ。長沮が曰わく、夫(か)の輿(よ)を執(と)る者は誰と為す。子路が曰わく、孔丘と為す。曰わく、是れ魯の孔丘か。対たえて曰わく、是れなり。曰わく、是れならば津を知らん。桀溺に問う。桀溺が曰わく、子は誰とか為す。曰わく、仲由と為す。曰わく、是れ魯の孔丘の徒か。対たえて曰わく、然り。曰わく、滔滔(とうとう)たる者、天下皆な是れなり。而して誰と以(とも)にかこれを易(か)えん。且つ而(なんじ)其の人を辟(さ)くるの士に従わんよりは、豈(あ)に世を辟くるの士に従うに若(し)かんや。*(ゆう)して輟(や)まず。子路以て告(もう)す。夫子憮然として曰わく、鳥獣は与(とも)に群を同じくすべからず。吾れ斯の人の徒と与にするに非ずして誰と与にかせん。天下道あらば、丘は与に易(か)えざるなり。


七 子路従いて後(おく)れたり。丈人(じょうじん)の杖を以て*(あじか=竹籠)を荷なうに遇う。子路問いて曰わく、子、夫子を見るか。丈人の曰わく、四体勤(つと)めず、五穀分かたず、孰(たれ)をか夫子と為さん。其の杖を植(た)てて芸(くさぎ)る。子路拱(きょう)して立つ。子路を止(とど)めて宿(しゅく)せしめ、鶏を殺し黍(きび)を為(つく)りてこれに食らわしめ、其の二子を見(まみ)えしむ。明日(めいじつ)、子路行きて以て告(もう)す。子の曰わく、隠者なり。子路をして反(かえ)りてこれを見しむ。至れば則ち行(さ)る。子路が曰わく、仕えざれば義なし。長幼の節は廃すべからざるなり。君臣の義はこれを如何(いかん)ぞ其れ廃すべけんや。其の身を潔(きよ)くせんと欲して大倫を乱る。君子の仕うるや、其の義を行わんとなり。道の行なわざるや、已(すで)にこれを知れり。


八 逸民(いつみん)は、伯夷(はくい)・叔斉(しゅくせい)・虞仲(ぐちゅう)・夷逸(いいつ)・朱張・柳下恵・少連。子の曰わく、其の志しを降(くだ)さず、其の身を辱(はずか)しめざるは、伯夷・叔斉か。柳下惠・少連を謂わく。志しを降し身を辱しむ、言 倫に中(あた)り、行 慮に中る、其れ斯れのみ。虞仲・夷逸を謂わく。隠居して放言し、身 清に中り、廃 権に中る。我れ則ち是れに異なり、可も無く不可も無し。


九 大師摯(たいしし)は斉に適(ゆ)く。亜飯干(あはんかん)は楚に適く。三飯 繚(りょう)は蔡に適く。四飯缺(けつ)は秦(しん)に適く。鼓方叔(こほうしゅく)は河に入る。播*武(はとうぶ)は漢に入る。少師陽・撃磬襄(げきけいじょう)は海に入る。


一〇 周公、魯公に謂(い)いて曰(のたま)わく、君子は其の親(しん)を施(す)てず、大臣をして以(もち)いざるに怨みしめず、故旧(こきゅう) 大故(たいこ)なければ、則ち棄てず。備わるを一人に求むること無かれ。


一一 周に八士あり、伯達・伯*(はっかつ)・仲突・仲忽・叔夜・叔夏・季随・季*(きか)。


(論語 巻第十)



 子張第十九



一 子張が曰わく、士は危うきを見ては命を致たし、得るを見ては義を思い、祭には敬を思い、喪には哀を思う。其れ可ならんのみ。


二 子張が曰わく、徳を執(と)ること弘(ひろ)からず、道を信ずること篤(あつ)からずんば、焉(いずく)んぞ能く有りと為さん、焉んぞ能く亡(な)しと為さん。


三 子夏の門人、交わりを子張に問う。子張が曰わく、子夏は何とか云える。対(こた)えて曰わく、子夏が曰わく、可なる者はこれに与(くみ)し、其の不可なる者はこれを距(ふせ)がんと。子張が曰わく、吾が聞く所に異なり。君子、賢を尊びて衆を容れ、善を嘉(よみ)して不能を矜(あわれ)む。我れの大賢ならんか、人に於いて何の容れざる所あらん。我れの不賢ならんか、人将(は)た我れを距がん。これを如何(いかん)ぞ其れ人を距がんや。


四 子夏が曰わく、小道と雖ども必ず観るべき者あり。遠きを致さんには泥(なず)まんことを恐る、是(ここ)を以て君子は為(な)さざるなり。


五 子夏が曰わく、日々に其の亡(な)き所を知り、月々に其の能くする所を忘るること無し。学を好むと謂うべきのみ。


六 子夏が曰わく、博(ひろ)く学びて篤く志し、切(せつ)に問いて近く思う、仁其の中(うち)に在り。


七 子夏が曰わく、百工、肆(し)に居て以て其の事を成す。君子、学びて以て其の道を致す。


八 子夏が曰わく、小人の過(あやま)つや、必ず文(かざ)る。


九 子夏が曰わく、君子に三変あり。これを望めば儼然(げんぜん)たり、これに即(つ)けば温なり、其の言を聴けば*(はげ)し。


一〇 子夏が曰わく、君子、信ぜられて而して後に其の民を労す。未だ信ぜられざれば則ち以て己れを*(や)ましむと為す。信ぜられて而して後に諌(いさ)む。未だ信ぜられざれば則ち以て己れを謗(そし)ると為す。


一一 子夏が曰わく、大徳は閑(のり)を踰(こ)えず。小徳は出入して可なり



一二 子游が曰わく、子夏の門人小子、酒掃(さいそう)応対進退に当たりては則ち可なり。抑々末なり。これを本(もと)づくれば則ち無し。これを如何。子夏これを聞きて曰わく、噫(ああ)、言游(げんゆう)過(あやま)てり。君子の道は孰(いず)れをか先にし伝え、孰れをか後にし倦(う)まん。諸(こ)れを草木の区して以て別あるに譬(たと)う。君子の道は焉(いずく)んぞ誣(し)うべけんや。始め有り卒(お)わり有る者は、其れ唯だ聖人か。


一三 子夏が曰わく、仕えて優なれば則ち学ぶ。学びて優なれば則ち仕う。


一四 子游が曰わく、喪は哀を致して止む。


一五 子游が曰わく、吾が友張や、能くし難きを為す。然れども未だ仁ならず。


一六 曾子の曰わく、堂堂たるかな張や、与(とも)に並んで仁を為し難し。


一七 曾子の曰わく、吾れ諸(こ)れを夫子に聞けり、人未だ自ら致す者有らず。必ずや親の喪か。


一八 曾子の曰わく、吾れ諸れを夫子に聞けり、孟荘子の孝や、其の他は能くすべきなり。其の父の臣と父の政とを改めざるは、是れ能くし難きなり。


一九 孟氏、陽膚(ようふ)をして士師たらしむ。曾子に問う。曾子の曰わく、上(かみ)其の道を失いて、民散ずること久し。如(も)し其の情を得ば、則ち哀矜(あいきょう)して喜ぶこと勿(な)かれ。


二〇 子貢が曰わく、紂(ちゅう)の不善や、是(か)くの如くこれ甚だしからざるなり。是(ここ)を以て君子は下流に居ることを悪(にく)む。天下の悪皆な焉(こ)れに帰す。


二一 子貢が曰わく、君子の過(あやま)ちや、日月の蝕するが如し。過つや人皆これを見る、更(あらた)むるや人皆なこれを仰ぐ。


二二 衛の公孫朝、子貢に問いて曰わく、仲尼(ちゅうじ)焉(いずく)にか学べる。子貢が曰わく、文武の道、未だ地に墜ちずして人に在り。賢者は其の大なる者を識(しる)し、不賢者は其の小なる者を識す。文武の道あらざること莫(な)し。夫子焉にか学ばざらん。而して亦た何の常師かこれ有らん。


二三 叔孫武叔(しゅくそんぶしょく)、大夫に朝(ちょう)に語りて曰わく、子貢は仲尼より賢(まさ)れり。子服景伯(しふくけいはく)以て子貢に告ぐ。子貢が曰わく、諸(こ)れを宮牆(きゅうしょう)に譬(たと)うれば、賜(し)の牆や肩に及べり、室家の好(よ)きを*(うかが)い見ん。夫子の牆や数仭(すうじん)、其の門を得て入らざれば、宗廟の美・百官の富みを見ず。其の門を得る者、或いは寡(すく)なし。夫(か)の子(し)の云うこと、亦た宜(うべ)ならずや。


二四 叔孫武叔、仲尼を毀(そし)る。子貢が曰わく、以て為すこと無かれ。仲尼は毀るべからざるなり。他人の賢者は丘陵なり、猶(な)お踰(こ)ゆべきなり。仲尼は日月なり、得て踰ゆること無し。人自ら絶たんと欲すと雖ども、其れ何ぞ日月を傷(やぶ)らんや。多(まさ)に其の量を知らざるを見るなり。


二五 陳子禽(ちんしきん)、子貢に謂いて曰わく、子は恭を為すなり。仲尼、豈に子より賢(まさ)らんや。子貢が曰わく、君子は一言以て知と為し、一言以て不知と為す。言は慎しまざるべからざるなり。夫子の及ぶべからざるや、猶(な)お天の階して升(のぼ)るべからざるがごときなり。夫子にして邦家を得るならば、所謂これを立つれば斯(ここ)に立ち、これを道びけば斯に行(したが)い、これを綏(やす)んずれば斯に来たり、これを動かせば斯に和す、其の生くるや栄え、其の死するや哀(かな)しむ。これを如何ぞ其れ及ぶべけんや。



 尭曰第二十



一 尭の曰わく、咨(ああ)、爾(なんじ)舜、天の暦数、爾の躬(み)に在り。允(まこと)に其の中(ちゅう)を執(と)れ。四海困窮。天禄(てんろく)永く終えん。舜も亦た以て禹に命ず。(湯(とう))曰わく、予(わ)れ小子履(しょうしり)、敢えて玄牡(げんぼ)を用(もっ)て、敢えて昭(あきら)かに皇皇后帝に告(もう)す。罪あるは敢えて赦(ゆる)さず、帝臣蔽(かく)さず、簡(えら)ぶこと帝の心に在り。朕(わ)が躬(み)罪あらば、万方を以てすること無けん。万方罪あらば、罪は朕が躬に在らん。
 周に大賚(たいらい)あり、善人是れ富む。周親(しん)ありと雖も仁人に如(し)かず。百姓(ひゃくせい)過ち有らば予れ一人に在らん。


二 権量を謹み、法度を審(つまびら)かにし、廃官を修むれば、四方の政行なわれん。滅国を興し、絶世を継ぎ、逸民を挙ぐれば、天下の民、心を帰せん。重んずる所は、民・食・喪(そう)・祭。


三 寛なれば則ち衆を得、信なれば則ち民任じ、敏なれば則ち功あり、公なれば則ち説(よろこ)ぶ。


四 子張、孔子に問いて曰わく、何如(いか)なれば斯れ以て政に従うべき。子の曰わく、五美を尊び四悪を屏(しりぞ)ければ、斯れ以て政に従うべし。子張が曰わく、何をか五美と謂う。子の曰わく、君子、恵して費(つい)えず、労して怨みず、欲して貪(むさぼ)らず、泰(ゆたか)にして驕(おご)らず、威にして猛(たけ)からず。
 子張が曰わく、何をか恵して費えずと謂う。子の曰わく、民の利とする所に因りてこれを利す、斯れ亦た恵して費えざるにあらずや。其の労すべきを択んでこれを労す、又た誰をか怨みん。仁を欲して仁を得たり、又た焉(なに)をか貪らん。君子は衆寡と無く、小大と無く、敢て慢(あなど)ること無し、斯れ亦た泰にして驕らざるにあらずや。君子は其の衣冠を正しくし、其の瞻視(せんし)を尊くして儼然たり、人望みてこれを畏る、斯れ亦た威にして猛からざるにあらずや。
 子張が曰わく、何をか四悪と謂う。子の曰わく、教えずして殺す、これを虐(ぎゃく)と謂う。戒めずして成るを視る、これを暴と謂う。令を慢(ゆる)くして期を致す、これを賊と謂う。猶(ひと)しく人に与うるに出内(すいとう)の吝(やぶさ)かなる、これを有司と謂う。


五 孔子の曰わく、命を知らざれば、以て君子たること無きなり。礼を知らざれば、以て立つこと無きなり。言を知らざれば、以て人を知ること無きなり。

Kuroda Kouta (2005.10.24/2007.02.13)