総トップページにジャンプ

  久地駅周辺



はじめに
久地駅
「かまど」と「樹の丘」と「あすか」
緑ヶ丘霊園
霊堂の謎
東高根森林公園
等覚院神木観音堂


はじめに

 久地駅周辺には、「緑ヶ丘霊園」や「東高根森林公園」があります。
 今後も、久地駅周辺をさらにプチさん(プティ散策)してみよう。


久地駅

 何となく国鉄時代の駅という感じです。改札口は一箇所しかありません。




 駅のホームを立川寄りの踏切から見たところ。




「かまど」と「樹の丘」と「あすか」

 まず、かまど。料理屋さんらしいが、私は「屋根の造り」と「入り口に置いてある釜」に注意を引かれた。屋根は、何となく神社風。そして、釜は石川五右衛門を煮たのではないかと思わせるほどの大きさ。どんな料理が出るのであろうか。




 前からある病院が、土地を有効利用して老人ホームを始めたらしい。左下の穴は、エレベータの乗り口。




 前を通るたびに、「帝国臓器」という社名が何となく私には馴染めなかった。しかし、いつの間にか「あすか」になっていた。ひらがなで書いてあるが、「飛鳥」か「明日香」であろう。




 いちばん下の会社は、まだかつての名前のまま。




緑ヶ丘霊園

 「川崎市緑ヶ丘霊園北口」とあります。




 緑ヶ丘霊園内で見かけた墓のスケッチ。狭い場所にも、石灯籠が置いてある。花が添えられているので、ひとまず安心。




 十字架のマークとマタイ伝の一節が書いてある。クリシチャンの人であろう。また、メールボックスのようなものがあって、神に伝言ができるようでもある。




 草と木がぼうぼうの墓。しかし、神の光がさしている。あまりにお気の毒であったので、勝手に「Paint Shop Pro」の「効果」→「照明効果」→「逆光」をしてみた。




霊堂の謎

 緑ヶ丘霊園の中に霊堂がある。まず、霊堂の外観。謎があるから写真が霞んでいるわけではない。このときに、なぜか手振れをしてしまったのである。




 霊堂の焼香台で額ずくほどではないが、それでも祈っている若い人たち。




 謎は、霊堂の境内にある下のような墓。同じものが二つに切れて、左右にある。




 「川崎家」と「麻生家」と「早野家」が並んでいる。何を意味するのであろうか。川崎市麻生区に、「早野聖地公園」というのがあるが。それと関係があるのだろうか。




 なお、霊堂よりも先に関しては「津田山駅周辺」に記述をしよう。


東高根森林公園

 20年くらい前に、前の通りを車で走っていて、妻といっしょに入ったことがあります。その当時は、あまり整備がなされていませんでした。しかし、今回行って素晴らしい公園になっていることがわかりました。まず、パークセンターができていることです。




 そして、駐車場も完備されています。いちばん左に見える小高いところの建物は「等覚院神木観音堂」。




 中へ入ると、まず「出会いの広場」。木屑が敷いてあって足にやさしい。後ろにあった鉄塔は、昔もそこにあったと思う。




 池があって、その上に東屋。




 丸池のような小さな島もあった。




 そこからさらに行くと、湿地帯が続く。「湿生植物園」である。向こうに、別の東屋が見えるでしょう。




 シラカシの林の説明。




 湿生植物園の終わり。つまり、逆から来ると入り口。振り返って見たところ。




 上の写真の左側にある図。




 湿生植物園を出ると、木漏れ日の道。




 坂を上がって行くと、サイド・テーブルつきの二人用の椅子。そこに座って、この写真を撮った。車椅子のときも、便利であろう。ステンレスの手摺が完備されている。また、奥の民家などもなるべく見えないようにしているらしい。




 子どもの遊べる小さな公園もある。近くにある住宅のことを配慮した造りだろうか。




 トイレも完備している。前にある掲示によると、新しい省エネルギーの清潔な設備らしい。




 そこにあった案内板。振り返って見れるように。ちょっと大きいが。




 坂のいちばん上にある門は東口なのだろうか、図によると「北入口」になっている。そこは、門らしくなく単に標識が立っているだけ。東名高速道路と隣接しているが、むろん高速からは入れない。また、そこを超えると住宅街が続くようだ。門には、「県立 東高根森林公園」とある。今度行ったときにでも、撮り直そう。




等覚院神木観音堂

 県立東高根森林公園の南端にくっついた形であります。奥行きがないので、急な階段を登る。




 それでも、下からアップで眺めると。




 堂の額。大きな数珠が下がっていて、参拝者は回すことができる。




 ご詠歌。




 内陣を覗くと、観音さま。




Kuroda Kouta (2008.05.05/2008.05.10)