総トップページにジャンプ

  西国立駅周辺



はじめに
西国立駅 場所
正楽院
西国立駅付近
すずらん通りと立川病院
官庁と公園
多摩幼稚園とカソリック立川教会
第六天神社
みんなの展示場
旧甲州街道
立川公園根川緑道
柴崎体育館駅(モノレール)
みのわ通り
光西寺
矢川緑地
矢川弁財天
至誠会
甲州街道・奥多摩バイパスに沿って


はじめに

 今までに一度も降りたことがない駅。でも、今回のプチさん(プティ散策)で楽しい発見がいろいろありました。今後も、この駅からプチさんを何回かしてみたい。


西国立駅 場所

 駅前に寺があるのには、ちょっと驚き。それはともかく、まず駅。昔の国鉄時代の駅ではあるが、外装だけはナウくしたみたい。




 ホームには、上り川崎行き。手前に走ろうとしている。後方には、大きなマンション。その左手に、かつて機関庫があって「ED16」が数台待機していた。




 両ホームの階段横にエレベータが取ってつけたように新設されたようだ。また、トイレもきれい。




 二階の跨線橋部分。地上階とは、ドアの位置が90度異なる。つまり、正面から乗ったら横から降りる感じになる。




 駅を矢川方面から見たところ。先が立川。回りには大きなマンションがあるのがわかる。




 機関庫があったのと反対側にも、かつての引込み線の面影。




 機関庫があったところは、マンション付属の小さな公園になっている。




正楽院

 最初に西国立を下りたときは、地図を見ていませんでした。駅を降りて、前に「立川院正楽院」という石柱があってびっくり。




 そこで、塀に沿ってぐるりと回る。




 一周して、入り口。




 入って左に、改めて山門。




 山門の額。「立川山」。




 本堂。




 本堂の額。むずかしい字で、私には読めない。




 本堂の中を覗くと。




 観音堂。




 観音堂の中を覗くと。




 観音堂の説明文。




西国立駅付近

 正楽院のほかに、西国立駅に隣接してある場所をいくつかここに示しておこう。正楽院の前にある工場。門柱には「翼化工株式会社」「株式会社立川鋳造熔剤工業所」とある。もしかしたら、かつての立飛関係企業かもしれない。



 駅から西に見える神風ビール。地続きなので、無門庵の経営かもしれない。




 無門庵。




 無門庵の石碑。




 中に入ると、やはり石碑。「村づくり/町づくり/国つく里/人間つくりよ/一寸のちりほこりにも/心せよ」とある。




 無門庵の中庭。




 駐車場へ出て、振り返ってみる。




すずらん通りと立川病院

 西国立駅から西に向かう通りは、細いけれども並木が美しい。無門庵を過ぎたところから、西国立駅方向を振り返る。右の柵の中は、立川病院。




 同じ場所から、立川駅の方向を。今度は、左が立川病院。




 少し行って、左に曲がった道に立川病院の正門がある。よくも患者がこんなにいるなぁと思うほど、大きな場所を占めている病院である。




官庁と公園

 立川病院から西に向かって、官庁街と公園になっています。むろん、その中には立川市役所があります。




 立川簡易裁判所です。もしかしたら、東京法務局立川出張所の中にあるのかもしれません。




 道の反対側には、合同庁舎。




 簡易裁判所の西側が、錦中央公園。




 公園の中を覗いてみると。




 道に面して「朝」というタイトルの像がありました。




 そして、立川市役所。




 入口の前にある「平和記念像 おはなし」。




 立川市役所の出口は、南口大通りに面してもあります。つまり、この西向きの出入り口は南口大通りが整備されてから作られました。




多摩幼稚園とカソリック立川教会

 立川市役所を過ぎると、同じ側に道に面して多摩幼稚園。




 西へ向かって次の道を左(南)に入ると、右側(西)にカトリック立川教会。




 その塀の前には、ピエタの像。もしかしたら、ピエタとは言わないかも知れない。抱いているのが、イエスの遺体ではないから。




 この箴言の言葉も気にかかる。仏教なんかと、言っていることがかなり異なるようだ。




第六天神社

 立川市錦町五丁目「錦公園」にある神社。




 本殿は、意外にも小さかった。




 鳥居にかかっている額。




 本殿をアップすると。




 「第六」という言葉にも、「御由緒」には意味が書いてあります。




みんなの展示場

 第六天神社の少し先に、「みんなの展示場 中村洋久絵画館」というのがあった。入口から入ってみたが、鍵が閉まっていた。日曜・祝日・土曜日に開館すると貼り紙。改めて来て見たい。慎重かどうかわからないが、「美術館」という言葉を使っていないところが、何となく奥ゆかしい。




旧甲州街道

 意外に細い道である。




 体育館の前にあった説明板。輝く銀色のメタルに書いてあるので、読みにくい。また、鏡の効果があるので、こちら側が映ってしまう。




 上の表示板の向かい側に、瀟洒(しょうしゃ)な建物。右側には「ニチイホーム立川」と書いてありました。もしかしたら、高齢者用の設備かもしれません。




立川公園根川緑道

 立川公園の中にある根川緑道を歩いてみよう。




 木漏れ日の道で、読書をしている人もいた。




 「初日さす」の句碑。




 句碑の解説。




 広くしてある流れ。




 昔と今の根川緑道。




 緑道から見た体育館の入り口。




 大貝滝雄氏の『未来』という作品。「メビウスの輪」とも、ちょっと違うみたい。




 古い形の石灯籠も置いてあった。




 川の上に建てられた東屋(あずまや)。




 川は向こうから流れ、人はトンネルをくぐる。南口大通りの下。このトンネルをくぐった先は、「立川駅周辺」にメモる計画です。




柴崎体育館駅(モノレール)

 多摩モノレールの柴崎体育館駅です。京王線の柴崎駅とは関係がありません。モノレールは高架になっていますから、駅も地上よりかなり高いところにあります。




 改札フロアまでは、エスカレータやエレベータが付いています。




 高い場所ですから、眺めもよろしい。いま歩いてきた根川緑道を駅から振り返ると。




 改札。入った内側から。




 ホーム。多摩センター行きの電車。




 参考までに次の駅。いま乗った駅も、ほとんど同じ構造。




みのわ通り

 西国立の駅少し先から真南に向かうのが、「みのわ通り」。甲州街道から先は、まだ完成していない。(2008年6月1日現在)




途中の左手に、橋の欄干があった。「昭和24年3月竣工 しやくぐしばし」と書いてあった。




 その橋を横から見たところ。もはや、川は暗渠になってしまったようだ。それでも、いまだに流域の面影が残っている。




 少し行くと、左手に斎場がある。ちょうど式が、始まろうとしていた。




 納骨堂。




 斎場のホール。奥のほうに焼く炉が数基あるらしい。




光西寺

 箕輪山光西寺。




 本堂。




 本堂の内陣。




 鐘楼。




矢川緑地

 光西寺側の入り口。




 入って右手にあった案内図。




 中央の流れる矢川の様子。




 湿生植物保全地域の観察路。




 蒲(がま)の穂(ほ)ではないだろうか。




矢川弁財天

 矢川弁財天は箕輪通りを南に向かうと、右側(西側)にあります。道路が高くなっているので、ほぼ全体が見下ろせます。池には、色とりどりの大きな鯉がいました。おわかりでしょうか。




 階段を下って、入り口に。




 一の鳥居です。




 その鳥居の額。




 二の鳥居があって、その先は本殿。




 本殿の内陣。さらにその向こうに、奥の院が見えます。




 変っているのは、狛犬や狐ではなくとぐろを巻いた蛇。右側。




 同じく左側。巻く方向が逆になっている。




 橋の欄干にも蛇。左側。




 右側の蛇。向こうには、池があります。




 工事中の三龍殿。




 三龍殿の額。




 毘沙門堂。




 毘沙門堂の額。




至誠会

 古くからある「社会福祉法人 至誠学舎立川」である。




 その幼稚園。




 幼稚園の裏口。「ノンナのお家」と表札が出ているが、どういう意味だろうか。




 創始者の言葉らしい碑があった。




 碑の横にある小屋にかかっていた由来。




甲州街道・奥多摩バイパスに沿って

 日野橋交差点の東と西に、少しばかり歩いてみました。東は甲州街道、西は奥多摩バイパスです。甲州街道は、日野橋交差点で左折(南に進路変更)しているからです。下の写真は、日野橋交差点の手前。新宿方向から青梅方向を見ている。つまり、東から西を。




 日野橋交差点。だいぶ以前に、白い看板のところに立川温泉があった。現在はレストラン街。右に曲がると立川。(道は見えません) 右斜めは、旧奥多摩街道。左前は奥多摩バイパス。そして、甲州街道は左に曲がって日野橋に向かう。




 まっすぐ奥多摩バイパスを行くと、根川橋。




 道路の反対側。車が少ないので、ここを向こう側に渡った。しかし、真ん中のわずかな盛り上がりに、左足の親指をぶつけてしまった。




 橋の欄干にいくつか埋め込んであるレリーフ。コサギではないだろうか。




 この橋の下の根川に沿った道が根川緑道。そして、立川公園。西に向かってモノレールの下をくぐっても、さらに緑道と公園は続いている。しかし、その記事は「立川駅周辺」に記載する。


Kuroda Kouta (2008.05.23/2008.06.01)