総トップページにジャンプ

  新代田駅周辺



はじめに
新代田駅 場所
代田八幡神社
円乗院
ふれあいの水辺(起点)


はじめに

 次回は、環七通りを北は羽根木交差点、南は小田急世田谷代田駅くらいまで、もう少し丹念に歩いてみたい。


新代田駅 場所

 かつて、私が中学生のころ駅名が「代田二丁目」だったと思います。地番変更をしたか、あるいは都電や市電のような駅名をやめたのかわかりません。「新代田」のほうが斬新で響きがよいですね。駅は環七通りに面してあります。




 環七通りを渡って、線路を見下ろしたところ。向こうが、吉祥寺・明大前方面。




 実際に駅の上には、環七通りが乗っている感じです。創業時には二両くらいで走っていた電車も、現在では20メートル車輌が編成になって走るので、相当の長さになったからです。




代田八幡神社

 新代田駅から環七通りを南に。小田急線の世田谷代田駅を過ぎたところに、代田八幡神社。鳥居のある入り口は環七通りに沿って、南にある。歩道橋を通って、横から入ることもできる。




 本殿




 内陣の様子。




 歩道橋から北を見たところ。左側に代田八幡神社。小田急のロマンスカーが走っている。




 同じく南。東急世田谷線の若林方向である。




円乗院

 環七通りから「ふれあいの水辺」に沿って、円乗院の参道。自動車の向こうを左(北)に入る。




 すると、本堂の真正面。右の柱には、「真言宗豊山派」。左は「代永山円乗院」。ただし、「円」は旧字体。




 落ち着いた雰囲気の本堂




 本堂の。山号の「代永山」。




 ちょうどの季節で、観音堂の前に満開。すべて鉢植えの見事な蓮である。




 六地蔵




ふれあいの水辺(起点)

 かつて環七通りにかかっていた宮前橋。現在は、そこが「ふれあいの水辺」の起点になっているみたい。




 宮前橋の下流は暗渠で、遊歩道(緑道)になっている。しかし、せせらぎの人口小川が緑道を美しく流れている。




 かつて川だったところを暗渠化したのだから、かなり広い範囲で緑道になっていることがわかる。




 昭和20年代以前の風景。




 昭和30年代




 昭和40年代




Kuroda Kouta (2008.07.14/2008.08.03)