総トップページにジャンプ

  新宿駅周辺



はじめに
新宿駅 場所
南口
中村屋
新宿西口駅 場所
都庁循環バス
天龍寺
雷電稲荷神社
新宿御苑の散策路
新宿御苑
花園稲荷神社
芸能浅間神社
都電跡地
工学院大学
韋駄天
文化女子大
箒銀杏とピラミッド
諦聴寺
正春寺
熊野神社
成子天神社
成子天神社の富士山
成子天神七福神(新宿区西新宿)
新宿警察署付近
成子子育地蔵尊
浄風寺(西新宿グリーンハイツ)
新宿中央公園
常泉院
常園寺


はじめに

 新宿駅までは、聖蹟桜ヶ丘駅から京王線の特急で20分ほど。310円。(2010年1月現在) 身近な散策コースでもある。


新宿駅 場所

 新宿駅と言ってもJR(中央線・山手線)、京王線、小田急線、少しはなれて西武線、そして地下鉄など多数の駅がある。いずれも、大きなビルといっしょになっているので、いわゆる駅としての風情は少なくなってしまった。下の写真の突き当りが、京王駅のメイン入口。上の建物は京王デパート。左側の茶色いビルは、小田急デパート。
 なお、上の 場所 は京王線のメイン改札口を示しておきましょう。




 新宿駅西口から、北を見たところ。




 上の写真の手前左側が小田急ハルク。4階に、DELLのパソコン売り場がる。




 小田急ハルクの前から、南を見たところ。バスターミナルの向こうに京王デパートが見える。




 西口から西を見たところ。スバルビルが手前に見える。




 西武線の新宿駅は歌舞伎町にあって、ちょっと離れている。




南口

 新宿駅南口。下にJRや小田急線のホームがあり、さらに地下には都営新宿線が走っています。手前は甲州街道




 改めて同じ南口。つまり、甲州街道の南側は工事中。(2011/11/25現在)




 南口をさらに南に行ったところに、改札口。




 そして、その先を右折すると、高島屋・紀伊國屋書店。




 しばらく行って、右側から新宿駅ホームを眺める。




中村屋

 かつて、インドかリーを食べに中村屋によく行った。母が若いころに行ったと言って、私も連れていかれて知った店である。ビバリ=ポーズの話なども、よく聞かされた。(チャンドラ=ポーズではない) 下の写真は、バスの窓から撮ったもの。




新宿西口駅 場所

 都営地下鉄大江戸線の新宿駅は二つあります。京王線に乗り入れている「新宿線」と上下で乗換ができる「新宿駅」、そして東京メトロ「丸の内線」と乗換えをする「新宿西口駅」です。大江戸線は、かなり地下深いところを走っているので、乗換えが大変です。
 鏡の効果を演出した他愛のないものですが、新宿西口駅の改札内には乗降をする人の気分を変えるための装置が壁に付けてあるようです。「Crystal Stream 青の壁 箕原真」と書いてありました。




 短い時間が過ぎると、鏡は閉じてしまいます。




都庁循環バス

 都営地下鉄大江戸線を利用するときは、「都庁前」駅まで行ったほうが便利。そこで、バスに乗る場合が多い。




 発車するまでの間に、上を見上げてパチリ。左上は窓ガラスの反射。スバルビルのマークだけが、ちょっと見える。




天龍寺

 明治通りに面して、護本山天龍寺




 本堂。左隣(北)は、ビルをメンテナンス工事中。




 。由緒がある寺かもしれない。




 鐘楼。手前に六地蔵が立っている。




雷電稲荷神社

 花園稲荷神社の中に、「雷電神社」の額があった。もしかしたら、この小さい神社は、それに関係があるのかもしれない。




 近づいてみると。小さいが、ていねいな造りである。




 雷電稲荷大明神となっている。




 本殿の左側(北)にある由緒ありそうな




新宿御苑の散策路

 新宿御苑新宿門。左手に、インフォーメイションセンターがあって、入園者でなくても利用ができる。なお、新宿御苑の内部については、次項をごらんください。




 かつての新宿門。ここから入ると、散策路がある。




 散策路は、入場料が不要。右側(南)の新宿御苑敷地の外に、細い散策路が設けられた。




新宿御苑



花園稲荷神社

 かつて花園があったことから、花園稲荷神社と言われるようになったらしい。明治通り側(東)の入り口。




 いちだんと高いところに本殿




 本殿の額。合祀された神社の額もあるみたい。なお、小さい雷電神社が新宿高等学校の西隣にあった。




 宝物殿




 神楽殿




 靖国通り側(南)の入り口。




 一対の唐獅子。その右側




 その左側




 唐獅子の説明文




芸能浅間神社

 花園稲荷神社の境内ともいってよい場所(北東角)に、芸能浅間神社




 その本殿(奥の院)にあたる




 二宮金次郎の像もありました。




都電跡地

 かつて都電が走っていた線路を緑地の遊歩道にした。両側には、高いビルが建っている。




工学院大学

 かつての工学院大学も、すっかり模様替え。近代的ビルになった。そのエントランス。




 下から見上げると、雲を突くような超高層ビル。




 新たに、「グローバルエンジニアリング学部」もできたみたい。




韋駄天

 韋駄天(いだてん)は、単に「走る神さま」だとばかり思っていた。
 甲州街道の一本北にある道を西に向かって歩いていると、ホテルの一角に鎮座在(ましま)している。




 説明版を読むと、なかなか興味深い。
 由緒や故事来歴がわかると、私は理解のしかたも違ってくるんだ。




 その隣には、「姥子(うばこ)稲荷大明神」も祀(まつ)られている。




 つまり、遠くから眺めると下の写真のとおり。




文化女子大

 かつて文化服装学園と言って、洋裁学校のような感じだった。それが、総合大学になったので素晴らしいことと思う。そのエントランス。




 「文化学園服飾博物館」もある。しかし、残念なことに休館中であった。




 エントランス前にある女神像。




 女神像の説明。




 女神像の近くにある大きな地球儀。いったい何を意味するのであろうか?




 通りに面した一角に、ウインドウがあった。中の展示物はともかく、その上に書いてある学校の名称が大きな発展を示している。




箒銀杏とピラミッド

 文化女子大から甲州街道に沿って西に歩くと、大きな銀杏(イチョウ)の木がある。




 箒銀杏の説明。




 さらに行くと、小さなピラミッドがあった。あいおい損保・あいおい生命ビルの東側。




諦聴寺

 甲州街道に面して建っています。古い建物と墓地は、奥のほうにあるようです。




 山号の額。




 お昼なので、本堂の前で昼食を食べてる人がいた。




正春寺

 右側の石柱には「浄土真宗 正春寺」とあるが、「湯嶋山安養院 正春寺」。




 寺の故事来歴。




 本殿。




 右手に事務房があるが、ご覧のように高速道路や超高層ビルにとりかこまれている。




熊野神社

 十二社通りに面している由緒ある神社である。
 何となく道路拡張によって、切り取られたような感じがしないでもない。




 まずは、下の説明版をご覧(ろう)じろ。




 後ろに高層ビルが見えるが、本堂はやはり堂々としている。




 十二社(じゅうにそう)の碑である。




 下は、上の碑の解説。




 裏手には、小さな水稲荷があった。それでも、石の高いところから水が流れていて、池になっている。




 堂宇の横に、水鉢(みずばち)があった。




 下は、上の水鉢の説明。
 何に使ったのか、私にはよくわからない。大きさから言うと、湯船にぴったりのようではあるが。




成子天神社

 青梅街道の北側に面して、成子天神社がある。成子坂という交差点を新宿方向に向かって少し行ったところ。ここは、一種のパワースポットであると言っていた。なお、七福神については次々項をご覧下さい。




 通りから入ると、静かな佇まい。富士山もあるのだが、正月などの参拝日ではないので入れない。




 それでも、本堂の額は素晴らしい。
 私は神式で、真剣に参拝をした。なぜならば、ここのところ身体の調子があまりよくないから。




 本殿の内陣を覗くと。




 本殿の額。




 境内にあった記念碑二つ。「菅公一千年祭挙行」と「皇太子殿下御降誕記念」。




 成子ウリの立て札。




 本殿と社務所の渡り。ふだんは、この下の柵が閉まっていて富士山に入れない。正月だけ開けて、参拝ができるという。




成子天神社の富士山

 成子天神社には富士山があります。まず、その全景です。頂上には、木花咲耶姫(このはなさくやひめ)が立っておられます。




 別な方向から見ると。




 木花咲耶姫をズームアップ。




 富士塚の説明。




 富士山の登り口。左側が、そうです。




 登山口を入ったところにある祠(ほこら)。




成子天神七福神(新宿区西新宿)



新宿警察署付近

 西新宿はビル工事が盛ん。新宿三井ビルの辺りに、丸みのあるビルが完成しかかっている。




 その反対側、甲州街道の北側にはすでにクレーンが用意されていた。その規模からわかることは、大きな建物が建つことでしょう。




 少し行くと、同じ側にホテルの照明。とてもモダンなデザインだが、よく見ると隣のビルと電柱には蛸足(たこあし)のような配線。




成子子育地蔵尊

 ビルの一角にある小さなお地蔵さま。




 上にかかっている紫色の幕。その中の白い四角は、をデザインしたものらしい。




 成子子育地蔵尊概要




浄風寺(西新宿グリーンハイツ)

 ビルやマンションと一体化した本門法華宗浄風寺。その入り口。




 少し入って、左側に玄関。左に表札、中には受付と書いてあった。




 さらに奥には、礼拝ができる本堂か。




 鐘楼も、なかなかモダンなものである。




 いわゆる境内。小さな公園のようになっている。




新宿中央公園

 かなり大きな西口にある新宿中央公園。別に「新宿公園」という小さな公園が、新宿御苑の北にありました。その入り口の一つ。




 新宿中央公園の全体地図。トイレも、五つあるようです。




 江戸城を築城した太田道灌(おおた どうかん 1432〜1486)の像がありました。この問答をしている二人の像には、山吹(八重)というタイトルが付いていました。




 その「久遠の像」の碑。




 ハナミズキの森。中央の柱には、
  アメリカ・マサチューセッツ州花、「アメリカハナミズキ」記念植樹
と書いてあります。




 公園内には、「エコギャラリー新宿」。




常泉院

 新宿野村ビルの甲州街道反対側にあります。その本堂を歩道から見たところ。




 その境内にある鬼子母神。




 鬼子母神の隣にある浄行菩薩。水をかけて洗います。




常園寺

 常泉院の隣(東)が常園寺。その山門。




 中門です。




 本堂の内陣。




 祖師堂です。




 便便館湖鯉鮒(べんべんかんこりふ)の碑。




 その説明板。




Kuroda Kouta (2007.10.15/2011.11.26)