総トップページにジャンプ

  福寿殿の七福神(三鷹・井口院)


○はじめに
○福寿殿


○はじめに

 「三鷹市上連雀7-26-26」にある神龍山・開宮寺・井口院の七福神。「三鷹不動尊福寿殿」とも言います。なぜならば、寺の境内に大きな不動尊像があるからです。
 京王線調布駅とJR吉祥寺駅間のバスを利用すると、行きやすいでしょう。「塚」(つか)か「曙住宅前」で、降ります。ちょうど、その中間くらいのところだからです。


○福寿殿

 福寿殿には、観音さまと七柱(しちはしら)の福神さまがおられます。
 正面には、旅行安全・航海安全の「一葉観音菩薩」というお名前の観音さまです。




 八角の建物を右から(反時計回りに)回って、最初は往生徳の神「布袋尊」さまです。




 延寿と知恵の神「寿老人尊」。




 同じく延寿と知恵の神、「福禄寿尊」です。




 弁天さま。フルネームは、弁財天尊となっています。そして、ここの弁天さまは他所のようなお裸(はだか)ではなく、奥ゆかしい着物をお召しになっています。知恵学問・財福徳の神です。




 福徳円満の神、護法神「毘沙門天尊」。




 福徳の神「大黒天尊」。




 商売繁昌、徳の神「恵比寿尊」。




 なお、それぞれの福神さまのご性格などに関しては、「身近な簡単七福神」をご参照ください。
 また、三鷹・井口院については「神龍山開宮寺井口院」をご覧下さい。


Kuroda Kouta (2007.12.26/2007.01.14)