総トップページにジャンプ

  多摩境駅周辺



はじめに
多摩境駅 場所
札次神社
愛恵会乳児院
宝泉寺
三ツ目交差点にある祠(ほこら)
明日見らいふ南大沢
広妙寺
四季の丘公園
沼という地名
長泉寺
旧道に残った遺物
御嶽神社
福生寺
たきの広場と小泉家屋敷
小山内裏公園
まちだテクノパーク付近の通り


はじめに

 三ツ目交差点辺りまでを多摩境駅周辺としました。


多摩境駅 場所

 多摩ニュータウンの西端ですから、このような名前が新たに付いたのでしょう。駅はニュータウンの設計と同時になされているので、その作り方が超合理的です。北方向(調布方面)からトンネルを抜けたところが駅。




 トンネルを抜けたというよりも、駅のために空間を作ったみたい。改札口から北を見たところ。




 ホームの二階部分、つまり外の高さに改札口がある。




 改札を出た吹き抜けのところにあった造作。




 駅の南東部にある駅入口の一つ。




 そこから後ろを振り向くと、高台の小さい公園「小山多摩境公園」がある。




 同じ場所から南方向を見下ろす。つまり、橋本方面を眺めている。むろん右は駅ホーム。左の階段下には、札次神社がある。




札次神社

 線路の東側に隣接してあります。 日曜なので、住民が集まって掃除をしている。




 山車車(だしぐるま)の掃除にも余念がない。




 本殿の額。内陣にも少し小さい額がある。額は、「札次神社」でなく「札次大明神」。




 札次神社の故事来歴。




 上の文章にある養蚕石らしい。




愛恵会乳児院

 社会福祉法人 愛恵会乳児院。かなり古くからある施設です。かつては、鬱蒼とした木立の中にあった木造立てのようでしたが、現在はビルになっています。




 本館のほうでしょうか。事務所があるようです。




宝泉寺

 臨済宗建長寺派 金龍山宝泉寺。山門の左にある石碑は、寺の大口オーナーであるらしい比留間氏の墓。




 文化財の説明一。




 文化財の説明二。




 本堂。




 本堂の額。




 半僧坊権現。




 半僧坊権現の中。糸で吊した人形があった。(人型のぬいぐるみ)



 なお、この人形を「さるぼぼ」ということが、後でわかった。
 飛騨弁で、赤ちゃんのことを「ぼぼ」と言う。つまり、「さるぼぼ」は「猿の赤ん坊」という意味。
 災いが去る(猿)ので、縁起が良いとされ、お守りとしても使われる。よく見かける基本形は、赤い体に赤く丸い顔(目・鼻・口は省かれている)、黒い頭巾と黒い腹掛け。全身が赤いのは、赤は古くから悪霊祓い、疫病(とりわけ天然痘)除けの効果があると言われたから。しかし、近年では赤以外に色のバリエーションが見かけられる。


三ツ目交差点にある祠(ほこら)

 三ツ目交差点のところに「三ツ目」というバス停。そして、そこ(北側)には小さい祠(ほこら)。いったい、何が祀ってあるのでしょうか。「三ツ目」とう言葉の由来については、私は何も知りません。しかし、とても興味があります。できたら、調べてみたいと思うのですが、……

 正直言うと、手塚治虫の『三つ目がとおる』を思い出したからです。それは、古代に三つ目族がいて、その末裔である写楽保介(しゃらくほうすけ)が、美しくて若い和登千代子(わとちよこ)と次々と事件を解決するストーリ。「わとさん」が「ワトソン」のような響きをもっているし、写楽の「三つ目の目」が閉じてしまうと、能力を失ってしまうことなど、何とも奇妙な設定で素晴らしい。




明日見らいふ南大沢

 東京都住宅供給公社が運営をしている高齢者ホーム。




 その全容を眺めると、かなり大きな施設である。しかし、医療関係の設備がその内部にはないそうである。




広妙寺

 「大沢山日蓮正宗広妙寺」は、「明日見らいふ南大沢」の入口西側にある高台にあります。もしかしたら寺は古くからあって、その敷地は区画整理工事をしていないのかもしれません。ずいぶんと高いところにあるからです。階段の上に、本堂の屋根が見えているでしょう。




 山門。右の柱には、「日蓮正宗広妙寺」。




 山門の額。




 本堂が大きいので、アングルに入りきれません。




 本堂の正面には額がなく、飾りになっていました。




 外側の道に出て、本堂を写しました。




四季の丘公園

 八王子市南大沢にある小さな公園。「四季の丘」というと広い公園の感じだが、実際には広妙寺の裏手(南西)の宅地の合間。つまり、「四季の丘」という素敵な名称は一帯の住区に付けられた名前のようですよ。




沼という地名

 かつて、多摩地区から相模原のほうに抜ける道を自動車で走った時代があった。その途中に、「沼」という地名があったのを覚えている。坂になっていて、バス停があった。しかし、当時すでに沼は埋め立てられていたようだ。新しい分譲地になっているところが、おそらく昔から沼だったのだろう。
 歩いていたら、「沼町内会館」というのがあった。




長泉寺

 蒼龍山長泉寺。町田街道方面からの入口。鬱蒼とした木立の中にある。




 木立の中を急な階段を登る。すると、山門。




 そして、本堂。




 本堂の額。




 山門には、仁王さまが。しかし、ガラスがあるので光ってしまった。左側の阿(あ)像。




 右側の吽(うん)像。




 六地蔵もましました。左側からお名前は、「壇陀地蔵」「宝珠地蔵」「宝印地蔵」「持地地蔵」「除盖障地蔵」「日光地蔵」。ただし、「除盖障地蔵」の「盖」という字は、「かさ」とか「ふた」とう意味のようであるが、実際に下に彫られていた文字には「羊の下の出ていない字」と「皿」の間にカタカナの「ム」があったみたい。




 鐘楼。




 象の像もあった。同じ形が一対あったうちの片方。




 ものすごくゴージャスな石灯籠。




 尾根幹線側には、新たに大規模な墓地。公園墓地の形態になるようです。




 その墓地の中を塀越しに除くと。これから、大規模な分譲をするところでしょう。




旧道に残った遺物

 おそらく、町田街道の旧道です。また、もしかしたらそこには川が流れていたのでしょう。取り残されたように、道の脇に遺物がありました。町田市小山田1213の辺りです。




 反対側の角には、墓石らしきものが。




 その場所を尾根幹線側から。つまり、ほぼ東を見たところ。大きな木の下に上の墓石がありました。なお、すでに尾根幹線は二車線になっています。右(南)に数十メートルで町田街道。




御嶽神社

 町田街道から、少し北に入ったところにあります。




 階段を上がって、鳥居をくぐります。




 すると、広々としたところに本殿。




 本殿の額。大木の一枚板を用いています。




 本殿の内陣。




 手前が奥の院で、右が本殿。




 神楽殿は、祭事のときの道具の物置になっています。




福生寺

 町田街道を少し入ったところにある「施弥山慈眼院福生寺」。その山門。右の石柱には、「真言宗智山派福生寺」とある。




 山門の額。




 本堂。




 本堂の額。




 本堂の庇にある見事な鳥の彫刻。




 本堂の右手を見た堂宇。




 左手の堂宇。手前に鐘楼も見える。




 境内にあった見事な石灯籠。




 そのデザインは、いったい何を意味しているのであろうか。




 町田街道のバス停のところからみた福生寺。




 最初に福生寺ではないかと間違えた建物。御嶽神社の南西50メートルくらいのところ。どうやら、個人のお宅らしい。




 両方の表札がある場所には、下の両側に「施弥山」「福生寺」という文字も見当たる。




 そこで、中を覗いてみたらお寺のような感じもしないでもない。左の黒い部分は、門の庇(ひさし)。




たきの広場と小泉家屋敷

 小山内裏公園へ南大沢から歩いて行こうとしたら、途中に「たきの広場」があった。もしかしたら、このページではなく南大沢駅周辺になるかもしれない。




 小さいが趣きのある滝である。傍らに下のような標識があった。




 小山内裏公園から出て、鑓水のほうへ向かうと道の左手に古い民家があった。よく手入れがなされているので不思議に思い、改めてよく見ると有形民俗文化財。




 その説明。




小山内裏公園

 「おやまだいりこうえん」と読む。その中央をかつての戦車道路が走っている。下は、その説明。しかし、地図はなぜか北が下になっていて見にくいし、勘違いをしやすい。もしかしたら、自己の行政区域が上にくるようにしたかったのかもしれない。世界の国々の地図でも、そうしているところがある。




 平成21年(2009年)になって、この公園もだいぶ整ってきた。




 太田切池。何となく鬱蒼としていて古代の面影があるようですね。




 親切な標識がありました。何とか読める大きさにしたのですが、……。




まちだテクノパーク付近の通り

 多摩境駅から小山町(小山馬場谷戸公園)に向かって西から東に走る道路の両側には、大きな建物や企業が連なる。また、小山内裏公園からの出口もいくつかある。下の写真は、テクノパークの一部。向こうに見える緑は、小山内裏公園。




 小山内裏公園への出入り口。その一つ。




 通りに面して、左側(北)にサンリオがあった。「ディストリビューションセンター」と書いてあるので、ここが流通の基点にでもなっているのでしょう。




 尾根幹線との交差点。向こう(北東)のトンネルを越えると唐木田方面である。




Kuroda Kouta (2008.06.27/2011.12.19)