総トップページにジャンプ

  寺院マーク(卍)と神社マーク(鳥居)


○はじめに
○寺院マーク(卍)
○神社マーク(鳥居)


○はじめに

 神社仏閣と一口に言うが、神社は神が、そして仏閣は仏が、それぞれ信仰の対象。明治時代の神仏分離令以前は神社と仏閣を区別する必要がなく、両方を含めて考えることが多かったらしい。
 ヤフーの地図には、仏閣は卍マーク、神社は鳥居マークで出ている。しかし、グーグルの地図にはマークの出ていない場合もある。その場合は、建物に「○○寺」などとあるだけ。


○寺院マーク(卍)

 「卍」は、「まんじ」と読む。この「卍」マークを風車に見立てると、右に回るのではないだろうか。しかし、反対向きのものもある。もっとも、デザインの都合かもしれない。下記は、拝島の大日堂の扉の逆卍。




○神社マーク(鳥居)

 「まんじ」で変換をすると寺院マークが出るが、神社の鳥居マークは文字としてはないみたい。


Kuroda Kouta (2010.01.12/2010.01.12)