総トップページにジャンプ

  日野七福神


○はじめに
○恵比寿天(真照寺)
○福禄寿(石田寺)
○毘沙門天(安養寺)
○弁財天(高幡不動尊)
○寿老尊(延命寺)
○大黒天(善生寺)
○布袋尊(宗印寺)


○はじめに

 「日野七福神」というのがあります。
 今までに、すでに行ったところもあるのですが、まだ行っていないところもあります。したがって、それらをここにまとめてみましょう。


 すでに行って、別なところに記述がある寺院については、改めてこのページに移動をしました。そのようにすると、あたかもページの「株分け」のような楽しみが増えることも事実でしょう。面倒くさいと言ってはいけません。それは、老化予防の一策としても、素晴らしいことだからです。
 そんな些細なことでも、老後の一つの楽しみになることでしょう。

 なお、

 恵比寿天のある真照寺については「百草園駅周辺
 福禄寿のある石田寺、毘沙門天のある安養寺については「高幡不動駅周辺
 弁財天のある高幡不動尊については「高幡不動尊
 寿老尊のある延命寺、大黒天のある善生寺、布袋尊のある宗印寺については「南平駅・平山城址公園駅・長沼駅周辺

をご覧下さい。


○恵比寿天(真照寺)

 本堂の右横にある観音堂の中に恵比寿天はおられるのであるが、正月期間中でないと拝顔できないようである。しかたがないので、その堂を示しておきましょう。





○福禄寿(石田寺)

 土方歳三の墓がある石田寺(せきでんじ)です。福禄寿ですが、ガラスのケースに入っているために、映り込みがあって撮影に失敗。上におられる大日如来は角度の関係でしょうか、お光になりませんでした。下が「人徳福禄寿」です。





○毘沙門天(安養寺)

 正月7日まで堂にお出ましするのですが、普段は本堂に安置されているとのことです。おそらく、左端にあるのが毘沙門でしょう。何となくそんなイメージではないでしょうか。




 お姿が示せないので代わりに、下の説明文を示しておきましょう。





○弁財天(高幡不動尊)

 高幡不動尊の境内入って左にある小さな池、その池の中に弁天堂があります。




 そして、その中に弁天さまが安置されています。しかし、中を覗いてもお姿がよく見えません。そこで、お堂の外のだんだら色の綱をもってお参りをすると、内部の弁天さままで届くようになっています。





○寿老尊(延命寺)

 本堂を新築するらしく、建築計画が出ていました。寿老人は、立派なお堂に。





○大黒天(善生寺)

 俵には乗っていない大黒さまです。ちょっと独特なポーズです。





○布袋尊(宗印寺)

 「大沢山宗印禅寺」には、ちゃんとしたお堂の中に布袋尊がまします。




Kuroda Kouta (2007.12.10/2008.01.24)