総トップページにジャンプ

  野川


○はじめに
○本流
○国分寺一里塚
○鞍尾根橋
○天神橋
○二枚橋
○野川公園
○野川橋=元法務局そば
○電力会社作業練習場
○小金橋=神代団地
○入間川の合流
○谷戸橋
○きたみふれあい広場
○神明橋
○神明の森みつ池
○喜多見不動堂
○上野田橋
○喜多見大橋
○次大夫堀公園
○東名高速下
○鎌田天神社
○吉祥院
○野川に仙川が合流
○吉澤橋
○諏訪神社
○兵庫島公園
○多摩側に合流して野川は終わる


○はじめに

 野川について、少しずつ書き足していこう。


○本流

 一里塚のところから上流は、二つに分かれ一つはJR中央線を越えて日立中研の中の池へ。それが、本流。そしてもう一つの支流は、「真姿の池」湧水群へ。





○国分寺一里塚

 東元町の一里塚のところ。府中行きのバス通りの下を横切る野川。ここで、折れ曲がっている。




 そこの小さな公園にあった掲示。




 公園に入るには、不動橋を渡るとよい。その不動橋は、本流のほうにかかっている。支流は、藤棚の向こうを右(西)に行くと水源。




 この公園の向こうの道端に、小さな不動明があった。





○鞍尾根橋

 野川が下流に向かって、国分寺市から小金井市に入るところが鞍尾根橋。




 鞍尾根橋から上流を見たところ。住宅街を流れ、ほとんど川の面影がなく、大雨のときの用水路といった感じ。




 鞍尾根橋から下流を見ると、それでも川幅が広がって、何となく川である。





○天神橋

 多磨霊園から小金井駅に向かうと、天神橋を渡ることが多い。




 天神橋から上流(西)を見る。




 天神橋から下流(東)を見る。




 天神橋のたもとに「前原遺跡」の立て札があった。





○二枚橋

 野川公園の西端には、西武是政線の高架鉄橋。そして、その下(東)には二枚橋。
 まず、上流の武蔵野公園側から野川下流、つまり東を見たところ。西武線のコンクリート橋があって、その先に二枚橋がある。




 さらに近づいて、二枚橋を写す。




 二枚橋の上から、上流側(西)を見たところ。




 同じく場所の橋の上から。西武線の向こうには、もはや水はない。(2008年2月22日、金曜日)




 二枚橋にあるプール。向こうの斜面の上は、西武是政線。





○野川公園

 野川公園の中央を流れるのですが、春先でも水が枯れています。下流に向かってみたところです。ほとんど水がありません。




 野川公園の地図。自然観察園は、昔の面影を残しています。




 はけの説明。





○野川橋=元法務局そば

 法務局があったが他所に移ったので、現在は空き家になっている。




 野川橋から上流を見たところ。先方(西)には国領駅前のビル群。




 野川橋から下流(東)を見ると。





○電力会社作業練習場

 野川橋から左岸を少し行くと、電力会社の作業練習場がある。新入社員が電柱に登って、トランスの扱いに慣れるための練習をするのであろう。





○小金橋=神代団地

 小金橋から下流を見たところ。川の両岸に神代団地が見える。





○入間川の合流

 神代団地の手前で左岸に入間川が合流します。下の写真は、入間川の上流を野川の左岸堤防から見たところ。




 野川の左岸堤防の上で、上流方向を見て。堤防の下をくぐって、右上(ほぼ北)から入間川が注ぎ込んでいるのがお解かりいただけるでしょうか。





○谷戸橋

 谷戸橋(やとばし)右岸寄りから下流を見たところ。




 谷戸橋を過ぎて下流に少し行ったところで、振り返って谷戸橋とその右(北東)にある集会場「かわせみ館」を写す。集会場の前には、ミニバスの折り返し場がある。





○きたみふれあい広場

 小田急の電車庫上を公園にしたようです。




 したがって、階段を上がって屋上の位置に出ます。




 そこは、広々とした広場。(この文の表現は、同義反復(トゥトロジー)でお恥ずかしい。)




 広場の中には、かなり大きな池まである。





○神明橋

 神明橋から野川の上流を見たところ。小さな川でも、中州まであります。右岸(右側の堤防、つまり写真では左側、実際には西方向)の堤外には、「きたみふれあい広場」に登る階段が見えるでしょうか。




 神明橋を渡って、左岸から「きたみふれあい広場」を望んだところ。白いストライプの部分が屋上で、その下は電車庫になっている。とてもよくできた設計だと思う。





○神明の森みつ池

 野川の左岸の堤内を少し入ったところに、「神明の森みつ池」特別保護区があります。そこは、「成城三・四丁目の崖線」となっていて、湧水がいくつかあるそうです。(残念ながら柵がしてあって、入れません。下の写真は、柵の間から写したものです。)




 その標識と湧水の位置。




 湧き出した水は、民家の間を抜けて野川に注ぎます。
 なお、この辺りは「喜多見」から「成城四丁目」に地番が変更になったところでしょう。親しかった三橋伝三郎さんが土地を売却したときには地番変更の直後で、すぐによい値段で売れたということです。





○喜多見不動堂

 「神明の森みつ池」の南には、喜多見不動堂。そこにも、水が湧き出て小さい滝になっています。




 下のような不動堂の来歴がありました。




 本堂です。




 本堂の額。その右側。「奉納 鎮火法成就」と書いてあります。




 本堂の額。左側。残念ですが、文字が薄くて読めません。小さいほうは、やはり「奉納 大願成就」と書いてあるようです。




 本堂の正面にある実に堂々とした彫り物です。




 岩屋不動が奥に鎮座ましましています。





○上野田橋

 野川が小田急線の下を南に抜けると、小さい上野田橋。
 下の写真は、上野田橋から野川の上流をみたところ。小田急の本線は向こう側。こちら側の高架になっている単線は、下り方向(小田原行き・江ノ島行き方面)から分岐して本線を跨(また)いで電車庫に入る路線。逆に、電車庫から上り方向(新宿行き方面)に出るには本線の向こうから。




 同じく上野田橋から下流を見たところ。だいぶ川幅が広くなってきました。





○喜多見大橋

 次大夫堀公園のところの橋です。その橋の上から、下流をパチリ。流域も、かなり広くなりました。





○次大夫堀公園

 右岸の右手に、次大夫堀公園があります。おそらく、かつて川になっていた流域が、公園になったのでしょう。野川の堤防に沿って、下のような入り口がありました。





 上の写真の位置は、下の地図の左下に赤に白抜きで、小さく「現在地」と書いてあるところです。もしかしたら、野川が改修されるまえの流域だったのかもしれません。公園の中には、民家園などもあります。





○東名高速下

 下流に向かって、右岸を歩き東京工業専門学校を右に見て、多摩堤通を越えたところから、上流を振り返ります。すると、アオサギがいました。下の画面の手前(右下)の流れの中に、ポツンと一羽いるのがおわかりでしょうか。




 わかりにくいので、ズームアップをしました。私のデジカメでは、望遠機能をハードとソフトを共用して最高の倍率にしても、この程度にしか大きくなりません。





○鎌田天神社

 天神森橋のところを左(北)へ少し入ると鎌田天神社、そしてその隣に吉祥院があります。ちょっと寄り道をしてみましょう。













○吉祥院

 真言宗智山派の大聖山吉祥院です。別に「東覚山」という山号もあるみたい。




 本堂の額には、「大聖山」とあります。




 本堂の内陣。




 吉祥院の縁起。




 本堂の横には大きな亀の石像。




 小さな鐘楼もあった。




 石柱には、「行基菩薩開創霊場」とあります。





○野川に仙川が合流

 仙川が、左岸から合流をします。仙川は、ここで終わりです。現在は、流域が工事中のために下の写真のような状態です。




 仙川が合流した地点から、下流を望むと。向こうに二子玉川の「玉川高島屋S・C」などの高層ビルが見えます。





○吉澤橋

 世田谷区鎌田一丁目8に吉澤橋があります。今まで工事中であって、つい最近になってようやく完成をしたところです。




 この吉澤橋から上流を見ると。まだ護岸などが完全でありません。




 また、下流を見ると。堤防や護岸工事などは、いちおう終えているような感じです。





○諏訪神社

 世田谷区多摩川三丁目、新二子橋の下にあります。石柱には、「諏訪大明神」とありました。




 本堂は階上にあります。




 本堂の額の文字。




 手を洗うための水溜めがありました。かなり大きなものです。





○兵庫島公園

 左側(南)の兵庫島は、野川が多摩川に注ぎ込むちょっと手前にあるデルタ地帯。そこには人口の「ひょうたん池」があったりして、公園になっている。下の写真は、兵庫橋から野川の上流方向を臨む。向こうには、「新二子橋」が見える。




 兵庫橋から野川の下流。前方には、東急の二子多摩川園駅が、多摩川の上にまで及んでいるのが見える。




 兵庫島に渡る兵庫橋。手前(南)が島。左(西)から右(東)に流れているのは野川。「橋の標識の左」と「柵の中」にアオサギとダイサギが、それぞれ写っている。




 近づいたところを、兵庫橋の上からズームアップ。




 兵庫島の由来が書いてある。





○多摩側に合流して野川は終わる

 この写真は、二子玉川駅のホームから撮影しました。左を流れているのが野川。右のほうが、多摩川の本流です。この地点で、野川は終わりになります。もっとも、現在すでに兵庫島の手前で野川が多摩川に注ぎ込むような工事をしているようです。




Kuroda Kouta (2008.02.21/2008.03.10)