総トップページにジャンプ

  新板橋駅周辺



はじめに
新板橋駅 場所
新板橋駅付近
おふくろ観音
念宗寺
JR板橋駅 場所
近藤勇墓所
東光寺(ペット観音)
板橋老人いこいの家
如意山観明寺(出世不動尊)
板橋宿
八幡神社
東京バス
観音橋
寿徳寺(谷津大観音)
寿徳寺
憩いの水辺
金剛寺


はじめに

 新板橋駅から、少し歩いてみました。


新板橋駅 場所

 「A3」出入り口。




新板橋駅付近

 駅を出て少し東に行くと、埼京線の上を道路がまたぎます。左上に見える建物は、東京家政大学。




 大通りに面して、ビルの中に滝野川消防署。




 手前に立ててあった掲示板。




 ちゃんと消防自動車や救急車もあった。どうやら、上は寮になっているみたい。




おふくろ観音

 滝野川消防署の前の通りの反対側。ビルの合間に、おふくろ観音が立っておられる。寺領らしいが、道路や鉄道によって小さくなったのではないか。

<l


 おふくろ観音の立っておられる状態。右側の黒板の向こう側には、「寿徳寺 ……(住所) ……(電話番号) 水子供養 要予約」と書いてあった。




 おふくろ観音の前の道。広い歩道と、中央に片方向ずつの車線。そして、上には高速道路。道の反対側に教会が見える。




 電車の線路によっても、土地が分断されたみたい。向うが埼京線の板橋駅。右の高層は、板橋ビュータワー。おふくろ観音は、線路の左(東)手にある。




 横からのお姿をアップ。

<l


念宗寺

 おふくろ観音の後ろ、つまり南に少し入ると、浄土真宗本願寺派念宗寺。とくに山門もなく、ふつうの民家風。向うには、板橋ビュータワー。




 通り過ぎて、振り返ると。右に高速道路が、少しだけ見える。




JR板橋駅 場所

 JR板橋駅南口(滝野川口)。




 南口前の噴水。




 噴水の向うに見える像。台座には、「麗新 北村治禧 作」。




 JR板橋駅西口(板橋口)。つまり、駅の西側は板橋区であり、南側は北区滝野川。




 駅広場のけやき。




 右側にあった石柱。「板橋宿 中山道 むすびのけやき」とある。




近藤勇墓所

 入り口に大きな字で、「新選組隊長 近藤勇墓所」とあった。またも、「連絡先 寿徳寺」。




 反対側から、内部を見ると。




 説明文。




 姿絵があった。




 「近藤勇像」。




 実際の墓石。右の立て札には、「近藤勇埋葬当初の墓石」。




 石柱。




 石に刻んだ姿絵。寿徳寺にも、似たものがあった。




東光寺(ペット観音)

 浄土宗東光寺の門。




 縦書きの額。




 説明文。




 ちょっと変わったタイプの仏像。




 境内のいちばん隅(左・手前)にペット観音。子どもくらいの大きさ。

<l


 その横顔。

<l


 そのお顔をアップ。

<l


板橋老人いこいの家

 板橋区立板橋老人いこいの家。




如意山観明寺(出世不動尊)

 如意山観明寺の門。




 門を入ると左に庚申塚。




 その説明文。




 山門。




 山門を入ると、左に庫風の建物。




 本堂。




 本堂の額。「出世不動尊」とある。




 境内の左手に、子ども大の観音があった。

<l


 観音のアップ。

<l


 観音と並んで、いくつかの像があった。




 裏に回ると、たくさんの像。




 山門を入って、右手にはホール。




板橋宿

 かつての板橋宿。




 ビルの手前にあった掲示。その絵の部分。




 絵の左にある説明文。




 反対方向、現在の板橋駅方向。つまり、日本橋方面。




八幡神社

 裏の入り口。




 表へ回って、正面の鳥居。




 説明文。




 本殿。




 本殿の額。




東京バス

 あまり聞いたことがないバス会社。路線を走っているのだろうか。




 送迎や観光がメインなのかもしれない。




観音橋

 少し行くと石神井川にかかる観音橋。谷津大観音が小さく見える。




 橋名は「かんのんばし」でなく「かんおんばし」。




 橋から上流を見た。桜が咲いている。




 下流。やはり、桜。




寿徳寺(谷津大観音)

 寺の境内ではなく、石神井川の畔(ほとり)に座っていらっしゃる。しかし、そこも寿徳寺の寺領であるという。




 前には、蓮の蕾が一輪。




 そこに書いてある文章。




寿徳寺

 大観音と寺は、少し離れているので別項目とした。南照山観音院寿徳寺。




 門の外には、説明文。




 やはり、門の外側右手。近藤勇の菩提寺である。




 門を入って境内に二つの像。




 上の像の説明。また、左には、頭部が置いてある。




 風神の像。




 雷神。




 門を出て、もう一度「谷津大観音」。




憩いの水辺

 石神井川の右岸に、水辺まで降りられる公園があります。




 そこにあった立て札。




金剛寺

 金剛寺の山門。




 山門の額。




 山門の横に説明板。




 本堂。




 本堂の額。




 弁天堂。




 弁天堂の額。




 弁天堂の内陣。手が多くあるみたい。




 本堂の左隣には、客殿。




 本堂の通り向うに、墓地。




 寺の前に、王子行き「紅葉橋南」バス停。向うの右に、墓地の端が見える。




 バス停を少し行った紅葉橋からの眺め。




 も一度、山門にもどって石柱。「金剛寺」と書いてあるのだろうか?




Kuroda Kouta (2010.03.26/2014.03.29)