総トップページにジャンプ

  桜ヶ丘という地名・桜ヶ丘という駅名



はじめに
「桜ヶ丘駅」と「聖蹟桜ケ丘駅」=小田急と京王
「さくらがおか」という駅名
「さくらがおか」という地名


はじめに

 日本全国を調べると、「さくらがおか」と読んで、「桜丘」「桜ヶ丘」「桜ケ丘」「桜が丘」など書く地名は、かなりあるようだ。また、「おか」を「岡」と書くところも含むと膨大な数になる。
 先日(2008年3月6日、木曜日)、用賀から成城学園まで東急バスに乗ったら、「桜丘」(さくらがおか)というバス停があった。窓からガラス越しに写したのだが、おわかりでしょうか。そんなこともあって、このページのような調査をし始めてみたのだが、……




 むろん、単に「桜」という地名もあるだろう。
 例えば、下の写真である。豪徳寺の最寄り駅である「宮の坂」から西の地域で、「世田谷区桜一丁目」である。しかし、あくまで私が住んでいるのは「桜ヶ丘」であって単なる「桜」ではない。したがって、今回は単独の「桜」という地番は対象とはしないことにする。




 やってみると、けっこう楽しい。行った場所もあるが、まだ行ったことのない場所のほうが多い。それでも、知人が住んでいたりすると、何となくなつかしい気がしたりするので不思議。「・大阪府枚方市桜丘町」などとあると、tamaさんが住んでいるので「どんなところだろう」などと考える。
 まったく知らない場所でも、例えば「・熊本県水俣市桜ケ丘」などとあると、やはり「どんなところだろうなぁ」などと想像をしたりする。もしかしたら、地名のもつ響きには、デジャビュ(既視感)のような効果があるのかもしれない。
 「老化予防」の一環として、がんばってみた。単調な作業なので、作業中にいろいろなことを思いつく。いずれの場所も、かなり古くから桜の木があったのではないだろうか。そんなわけで、西行のことを作業中に考えたりもした。グーグルの検索から拾ったのだが、まだ他にあるかもしれない。
 もしも、気が付いたことがあればメールでご教示いただきたい。


「桜ヶ丘駅」と「聖蹟桜ケ丘駅」=小田急と京王

 私の住んでいる最寄の駅は、京王線の「聖蹟桜ヶ丘」です。なぜ「聖蹟」(せいせき)などと付けたのか、私なりの憶測。小田急江ノ島線に「桜ヶ丘」という駅があったから。そして、なぜか小田急線と京王線が相互に乗換えができる。今でも、下北沢駅には改札がない。(2007年12月現在)
 もしかしたら、小田急と京王(その前身である井の頭線の部分)が、かつて同じ系列の電鉄会社だったのかもしれない。下の写真は、現在の京王井の頭線下北沢駅ホーム(渋谷寄り)。




 上の写真をもう少しズームアップすると、手前の階段が小田急線上り、先の階段が小田急線下りのホームにそれぞれ直結。つまり、手前の階段は「代々木上原・新宿方面」、先の階段は「経堂・向ヶ丘遊園・相模大野・片瀬江ノ島・小田原方面」と書いてある。




 そのまま小田急線下りホームに出る。途中に改札はない。下の写真の右上ガードの部分を井の頭線が走る。つまり、改札を設ける場所と費用の節減を考えているのかもしれない。




 なお、小田急江ノ島線の「桜ヶ丘」駅周辺には、「桜ヶ丘」という地番はないようだ。駅名の由来は、桜の並木があったからではないだろうか。
 そんなわけで、京王線は単に「桜ヶ丘」とするわけにはいかない。そこで、「聖蹟」を付けたのであろう。また、「関戸」という旧駅名を土地分譲に都合のよい「桜ヶ丘」に変更をするときに、明治天皇が行幸したことを記念して付けるとともに、イメージアップを計ったのではないか。すでに、「聖蹟記念館」などの名称はあったようだ。
 電鉄会社の土地分譲に関しては、他にも「金子」が「つつじヶ丘」になったり、最初から「めじろ台」などと付けた例がある。駅名からイメージアップすることは、かなり影響があるらしい。
 そもそも、同じ路線区間の中に同名があると、具合が悪い。窓口で切符を売っていた時代には、読みが同じでもいけなかった。また、同じ路線でなくても乗換えなどで行く駅名は、区別をする必要がある。例えば、JR「稲田堤」駅と「京王稲田堤」駅、逆に京王線の「長沼」駅とJR「稲城長沼」駅のように。


「さくらがおか」という駅名

 駅名としては、下記の京王線と小田急線(小田急江ノ島線)の他にあるのでしょうか。もしも、あなたがご存知ならば教えてください。
 「聖蹟桜ヶ丘駅」(東京都多摩市)
 「桜ヶ丘駅」(神奈川県大和市)
 一般的に地名が駅名になっている場合が多いようだが、必ずしもそうでない駅名もある。小田急江ノ島線の「桜ヶ丘」駅のように。


「さくらがおか」という地名

 全国の地名を調べてみましょう。以下の他にもあるかもしれません。
 なお、「桜丘○丁目」というのは「○」の中に「一」「二」「三」のような漢数字が入る地番です。しかし、単に「桜丘」とうように「丁目」の区分がなく、続いて地番の付く単独の名称があるかもしれません。
 また、「桜丘」「桜ヶ丘」「桜ケ丘」「桜が丘」などの他に「新」が先頭に付いたり、「東・西・南・北」や「町」や「公園」が付く地名も含みます。
 「丘」ではなく「岡」なども、できるだけ拾いました。その際に、「ケ」と「ヶ」とか、「が」と「ケ」とか、さらには「桜ヶ丘」とか「桜丘」などのような厳密な区別はめんどうなのでしていません。地番ですから、なるべく正しくしたつもりですが、もしかしたら間違っているかもしれません。

・北海道釧路市桜ケ岡○丁目
・北海道美唄市東美唄町桜が丘
・北海道美唄市盤の沢町桜が丘
・北海道音更町(河東郡)桜が丘
・北海道音更町(河東郡)桜が丘西
・北海道標津町(標津郡)川北(桜ケ丘町)
・北海道中標津町(標津郡)桜ケ丘○丁目

・青森県弘前市桜ケ丘○丁目
・青森県八戸市桜ヶ丘○丁目

(岩手県)

・宮城県仙台市青葉区桜ケ岡公園
・宮城県仙台市青葉区桜ケ丘○丁目
・宮城県塩竈市桜ケ丘
・宮城県女川町(牡鹿郡)桜ケ丘

・秋田県秋田市桜ガ丘○丁目

・山形県山形市桜ケ丘
・山形県鶴岡市羽黒町川代(字桜ケ丘)

・福島県いわき市桜ケ丘○丁目
・福島県三春町(田村郡)桜ケ丘○丁目
・福島県相馬市中村(字桜ケ丘)
・福島県須賀川市桜岡
・福島県郡山市田村町桜ケ丘○丁目
・福島県喜多方市桜ガ丘○丁目
・福島県喜多方市東桜ガ丘○丁目
・福島県伊達市梁川町(字桜岳)

・茨城県土浦市桜ケ丘町
・茨城県つくば市桜が丘
・茨城県取手市桜が丘○丁目

・栃木県さくら市桜ヶ丘○丁目
・栃木県日光市清滝桜ケ丘町

・群馬県前橋市総社町桜が丘

・埼玉県ふじみ野市桜ケ丘○丁目
・埼玉県深谷市桜ケ丘

(千葉県)

・東京都渋谷区桜丘町
・東京都世田谷区桜丘○丁目
・東京都多摩市桜ヶ丘○丁目
・東京都東大和市桜が丘○丁目

・神奈川県横浜市保土ヶ谷区桜ケ丘○丁目
・神奈川県横浜市保土ヶ谷区新桜ケ丘○丁目
・神奈川県横須賀市桜が丘○丁目
・神奈川県藤沢市鵠沼桜が岡○丁目
・神奈川県平塚市桜ケ丘
・神奈川県藤沢市鵠沼桜が岡○丁目

・新潟県村上市飯野桜ケ丘

・富山県富山市金山新桜ケ丘

・石川県加賀市片山津温泉(桜ケ丘)

・福井県敦賀市桜ケ丘町

(山梨県)

・長野県辰野町(上伊那郡)伊那富(宮木桜ケ丘)
・長野県諏訪市上諏訪(桜ケ丘)
・長野県御代田町(北佐久郡)御代田(桜ケ丘)
・長野県富士見町(諏訪郡)落合(桜ケ丘)

・岐阜県可児市桜ケ丘○丁目
・岐阜県関市桜ケ丘○丁目
・岐阜県美濃市さくらヶ丘○丁目
・岐阜県飛騨市神岡町桜ケ丘

・静岡県静岡市清水区桜が丘町
・静岡県伊東市桜ガ丘○丁目

・愛知県名古屋市名東区桜が丘
・愛知県名古屋市千種区桜が丘
・愛知県名古屋市瑞穂区彌富町(字桜ケ岡)
・愛知県尾張旭市桜ケ丘町○丁目
・愛知県尾張旭市桜ケ丘町西
・愛知県豊川市桜ケ丘町
・愛知県武豊町(知多郡)桜ケ丘○丁目

・三重県津市久居桜が丘町
・三重県名張市桜ケ丘
・三重県伊勢市中村町(桜が丘)

・滋賀県草津市桜ケ丘○丁目

・京都府精華町(相楽郡)桜が丘○丁目
・京都府綾部市桜が丘○丁目

・大阪府箕面市桜ケ丘○丁目
・大阪府富田林市桜ケ丘町
・大阪府八尾市桜ケ丘○丁目
・大阪府枚方市桜丘町
・大阪府寝屋川市太秦桜が丘
・大阪府高槻市桜ケ丘南町
・大阪府高槻市桜ケ丘北町
・大阪府熊取町(泉南郡)桜が丘2丁目

・兵庫県神戸市西区桜が丘東町○丁目
・兵庫県神戸市西区桜が丘西町○丁目
・兵庫県神戸市西区桜が丘中町○丁目
・兵庫県神戸市灘区桜ケ丘町
・兵庫県伊丹市桜ケ丘○丁目
・兵庫県宝塚市桜ガ丘
・兵庫県相生市桜ケ丘町
・兵庫県上郡町(赤穂郡)上郡(桜ケ丘)

・奈良県生駒市桜ケ丘
・奈良県上牧町(北葛城郡)桜ケ丘○丁目
・奈良県宇陀市榛原区桜が丘

(和歌山県)

(鳥取県)

(島根県)

・岡山県赤磐市桜が丘東○丁目
・岡山県赤磐市桜が丘西○丁目

・広島県呉市焼山桜ヶ丘○丁目
・広島県東広島市黒瀬桜が丘○丁目
・広島県府中市桜が丘○丁目
・広島県府中町(安芸郡)桜ケ丘

・山口県下関市彦島桜ケ丘町
・山口県美祢市伊佐町伊佐(桜ケ丘)
・山口県山陽小野田市小野田(桜が丘)

(徳島県)

(香川県)

・愛媛県松山市桜ケ丘

・高知県安芸市桜ケ丘町
・高知県宿毛市さくらが丘

・福岡県北九州市八幡西区桜ケ丘町
・福岡県北九州市門司区大里桜ケ丘
・福岡県春日市桜ヶ丘○丁目
・福岡県嘉麻市上山田(さくらが丘)
・福岡県志免町(糟屋郡)桜丘○丁目
・福岡県苅田町(京都郡)桜ヶ丘

・佐賀県鳥栖市桜ケ丘町

(長崎県)

・熊本県水俣市桜ケ丘

・大分県大分市桜ケ丘

・宮崎県宮崎市桜ケ丘町
・宮崎県延岡市桜ケ丘○丁目

・鹿児島県鹿児島市桜ケ丘○丁目
・鹿児島県西之表市桜が丘

(沖縄県)

 調べてみると以上のように、異常なほど数多くあります。したがって、行政が付ける名前の中では、何となく安易な名称と言わざるをえないでしょう。


Kuroda Kouta (2008.03.06/2008.03.22)