総トップページにジャンプ

  高井戸駅周辺



はじめに
高井戸駅 場所
松林寺
吉祥院(遍照寺)
浴風会
天神社


はじめに

 今後、高井戸東遺跡などについても、いろいろと調べてみたい。


高井戸駅 場所

 駅ホームは、高架になっています。環八通りから、北に高井戸駅を見たところ。




 駅北側には神田川が流れ、佃橋になっています。その橋から上流方向を見たところ。右側の高いところが、駅ホーム。




 佃橋から下流を見ると。静かな散歩道になっています。




 駅北側の歩道橋から駅のホームをパチリ。渋谷行きの電車が発車したところ。




 その歩道橋から環八通りの北方向を見ると。右側の建物がhp社。




 高井戸駅のホームを東から見たところ。向こうは、吉祥寺方面。




松林寺

 曹洞宗柏邑山松林禅寺。井の頭通りにある標識。




 ぐるっと回って山門




 山門の額。山門のほうに寺名。




 松林寺の故事来歴。




 本堂




 本堂の額。山号が左から右へ「柏邑山」。




 鐘楼




 メランコリックなお姿の救世観音童子




 六地蔵さま。それぞれのお名前は、下の施主欄には書いてなかった。




吉祥院(遍照寺)

 「天台宗吉祥院」。かつては「象頭山遍照寺」と言ったそうです。環八通りに面して、細い参道の入り口があります。




 また、浴風会のほうからも、裏門があって入れるようになっています。




 環八通りから入ると、参道の右側に山門。




 山門の左側、つまり参道の突き当りには御岳山神社




 本殿。




 本殿の内陣。奥のガラスに写している私が写ってしまった。




 吉祥院の故事来歴。




 本堂前の右側には「制托迦童子」。ただし、「托」は口偏。「せいたかどうじ」と読むのであろう。不動明王の脇侍(きょうじ)になっているらしい。




 左側には「矜迦羅童子」。「こんがらどうじ」と読むらしい。




 たくさんの像があって、お名前が記してある。とても親切なお寺だと、私は思う。




 同じく裏のほうにも、たくさんの像。




 「こもり娘」というのもあった。奥の堂で、妊産婦の健康講座をやっていたみたい。裏門から入ったら、声だけが聞こえた。




 六地蔵。お名前は、左から「預天賀地蔵」「放光王地蔵」「金剛源地蔵」「金剛実地蔵」「金剛幢地蔵」「金剛悲地蔵」。




 墓地の入り口に開山の行者の墓。




 新しい墓地は、墓碑銘が何となくナウい。




浴風会

 古くからある老人ホーム。かなり大きな規模である。




 その表札を見て、びっくり。「社会福祉法人 浴風会 軽費老人ホーム 松風園」とある。その「軽費」の文字である。




天神社

 石柱には、第六天神社とあります。かつてそう言われた古い名称です。




 鳥居の額にも、古い名称。




 本殿。




 合祀された神社が、何となくアパートみたいに並んでいます。




 狛犬は、ユニーク。その右側。




 狛犬。左側。




 天神社の故事来歴。




 幟(のぼり)を立てる柱。右側。




 左側。




 神楽殿。




 横に回って、奥の院をパチリ。




Kuroda Kouta (2008.07.11/2008.07.15)