総トップページ にジャンプ
この資料に関するコメント

 仏説『父母恩重経』全巻



 かくの如く われ聞けり。
 あるとき、仏、王舎城の耆闍崛(ぎしゃくつ)山中に、菩薩・声聞(しょうもん)の衆と ともに ましましき。比丘・比丘尼・優婆塞・優婆夷・一切諸天の人民・および竜鬼神等、法を聞き奉らんとて、来たり集まり、一心に宝座を囲んで、瞬きもせず、尊顔を仰ぎみ奉りき。

 このとき、仏、すなわち法を説いて曰(のたま)わく。
 一切の善男子(ぜんなんし)・善女人よ、父に慈恩あり、母に悲恩あり。その故は、人のこの世に生まるるは、宿業を因とし、父母を縁とせり。父にあらされば生まれず、母にあらざれば育たず。これをもって、気を父の胤(たね)に受け、形を母の胎(たい)に託す。

 この因縁(いんねん)をもってのゆえに、悲母の子を思うこと、世間に比(たぐ)いあることなく、その恩、未形(みぎょう)におよべり。はじめ胎(たい)に受けしより、十月(とつき)を経るの間、行・住・坐・臥(ぎょう・じゅう・ざ・が)、ともにもろもろの苦悩を受く。苦悩休(や)むときなきがゆえに、常に好める飲食(おんじき)・衣服を得るも、愛欲の念を生ぜず、ただ一心に安く産まんことを思う。

 月満ち、日足りて、生産(しょうさん)のときいたれば、業風(ごうふう)吹きて、これを促(うなが)し、骨節(ほねふし)ことごとく痛み、汗膏(あせあぶら)ともに流れて、その苦しみ耐えがたし。父も身心戦(おのの)き恐れて、母と子とを憂念(ゆうねん)し、諸親眷属(しょしんけんぞく)みな悉(ことごと)く苦悩す。すでに生まれて、草上(そうじょう)に墜(お)つれば、父母の喜び限りなきこと、なお貧女(ひんにょ)の如意珠(にょいじゅ)を得たるがごとし。その子、声を発すれば母も初めて、この世に生まれいでたるが如し。

 それよりこのかた、母の懐(ふところ)を寝床(ねどこ)となし、母の膝を遊び場となし、母の乳(ちち)を食物となし、母の情(なさけ)を性名(いのち)となす。飢えたるとき、食を求むるに、母にあらざれば喰らわず。渇(かわ)けるとき、飲み物を求めるに、母にあらざれば喰らわず、渇けるとき、着物を加えるに、母にあらざれば着ず。暑きとき、衣(きもの)を脱(と)るに、母にあらざれば脱(ぬ)がず。母、飢えにあたるときも、含めるを吐(は)きて、子に喰らわしめ、母、寒さに苦しむときも、着たるを脱ぎて、子に被(かぶ)らす。

 母にあらざれば養われず、母にあらざれば育てられず。その揺籃(ゆりかご)を離れるにおよべば、十指(じゅつし)の爪の中に、子の不浄を食らう。計るに人々、母の乳を飲むこと、一百八十解(こく)となす。父母の恩重きこと、天のきわまりなき如し。

 母、東西の隣里(りんり)に傭(やと)われて、あるいは水汲み、あるいは火焚(ひた)き、あるいは臼つき、あるいは臼挽(ひ)き、種々のことに服従して、家に帰るのとき、未だ至らざるに、今やわが児(こ)、わが家(いえ)に泣き叫びて、われを恋い慕(した)わんと思い起こせば、胸さわぎ、心驚き、ふたつの乳流れいでて、忍びたうることあたわず。すなわち、去りて家に帰る。

 児 遙(はる)かに母の来たるを見て、揺籃(ゆりかご)の中にあれば、すなわち、頭を揺(ゆ)るがし、脳(なづき)をろうし、外(ほか)にあれば、すなわち腹這(はらば)いして出できたり。空泣(そらな)きして、母に向かう。母は子のために足を早め、身(からだ)を曲げ、長く両手をのべて、塵土(ちりつち)を払い、わが口を子の口に接(つ)けつつ、乳を出してこれを飲ましむ。このとき、母は児を見て歓び、児は母を見て喜ぶ。両情(りょうじょう)一致、恩愛のあまねきこと、またこれに過ぎるものなし。

 二歳。懐(ふところ)を離れて、初めて歩く。父にあらざれば、火の身(からだ)を焼くことを知らず。母にあらざれば、刀(はもの)の指を落とすことを知らず。

 三歳。乳を離れて、初めて食らう。父にあらざれば、毒の命を落とすことを知らず。母にあらざれば、薬の病(やまい)を救うことを知らず。父・母、外に出でて、他の座席に行き、美味珍食(びみちんしょく)を得ることあれば、自(みずか)らこれを喰らうに忍びず、懐に収めて持ち帰り、呼び来たりて、子に与(あた)う。十度(とたび)帰れば、九度(ここのたび)まで、子に与う。これを得れば、すなわち歓喜して、かつ笑い、かつ喰らう。もし過(あやま)りて、一度も得ざれば、すなわちいつわり泣き、いつわり叫びて、父を責め母に迫る。

 やや成長して。朋友(ほうゆう)と相交わるに至れば、父は着物を求め、帯を求め、母は髪を梳(くしけず)り、髻(もとどり)を摩(な)で、己が好みの衣服は、みな子に与えて着せしめ、己(おのれ)は、すなわち古き着物、弊(やぶ)れたる着物をまとう。すでに妻を求めて、他の女子を娶(めと)れば、父母をば、うたた疎遠にして、夫婦はとくに親しみ近づき、私房(へや)の内において、妻とともに語らい楽しむ。

 父母、年たけて気老(きお)い、力衰えぬれば、頼るところのものは、ただ子のみ。頼むところの者は、ただ嫁のみ。しかるに夫婦ともに、朝(あした)より暮れに至るまで、未だ敢えて一度(ひとたび)も来たり問わず。あるいは父は母を先立て、母は父を先立てて、独り空房(くうぼう)を守りおるは、あたかも旅人の、ひとり宿に泊まるがごとく、つねに恩愛の情なく、また談笑の楽しみなし。

 夜半、寝床冷ややかにして、五体安んぜず。いわんや、被(ふすま)に蚤(のみ)・虱(しらみ)多くして、暁にいたるまで眠られざるをや。幾度(いくたび)か転々反則して、独りつぶやく。噫(ああ)、吾(わ)れ何の宿罪(しゅくざい)ありてか、かかる不幸の子をもてるかと。事ありて、子を呼べば、目を瞋(いか)らして怒り罵(ののし)る。嫁も児も、これを見て、ともに罵り、ともに辱(はずか)しめば、頭(こうべ)をたれて笑いを含む。嫁もまた不幸、児もまた不順、夫婦和合して、五逆罪を造る。

 あるいはまた急用おこりて、急ぎ呼びて命ぜんとすれば、十度(とたび)呼びて、九度(ここのたび)違い、ついにきたりて給仕せず。かえって怒り罵りていわく、老い耄(ぼ)れて世に残るよりは、早く死して、この世を去られたしと。父母これを聞きて、怨念胸に塞(ふさ)がり、涕涙(ているい)瞼(まぶた)をつきて、目瞑(くら)み、心惑い、悲しみ叫びて曰く、噫(ああ)、汝(なんじ)幼少のとき、われにあらざれば養われざりき、われにあらざれば育てられざりき。しかして今に至れば、すなわちかえって、かくのごとし。噫(ああ)、われ汝を生みしも、もとより望みは外れたりと。

 もし子あり、父母をして、かくのごとき言(ことば)を発せしむれば、子はすなわち、その言とともに墜ちて、地獄・餓鬼・畜生の中にあり。一切の如来・金剛天・五通仙も、これを救い護ることあたわず。父母の恩重きこと、天の極まりなきがごとし。善男子・善女人よ、わけてこれを説けば、
 父母に十種の恩徳あり、何をか十種となす

   一には、懐胎(かいたい)守護の恩
   二には、臨産受苦の恩
   三には、生子忘憂の恩
   四には、乳哺(にゅうほ)養育の恩
   五には、廻乾就湿(かいかんじゅしつ)の恩
   六には、洗灌不浄(せんかんふじょう)の恩
   七には、嚥苦吐甘の恩
   八には、為造悪業(いぞうあくごう)の恩
   九には、遠行憶念(えんぎょうおくねん)の恩
   十には、究竟憐愍(くきょうれんみん)の恩

 父母の恩、重きこと天の窮まりなきがごとし。善男子・善女人よ、かくのごときの恩徳、いかにしてか報ずべき。仏、讃して宣わく

【懐胎守護の恩】

 悲母(ひぼ)、子を胎(はら)めば、十月の間に、血を分け、肉を頒(わか)ちて、身、重病を感ず。子の身体(しんたい)、これによりて成就す。

【臨産受苦の恩】

 月満ち、とき到(いた)れば、業風催促して、*(偏のぎょうにんべん)身疼痛(へんしんとうつう)し、骨節解体して、神心悩乱し、忽然(こつねん)として、身を亡ぼす。

【生子忘憂の恩】

 もしそれ平安なれば、なお蘇生(そせい)し、来たるがごとく、子の声を発するを聞けば、己(おの)も生まれ出でたるが如し。

【乳哺養育の恩】

 その初めて生みしときには、母の顔(かんばせ)、花のごとくなりしに、子を養うこと数年なれば、容貌(かたち)すなわち憔悴(しょうすい)す。

【廻乾就湿の恩】

 水のごとき霜(しも)の夜(よ)にも、氷のごとき雪の暁(あした)にも、乾ける処(ところ)に子を廻(まわ)し、湿(しめ)れる処に己(おの)れ臥(ふ)す。

【洗灌不浄の恩】

 子、己(おの)が、懐(ふところ)に不浄を漏(も)らし、あるいは、その着物に尿(いばり)するも、手づから自(みずか)ら洗いい灌(そそ)ぎて、臭穢(しゅうえ)を厭(いと)うことなし。

【嚥苦吐甘の恩】

 食味を口に含みて、これを子に哺(ふく)むるにあたりては、苦き物は自(みずか)ら飲み、甘き物は吐きて与う。

【為造悪業の恩】

 もしそれ子のために、止むをえざることあれば、躬(み)づから悪業を造りて、悪道に墜つることを甘んず。

【遠行憶念の恩】

 もし子、遠く行けば、帰りてその面(おもて)を見るまで、出でても入りてもこれを憶(おも)い、寝ても覚めても、これを憂う。

【究竟憐愍(くきょうれんみん)の恩】

 おのれ生きている間は、子の身に代わらんことを思い、己(おの)れ死にさりて後は、子の身を護(まも)らんことを願う。

 かくの如き恩徳、如何にして報ずべき。しかるに長じて人となれば、声を荒らげ、気を怒らして、父の言(ことば)に順(したが)わず、母の言に瞋(いかり)を含む。すでにして妻を娶(めと)れば、父母に背き違うこと、恩なき人のごとく、兄弟を憎み嫌うこと、怨(うら)みある者のごとし。妻の親族来たりぬれば、奥の間に迎え入れて、饗応(きょうおう)し、己(おの)れが室に入れて歓談す。嗚呼(ああ)、噫嵯(ああ)、衆生(しゅじょう)顛倒(てんどう)して、親しき者は、かえって粗末に扱い、疎き者は、かえって親しむ。父母の恩重きこと、天の極まり無きがごとし。

 このとき、阿難、座より起(た)ちて、偏(ひとえ)に右の肩を袒(はだぬ)ぎ、長跪(ちょうき)合掌して、すすみて仏に告げていわく。世尊よ、かくのごとき父母の重恩を、われら出家の子は、いかにしてか報ずべき、つぶさに、そのことを説き示し給え。と

 仏、宣(のたま)わく。汝(なんじ)ら大衆、よく聴けよ。孝養の一事は、在家出家の別あることなし。出でしとき、新しき甘果(かんか)を得れば、持ち去りて、父母に供養せよ。父母これを得て歓喜し、自(みずか)ら食らうに忍びず。先ずこれを三宝(=仏・法・僧)に廻(めぐ)らし施さば、すなわち菩提心を啓発せん。父母病あらば、牀(とこ)の傍(そば)を離れず、親しく自ら看護せよ。一切のこと、これを他人に委ぬることなかれ。ときを計り、便宜を伺い、懇(ねんご)ろに粥飯(しゅくはん)を勧めよ。

 親は子の勧むるをみて、強いて粥飯を喫(きっ)し、子は親の喫するをみて、まげて己(おの)が意(こころ)を強くす。親しばらく睡眠すれば、気を静めて息を聞(か)ぎ、眠り覚むれば医者に問いて、薬を勧めよ。日夜に三宝を恭敬(くぎょう)して、親の病の癒(い)えんことを願い、つねに報恩の心を懐(いだ)きて、片時(かたとき)も亡失することなかれ。

 このとき、阿難また問いていわく。世尊よ、出家の子、よくかくの如くせば、もって父母の恩に報ずとなすや。

 仏宣わく、否、未だもって父母の恩に報ずるとはなさざるなり。親(おや)頑闇(かたくな)にして、三宝を奉ぜず。不仁にして物をそこない、不義にして物を盗み、無礼にして色に荒(すさ)み、不信にして人を欺き、不智にして酒に耽(ふけ)らば、子はまさに極諌(ごくかん)して、これを敬悟(けいご)せしむべし。もしなお闇(くら)くして、いまだ悟ること能わざれば、すなわち、ために譬えとり、類(たぐい)をひき、因果の道理を述べ説きて、未来の苦患(くげん)を救うべし。

 もしなお頑(かたく)なにして、未だ改むること能わざれば、啼泣(ていきゅう)歔欷(きょき)して、己(おの)が飲食(おんじき)を絶(た)つべし。親頑闇(かたくな)なりと雖(いえど)も、子の死なんことを懼(おそ)るるが故に、恩愛の情に牽かれて、強いて忍びて道に向かわん。

 もし親、志を遷(うつ)して、仏の五戒を奉じ、仁ありて殺さず、義ありて盗まず、礼ありて*(いん、「徭」の「おんなへん」)せず、信ありて欺かず、智ありて酔わざれば、すなわち家門(かもん)の内、親は慈に、子は孝に、夫は正に、妻は貞に、親族和睦(わぼく)し、婢僕(ひぼく)忠順(ちゅうじゅん)に、六畜虫魚まで、あまねく恩沢(おんたく)を被(こうむり)りて、十方の諸仏、天竜鬼神、有道(ゆうどう)の君、忠良の臣より、庶民万姓にいたるまで、敬愛せざるはなく、暴悪の主も、佞嬖(ねいへい)の輩(やから)も、兇児(きょうじ)妖婦(ようふ)も千邪(せんじゃ)万怪(ばんかい)も、これをいかんともすることなけん。ここにおいて父母、現世には安穏に住し、後世(ごせ)には善処(ぜんしょ)に生じ、仏を見、法を聞きて、長く苦輪(くりん)を脱せん。かくのごとくして、始めて父母の恩に報ずる者となすなり。

 仏さらに説(せつ)を重ねて宣わく。汝ら大衆、よく聴けよ。父母のために、心力を尽くして、あらゆる加味(かみ)・美音(びおん)・妙衣(みょうえ)・車駕(しゃか)・宮室(きゅうしつ)等を供養し、父母をして、一生遊楽に飽かしむるとも、もし未だ三宝を信ぜざらしめば、なおもって不幸となす。いかんとなれば、仁心ありて施しを行い、礼式ありて身を正し、柔和にして、辱(はずかし)めを忍び、勉強して徳に進み、意(こころ)を寂静(じゃくじょう)に潜(ひそ)め、志(こころざし)を学問に励ます者と雖(いえど)も、一度(ひとたび)酒色(しゅしょく)に溺(おぼ)るれば、悪魔たちまち隙(すき)を伺い、妖魅(ようみ)すなわち便りを得て、財を惜しまず、情を蕩(とろ)かし、忿(いかり)を発(おこ)し、怠りを増し、心を乱し、智を晦(くら)まして、行いを禽獣に等しくするにいたればなり。

 大衆よ。古(いにしえ)より今におよんで、これによりて身を亡ぼし、家を亡ぼし、君を危うくし、親を辱(はずか)しめざるはなし。この故に、沙門は独身にして、偶(つれあい)なく、その志を清潔にし、ただ道をこれ務む。子たる者は、深く思い、遠く慮(おもんばか)りて、もって孝養の軽重緩急をしらざるべからざるなり。およそこれらを父母の恩に報ずるのこととなす。

 このとき、阿難、涙を払いつつ、座より起(た)ち、長*(ちょうき、*は「詭」の「あしへん」)合掌して、すすみて仏に申して申(もう)さく。世尊よ。この経は、まさになにと名付くべき、またいかにして奉持(ぶじ)すべきや。

 仏、阿難につげ給わく。阿難よ、この経は、父母恩重経と名付くべし。もし一切衆生(しゅじょう)ありて、一度(ひとたび)この経を読誦(どくじゅ)せば、すなわちもって乳哺(にゅうほ)の恩に報ずるに足らん。もし一心に、この経を持念(じねん)し、また人をして持念せしむれば、まさにしるべし、この人はよく父母の恩に報ずることを。一生にあらゆる十悪・五逆・無間(むけん)の重罪も、みな消滅して、無常道を得ん。

 このとき、梵天(ぼんてん)帝釈(たいしゃく)・諸天の人民・一切の集会(しゅうえ)、この説法を聞きて、ことごとく菩提心をおこし、五体地に投じて、涕涙(ているい)雨のごとく、進みて仏の み足を頂礼(ちょうらい)し、退きて、おのおの歓喜奉行(かんき ぶぎょう)したりき。

Kuroda Kouta (2006.01.01/2007.02.13)