総トップページにジャンプ

  上北沢駅周辺



○はじめに
○上北沢駅 場所
○甲州街道と鎌倉街道入り口
○玉川上水跡
○庚申堂
○塚山公園
○塚山橋と鎌倉橋
○松沢教会・賀川豊彦記念松沢資料館
○上北沢区民センター
○桜並木通り


○はじめに

 ちょっと行きにくい場所ですが、今後もプチさん(プティ散策)をしてみましょう。


○上北沢駅 場所

 ホームが一本しかない船型の駅です。通勤時間帯以外は、あまり混んでいません。向こう(東)側が新宿方向。電車は、乗ってきた各駅停車の新宿行き。




 ホーム右側(南)に見える赤い車と蔦(つた)で覆われた建物。




 駅の小さな北口。




 駅の南出入り口は、道の反対側にある。




 道に出て東に向かい、振り返ると。




 駅の東側の踏切からパチリ。ホームが船型、つまり島型であることがわかる。




○甲州街道と鎌倉街道入り口

 上北沢駅を出て北に行くと、すぐ甲州街道。上には中央高速。向こうは八王子方面(西)。ちょっと先で甲州街道は左にまっすぐ、中央高速は右に大きくカーブ。



 甲州街道と中央高速を超えて、右(新宿方向・東)に少し行くと「鎌倉街道入口」。ベンツの手前、二車線の細い道路である。




○玉川上水跡

 甲州街道のところから斜めに玉川上水が流れていた。その跡地が遊歩道公園になっている。鎌倉街道から西(元の上流側)を見たところ。




 下流側は、木漏れ日の道になっている。




 「玉川上水の変遷」という説明石版。




○庚申堂

 鎌倉街道を北に歩いていくと、道が二股になっていて庚申堂があります。なお、鎌倉街道は右の道です。




 近づいて見ると。




 上には、ちゃんと額が。




 そして、二体のご本尊。




 ちょっと文字が見にくいのと、写真を撮るために変なポーズのおっさんが写っていてわかりにくいのですが、とにかく「庚申堂由来の碑」。




○塚山公園

 ここは、古代の遺跡が出た場所。住居が復元されています。




 想像によって、当時の様子が示されている。肉を焼いて食べようとしているらしい。お母さんは、裸同然で右端にいた。




 復元景観図。




 塚山遺跡の説明文。




 記念碑。昭和63年(1988)に開園と彫ってある。




 事務所。中に展示品もある。むろん、トイレもあります。




 下手には池があった。




 その池の畔(ほとり)には「水生・湿生植物」の説明板。




○塚山橋と鎌倉橋

 塚山公園の北には、神田川が流れています。北側から塚山公園の中央に入るのには、塚山橋がいいでしょう。また、鎌倉街道には鎌倉橋がかかっています。橋の向こうが、塚山公園です。




 塚山橋から神田川の上流を見たところ。




 下流を見たところ。




 鎌倉橋。東から西を見ている。左のこんもりしたところが塚山公園。




 橋のたもとにある説明文。




 やはり、橋のたもとにあった鎌倉街道の石碑。




○松沢教会・賀川豊彦記念松沢資料館

 私はクリシチャンでないから、教会には行きません。しかし、賀川豊彦記念松沢資料館には何回か行ったことがあります。




 教会と言っても、財団法人が運営する組織になっていることがわかります。




 賀川豊彦記念松沢資料館の受付け。向こうに本堂が見える。




 賀川豊彦記念松沢資料館の展示室。




 松沢教会の本堂。




 松沢幼稚園の入り口。




 外から見た松沢幼稚園。




○上北沢区民センター

 区民センターですが、図書館と児童館も同じ建物にあります。




 また、カフェテラスのようなお店もありました。




○桜並木通り

 電車の窓から見たときには、その奥に神社仏閣でもあるのかと思いました。そこで、実際に行ってみると。




 鬱蒼とした通りは、しばらく続きます。




 しかし、突き当りで終わり。とくに、神社仏閣はありませんでした。おそらく、地元の人が何かの記念に植えて、その後ずっと木を大切にしているのでしょう。




Kuroda Kouta (2008.06.06/2010.02.08)