総トップページにジャンプ

  ぼけ封じ巡り(ボケ封じ巡り)



はじめに
宝蔵寺(尾崎観音) (掲載ページは、秋川駅周辺
東福寺(ぼけ封じ観音・ぼけ封じ地蔵・大観音・七福神) (掲載ページは、東川口駅周辺


はじめに

 「ぼけ封じ地蔵」や「ぼけ封じ観音」がおられます。恍惚の人やアルツハイマー病にならないために、元気なうちにお参りをしておきたいものです。また、中風なども防止してくださる仏さまがあります。いずれにしても、よいよいや寝たきりには何としてでもなりたくないものですね。
 このページでは「健康」のみならず、「老化予防」の一環としても、「ぼけ封じ観音」や「ぼけ封じ地蔵」などを回ってみましょう。また、ぼけ封じの神様である七福神の中の「寿老人」などもあるかもしれません。
 そもそも、「ぼけ」という言葉は差別語で好ましくないとの意見もあるようです。しかし、そうかと言って「痴呆除け観音」とか「認知症封じ地蔵」などと言ってもわかりにくいでしょう。したがって、ここでは当分の間は「ぼけ封じ」「ボケ封じ」「ぼけ除け」「ボケ除け」などと言います。また、「中風封じ」「中風除け」などと言う場合もあるかもしれません。
 なお、タイトルは「ぼけ封じ」「ボケ封じ」として、なるべく「呆け」「惚け」「暈け」などの文字は用いませんでした。しかし、なるべくその像の実際のお名前を尊重して、よほどの場合でない限り、そのまま用いさせていただく予定です。

 なお、(掲載ページは、……)とあるのは実際に訪問をして記述したページを示しています。したがって、さらに詳細や場所などを知りたいときは、そのアンダーラインをクリックしてください。


宝蔵寺(尾崎観音) 秋川市菅生 場所 (掲載ページは、秋川駅周辺

 ぼけ封じ観世音菩薩。ここには、三十三観音もすべておられます。なお、「ぼけ封じ」には地蔵が多く、観音は少ないようです。やはり下に老夫婦がいる地蔵タイプのものが、「分倍河原駅周辺」の高安寺にありました。




東福寺(ぼけ封じ観音・ぼけ封じ地蔵・大観音・七福神) (掲載ページは、東川口駅周辺

 ぼけ封じ(ボケ封じ)金色観音。




 ぼけ封じ(ボケ封じ)金色地蔵。




 寿老人。




Kuroda Kouta (2010.09.25/2014.03.30)