総トップページにジャンプ

  程久保川


○はじめに
○河川工事
○川尻

○はじめに

 多摩動物公園の先、さらに多摩テックの辺りから流れ出し、百草園の北で淺川、そしてすぐに多摩川に合流。短い川なので、歩いても半日足らず、源泉から川尻までOKでしょう。


○河川工事

 河川工事をする前の流れは、どの川もたいがい大きく蛇行をしていました。
 中には、乞田川のように「暴れ川」と言われるほど、大水のたびに流れを変えるものもあったようです。程久保川の多摩動物公園周辺の改修工事の模様を見てみましょう。茶色い部分が現在の川、それを水色のようにまっすぐした形に回収します。





○川尻

 程久保川は、淺川と多摩川に注いでいます。むしろ、淺川に注いでからすぐに多摩川に合流していると言ったらよいでしょうか。下は、程久保川の河口です。むろん、先が河口です。




 もう少し、多摩川よりに下流から府中四谷橋を見ると。そこは、すでに多摩川になっています。




Kuroda Kouta (2007.12.14/2007.12.19)