総トップページにジャンプ

  明大前駅周辺



○はじめに
○明大前駅 場所
○駅付近
○玉川上水公園
○明治大学和泉キャンパス
○築地本願寺和田掘廟所


○はじめに

 京王線と井の頭線がクロスする駅。乗り換えには利用する駅ですが、降りたことはあまりありません。そんなわけで、今後は何回かプチさん(プティ散策)をしてみましょう。


○明大前駅 場所

 京王線の北、井の頭線の西にあたる場所にある改札口。どこも同じで駅前には、駐車違反の自転車がいっぱい。




 京王線の下りホーム。左側は上り、新宿行きの特急電車。




 上の写真にあるホームの下辺り。井の頭線を跨ぐ跨線橋がある。その名は、富士見橋。かつては富士山が見えたのであろう。




 その富士見橋から南を眺める。渋谷行きの急行が、向こうに走り去る。沿線には紫陽花が色とりどり、見ごろになっている。




○駅付近

 駅前通り。やはり、若い学生が多いみたい。




 古くからあって、電車から見えた「山彦」というビリヤード店は、とうとう店じまいか? おそらく、建て替えではないでしょう。




 ビリヤード店のあった場所を下りホームから見たところ。




○玉川上水公園

 まず、公園の来歴。




 東側の入口。つまり、井ノ頭通りの「水道横丁」バス停横。「和泉給水所」の二つのタンクが井ノ頭通りの向こうに見える。




 元あった玉川上水の上流方向(西)を見たところ。




 その地点で振り返って見ると、すでにタンクは小さくなっている。




 「久左衛門橋」の面影。欄干(らんかん)は、往時のスタイルのようです。




 しかし、道幅が非常に広いのと欄干が低いので、もしかしたら移築をしたか、あるいは新たに作ったものかもしれません。




 すばらしい像があったのですが、残念なことに名板がありません。裏に回っても、ないのです。




 その像の前には、くじらの遊び場。もしかしたら、この付近にくじらがいたのかもしれません。




 川が、井の頭線を渡るための橋。現在は、歩道になっています。向こうが北。吉祥寺駅方面。左側の上に建っているのは、明治大学の建物。おそらく、「視聴覚棟」ではないでしょうか。




 実際の玉川上水の水は、蔦の生えている右側のパイプの中を流れました。おそらく、両端でサイホンになっていたのでしょう。




○明治大学和泉キャンパス

 「明大前」という駅名は、「明治大学の前」という由来なのでしょう。京王電鉄が改行する前から、明治大学がここにあったのか、それとも駅名が後に変ったのかは知りません。「大根」(おおね)が「東海大学前」になったように、いろいろな背景で駅名が変るからです。




 中を覗くと、意外にも広いようです。もっとも、覗かなくても地図で見れば一目瞭然。





 甲州街道側の柵に貼ってあった表示。




○築地本願寺和田掘廟所

 明治大学の西隣り。大きな葬式があるらしく、トラックがいっぱい。




 内部の飾りつけなどにも、大わらわ。本堂には入れない。つまり、参拝ができないんだ。橋の下には、鯉がいる池があった。また、「ごくらく橋」という名が左の柱に書いてある。右の柱のところでは飾り付けをしていた。おそらく、夜になったら提灯をともす電源であろう。




 そこで、裏へ回ってみる。




 裏から入っても、中は葬式の準備中。テントは、まだ下に下ろしたまま。




 甲州街道側から見たところ。本堂は、左端に見える。




Kuroda Kouta (2008.06.02/2010.03.06)