総トップページにジャンプ

  津田山駅周辺



はじめに
津田山駅 場所
下作延小学校
緑ヶ丘霊園入り口
石屋さんの作品
緑ヶ丘霊園の噴水と霊安室
「こころ」と「旅」
慈照寺
善養寺
赤城神社
延命寺
不動橋(平瀬川)
身代り不動尊(大明王院)
下作延神明神社
上之橋
浄元寺
円筒分水
久地神社
平瀬川の中之橋
円福寺
松柏林天満宮(円福寺の境内)


はじめに

 津田山駅周辺には、緑ヶ丘霊園の正門があります。


津田山駅 場所

 ホームが一つしかない島式の駅です。見えている電車は、上り川崎行き。向こうへ進んでいます。




 上り下り共用のホーム。右側が上り、武蔵小杉・川崎行き。左側が下り、立川行き。




 立川方面の踏切から見たホーム。立川行きの電車がいる。




 跨線橋がなかった時代は、乗客用の踏み切りと階段もあった。その名残り。向こうに見えるグラウンドは下作延小学校。




下作延小学校

 駅の南側に隣接して、川崎市立下作延小学校があります。広いグラウンドの左(北)に津田山駅。




緑ヶ丘霊園入り口

 駅の南側から緑ヶ丘霊園。右の石柱には、「緑ヶ丘霊園 川崎市」。どうやら「ヶ」は後で書き足したというか、彫り加えられたものらしい。この参道沿いには、左右に石屋さんが多く続く。




石屋さんの作品

 右側の石屋さんに、50センチメートル足らずの像があった。ペンギンなどの鳥のような形をしているが、そうではない。子供が首をかしげているのだ。




 下の石像で、おわかりでしょう。母親が子供を抱っこしている。




 これも、同じ構想。




 それでは、下の像は。フクロウではなくて、二人の人物がいるのである。




緑ヶ丘霊園の噴水と霊安室

 中央のロータリーのところにある噴水。たまたま藤の季節で、藤棚が見ごろであった。




 その反対側にあった「川崎市」のマークのついた堂。おそらく、霊安室ではないだろうか。




「こころ」と「旅」

 印象に残ったお墓を二つほど。








慈照寺

 駅の南、緑ヶ丘霊園の参道の左側(東)。ビル風のお寺です。看板には、「宗教法人日蓮宗親道山慈照寺」と書いてあります。




善養寺

 緑ヶ丘霊園の参道の右側(西)。とくに山門はありませんが、少し上がったところに本堂。




 本堂の額。




 本堂の内陣。功徳院という院号があるので、「報恩山功徳院善養寺」。




 境内には、「南無釈迦牟尼仏」。建てたばかりの新しい像らしい。




 緑ヶ丘霊園の参道から見た善養寺。




赤城神社

 緑ヶ丘霊園の南東端にあります。しかし、霊園の中からは行きにくいと考え、外の道を「宮の下」まで歩きました。その入口です。




 鳥居にかかっている額をクローズアップ。




 階段を登って、小さいながらも本殿。




 本殿の額。




 本殿の中を覗くと。




延命寺

 「天台宗赤城山延命寺」。赤城神社を考えると、山号の「赤城」は「赤城山」ではなく、この地域かもしれない。また、寺号の「延命」には何となくひきつけられる響きがある。その入口。




 とくに山門はなく、階段を上がると本堂。




 本堂の額。左にご詠歌がある。




 境内にある「南無延命地蔵菩薩」。非常に長い棒を持っておられるのが、とても印象的。




 六地蔵がおられた。




 右から、檀陀地蔵。地獄界を担当される。




 宝珠地蔵(餓鬼界)。




 法印地蔵(畜生界)。




 持地地蔵(修羅界)。




 除蓋障地蔵(人間界)。




 日光地蔵(天界)。




 「南無延命地蔵菩薩」や「六地蔵」とは別に、鼻取地蔵がましました。




 鼻取地蔵の説明。




 おまけ。境内には子どものお地蔵さまもおられた。




不動橋(平瀬川)

 平瀬川にかかる橋であるが、「身代わり不動尊」が近くにあるので「不動橋」と名づけられたのかもしれない。その上流を見ると、「上作延小学校」が見える。




 下流を見ると。なお、人道橋はパラレルになって別にかけられている。




身代り不動尊(大明王院)

 大工事をしている。(2008年5月現在)




 外側の塀に貼ってある完成予定図。




 他にすでにある熱海・横浜・東京(環状八号線にあるらしい)の堂宇が描かれている。




 入口から入ると、内部に明るい廊下がある。




 廊下の奥には、ものすごく大きな賽銭箱。




 廊下の右側の部屋。祈祷の時間を待つ人が、すでに数人いた。




 この部屋には、下のような階段を登ってくる。




下作延神明神社

 本陣の中央に掲げられた額から、「五良神社」と「神明宮」と「八坂神社」が合祀されていることがわかる。本殿を参拝するには、かなり階段をあがらなければいけない。




 高いところにあるので、裏から上がるときはマンションの横を通って本殿のところに出る。




 本殿。




 本殿の額。




 本殿の内陣を覗くと。




上之橋

 上之橋から見た平瀬川の上流。




 同じく下流。前方の小高い山の下で暗渠になっている。




 橋の袂(たもと)には、石橋供養等がひっそりと立っていた。おそらく、かつてここには石橋がかかっていたのであろう。




浄元寺

 二ヶ領用水の円筒分水の南にある「日蓮宗秋興山浄元寺」です。左に行くと墓地を経由して、津田山駅。右に入ると本堂。




 本堂。




 本堂の額。山号です。




 日蓮の立像。タイトルは、「立正安国」。




 恐ろしい大黒が、笑っているのは不気味。「福徳大黒尊天」。




円筒分水

 田に分配する水を調節する設備。




 その説明。




 同じく、説明。




 流入してくる水路。




 水門があって、小さいダムになっている。




久地神社

 円筒分水のすぐ近くに久地神社があります。




 本殿。




 本殿の前にあった立て札。




 牛頭天王(ごずてんのう)の石碑。




平瀬川の中之橋

 平瀬川を上からみたところ。山を下っていくのであるが、水は向こう(南)からこちら(北)へ流れている。




 南から北を見ると峠になっているので、川は暗渠になる。おそらく、円形分水のところまで、地下トンネルを流れるのでしょう。




円福寺

 「青龍山円福寺」。津田山駅前の道路を溝の口方面(南東)に向かって歩くと、平瀬川の中之橋を超えた左側(北)にある。その入口には、大きな建物が建っているので気付くにくい。なお、境内にある「松柏林天満宮」は別組織になっているらしく、次アイテムにまとめた。




 しばらく行くと、茅葺(かやぶき)屋根の山門。




 山門の額。「松柏林」と書いてあるのだろうか。




 本堂。




 本堂の額。山号は、「青龍山」。




 本堂にくっついて左(西)に「青龍殿」。何をする建物であろうか。




 「青龍殿」の額。




 観音堂。松柏林天満宮と並んだ格好で建っている。




 観音堂の額。




 観音堂のご詠歌。




 観音堂の一階部分に横の入り口があって、そこが開いていた。




松柏林天満宮(円福寺の境内)

 菅原道真を祭神として、円福寺の境内にある。しかし、改まって階段を登る必要が生じる。




 天満宮を示す石柱。




 天満宮の額。




Kuroda Kouta (2008.05.05/2008.05.24)