総トップページにジャンプ

  分倍河原駅から聖蹟桜ヶ丘駅
    (郷土の森・多摩川堤防左岸)



分倍河原駅周辺
郷土の森
郷土の森周辺
多摩川堤防左岸
関戸橋
多摩川堤防右岸


分倍河原駅周辺

 京王線の分倍河原駅です。そこでは、JR南部線と乗り換えができます。
 鎌倉時代に、戦場になったところです。そんなわけで、駅前に新田義貞の騎馬姿の銅像が建っています。
 私は、いつも分倍河原まで電車に乗っていき、そこで下車して、自宅まで歩いて帰りました。
 しかし、体調を崩してからは分倍河原から歩く代わりに一部をバスに乗ることもあります。また、サントリー工場の見学をしたり、卸売り市場に寄って買い物をしたりもします。
 分倍河原駅に隣接して、北東に龍門山高安寺という古刹(こさつ)があります。
 何回か行きましたので、改めてレポートをしましょう。
 郷土の森からは、多摩川の左岸堤防を上流に向かって、関戸橋を渡って聖蹟桜ヶ丘に戻ります。


郷土の森

 郷土の森に入場するとプラネタリウムがあったり、古民家があります。また、梅林などがあって、その時期には満開です。下の建物は、「旧府中府中町役場庁舎」です。




 その内部。




 説明文。




郷土の森周辺

 郷土の森には、有料で入場します。
 しかし、その東側には池やプールのあるより大きな公園になっています。体育館などもあります。
 公園には、大賀博士の銅像がありました。




 下の写真は、上の銅像の下に付いている説明文です。
 なお、光った石に写っている人物は、実は撮影をしようとしてしゃがんだ私の姿です。首から下の部分しか写っていないので、何となく我ながら不気味です。




 大賀蓮が、わずかに咲いていました。




 せっかくの蓮ですが、昼ごろ行くとたいがいしぼんでいます。しかし、早朝には見事で、多くの人が見に来るそうです。とくに、白い蓮は暑くなると閉じてしまうようです。
 ここには、白万万という素晴らしい花があるのですが。




多摩川堤防左岸

 関戸橋までは、多摩川の左岸、つまり流れにさかのぼって右側の堤防を歩きます。そこには、木陰がないので夏はなかなかの強行軍になります。そんなわけで、ときには堤外(堤防の内側、つまり流れのそば)を行くこともあるんです。
 下の写真は、対岸に見える稲城市のゴミ焼却場です。




 その後ろに連なっているのは、『万葉集』で歌われた「多摩の横山」の一部です。おそらく、その東端ではないでしょうか。
 下の写真で対岸に見えるのが、いつも散歩に行く乞田川と大栗川とが多摩川に注ぐ地点にあるバードウオッチング場です。左側がそうです。右側の白い建物は、河川の管理事務所です。




 下図は、堤防から聖蹟桜ヶ丘駅周辺を眺めた景色です。ビルが建ち並んでいるが、中央にあるひときわ高いノッポ(超高層)ビルが、私の住んでいるところ。




 左岸にそって、郵便局があります。集配の基地局になっているので、ずいぶんでかい建物です。
 その手前は、東京エレクトロン。そしてその奥は、読売新聞社。印刷工場になっています。




関戸橋

 橋には、歩道が一つしかありません。鎌倉街道ですが、橋が増設されて町田方面行きの通りには、まったく歩道がないのです。反対側の府中方面行きには、西側にあるだけです。
 下の2枚は、橋から下流を眺めたところです。







 上の二枚は、まったく同じところから、同じときに写したものです。
 デジカメですが、一枚目は望遠モード、二枚目は広角モードにしてみました。


多摩川堤防右岸

 関戸橋を渡ると、そこから多摩市。
 右岸、つまり川の左側を少し行くと京王線のガードがあって、すぐに駅です。
 途中、新旧の二つのアパートがあって、その名称と表示のしかたに私の注意が向きました。




 上は、かなりモダンな命名。銘板は金メッキをしたものです。一文字ずつですから、費用もかなりかかったことでしょう。それに反して、下は筆で壁に直接書いてある。なかなか達筆ではありませんか。




Kuroda Kouta (2007.08.08/2011.11.26)