総トップページにジャンプ

  白金高輪駅周辺



はじめに
白金高輪駅 場所
白金高輪駅付近
松秀寺
大信寺
宝徳寺
徳玄寺
魚籃寺
薬王寺
龍源寺(小さい魚籃観音)
円沢寺
西福寺
林泉寺(聖観世音菩薩)
慈眼禅寺(慈眼観音)
願海寺
明福寺
明王院
常林寺
仙翁寺
玉凰寺(施無畏観音)
幽霊坂
亀塚公園
済海寺
大増寺(朝日観音)
実相寺
正覚院
常教寺
荘厳寺


はじめに

 魚籃坂にある魚籃寺に行きました。もしかしたら、魚籃観音が見れると思ったからです。


白金高輪駅 場所

 都営三田線の駅と東京メトロの駅が併設されていますが、管理・運営は東京メトロ側で行っているみたい。なお、「白金高輪」は「しろがねたかなわ」ではなく、「しろかねたかなわ」と濁らずに読む。




 改札から出ると、その一つに次のようなビルの中がある。




 外から見ると建物になっていて、駅の感じがしない。




白金高輪駅付近

 駅を出ると、「ぎょらん商店街周辺歴史散歩道」のマップがあった。




 魚籃坂下交差点(信号)。右に曲がると魚籃坂が上(のぼ)っている。




 坂を上りきったところから、魚籃坂下交差点方向を見る。




 いっぽう反対側には、古川橋。




 下流側(北方向)の流れを覗くと。




松秀寺

 駅を出て、桜田通りの向こう側。時宗松秀寺。その山門。




 山門の額。




 山門の外、右側に立っている「宗祖一遍上人御尊像」。




 山門を入って左側に、仏像群。




 狐の石像もあったが、なぜか粗削りのまま。




 本堂。




 一段と高いところに、何かの堂。




 桜田通りに面した裏門。




大信寺

 浄土宗大信寺の入り口は、魚籃坂に面している。




 門の左前にある石碑。




 その後ろにある説明文。




 門を入ると、左手に碑。




 本堂。




 本堂の額。




 本堂の左側から入ると、突き当たりに供養塔。




 左側に之音堂。入り口の扉の横に、「永代供養個人墓」と書いてあった。




宝徳寺

 真宗本派宝徳寺の門。境内は大掛かりな工事中。




 本堂。




徳玄寺

 真宗大谷派高輪山徳玄寺。実際は「三田MTビル」になっていて、その左端が入り口。石柱とビルらしくない庇(ひさし)が寺の面影を残している。




魚籃寺

 浄土宗三田山魚籃寺の門。右隣りは、「長谷川弓具店」。




 本堂。




 本堂の額。最初に魚のマークが入っている。




 賽銭箱にも、魚籃のマーク。




 本堂の内陣。お立ちになっているのは、魚籃観音ではない。




 境内には、薬師如来。




 塩地蔵尊というのがあった。




薬王寺

 日蓮宗妙荘山薬王寺の門。




 門を入ったところにある史跡の立て札。




 階段を下って低いところにある本堂。




龍源寺(小さい魚籃観音)

 龍翔院龍源寺(竜翔院竜源寺)の門。「山門不幸 当山」とある。おそらく住職が亡くなったのであろう。




 あまり大きくない一体になった六地蔵。




 龍翔院観音堂。中は見られなかった。




 観音堂の額。




 本堂。




 本堂の額と竜の彫り物。




 境内には、石仏があった。




 キンタマの大きな狸もいた。




 半メートルほどの小さい魚籃観音。もしかしたら、一葉観音かもしれない。しかし、乗っておられるものの右端を見ると、木の葉というよりも魚の尻尾に似ているのではないか。




 ちょっと横から拝見。




円沢寺

 曹洞宗円沢寺(圓澤寺・円澤寺)の山門。
 正保二年(1645年)2月に創建。開山は、附山栄伝大和尚。
 御本尊は、絵院名地蔵尊、脇立両童子、子安地蔵尊。
 魚籃観音の体内佛に、十一面観音の金銅像がある。往古北面の武士大森彦七の念持仏といわれ、諸仏とともに安置されている。




 本堂。




 本堂の額。




 墓地には、多くの石仏。中央の柱には、「有縁無縁 三界万霊 塔」。「有縁」は「うえん」と読むらしい。




 境内には、小さな稲荷。




西福寺

 真宗大谷派西福寺の山門。




 本堂。




 本堂の額。




 親鸞聖人御像。




 鐘楼があったが、鐘はなかった。




林泉寺(聖観世音菩薩)

 浄土宗林泉寺。桜田通りに面して、ビル風の建物になっている。




 聖観世音菩薩も、やはり通りに面してお立ち。

<l


 お顔の部分をアップ。光背が大きくて、見事。

<l


 横から拝見をすると。




慈眼禅寺(慈眼観音)

 曹洞宗慈眼禅寺(慈眼寺)の山門。




 山門の左側にあった像。




 本堂。




 本堂の額(下)




 本堂の額(上)




 誕生仏。




 大人等身大以上の慈眼観音。

<l


 慈眼観音を斜めから拝見。




 お顔の部分。




 境内には、達磨もおられた。




 あまり大きくない平和の鐘。




願海寺

 浄土宗願海寺。南西側から入って、本堂に向かう。




 本堂の正面。




 大観世音堂。




 その額。




 中を覗くと六柱の仏像。その右の三柱。




 左の三柱。




 桜田通り側の門。




明福寺

 真宗大谷派明福寺の山門。




 山門の額。




 本堂。




 内陣と話をした住職さん。写真がピンボケになってしまった。




明王院

 明王院の山門。




 山門の額。




 入ってすぐに石像があった。




 本堂。




 「厄除弘法大師」という額のかかった祠に三柱。その右端の像は溶けかかったみたいで、ちょっと気味が悪い。




 中央は不動尊。




 そして、左端は弘法大師ではないだろうか。




常林寺

 曹洞宗常林寺の山門。




 山門の額。




 境内の様子。




 本堂の前には仏塔がある。




 仏塔の中には仏。しかし、ガラスが反射してしまって姿が正しく写らない。




 あまり大きくないが、南無観世音菩薩。




 お顔の部分アップ。




 横から拝見。




 本堂。




 本堂の額。




仙翁寺

 なぜか、仙翁寺の名称がグーグルの地図に載っていない。(2010年11月20日、土曜日) 場所は、「港区三田4−5」で、玉凰寺の前である。その仙翁寺の山門。




 山門の額。




 本堂。




 本堂の額。




 簡単な小屋に入っておられた石像。




 境内にあった石像。




玉凰寺(施無畏観音)

 ちょうど葬式が終わったところで、業者の人が片づけをしていた。山門。




 山門の額。




 本堂。




 山門を入って左手に御化粧延命地蔵尊があった。




 境内には、子ども風の六地蔵。




 墓地には、施無畏観音。変わった形の光背をもっておられる。

<l


 ちょっと横からみたお姿。




幽霊坂

 向こうが下がっている。つまり、登ってきたところ。かなり、きつかった。




 左側の柱に書いてあった簡単な説明。




亀塚公園

 港区立亀塚公園。南西角の入り口。




 入ると右側に、亀のデザイン。




 説明文。




 実際の塚跡。




 亀塚公園内の地図。古墳は右下角の部分。




済海寺

 浄土宗済海寺の門。




 門を入ると左手にフランス公使館跡。




 その説明文。




 さらに行くと、やはり左手に観音堂。実際に観音さまを見られない。建物に、見られている感じ。




 正面奥には、近代的建築の本堂。




大増寺(朝日観音)

 朝日観音のまします大増寺の入り口。




 本堂。




 本堂の左前に、朝日観音。

<l


 お顔のアップ。




 横から拝見。




 朝日観音に関する説明文。




 他にも境内には石像があったが、すっきりしていた。




実相寺

 浄土宗実相寺(實相寺)の門。




 門を入ると右手に仏像。その最初。




 後ろの高いところにも、たくさんの仏像。




 そして、本堂。




 本堂の額。




 一体型になった六地蔵。実際には、二枚の石に刻まれている。




正覚院

 臨済宗正覚院の門。




 本堂。




 ご住職の話によると、戦国武将の福島**という人の墓。**は、私が忘れてしまった。




 開いていた慰霊堂と右側にある木の瘤(こぶ)が印象的。




常教寺

 浄土真宗常教寺の門。




 本堂。




 内陣。




荘厳寺

 浄土真宗荘厳寺の門。




 入って左手に鐘楼。




 「親鸞聖人御像」。嵩をかぶっておられるので、お顔がはっきり写らない。右下のガマ(蝦蟇)は大丈夫。




 本堂。




Kuroda Kouta (2010.04.18/2014.03.29)