総トップページにジャンプ


 配信メモ(1) 2004年04月から2004年08月分


○「勘違い」と「見違い」(2004.08.30)
○生田緑地(2004.08.27)
○何を思いつきますか?(2004.08.25)
○「相調2曲」と「力行」?(2004.08.23)
○年寄りの冷や水?(2004.08.20)
○浄瑠璃姫(2004.08.18)
○コシとヒザ(2004.08.16)
○備えあっても、憂いあり?(2004.08.13)
○西部是政線(2004.08.11)
○ギンヤンマ(2004.08.09)
○薬師池のハス(2004.08.06)
○猫の目?(2004.08.04)
○満月?(2004.08.02)
○江戸東京たてもの園(2004.07.30)
○4つの川の大小?(2004.07.28)
○神田川と玉川上水(2004.07.26)
○新井のハス(つづき) (2004.07.23)
○新井のハス (2004.07.23)
○水分の補給!(2004.07.21)
○ハスを見た帰りに! (2004.07.19)
○シフゾウ? (2004.07.16)
○柳葉魚? (2004.07.12)
○♪音楽をどうぞ♪ (2004.07.09)
○七夕? (2004.07.07)
○白いハス(2004.06.28)
○季節の変わり目?(2004.06.25)
○>゜))))彡(2004.06.23)
○梅干し・ラッキョウ・紅生姜(2004.06.18)
○目には目を、歯には歯を?(2004.06.16)
○陽はまた昇る?(2004.06.14)
○霞が関がかすんでいる!(2004.06.11)
○紫陽花とアオサギ(2004.06.09)
○自信がない?(2004.06.04)
○インターネットの現実?(2004.06.03)
○水無月に入った!(2004.06.01)
○皐月、つごもり、何するか?(2004.05.31)
○スーパー銭湯で温泉気分?(2004.05.29)
○健康と老化予防と安心立命(2004.05.28)
○早すぎた紫陽花と遅すぎた桜(2004.05.26)
○なせばなる?(2004.05.24)
○お元気ですか?(2004.05.23)
○カワセミと水族館(2004.05.20)
○健康について(2004.05.17)
○チャレンジ精神?(2004.05.14)
○街路樹に関する報告(2004.05.13)
○街路樹についてお尋ね?(2004.05.09)
○連休、いかがお過ごしでしたか?(2004.05.06)
○多摩川散歩と高幡不動尊の参拝(2004.04.28)
○歳をとっても、とっても元気!(2004.04.26)
○「野草の本」を持って散歩に行こう!(2004.04.25)


○「勘違い」と「見違い」


 先日、ホームページのアップロードができなくなってしまった。
 いつもと同じ手順でするのに、どうしてもダメである。ファイルの「送信エラー」になるか、送れても「0バイトのファイル」で内容がない。ちょっと考えれば、この時点でわかりそうなものであるが「送信エラー」に惑わされて、慌ててしまった。
 もしかしたら、「ファイル転送(FTP)が壊れた」と勘違いしたのである。

 そこで、もう一度セットをし直してみた。プロバイダに接続するところからである。
 すると、今度はパスワードを受け付けない。今度は「慌てる」どころか、狼狽をしてしまった。深刻な事態になったからだ。あまりにも、真剣な顔をしていたのだろう。妻が心配をして「どうしたのか?」と言うので事情を話した。
 すると、「手伝ってあげる」というので、まずパスワードを読み合わせて、確認をするところから始めた。

 何と、それまではパスワードの「b」を「6」と入れていたのです。自分で決めたパスワードでなく、プロバイダから送られてきた最初のものを手書きで写しておいたため、メモをした「b」を「6」と見違いしていたのである。むろん、パスワードによる接続作業は問題なく済んだ。
 そして、そのときになって「はっ」と「送信エラー」のことも理解できたのです。

 そこで、いくつかの送信済みファイルをサーバーから削除して、新たなファイルを送信してみた。すると「OK」である。何のことはない、サーバがいっぱいになっていたんだ。自分のパソコン側のサイトには、まだ充分なゆとりがあったので気付かなかっただけ。サーバーのハードディスクのクラスタは、かなり大きな値であるという当然なことを忘れていたのである。

 何となく「自分は、パソコンに向かないダメな技術者」だと思い知らされた。
 このような誤謬と錯覚をするのが恥ずかしい。『孫子』にある「自分のことをよく知っていなくて、相手側のことも解らなければ、何回やっても危うい」という言葉を思い出したりもした。(2004.08.30)


○生田緑地


 きのう、臼井さんと川崎市の生田(いくた)緑地に散策をした。とても広々として、いいところです。つまり、「日本民家園」と「岡本太郎美術館」と「青少年科学館」とに遊んだ。

 民家園には古民家が二十数件もあって、いつの間にかタイムスリップした感じだ。また、道祖神や庚申塚などが園路に置いてあって、何ともなつかしい。
 美術館には、一平かの子父母などを含めて約100点の作品があり、なかなかのものでした。鉛銀写真もあって、「出羽三山」や「即身仏」が強烈だ。
 科学館には、私と同年に作られたD51型蒸気機関車が置いてあった。
 楽しい半日だった。(2004.08.27)


○何を思いつきますか?


 左はフクロ○○○、中央はジンメン○○○○です。そして、右は、ハナ○○○○なのです。
 ○○の中には、何という文字が入るかわかりますか?

    

 先日、多摩動物公園に行ったときに、ちょっと奇妙な感じを受けましたので、デジカメで写しておきました。いずれも動物(というよりか昆虫)なのです。左と中央は頭が下、右は頭が上になっています。撮影をした画像を逆にしたりは、していません。

 左はフクロチョウ、中央はジンメンカメムシ、そして右のはハナカマキリというそうです。
 ジンメンカメムシはマレーシアにいるそうですが、フクロチョウとハナカマキリはどこにいるのでしょうか? 先輩の大岩さんは、ハナカマキリを子供のころに田舎で見たと言うんですが、……(2004.08.25)


○「相調2曲」と「力行」?


 「相調2曲」とは、いったい何を意味するのでしょうか? 何となく、演歌や浪花節が出てきそうな感じもしますが……
 それでは、「力行」とは何のことでしょうか? どうやら、五十音の「かきくけこ」ではなさそうです。

 私は、電車のいちばん前、つまり運転席の後ろに立って、前方を見るのが大好きです。
 そうすると、目の健康によいというからです。「目のためによい」ということは古くから言われ、旧約聖書『伝道の書』にも書いてあります。

 「相調2曲」は、京王多摩川駅の調布方面にある標識です。
 おそらく、「相模原線の調布から2番目のカーブ」という意味ではないでしょうか?
 また「力行」というのは、運転席にあった部品に記した標識です。これは「かぎょう」ではなく、「りきこう」と読むんじゃないでしょうか。そして、おそらくモータに電力を与えて走っている状態をいうのでしょう。つまり、慣性(惰性)で走っているときではない状態のことだと思います。

 他にも「入信よいか」「流転注意」などという標語が、JRの橋本駅2、3番線ホーム町田方向にありました。
 八王子の駅には「てこてんてつ月間」などともありました。
 「入信注意」というのが小田急線登戸の大跨線橋の線路が登りホームに入る手前にあります。

 あまり鉄道のことは詳しくないので、もしかしたら間違っているかもしれません。
 知っている人は、教えてください。(2004.08.23)


○年寄りの冷や水?


 「年寄りの冷や水」と言いますが、私は「冷水」が大好きです。つまり、水道水を濾過してから、冷やして飲むのです。なぜ、濾過をするかといいますと、人体に不都合な塩素やトリハロメタン、ダイオキシンなどを除くためです。
 ここで、私の「仮説」を一つ。ちょっと、大きな問題なので?
 そんなわけで、皆さんの意見をお伺いしたいんです。

 ここのところ、循環器系の障害で、アウトになる人が多い。この地区でも、救急車が頻繁に走っている。それは、もしかしたら、日々「死に水」を飲んでいるからではないか?

 「生水」の例……地下水、水道水、果物や生野菜に含まれている水分(すいか、みかん、とまと、きゅうり……)、低温殺菌牛乳、フランスのエビアンなど。(ただし、エビアンはカルシウムが豊富なので、人体に悪い。体内に結石ができるからです)

 「死に水」の例……国産のペットボトルに入っている天然水など(法令によって、高温滅菌をしてあるもの)、加工ジュース、牛乳、……

 体内に蓄積をした化学物質や環境ホルモンなどは、生水によって体外に排出され、ホメオスタシスがバランスするようにだけ遺伝子が、すでにできているのではないでしょうか? (2004.08.20)


○浄瑠璃姫


 皆さん、お元気ですか? rikです。
 臼井さんと、八王子の長池に行きました。ギンヤンマが見られると思ったからです。しかし、曇っていたせいか、テリトリーを旋回するその勇姿は、見られませんでした。

 長池には、「浄瑠璃姫の碑」がありました。歌舞伎のとは、ちょっと内容が違っているようです。
 それは、

 「漁師が相模湾に網を投げたら、薬師如来像がかかった。 1000年以上も昔のことです。この像を三河の殿様が譲り受け、拝んだところ、やがて女の子を授かる。 浄瑠璃姫と言い、後に小山田太郎高家に薬師如来像を持参して嫁いだ。

 しかし、新田義貞の鎌倉攻めに参加をした武将であるが、小山田太郎高家はやがて足利尊氏軍との「湊川の戦い」で討たれてしまった。高家の死によって小山田氏は離散、残った浄瑠璃姫は薬師如来像を背負い、長池に身を投げた。」

というのです。

 おそらく、当時は山間に水がとうとうとあったことでしょう。灌漑用水に使っていた池でもあったからです。今でも近くに「沼」という地名やそのバス停がありますが、もはや埋め立てられてしまいました。
 長池周辺は、ボランティア活動で里山を残す運動がなされています。(2004.08.18)


○コシとヒザ


 ここのところ腰痛が出て、膝の調子も悪い。どうも オジンくさくて 恐縮だが、困っている。
 寒暖がきついと、いつも腰が痛くなり始める。毎年、そんなときは西式健康法の「平床法」というのをすると治ったが、今年はどうも具合がよくないようだ。

 膝は今までに歩きすぎたせいか、どうやら軟骨が痛んでしまったようだ。一日に20キロメートル以上も平気で歩いたので、その結果が出ているのだろうか。
 もはや、年齢から仕方のないことであろう。すでに廃車近い「中古車を何とか故障させず、日々走らせていく」ような注意が必要なのかも知れません。(2004.08.16)


○備えあっても、憂いあり?


 「備えあれば憂いなし」とばかり、考えていました。ケーブルテレビ局の常時接続を利用しているせいか、私はウイルスに狙われやすい環境にあります。皆さまは、どうでしょうか?

 最近は、テーブルを自動アップデートしてくれてよいのですが、ずいぶんとそのテーブル容量が大きくなったようです。そのために、Windows本体の動作が、だいぶ鈍くなってきました。
 昨日、ノートンが奇妙な動作をして、Outlook Expressがダメになりました。そこで、設定を最初からしなおして、全領域ウイルスチェックをして、OKを確認したのです。もしかしたら、まだチェックテーブルにもない作りたてのほやほやウイルスが、送られてきたのかもしれません。

 去年の夏に、大流行をした「ブラスター」から1年が経ちました。夏休みで、生産者が時間を利用して大張り切りするためウイルスが大増加するといわれている季節、今年も新種のウイルスが次々と見つかっています。ウイルスに感染しないためにも、また、他の人に感染をさせないように、いろいろと対策を考えましょう。(2004.08.13)


○西部是政線


 きのう、パソコンの先輩に吉祥寺で会った。いろいろと有意義なことをアドバイスしてもらった。

 帰りは、武蔵境から是政まで、西武線で帰る。軽便鉄道のような単線で、ワンマンカーである。いちばん前の運転席の後ろの椅子に座る。かつて、中島飛行機に物資を運ぶのに活躍し、戦後の一時期は、多摩川の砂利を運搬した。旅客用としては、ガソリンカーで一両編成のときが長く続いた。私がまだ、小学生のころだ。武蔵境の駅には、C11という蒸気機関車がいつも待機していたのを覚えている。

 路線は昔のままだが、駅名はずいぶんと変わった。「常久」が「競艇場前」、「多磨墓地」が「多磨」などである。しかし、二枚橋を渡る野川公園の佇(たたず)まいは、今でも昔のままだ。
 是政から聖蹟桜ヶ丘までは、多摩川の堤防を歩く。アオサギがいて、つげ義春の作品を思い出した。(2004.08.11)


○ギンヤンマ


 今年は、府中郷土の森「修養池」、多摩センターの「パルテノン池」、町田の「薬師池」などで、毎年いたギンヤンマをまだ一度も見ることができなかった。猛暑だったり、梅雨明けの雷が何回もあったので、異常気象のためかもしれないとも、絶滅をしたかとも思った。

 そこで、「三宝寺池沼沢植物群落」へ行ってみた。そこには、十匹くらいがそれぞれのテリトリーごとに飛んでいた。やれやれと安心をして、厳島神社に参拝して帰った。(2004.08.09)


○薬師池のハス


 きのう臼井さんと、町田市「薬師池公園」に行った。大柄の「大賀ハス」が満開で、とても見事だった。
 公園内の「秋山庄太郎写真展」と「万葉植物園」も、ついでに見学をした。
 とても有意義な半日であった。(2004.08.06)


○猫の目?


 前にRouyuさんからいただいた猫は、「眠り猫」だった。しかし、先日Lokiさんからのメールには、かわいい子猫の「猫百態」があった。私は、犬を何回か飼ったが、猫と同居したことはない。

 先日、大岩先輩の家へ行ったら猫がいた。そして、先輩と外出しようとしたときに、その猫と目があった。何か言っているようではあったが、その意味はわからなかった。「吾輩は猫である」でも読んで、猫の心理を勉強する必要があるとも思った。(2004.08.04)


○満月?


 八月、葉月に入りました。
 ちょっと、花の少ない季節ですが、百日紅が、がんばっています。

 昨晩は、月が満ちていて、とても見事でした。十五夜ともいうが、だいぶずれているのでしょうか?
 いまも、眺めたら富士山の左上に、富士山の3分の1くらいの大きさで輝いています。(2004.08.02)


○江戸東京たてもの園


 きのう、雨模様ではあったが、小金井にある「江戸東京たてもの園」に行った。
 「江戸」と「東京」とが名前に付いているので、どういうことだろうか? おそらく、「江戸時代」とそこが「東京という名称になった時代」の建物を復元したという意味なんだろうか。

 近くにある「いろりの里」というところで、昼食に懐石料理を食べた。とてもおいしかった。(2004.07.30)


○4つの川の大小?


 今日は、乞田川、大栗川、大川、多摩川に行ってみた。
 『方丈記』の冒頭の気分を味わおうと思って、こないだからあちこちの川を尋ねている。しかし、なかなかそんな感じのところはない。中流以下の流れであるからだろうか?

 今日の4つの川は、大きさの大小順で言うと、次の通り。
  多摩川 > 大栗川 > 乞田川 > 大川 (2004.07.28)


○神田川と玉川上水


 何となく川の流れを見たくなったので、神田川と玉川上水に行ってみた。
 神田川は久我山周辺を見て回り、また玉川上水は三鷹駅周辺を散策した。
 とても楽しかった。(2004.07.26)


○新井のハス(つづき)


 来週に行こうと思ったのだが、あまりに期待が大きく、今日行ってみた。
 水田の中のハス田だが、今年はあまり大きくなっていないということであった。

 秋川の堤防を歩いて帰る途中、アオサギがいた。遠かったので、ちょっとピンボケになっちゃった。
 フィンさん、ありがとう。

 

(2004.07.23)


○新井のハス


 皆さん、お元気ですか?
 フィンさんが、新井のハスを教えてくれました。しかし、今まで私は気が付きませんでした。八小のところから三沢保育園をとおり、土方ぶどう園から小さい川を越えて、浅川の堤防まで、よく歩いていたのですが、…… 「ぶどう園は新撰組の子孫の人が経営しているんじゃないだろうか」とか、「今日は浅川でアオサギが見られるんじゃないかな」などと考えながら歩いていたんです。

 さっそく来週の早めに行って、確かめてきましょう。
 今まで、「府中郷土の森のハス」「小山田のハス」そして「薬師池のハス」「不忍池のハス」などを毎年、楽しみに見ているので、今年からは新しい場所が増えました。
 フィンさん、ありがとうございました。(2004.07.23)


○水分の補給!


 今日も暑そうですね。 皆さん、お元気でしょうか?
 喉がかわく前に、水を飲むようにしてください。できたら、ダイオキシンなどの化学物質を濾過した安全な水がよいのですが、…… (2004.07.21)


○ハスを見た帰りに!


 先日fuuさんがメールしてくれた白蓮、とても素敵だった。そこで、今日は上野の不忍池の紅いハスを見に行った。すでに咲いているのが、かなりあった。そして、なかなか見事でした。

 帰りに新宿へ出て、「ライスカレー」を食べ「らんぶる」でコーヒーを飲んだ。考えてみれば学生時代、つまり50年くらい前も、その同じ店によく行っていたものだ。ただし「らんぶる」は、ちょっと場所が変わったが、…… なんとなく、懐かしい。(2004.07.19)


○シフゾウ?


 皆さん、シフゾウって知ってますか?
 昨日、多摩動物園に行って、見たんです。「四不像」と書いて、シカ科の動物です。なぜ、そう言うかというと、
  角はシカ
  頭はウマ
  体はロバ
  蹄(ひづめ)はウシ
に似ているからだそうです。
 なんとなく、鵺(ぬえ)や蝙蝠(こうもり)のことを思い出しました。(2004.07.16)


○柳葉魚?


 ある新聞のパズルに「柳葉魚」というのがあった。私は「さより」とも思ったが、違っていた。「柳葉」というのは『漢語林』にあったが、「魚」が付いたのはなかったので、どうしても読めない。
 そこで、久我山まで行って高守先生に聞いた。先生は、アイヌ語で「シシャモ」のことだと言った。帰って『広辞苑』で調べたら、ちゃんとあった。高守先生が物知りなので、改めてびっくりした。(2004.07.12)


○♪音楽をどうぞ♪


 下記のホームページの「おまけとおみやげ」にある「カンパネラ」(演奏)のダウンロードをしてください。
 Windowsで自動的に解凍ができるZIP形式になっているので、次々にダブルクリックをしていくだけで演奏が可能です。まったく安全なので、やって確かめてみてください。

http://www1.ttv.ne.jp/~riko/

 なお、自作自演ですからホームページなど個人用のものにでしたら利用をしても、かまいません。(2004.07.09)


○七夕?


 皆さん、いかがお過ごしですか。
 今日は七夕ですね。お天気は、どうでしょうか?



(2004.07.07)


○白いハス


 毎年、この時期になるとハスを見に行く。
 昨日は、府中の「郷土の森」に行った。舞妃蓮(まいひれん)が全開で、なかなか美しい。来月に入ると大賀ハスなどの紅いのが咲き出して、楽しみだ。
 なぜか「正しい教えの白蓮」という本の内容に思いが馳せた。帰りに、多摩川の堤防をてくてくと歩いているときに……。(2004.06.28)


○季節の変わり目?


 季節の変わり目のような感じがする。何となく、じめっとしていて、すっきりしない。
 季節の変わり目には、身体も調子が悪くなることが多い。
 皆さん、お大事に! (2004.06.25)


○>゜))))彡


 きょう、野川の源流と国分寺跡と万葉植物園に行った。
 野川の源流は日本の源水100選に入っていて、蛍がいるのでカワニナを取ってはいけないと書いてあった。しかし、湧水の一つである真姿(ますがた)の池には、

   >゜))))彡

のようなでっかい魚が泳いでいた。(カワニナを食べちゃうんじゃないだろうか?)
 万葉植物園では、めずらしい木や草がいっぱいだった。国分寺の模型があったが、現在はほとんどが、宅地になってしまっているようだ。(2004.06.23)


○梅干し・ラッキョウ・紅生姜


 梅干しは、会津の知り合いから手作りのものを分けていただきます。そこのおばあちゃんは、かたくなに昔の製法を守っているからです。
 ラッキョウと紅生姜は、自分で作ります。かつては妻が作りましたが、現在はすべて私が作ります。妻の食事では、健康の配慮が足りなくて有害化学薬品を食べているうちに殺されてしまうからです。

 昨日は、ラッキョウを漬けました。
 泥付きの無農薬でかつ無公害のものを仕入れ、水洗いをしてから、酢に漬けるのです。砂糖は用いません。また、化学薬品なども一切入れないのです。何故かというと、体内に「化学薬品」や「環境ホルモン」、また「界面活性剤」などが入ると、やがてガンになったり、原因不明の病になるからです。
 そんなわけで、日々の注意が大切なんです。(2004.06.18)


○目には目を、歯には歯を?


 きょうは、朝から天気がよい。そこで、パソコンはやめて、遊びにいくことにした。

 「目には目を、歯には歯を」という言葉は、いったいどういう意味なのだろうか?
 私は、内科の医者には十数年かかっていないが、目と歯だけは、まったくダメ。学生時代の不摂生が原因なんです。

 だから、パソコンをすると目が痛くなってしまいます。もしかしたら「目には目を大切にするしか、適切な療法はない」ということかもしれない。そう言えば、きのうUdaiさんに会ったら、歯が悪くて通院をしていると言っておられた。それも「歯は、歯が抜けてしまうとアウトだから、歯を大切に」ということであろう。
 目と歯の悪い人は、何となく多いようだ。
 皆さんは、いかが? (2004.06.16)


○陽はまた昇る?


 また、月曜日になりました。皆さん、お元気?
 毎週、まったく同じようなことを、私は繰り返しています。三度の食事、睡眠、散歩、メール、ホームページなどです。

 妻と二人で『陽はまた昇る』という映画をビデオで見ました。ヘミングウエイの原作ですが、かつて逢った女性と再会をして、その女性が同じパターンのことをしているという他愛ない内容のものです。スペインの闘牛祭りなども出てきますが、ストーリは単純でわかりやすいものです。
 私は、いつも『陽はまた昇る』のモチーフになったといわれる旧約『コヘレットの書』(伝道の章)のことに思いが馳せます。私はクリシチャンでもペシミストでもありませんが、それでもソロモン風のこの書には、いつも感激をするのです。

 世界一の大金持ちが書いた文章と思えないほど、心情を吐露しているからです。
 中に「本を書いたり、ホームページを作ってもキリがない」つまり、「そんなことは、人生には無意味だ」というのです。そして、「還暦を過ぎて夫婦ともに生きていたら、仲良くして残る日々を楽しく送りなさい」というんです。

 知人にプロのプログラマがいます。彼は、寝食を忘れて日々ソフトやアプリケーションを作っています。でも、彼のしていることを私が見たところでは、「単に日本政府に外貨を使わせて、ビルゲイツの収入を増やしているに過ぎないんじゃないか」と思って、そのとおり言いました。すると彼は非常に怒って、絶交のような状態になってしまったのです。
(2004.06.14)


○霞が関がかすんでいる!


 梅雨に入ったせいか、ここのところ曇った日が多い。
 窓から見ると、目の高さに「霞が関」があるのだが、まったく曇っていて、その輪郭しか見えない。そして、下からむくむくと霞(雲)がわき上がっていく。
 鎌倉時代から、そうであったらしい。そこには、むかし関所が設けられていて、鎌倉往還の重要地点であった。また、新田義貞の戦場もその近くである。
 はやく梅雨が晴れるといいな。大好きな散歩が、晴れやかな気持ちでできるから。(2004.06.11)


○紫陽花とアオサギ


 皆さん、お元気ですか?
 高幡不動の紫陽花を見に行って、今帰りました。さすが「あじさい祭り」を謳っているだけあって、見事なものです。でも、人がごちゃごちゃいて、ちょっと風情がありませんでした。
 長谷川さんから教えていただいたヒマラヤ桜も、紫陽花の中にあって葉桜になっていました。その桜の開花期は、11月から12月だということです。

 帰りは、程久保川に沿って聖蹟桜ヶ丘まで歩いてみました。浅川の合流点にアオサギがいました。アオサギを見ると、つげ義春氏の名作を思い出し、何となく哀れになるんです。とにかく、とてもよい運動になって、気持ちよかったです。
(2004.06.09)


○自信がない?


 こんなに早朝(朝の5時)から、救急車が走っている。
 毎度のことであるが、「びくっ」としてしまう。なぜかというと、自分のところに来るんじゃないかと思うからです。呼んだわけでもないし、私も妻も元気なので、そんなことはない筈であるが、どうしたことか心配になるんです。
 もしかしたら、あまり健康に自信がないためかもしれない? (2004.06.04)


○インターネットの現実?


 インターネットの普及は、ものすごいですね。
 そこで、インターネットがどんなものであるか、それから問題点はどこにあるのか、さらに今までの経過から今後はどうなっていくのだろうかなどを勉強しようと考えました。しかし、なぜか不思議なことにそのような図書やホームページが見当たりません。

 そこで、仕方がないので自分なりにまとめてみました。自分自身のためにですけれど、政府の高官や教育の現場にいる人が、学習をできるようにとも考えて、「インターネット入門」を参考までにアップロードをしました。(2004.06.03)


○水無月に入った!


 皆さん、お元気ですか?
 今日から6月。太陽暦でも水無月である。それなのに、外は雨がしとしと降っている。
 向かいの丘陵の緑が、美しく霞んでいる。鎌倉時代から、「霞が関」と呼んだそうだ。
 陰暦との差もあるが、今月は葉月(8月)のような感じもする。(2004.06.01)


○皐月、つごもり、何するか?


 お元気ですか?
 仕事をしていたころ、月末は忙しかったものだ。しかし、年金生活者になってからは、とくに何もない。
 今日は風がちょっと強いようだが、よい天気だ! 改めて、紫陽花でも見に行こうか? それとも、多摩川に行ってみようか?
 皆さんは、今日、いかがします? (2004.05.31)


○スーパー銭湯で温泉気分?


 今日は、なかなか気分がよいお天気でした。そこで、散歩がてらにスーパー銭湯に行ってみた。サウナで汗をかいて、とても気持ちがよかった。帰りに生ビールを飲んだが、特別においしかった。妻に言わせると、まったく意味のないことをしてるということだが、私はそうじゃないと思う。
 そうでしょう? 皆さんも。(2004.05.29)


○健康と老化予防と安心立命


 ここのところ、厚生年金の問題から発覚して、どうも世の中の雲行きがおかしくなってきたようです。やがて、国の経済自体が行き詰まってしまうことは、誰が考えても当然でしょう。ちょうど魚が水の中で泳いでいるときのように、水のありがたさが、まだわかっていないのです。仮に水がなくなっても、何とか生きて行くためにどうしたらよいのでしょうか?

 だいぶ前から、「健康」と「老化予防」と「安心立命」の研究をしています。
 「健康」と「老化予防」と「安心立命」の3つを説明しているホームページを検索してみてください。そんな近い将来を考えて、準備や対策を講じようというホームページは、いまのところ日本には存在しないようです。
 したがって、何とか皆さんや自分自身のためにも、早めに作っておく必要があるのです。(2004.05.28)


○早すぎた紫陽花と遅すぎた桜


 fuuさんからいただいたメールに、素敵な紫陽花の絵がありました。
 そこで、私も紫陽花が見たくなって、毎年行っている高幡不動尊の裏山に登ってみました。まだ、緑色の蕾のものが多かったですが、一部は紫や白に咲いて、とてもきれいでした。高幡不動尊の「あじさい祭り」は、6月1日からです。

 裏山には、長谷川さんが教えてくださったヒマラヤ桜、そして金剛桜などもありました。むろん花はなく、すっかり葉桜になって、辺りの緑に融け込み、とても素敵でした。来年は、ヒマラヤ桜の花をデジカメに納めにいきましょう。(2004.05.26)


○なせばなる?


 ここのところ、雨が続いたりして運動不足気味でした。
 そこで、今日は決死隊の覚悟で、中央線の三鷹から京王線の西調布まで歩いてみました。本当は、調布を目指したのですが、方向を間違って、西調布に出てしまったんです。なぜ、決死行をしたかといいますと、先日井の頭線の久我山から京王線の仙川まで歩いても大丈夫だったからです。

 膝の軟骨が減ってしまって、いったんガキッとやると、大変なんですが、Udaiさんが運動不足と言ったので、思い切って実行をしました。

 井の頭病院のところから、南下して野川沿いに進み、塚バス停、野崎2丁目バス停を経由して歩きました。そして、Jマートのところで東八道路を越え、三鷹市と調布市の境の道を南へ進み、御塔坂バス停のところから石原小の前を歩いて、西調布に出たんです。
 帰って地図を見たら、8キロメートルを少し超えていました。ちょっと、疲れましたが何ともなく、とても気持ちがよい状態です。(2004.05.24)


○お元気ですか?


 皆さん、お元気ですか?
 お陰様で、私はとても元気です。今月で、Windowsを始めてから1年2ヶ月、ホームページを手がけてから1年になります。その前は、十数年ほどパソコンからサヨナラをしていました。だから、仕事で使っていた時代は、まだMS-DOSの時代でした。

 いままで学んだことを、「インターネット入門」と「ホームページの作り方入門」というテーマでまとめてみました。もしも、ご必要でしたらお目通しください。そして、ご意見やご要望などがありましたらメールをどうぞ!
 気候の変わり目ですから、お身体を大切にしてください。(2004.05.23)


○カワセミと水族館


 皆さん、お元気ですか?
 臼井さんが、かねてから念願のカワセミと水族館を何とか、デジカメで写しました。しかし、カワセミはあわてたためにピンボケ。また、水族館はムービーのときにデジカメが手ぶれをして、ちょっと動きがおかしくなったようです。
 それでもいちおう、の「ゲストルームアネックス」に置きました。どうぞ、ご覧ください。
 なお、水族館の小魚をカワセミが狙っているのところではありません。(別々な場所です)
 また、ゲストギャラリーはJavaをプラグインするので立ち上げにちょっと時間がかかります。少し、待ってくださいね。(2004.05.20)


○健康について


 きのう、市の「健康グループ」の集会がありました。いろいろと楽しい話もあったけれど、その中には、ショックな話題もありました。60歳代の人でも、次々とダウンしたり、死んでいるということです。そう言えば、ここのところ救急車がひっきりなしに、いつも走っているので、次は自分の番になるのではないかという心配をすることさえあるからです。

 どうぞ、皆さまもこの辺で「食べ物」と「生活習慣」の見直しをお願いいたします。
 そして、いつも健やかな日々をお過ごしください。(2004.05.17)


○チャレンジ精神?


 年寄りの冷や水とも言われそうですが、いろいろなことにチャレンジをしています。
 と言っても若いころのように、元気はありません。そこで、身近なことで満足をしているのです。
 どうぞ、そんなよいアイディアがあったら、教えてください。とくに、人生の先輩であるRouyuさん、長谷川さん、ひなさん、玉木さん、その他の皆さま、よろしくご教示願います。

 なお、参考までに下記は東京多摩地区の博物館ラリー、何とか全部クリアした記録です。ちょっと遠くていけな いところなどは、臼井さんに車で連れて行ってもらいました。臼井さんは素敵な人ですが、なぜかROMちゃっているようですね。
 多摩地区の方は、ぜひチャレンジすることをお勧めします。(2004.05.14)








○街路樹に関する報告


 前に街路樹に関して、皆さまにメールでお尋ねしました。多くの方から、お返事をいただいて、感謝をしています。
 ミルクさんは、素敵なライラック(リラ)の写真を貼付してくださいました。
 長谷川さんは、ベニバナトチノキの資料を添付してくださいました。
 どちらも、とても美しい写真ですが、私には判断ができません。

 そこで、駅前の交番に行って、恐る恐る遠回しに聞いてみました。
 「この通りは、何て言うんでしょうか?」
 「川崎街道だけど、稲城日野線ともいうんですよ」
 「街路樹がきれいですが、何という木ですか?」
 「駅前の部分をマロニエ通りと呼ぶ人がいるんだ。ご覧のようにマロニエがきれいでしょ!」
 そこで、やはりトチノキだとわかりました。トチノキは外国でマロニエと言われているからです。
 ミルクさん、長谷川さん、その他の皆さん、情報をどうもありがとうございました。(2004.05.13)


○街路樹についてお尋ね?


 皆さん、お元気ですか?
 東京多摩市の聖蹟桜ヶ丘駅前、川崎街道沿いに約500本の街路樹が並木になっています。
 この木の名称を何というか知っておられたら、教えてください。和名、洋名、学名など、どれでもかまいません。 長谷川さんから、紹介していただいた素晴らしい「樹の本」は、いま友達に貸しているんです。(2004.05.09)





○連休、いかがお過ごしでしたか?


 きょうで、この連休も明けてしまいました。皆さま、連休をいかがお過ごしでしたか?
 私は、近場ですけれどあちこち出かけて、とても楽しかったです。しかし後半は、雨が降ったりして、外出ができず、読書やテレビを見ていました。(2004.05.06)


○多摩川散歩と高幡不動尊の参拝


 きのうの春の嵐に比べ、今日はのどかな一日だった。そこで、多摩川の右岸堤防を遡って、高幡不動尊に行った。つまり、前回のときと、逆方向に歩く。途中で、デジカメ写真を14枚撮った。

(1) 多摩市関戸の交通公園とバード観測小屋(右は大栗川、左は多摩川) 
(2) 府中四谷橋(5年くらい前に開通)
(3) 手前から程久保川、浅川、多摩川の合流
(4) 七生体育施設と向こうの木陰に療護園
(5) 浅川堤防から八小の方向を見る(山の上まで開発が進んで、家のあるのがわかる)
(6) 土方農園のブルーベリー畑
(7) 八小正門
(8) モノレール高幡不動駅からモノレールを見る(北から来た車両で、多摩センター行き)
(9) 同駅から京王線高幡電車庫を見る
(10) 旧京王ストアを取り壊して、新築工事中
(11) 土方歳三の像(高幡不動尊の境内)
(12) 観音像(同)
(13) 奥殿(本殿というのだろうか、鳴き龍のあるところ)
(14) 弘法大師像(五重塔の下の記念館地下にある)

 後で整理をするつもり。(2004.04.28)


○歳をとっても、とっても元気!


 親しくしている95歳の神村さんと、久々に聖蹟桜ヶ丘で出会った。とてもお元気で、立ち話でもなんだから、店でコーヒーを飲んだ。健康の秘訣を聞いたので、皆さんにも、ここにご披露します。

(1) 毎日、こまめに動く。散歩や買い物をめんどくさがらない。雨の日は、家の中を動く。
(2) 食べ物は、加工されていない自然なものを選ぶ。食品添加物や環境ホルモンなどをなるべく体内に入れない。
(3) 化学薬品には、身体の皮膚を触れない。石鹸やシャンプー、歯磨きなども化学製品でなく、自然なもの。
というようなことが、大切なそうです。(2004.04.26)


○「野草の本」を持って散歩に行こう!


 先日、長谷川さんの紹介で、すばらしい植物の本を5冊入手した。その中でも、「野草の本」は私にとって、とくに貴重だ! いままでは、多摩川の河原や多摩の未開発地域の散歩をして見かけた野草が何という名前かわからなかったから、いつも残念だった。しかし、この「野草の本」を見ると体系的に並んでいるから、すぐにわかる。

 春の郊外コースに、ちゃんと「フデリンドウ」、また、「犬」の名のつく植物として、10種類があって、そこに「オオイヌノフグリ」もあった。さらに、名称が「大犬の陰嚢」、「Veronica」とある。おそらく、日本語表記とラテン語の学名かもしれない。ベロニカなんて、ちょっと素敵じゃない?
 今日は、お天気がよいので、午後からさっそく持参をして、出かけてみよう。
 長谷川さん、ありがとう。(2004.04.25)



Kuroda Kouta (2004.08.20/2007.09.08)