総トップページにジャンプ

  栗平駅周辺



はじめに
栗平駅 場所
柿生霊園・林清寺
調整池と栗木公園
栗木御嶽神社
常念寺
片平川上流
御座松塚


はじめに

 一部の記事を仮に収めてあった京王相模原線の「若葉台駅周辺」から移転しました。


栗平駅 場所

 小田急多摩線の栗平駅。急速に宅地化をした場所です。





 駅前から北東を眺めると。向こうの鉄塔の下くらいが、東京よみうりカントリークラブ。




 栗平駅ホーム。向こうが新百合ヶ丘方面。






柿生霊園・林清寺

 曹洞宗青谷山林清寺。通りから見ると門もなく、そのまま本堂へすとんと。と、思ったら右に入るところに、石柱があった。




 本堂の額。「青谷山」とある。




 右の柱には、柿生霊園。




 本堂の左の建物は、「青谷殿」。その向こうにある建物には、「柿生霊園」と書いてある。




調整池と栗木公園

 人工的に作られた調整池。北西側から南東側を見たところ。




 反対側に行って、北東側を見たところ。スロープが逆向きになって見える。




 上の写真で、左側の金網越しに接している栗木公園。




 左側の「おねがい」。




 公園の中が、垣間見れる。実際には、入らなかった。




栗木御嶽神社

 国道137号線から少し入ったところにある神社。入口には大きな鳥居が二つあって、実に堂々としています。




 北口というか、北にある道からも鳥居をくぐって入れるようになっています。




 本殿。




 本殿の額。




 本殿の内陣。




常念寺

 右の石柱には、紋章の下に「浄土真宗」「本願寺派」。左には、「常念寺」。




 本堂の扉は開いていた。




 本堂の内陣。




 たまたまこの日には葬式があるので、準備をしているようだ。




片平川上流

 大幅な宅地開発によって、もはや上流は暗渠になってしまった。それでも、まだ標識には「準用河川 片平川」と書いてある。




 その上流部分。前方の橋は、左(南)にあるテニスクラブに行くときに渡る。




 下流部分。たまたま猫がいた。




御座松塚

 ふつう、この種の表示は教育委員会がする。しかし、これは違う。最後の名称のところが見えないので、残念である。草は模様ではなく、手前に繁ってしまったもの。




 そこで、見上げるとかなり大きな松が生えていた。




Kuroda Kouta (2010.05.10/2014.03.29)