総トップページにジャンプ

  高尾山口駅周辺(高尾山を含む)



はじめに
高尾山口駅 場所
高尾山不動院
ケーブルカー清滝駅
琵琶滝コース
洗心禅院七福神(八王子市高尾町)
トリックアート美術館
高尾山


はじめに

 京王線の高尾山口駅周辺の散策、そしてケーブルカーで高尾山に登ってみましょう。


高尾山口駅 場所

 京王線の終点である。




 ホームの終端には、車止めがあった。




 駅前にある高尾山の説明文。




高尾山不動院

 不動院が旧登山道の右側にある。




 不動院の境内にある弘法大師。




 不動院の前にある石碑群の中に、金1000円を寄付した記念碑がある。背の高さよりも大きい石だが、現在のいくらぐらいになるのであろうか。




ケーブルカー清滝駅

 ケーブルカーの下(山麓)の駅である。




 ケーブルカーのホーム。




 そのホームをスタートするところ。




 頂上近くの胸突き八丁。下から写したのだが、霧がかすんでいる。




 乗り物は、ケーブルカーとリフトが利用できる。しかし、歩いて登るコースがいくつかある。
 上の清滝駅の左側(南)から登るコースは、琵琶滝コース。七福神がある。下は、いちばん古い参道で、1号ルートと言うらしい。




琵琶滝コース

 このコースには七福神があるので、その辺りまで登ってみた。




 洗心禅院の地蔵群。




 別なアングルから見ると。




 背後には、ケーブルカーが走っている。




洗心禅院七福神(八王子市高尾町)



トリックアート美術館

 美術館内部でカメラOK。有りがたく、珍しいシステムです。




 下の写真のように、実際には平面に描いてあるのに立体的に見える絵が多いようです。トリックアートなどと断っているのが頷け(うなずけ)ます。




 実物の前では、もっと立体的に感じた。デジカメで撮ってしまうと、崩れた感じなどが薄らいでしまうようだ。




 このアロワナという魚も、実に生き生きとしていた。




 鯨も、ど迫力。




 まったく不思議な空間を作って、楽しませてくれる。




 愛嬌のある猿。だろうか?




 実に立体的で、浮き出ている女王様だったんだが。写真に撮ってしまうと、その立体感は失われてしまうみたい。




高尾山

 山頂に上がるときは、たいがいケーブルカーを利用する。
 しかし、ケーブルカーを降りてからも、かなり歩く。また、その途中には仏舎利塔などもある。




 仏陀の生涯図も、そこにはあった。精緻なタッチなので、なかなか興味深い。




Kuroda Kouta (2007.06.07/2010.04.04)