総トップページにジャンプ

  ブログのトラックバック



●トラックバックとは?

 トラックバックは引用をしたときに、その箇所を知らせるための記録です。
 つまり、URLを記憶しておく「お気に入り」などと違って、本文の内容自体にリンクをする機能と考えてよいでしょう。

 そして、その効果は抜群です。
 なぜならば、ふつう誰でも自分のことについての関心が、大いにあるからです。他人のことには無関心な人でも、自分のことが書かれていると必ずそこを見るので、お互いにアクセス回数が増えるわけです。そのような心理も考慮して、トラックバックは作られたようです。

 具体的な方法は、いったん相手のブログを見に行って、そこにあるトラックバックのアドレス(URL)をコピーしてくればいいのです。そして、それを自分自身の記事の下にある「トラックバックURL」に貼り付けてください。それで、自分の記事を発信すると同時に、相手のトラックバック欄に情報が伝わるので万事OKです。
 そのようにして相手も、相手側のブログの中から、その情報を元にして貼り付けたこちらのブログを見ることになるでしょう。

 しかし、まったく文章の引用などに関係のないトラックバックを用いたり、いかがわしい内容を隠して利用することによって、悪用をする人がいないともかぎりません。
 また、最近になってトラックバックなどに対して、わざわざ注意をしなくなった人もいるようです。
 さらに、大手のブログしか見ないという人も増えているのではないでしょうか。ちょうど、スーパーや大型家電店にばかり客が集まって、個人の小売店や電気屋には閑古鳥が鳴くのと似ています。
 もう少し、動向を見たいものです。


●ブログのコメントとトラックバックについて

 ブログのコメントやトラックバックについて、利用方法を簡単に記しておきましょう。
 ふつう、記事の下に「コメント」や「トラックバック」と書いてあります。英語で記述してあるものや、括弧を付けて利用した回数を記してあるものもあるようです。

 記事についてコメントをしたいときは、「コメント」をクリックします。
 もっとも最初から、コメント欄の付いている記事もありますが、いずれにしてもコメント欄に記述をすればよいのです。
 「投稿者」「メールアドレス」の他に、「ブログやホームページのURL」もありますので、記しておいたほうがよいでしょう。

 すると、その記事は相手のブログにそのまま残ります。
 そうすることによって、ふつう訪問者は誰でもそれを見ることができるのです。つまり、自分のコメントが意見をそれなりに言ったことになるでしょう。

 トラックバックをするときは、「トラックバック」をクリックします。
 すると、ふつう「トラックバックURL」が表示されます。それをコピーして自分自身のブログに帰ってきます。そして、自分の記事の下にあるトラックバック欄に貼り付ければよいのです。それだけで、相手先のブログに記録が残されますから、手数がかかりません。

 わざわざコピーをしなくても、「トラックバックをクリップボードに保存」などという箇所がありましたら、それをクリックするだけでコピーできるので簡単です。
 慣れてしまうと、何でもないことですから、いろいろとやってみるとよいでしょう。
 『青空の新句(十九音)ブログ』を練習の場にお使いいただいてもかまいません。


Kuroda Kouta (2007.01.12/2007.09.24)