総トップページにジャンプ

  牛込神楽坂駅周辺



○はじめに
○牛込神楽坂駅 場所
○神楽坂
○箪笥区民センター
○神楽坂斎場
○南蔵院
○袖摺坂
○大信寺
○正定院
○円福寺
○長源寺
○法正寺
○安養寺(大仏)
○善国寺
○光照寺


○はじめに

 都営大江戸線で飯田橋駅の一つ手前(西側)の駅です。新宿区ですが「横寺町」もあって、寺院がかなりありました。


○牛込神楽坂駅 場所

 「A2」や「A3」でなく、エレベータのある「A1出入り口」を利用したらよいでしょう。出たところが、新宿区立牛込箪笥(たんす)区民センターです。下は「A3」です。




○神楽坂

 実際の「神楽坂」という坂は、早稲田通りにあります。神楽坂上交差点(信号)から神楽坂下交差点(信号)までの間です。その間には、商店がびっしり。




 善国寺のあたりから神楽坂上の交差点を見たところ。青い標識には「右に行くと飯田橋」、「左に行くと新宿」、「まっすぐ行くと高田馬場」と書いてあります。左右の通りは、「大久保通り」。




 神楽坂上の交差点から新宿方面(北西)を見たところ。




○箪笥区民センター

 新宿区立牛込箪笥(たんす)センター。いちばん手前のアーチ状になって屋根のあるところが、地下鉄の「A1出入り口」。




○神楽坂斎場

 「A1出入り口」を出ると大久保通りの向こう側に、神楽坂斎場があります。




○南蔵院

 神楽坂斎場の隣り(東)に、真言宗豊山派天谷山南蔵院。右側の表札には、大きく「神楽坂霊園」。




 中に入って、本堂です。




 本堂の額。




 大聖歓喜天(牛込聖天)も、祀られています。




 その額です。




○袖摺坂

 むかし、二人がすれ違うときに袖が触れるほど狭かったので、袖摺坂(そですりざか)と言われるようになったらしい。この袖摺坂を北に向かうと「横寺町」。




○大信寺

 浄土宗大信寺の門。




 本堂。中で工事をしている様子。




○正定院

 浄土宗宝国寺正定院。




 額。




 通路の植込みのようなところにも、寺らしくなる配慮をしていた。




○円福寺

 日蓮宗円福寺。門の左側には、大きく「江戸三祖師 厄除開運祖師」「江戸城奉安 夜光鬼子母神」とある。




 本堂の額。




 妙徳稲荷大明神も祀られている。




 今までに見慣れていないお姿の日蓮像があった。




 日蓮像の説明。




 この円福寺で驚いたのは、美しい屋根の片方(西側)が切り落とされていること。おそらく、建てるときに土地の関係か、あるいは日照権なども問題があったのでしょう。




○長源寺

 曹洞宗長源寺の門。




 右側にある表札には、下に飾り彫刻がしてあった。




 本堂。




 本堂の額。




○法正寺

 入り口に石柱があって、とくに門はありません。入る道の右側に、小さな神社がありました。




 本殿はコンクリート造りでしょうか。




○安養寺(大仏)

 医光山安養寺。神楽坂上交差点(信号)の北側に面してあります。




 右の路地側からの入り口。右の柱には、「本尊薬師尿来 天台宗」。左には、「大聖歓喜天王 安養寺」。




 上の建物の額。




 二階に、大仏が安置されています。正式には、「厄除大仏薬師如来」と言うそうです。




 わかりにくいので、アップしてみましょう。




 大仏の説明です。




 実際に大仏が安置されている二階の部屋。




○善国寺

 早稲田通りに面してあります。




 本殿の内陣。




 本殿の額。




 本殿を斜めから見たところ。




○光照寺

 浄土宗光照寺の入り口。




 入り口にあった立て札。




 本殿。




 鐘楼。




 鐘の説明文。




Kuroda Kouta (2010.02.03/2014.03.29)