総トップページにジャンプ

  立川駅周辺



はじめに
立川駅 場所
立川駅北口バス停・若山牧水の歌碑
立川駅北口から高幡不動駅行きバス停
立川駅南口から国立駅南口行きバス停
立川駅付近(第一デパート・地下道)
立川駅付近の美術
多摩信用金庫の本店
渡り線
真泉院
ウサギとフクロウ
富士塚橋・富士塚公園・富士塚
五十嵐神社
浅間神社
昭和公園
日野橋と旧立川温泉付近
根川緑道・立川公園
琴帯橋跡
残堀川
テン(貂)
馬場坂下橋
普済寺
諏訪神社


はじめに

 立川駅周辺の散策をしてみましょう。しかし、私は必ず立川駅を起点としないで、晴れた日などは日野税務署に行った帰りなどに、ぶらぶらと北に向かって日野橋を渡り、立川駅まで歩くこともあったんです。


立川駅 場所

 JR立川駅の構内、というか改札を入ったところに、広々とした商店街があります。乗り換えのときになど、駅から出なくても買い物ができるので便利です。




 JR立川駅の南口。すでに、二階の高さになりました。




 モノレール立川南駅です。JRを挟んで、北にもモノレール駅があります。




 立川駅の南口駅前。




立川駅北口バス停・若山牧水歌碑

 立川駅の北口地上階は、バス停ターミナルになっています。上の階から降りる三本ほどのホームの片隅に取り残されたように若山牧水歌碑がありました。




 駅側の通りには、「東京都民平和アピール」。




 バス停の東側端から見たら、大きな飾りのようなもの。




立川駅北口から高幡不動駅行きバス停

 高幡不動駅行きバス停は、北口のバスターミナルではなくビッグカメラの反対側にあります。そこから北を眺めた風景。




 通りの反対側にあるビッグカメラの偉容。中には、サイゼリアとユザワヤ。隣りには、吉野家。




立川駅南口から国立駅南口行きバス停

 国立駅南口行きのバスは二系統あります。4番と向うに見える5番です。




立川駅付近(第一デパート・地下道)

 かなり古くからある第一デパート。かつて、公団住宅の受付場所があった。立川駅南口から写す。なお、右上はモノレールの軌道。




 駅の南北をつなぐ地下道。南側の入り口。




立川駅付近の美術

 立川市は芸術に力を入れているみたい。マンホールの蓋も、なかなか見事です。




 私には、ちょっと何がなんだかわかりません。まずは、赤。何となく、生き物みたい。




 そして、青。???




 鉄板の作品もありました。




 網を用いた作品。




 ペンギンのような奇妙な造形。




 色を施した作品。




 ウサギ(うさぎ・兎)とカメ(かめ・亀)の物語だろうか。




 水が入ってなかったけれど、噴水のある池がありました。




 二匹のフクロウ(梟)をデザインしたものでしょうか。




多摩信用金庫の本店

 立川駅から北に向かうと、左側に多摩信用金庫の本店。




渡り線

 実際に「渡り線」というかどうか知らないが、中央線から直接に青梅線へ入る線路。下り拝島方面は本線をまたがなければならないので、しばらくは単線になっている。下が本線、上が青梅線への下り専用線。




 富士見郵便局の前にある踏切り。青梅行きが、向うに通過。




 電車が行ってしまった西立川までの下り線路。




真泉院

 高野山真言宗真泉院。住宅街の中にあるお寺。




 その額。




 通りには水子地蔵があり、誰でも参拝できるようになっている。




ウサギとフクロウ

 真泉院から西に出た通りに、「ラッキーラビット」というお店がありました。




 さらに富士見郵便局のほうに向かって行くと、有限会社安藤畳店の前に、かなり大きな木彫りの梟(ふくろう)。




五十嵐神社

 五十嵐神社は、地図にちゃんと神社マークが出ていたが、思ったよりも小さかった。




富士塚橋・富士塚公園・富士塚

 富士塚橋から残堀川の上流。はるか向うに昭和記念公園が見える。




 同じく残堀川の下流。




 富士塚公園の入り口。




 富士塚公園の中にある富士塚。




 その説明文。




 公園の奥にある「西立川児童会館」。




浅間神社

 浅間神社は、富士塚公園の中にある富士塚のてっぺんにあります。




 その額です。




昭和公園

 とても広くて、素晴らしい公園です。入口を入ると、大きな噴水がありました。




 奥の日本庭園には、落ち着いた感じの池があります。夏に行ったときは、ギンヤンマが水面(みなも)を旋回していました。




日野橋と旧立川温泉付近

 日野橋の南詰。つまり、高幡不動尊方面から歩いてくると、ここを渡ることになる。




 橋の中途から、上流を見たところ。




 橋の北側。




 下は、上の左の小屋の説明。




 かつて、立川温泉があったところ。五叉路になっていて、いちばん手前は奥多摩街道。




根川緑道・立川公園

 根川緑道・立川公園については「西国立駅周辺」でも記述しました。ただし、そこではモノレールをくぐる前までです。つまり、「立川・日野線」の東側は「西国立駅周辺」、西側はこのページで記述しましょう。プチさん(プティ散策)では、いっぺんに大きな範囲を歩けないからです。
 下の写真は、柴崎橋の向こう側です。




 こちら側から、東を見ると。橋の名前がひらがなになっています。




 根川の水は澄んでいて、水量もかなりあります。




 上流に行くと、次第に細くなります。




 中村草田男の句碑がありました。




 その句碑の説明。




 川の流れに、変化を付けているのでしょう。石の上には、鴨が休んでいます。




 若山喜志子の歌碑がありました。




 その歌碑の説明。おそらく「歌」を「句」として作成してしまったのでしょう。考えられないミスが立川市にもあるようです。




 根川の終わりです。公園も、ここで終わり。向こうが東ですが、左の小道を上がってきて、残堀川の堤防に出ます。残堀川は左岸、向こうに向かって流れています。




琴帯橋跡

 平和観音のスナップを撮りに行った日。(2010年3月14日、日曜日)
 歩くのがしんどいので、バスを利用しました。新奥多摩街道の「琴帯橋」バス停で下車。琴帯橋はなく、琴帯橋跡というのがありました。




 その上流。つまり、根川緑道の一部になっているのです。




 その下流。




残堀川

 しばらく残堀川の左岸を遡ってみましょう。下の写真は、左岸から下流を見たところ。奥多摩バイパスの橋が見えます。




 残堀川の案内図。




 残堀川にいる魚。




 上流に向かって歩くと、対岸に鉄塔が二つ。高圧線とおそらく携帯電話でしょう。




 立川崖線ですが、固められて何ともすごい。




 固められていない部分。




 崖線を示す表示。




 JR中央線。まだ、残堀川の歩道は続きますが、今日はここで左に上がります。




 崖線の頂上から中央線を見たところ。高尾行きの電車が、向こうに走っていきました。




テン(貂)

 何回目かを歩いているときに、残堀川にテンがいました。(2010年3月14日、日曜日) デジカメを望遠モードにして、三枚ほど撮ってみたのですが、……。




 あまり見慣れない動物ですが、外来種なのでしょうか。




 テンについて、調べてみました。

 テンは、食肉目イタチ科テン属の哺乳類です。「貂」とう字を書くことからわかるように、本州・四国・九州、朝鮮半島に分布。また、ヨーロッパ・アジア・北アメリカにも分布しています。イタチに似て、体長45〜50センチ、尾長17〜23センチ。夏毛は全体に褐色で、冬毛には変異がみられる。夜行性で、小動物などを捕食。毛皮が良質なので利用される。

 ついでながら、かつて神田川の三鷹台駅付近で、ヌートリアを毛皮用に飼育していて、台風のときに逃げ出したことがあります。




馬場坂下橋

 残堀川を上流に向かって、中央線のガードをくぐって馬場坂下橋。おそらく、かつて馬場があったのでしょう。崖線の面影が残っていて、向うに石碑が建っています。




 橋の上から上流を見ると、もはや流れは大きくない。




 下流のほうは、水量が多くなっている。




 「植桜記念碑」が建っていた。しかし、桜は見当たらない。




普済寺

 立川氏に関係したという玄武山普済寺。堂々たる山門には、菊のご紋章が付いている。




 改めて参拝に行ったときには、菊のご紋の扉が開いていた。




 手前の橋から本堂を写す。この橋の下には、実際に小川が流れている。




 本堂のズームアップ。




 本堂の額。




 新しくできた鐘楼。(2010年3月14日、日曜日)




 閻魔堂。




 閻魔堂の額。




 閻魔堂の内陣。




 境内にあった立て札。




 平和観音。




 延命地蔵尊。右後ろは、釈迦誕生仏。




 境内にあった手の椅子。




 本堂の裏手の墓。古いタイプのものらしい。




 新しいデザインの墓。共同墓地になっているみたい。




諏訪神社

 大きくて格式の高い社(やしろ)であるみたい。その参道。向こうに見えるのは、本殿ではない。




 参道をしばらく行くと、山門がある。大きなお寺みたいな構造だ。




 山門の両脇には、神さまらしき人物。さすが、阿吽(あうん)の仁王さまではない。右側。ガラスが張ってあるので、反射をしてしまった。




 左側。




 本殿の堂々とした造り。実は、中央と左右に合計三つの神さまを合祀(ごうし)している。




 まず、まん中の額。




 内陣を覗くと、神主さんが祝詞(のりと)をあげている最中。




 本殿右側の額。




 本殿左側の額。




 さらに本殿右側の外れに、何やら尊いものが祭られている。本殿の続きの庇(ひさし)の下にガラスが張られ、中に入れない。下の写真もガラス越しにパチリ。




 もう一度、本殿を斜めから見てみよう。




 境内には「目の神様」がましまされたので、私は真剣になって祈った。ここのところ、目が悪くなり始めたからである。しかし、そこで目を洗うことはしなかった。何となく、柄杓(ひしゃく)や水が恐かったので。まだ子どものころ、どこかで母に「お賓頭盧(おびんずる)さま」に触れてはいけないと言われたことがある。賓頭盧は、十六羅漢のトップであり、白頭・長眉の相を備えておられる。その像に自分の悪い箇所を触れた手を触れると治るというが、逆に他人のウイルスが自分にも移ってしまうらしい。




Kuroda Kouta (2007.10.05/2015.06.26)