総トップページにジャンプ

  高尾駅周辺



はじめに
高尾駅 場所
高尾駅前
大光寺
浅川小学校
みころも霊園
高尾天神社
初沢通り
高乗寺
高乗寺の大仏・大観音
高乗寺の八尊仏・早見ページ
廃墓
多摩森林科学園
多摩御陵
陵南公園
熊野神社
線路下の家
高楽寺
ころころ坂
真福寺
小名路から小仏までの周辺


はじめに

 JRと京王線の高尾駅周辺を散策してみましょう。JR高尾駅は、かなり以前に「浅川」と言いました。そして、かつて「東浅川」という皇室専用の駅もあった。まだ、私が小学生のころだったと思う。


高尾駅 場所

 高尾駅は、JR中央線の平地ホームと京王線の高架ホームが、平行に隣接する形になっています。したがって、乗換も何となく楽です。下の写真は、京王線側(左・南)からJRホーム(右・北)を見たところ。また、高尾から新宿までの運賃が安いということで、通勤時間帯に京王線に乗り換える人も多いといいます。向こう(西)は、甲府方面です。左側の京王線は、次の高尾山口で終点。




 JR高尾駅北口です。堂々としたデザインは、多摩御陵などを意識したものでしょうか。




 上の写真をズームアップしてみましょう。




高尾駅前

 駅前には、甲州街道があります。下の写真の左方(東)は八王子・新宿方面。銀杏(いちょう)並木が続いています。




大光寺

 京王線の高尾駅ホームから南を見ると、すぐ下に見えるお寺です。山門には、「正名山大光寺」。




 本堂。




 本堂を左(東)から見たところ。右が、正面になる。




 本堂の内陣。




 本堂の手前に二つのブロックがあって、左(駅に近いほう)が弘法大師の八十八ヶ所。




 右には観音堂。その中の観音さま。




 上の観音さまとは別に、本堂前の戸外に励明観音。




 墓地の中には、供養塔。向こうに、京王線高尾駅ホーム。ホームから見たときは、向こう側が見えるので単に丸くなっている。




 供養塔の中にまします仏さまをズームアップ。




 本堂の前にある二対の石灯籠の大きさに改めて驚く。




浅川小学校

 「浅川(淺川)」という駅名が「高尾」になったが、「浅川」のままの名称もある。例えば、「八王子市立浅川小学校」。




 上の写真は、締めっきりの裏門である。その横には、かつてなつかしい二宮金次郎(二宮尊徳)。現在は、グラウンドのある左手(東)に大きな門が作られて、碑とともに移されたようだ。




 移された後のグラウンドの眺め。(撮影2011年1月)




 二ノ宮金次郎の横に、「開校百年の碑」。いつが百年目だったか、文字が読めないのでわからない。




みころも霊園

 京王線の高尾駅ホームから、大きな塔が南に見える。最初は、仏舎利塔ではないかと思った。しかし、行ってみると共同霊園だとわかった。




 もう少し近づいて見ると。




 その内部には、日光菩薩と月光菩薩がましました。いずれも豊満なお身体で、ちょっとヨーロピアンの彫刻のようでもあられる。

  


高尾天神社

 みころも霊園の境内には、高尾天神社があった。その入口。




 しかし、左の階段から入ってみると、神社の社(やしろ)らしきものはない。上には、下のような小さな堂宇があるだけ。




 その代わりと言っては何だけれど、大きな菅原道真の銅像があった。




初沢通り

 高尾駅の西側から高乗寺に向かう坂道を初沢通りと言おう。すると、そこにもう高乗寺の総門がある。「曹洞宗龍雲山高乗禅寺総門」と書いてある。おそらく、昔はここから寺社領だったのであろう。




 二つの石柱の間にある「沿革」。




 その道路の右側に楳図かずおの家がある。中からは、まことちゃんの人形が覗いている。黄色い小さい家であるが、武蔵野市に新築をしているらしい。そこは、黄色ではなくて「赤と白のだんだら模様」で、近隣とトラブルになっているようだ。
 (2008年4月の民放で、そんなことも言っていた。嘘だと思ったら、「何となく顔に見えないか?」の「まことちゃんハウス」を見ていただきたい。)




 その坂を登って行くと、左側に市営住宅。まだ、戦後のままの状態の家も残っている。ほとんどの家が払い下げられて、思い思いの住宅に新築をしたらしい。




 高乗寺の境内に入ると、左側に山王神社がある。




 その左横にある清潔なトイレをいつも利用するが、この神社には参拝をしたことがない。なぜならば、細くて急な階段が続いているからである。いつも、「この次は登ろう」とは思うものの。




 行きは、本道を歩くことが多かった。しかし、私が入院・手術をしてからは、タクシーを利用することも多い。しかし、彼岸などで送迎バスがあるときを除いて、帰りはたいがい歩く。少し下って、右に旧道のような道がある。そこに、「蝮地蔵尊」(まむしじぞうそん)というのがある。どういう謂(いわ)れであろうか。




 そこを過ぎると、右側の斜面が「急傾斜地崩壊危険区域」になっている。




 崩壊防止のための工夫がなされている。大掛かりな工事中であった。(2008年5月1日、木曜日)




 さらに下ると、何となく温泉郷風の家並み。




 「高雲橋」は、何となく場違いに立派。




 そして、すぐに本道といっしょになる。振り返って見ると。




 JR踏切と京王高架の手前左側(西)にあった、私立大学の予定地だったところは、すでに分譲住宅になってしまった。




高乗寺

 駅の南に20分ほど歩くと、古刹(こさつ)の高乗寺があります。その全景。




 その右手の石碑。二つの札所になっている。




 落ち着きのある本殿。




 本堂の額のズームアップ。




 本堂の左側にある大慈閣。




 由緒ある故事来歴。




 全体の地図。実際には清水石材を過ぎると大きな墓地。




 もう一度、木の間ごしに見ると。なかなか落ち着いた佇(たたず)まい。




 そこで、参拝記念のスナップを一枚。




 おばさんを取り除くと、芸術写真かも?




 鐘楼。




 墓地のほうへ向かうと右手に池がある。その池の畔(ほとり)に八尊仏(五菩薩・二如来・一明王)がまします。まず、全体を眺めたところ。




 手前から、千手観音菩薩。




 次が、虚空蔵菩薩。




 文殊菩薩。




 普賢菩薩。




 勢至菩薩。




 大日如来。




 不動明王。




 阿弥陀如来。




 以上の八尊仏の説明。いちばん手前(千手観音菩薩の右)にあります。




 また、各仏の簡単な説明は「高乗寺八尊仏・早見ページ」を参考にしてください。
 さらに、墓地内に入ると右手に水子地蔵がある。涎掛けを付けたり、ウルトラマンの仮面をつけたものもあった。




 墓地の入り口。




 墓地の一角。掃除をしている人がいた。




 寺の入口のところから、高尾駅方面を見ると。ちょっと、昔の町並みのよう。




高乗寺の大仏・大観音



高乗寺の八尊仏・早見ページ



廃墓

 「廃墓」という言葉があるかどうか、私は知らない。ここで言うのは、管理費が支払えなかったり、行方不明になった墓主の墓石のことである。おそらく、ブルドーザー(bulldozer)で根こそぎ掘り出してしまうのでしょう。高乗寺の中に、そんな墓石の置き場所があった。




 右手前にある上が丸い石碑には、「愛犬童夢 H・12・10・27没」と彫ってあった。ここの寺には、動物の慰霊塔もあるようだ。




多摩森林科学園

 かつて、林業試験場といいました。
 母の津田時代の同級生であられた大政さんが試験場長をしていた関係で、よく遊びに行きました。その方の家は、蛇滝にあって素晴らしい環境のところでした。その後、甲州街道沿いに引っ越されたようです。
 また、目黒の試験場にも遊びに行ったことがあります。

 その道路側にありました「甘里古戦場」跡です。




 入場料を払って入ると、そこに下の建物がある。




多摩御陵

 大正天皇、貞明皇后、昭和天皇たちが、お入りになっています。













 多摩御陵の中の池です。




 また、池の回りの紅葉も見もの。なかなか静かで落ち着いた環境ですから、プチさん(プティ散策)のコースにしてもよいでしょう。内部には、守衛がいて安全なようです。




陵南公園

 都立陵南公園は、多摩御陵参道の右側と左側に分かれてあります。下の写真は南浅川橋の手前(南側)、つまり参道右側(東)の公園で、プールなどもあります。




 南浅川橋よりに、二人の子どもの像。残念ながら、タイトルは書いてありません。




 南浅川橋を北に渡って、左側(西)。




 南浅川橋。向こうが、多摩御陵です。




 多摩御陵に向かって南浅川橋を渡り、南浅川の下流方向を見たところ。




 南浅川橋から南浅川上流の眺め。右側(北)は、陵南公園




 南浅川の下流。右側が、陵南公園




熊野神社

 町田街道が甲州街道にクロスするところに熊野神社。




 以外に小さい本殿。




 由来などが書いてある。




線路下の家

 町田街道を跨ぐ京王線。その線路下には、一戸建ての住宅がズラリ。




高楽寺

 真言宗智山派大本山高尾山末寺高楽寺。




 本堂の額。「大聖不動明王」とある。




 しだれ桜に関する説明文。




ころころ坂

 真福寺の手前(北)にころころ坂というのがあった。何かが転がったいわれでもあるのだろうか。




真福寺

 水澤山真福寺。モダンな建て方のお寺である。




 本堂にある額。「真如殿」となっている。




 貼ってあった標語。私は、「なるほど」と思った。写っているのは、カメラを構えた私。




Kuroda Kouta (2007.06.07/2012.01.08)