総トップページにジャンプ

  高幡不動尊の外周



はじめに
高幡不動尊 場所
西へ向かって、寺西端を南へ外周
南端から東へ外周
高幡図書館
鳥の造作
下田稲荷
金剛寺別院
たかはた保育園


はじめに

 寺の外側の外周道路を右から左にかけて、廻ってみました。


高幡不動尊 場所



西へ向かって、寺西端を南へ外周

 北側の道路には、まず連結散水設備送水口。




 北側道路の周囲は落ち着いた環境の住宅街のようです。




 高幡不動尊の裏口もありました。「旗かけの松」が見えます。手前の煙突は何でしょうか。




 そこから反対側を見ると。




 しばらく行くと道が左にカーブしていて、突当たりに鰻屋。




 カーブをしても、塀に沿って坂道は続きます。




 塀の一部分が切れていて、入り口になっています。門は、付けていないようです。




 そこから内部を見ると、眼下には墓地が広がっている。




 坂を登って行くと、左に「ベストライフ日野」。




 さらに行くと、道から墓地が見下ろせる。




 墓地内の段差を解消するために、エレベータがある。




 墓地の二階部分の入り口が、道路側にもある。




 いま来た道を見下ろすと。




 住宅の工事をしている。奥では、墓地の工事。




南端から東へ外周

 南端と言っても、「高幡不動尊」と「都立多摩丘陵自然公園」が一体となっている区域なので、必ずしも寺領ではないと思う。その意味で南端近くに、「日野市立鹿島台地区センター」。




 高幡不動尊の裏山、つまり「都立多摩丘陵自然公園」の出入り口。境内八十八ヶ所巡拝の道につながっている。




 花盛りのお宅があった。勝手に撮ったので、苦情があるかもしれない。そのようなときは謝って、削除をしよう。




 そのお宅の塀の外に、標識があった。「都立多摩丘陵自然公園」の出入り口からの道は、「南平丘陵散策コース かたらいの路 日野市」と書いてある。




 歩いているとマンホールがあった。最初、「空気弁」かと思ったが、よく見ると「空気井」。いったい何をするのであろうか。日野市三沢四丁目21の近くである。




 下り坂が続く。高幡不動尊境内と「都立多摩丘陵自然公園」のギリギリまで民家が建っている。




 マンションも、ギリギリまで。




 出入り口も、取って付けたような作りになっていある。




 しばらく行くと、団地になった。




 その団地の左側に、墓があった。




高幡図書館

 日野市立高幡図書館。私は、よくここで休憩をしたり、インターネットで調査をしたりします。




鳥の造作

 交差点のところに消防署があって、その反対側に鳥の造作。最初は、飛行機か核兵器のような感じを受けたものです。




 しかし、その手前に立っている看板を見て安心。




下田稲荷

 交差点のところに消防署があって、その裏に「高幡下田稲荷神社」。




 ちょっと見にくいですが、その経緯がありました。




 句碑もありました。




金剛寺別院

 川崎街道を東に少し行ったところに「高幡山観音院」、高幡不動尊(金剛寺)の別院です。葬式などの行事を行う場所です。




 車止め中のガラス戸を入ったところに額。




 正面に「千体供養地蔵尊」の掛軸。




 左手の式場には、人間くらいの大きさの聖観音。




たかはた保育園

 日野市立たかはた保育園。




 保育園の裏手、つまり上の写真を撮ったところの後ろには、階段があった。




 川崎街道側から見た保育園。




 その横にあった交番の跡だが、何も建っていない。公衆トイレでも作ったらどうであろうか。




Kuroda Kouta (2010.04.13/2010.04.14)