総トップページにジャンプ

  宿河原駅周辺



はじめに
宿河原駅
宿河原橋から宿之島橋
緑化センター
正一位稲荷大明神
鎮守八幡宮
常照寺
水路と釣り堀
稲荷社と宿河原幼稚園
路傍の仏
龍安寺
府中街道
長尾神社
妙楽寺
五所塚第一公園
等覚院
長芝橋
東高根森林公園の北入り口へ


はじめに

 一回で回りきれなかったところは、改めて後日に行ってみたい。


宿河原駅

 JR南武線の宿河原駅は、神奈川県川崎市多摩区です。日中は、乗降客の少ない静かな駅です。改札口は一つしかありません。




 駅の内側から見た改札口。




 ホームから、川崎方向を見たところ。上り川崎行きが向こうへ走っていきます。駅の左側(北)には、回送電車の一時停留場があります。保線区や機関区はありませんが、車両だけを置いておくのです。




 それでも、小さいながら跨線橋があります。線路を渡る踏み切り方式は、もはやめったにありません。私が知っているのは、西部是政線の白糸台駅などです。駅舎が二階にないので、歩行者の跨線橋は右手のほうに別に作られています。




宿河原橋から宿之島橋

 宿河原駅から南に100メートルほど歩くと、二ヶ領用水にかかる宿河原橋。その上流の眺め。




 反対側を向いて、下流をパチリ。




 橋の上流側の袂(たもと)には、「宿河原堤の桜」。向こうにあるのは、「手づくり郷土賞」。




 二ヶ領用水の説明文。




 上の説明文の隣には、「水辺に生える植物」。




 川沿いに植えられた桜の記念碑。桜の木偏の「左の跳ね」が大きいのが印象的。




 「八幡下?樋」の碑があった。明治43年は、1910年。




 その樋(とい)後である。




 そして、樋後にあった解説文。ちょっと読みにくいかもしれない。




 さらに川を少し下ると、「宿之島橋」(しゅくのしまばし)。そしてその前が、「緑化センター」の正門。


緑化センター

 ちょっとした公園になっています。正門です。左側には、「川崎市緑化センター」とあります。




 東屋(あずまや)がありました。




 水車もあります。




 沿革が書いてありました。




 全体の案内地図です。




 事務所の入り口。




 その前にある噴水。




正一位稲荷大明神

 緑化センターから、さらに二ヶ領用水を下って、川崎街道と東名高速道路の下でクロスするあたりまで歩いてみた。宿河原六丁目16の辺りである。その名のとおり、「いなりばし」。欄干に擬宝珠(ぎぼし)が付いているのも印象的。




 橋の右岸に稲荷神社。




 かろうじて、「正一位稲荷大明神」と読める。




 本殿。




 左側(北)には、歳の神御神体。




 歳の神御神体の由来。




鎮守八幡宮

 宿河原橋を越えて交番のある交差点を渡ると、鎮守八幡宮。




 本殿。




 本殿の額。




 外へ出て、横に回って、奥の院もパチリ。




常照寺

 山門。「真言宗豊山派雁三山常照寺」です。




 本堂。




 文化財の説明文。




 ご詠歌。




水路と釣り堀

 二ヶ領用水のほかにも小さい用水が多く見られる。それらは、どれも大切にされているようだ。民家の間を流れるときは、柵がしてある。




 非常に小さい流れなので、とくに柵はない。右側の柵は、個人の敷地のものらしい。




 家の前を流れるときは、それぞれに利用。向こうのほうに、川の上が車置き場になっているところもある。




 水が豊富なので、釣り堀を経営している農家もある。突き当たりの家が、この釣り堀をやっているらしい。名前は、「多摩川へら鮒センター」。




稲荷社と宿河原幼稚園

 多摩区宿河原二丁目にある宿河原幼稚園の隣(東)に小さな神社。鳥居の額には、単に「稲荷社」となっているだけ。




 上の写真では、文字が見えない。そこで、もう一度パチリ。




 稲荷社の本殿、というよりは祠(ほこら)でしょうか。向こうに見えるのは、幼稚園。




 宿河原幼稚園。ユニークな入り口になっています。




路傍の仏

 この地区では、路傍の仏が大切にされているようだ。両脇に二本立っている幟(のぼり)はともかく、コンクリート製の台。そして、そこから出ている鉄のパイプが抱き込むようになっている支え。至れり尽くせりである。「川崎市多摩区宿河原二丁目23」にあったもの。




 同じく、「登戸3150」にあった二柱の石像。やはり、コンクリート製の台に乗っておられる。自動車を避けるためであろう。




龍安寺

 昔の何もなかったころの参道の面影があります。もっとも、昔でも寺社領には民家があったようですが。左の石柱には、「浄土宗龍安寺」。さらに自動車が道から見やすいように、柱にも同じ文言(もんごん)。




 少し入ると、改めて山門。左は小さい公園。おそらく、寺社領でしょう。




 山門の額。右から読んで、「無量山」。




 美しく均整のとれた本堂。




 本堂の額。




 鐘楼。




府中街道

 龍安寺から南に歩き、二ヶ領用水を新開橋で渡る。その橋から、上流を見たところ。だいぶ先に、小田急の向ヶ丘遊園駅がある。かつては、この川の左岸(北)をモノレールが走っていた。




 新開橋から下流を見たところ。川の前方の山に、樹の尖ったところがある。そこが、これから行こうとしている長尾神社。しばらくは、川崎街道と二ヶ領用水が平行している。そこを下って歩いていこう。




 かつての向ヶ丘遊園地。ガードマンも手持ち無沙汰そう。




 使わなくなったエントランスの階段も、色がそのまま残っている。入り口の建物は、取り壊し中。




 新しい建物の事業計画。遊園地ができるのではなく、いわゆる分譲マンション。




 しかしボーリング場だけは、いまだに健在。




 長尾橋交差点。前方(北)へ行くと、宿河原駅。右(東)に行くと、久地駅。




 長尾橋にある五連の水門。




長尾神社

 いよいよ山を登って、長尾神社。ずいぶん登って来たのに、道からさらに階段。五月初旬なのに、だいぶ汗をかいてしまった。




 それでも、本堂に参拝。




 左手に回って、横(南)からパチリ。左側(西)が奥の院。




妙楽寺

 長尾山妙楽寺。「つつじ寺」と言われる当覚院とともに、妙楽寺は「あじさい寺」と呼ばれる。しかし、あじさいの季節ではないので、まだ咲いていない。塀の外に、ご詠歌の石碑。境内には、札板がなかった。読みにくいので、ここにメモっておこう。縦書きで「御詠歌/吾が心みちびき給へ/あみだ佛/この世にあらん/ごくらくのにわ」。ただし、「/」は改行箇所である。




 入り口。右の石柱には、「天台宗 妙楽寺」とある。




 妙楽寺の文化財についての説明。




 鐘楼も、山門の外にあった。




 山門。




 山門の額。




 本堂。




 本堂の額。




 妙楽寺の最後に、「天台宗」と書いた掲示板。




五所塚第一公園

 見ただけでは、小さいただの公園。




 しかし、そのいわれについて読む必要がある。




 その塚の一つ。




 もう一つ。




等覚院

 「つつじ寺」と言われる当覚院。その山門。




 咲ききった感じではあるが、山門の左側のつつじ。




 堂々とした本堂。




 本堂に入って、左側には不動尊。開眼をしたばかりだと言う。左右には、童子を従えている。ここも、二人は「こんがら童子」と「せいたか童子」であろうか。




 ご詠歌。ちょっと読みにくいので、メモをしておこう。縦書きで、「神木不動尊/ご詠歌/神木の/いわれもゆかし/つつじ寺/仏の慈悲を/誰か/知るらん」とある。ただし「/」は、改行の位置。




 内陣では、写経が行われるらしい。




 もしかしたら、写経はこちらかも。君子蘭が、何とも見事である。




長芝橋

 等覚院からではなく、緑化センターから東高根森林公園に行くときに通りました。府中街道が東名高速道路の下をくぐるところの二ヶ領用水(新川)にかかる橋で、バス停にもなっています。橋にあるバラの模様が見事ではありませんか。また、置いてあった椅子のデザインも素敵でした。




 長芝橋から、上流を見たところ。向ヶ丘遊園駅方面。上にあるのは、東名高速道路。




 同じく、下流方向。二ヶ領用水(新川)は久地円筒分水を経て平瀬川となり、新二子橋の上流で多摩川の右岸側に注ぎ込みます。しかし、もしかしたらそうでないかもしれません。




東高根森林公園の北入り口へ

 宿河原駅から東高根森林公園へ行こうとすると、東名高速道路を越えなければならない。それが、なかなか大変である。「川崎市多摩区長尾七丁目19番」にある橋を利用するとよいでしょう。橋を渡って、右前方に北入り口があります。




 その橋から、東京方面を見たところ。




 同じく、名古屋方面。




 橋の手前には、お地蔵さま。




Kuroda Kouta (2008.05.07/2008.05.08)