総トップページにジャンプ

  麻布十番駅周辺



はじめに
麻布十番駅 場所
十番稲荷神社
たぬき煎餅
賢崇寺
坂の標識
徳正寺
大法寺
長伝寺
麻布山善福寺の入り口
光善寺
金蔵寺
善光寺
真福寺
善正寺
普通寺
善福寺
一の橋・水の流れ
一の橋
パークコート(時の標・銀杏大明神)
二の橋(二之橋)
円徳寺(圓徳寺)
日向坂
当光寺(當光寺)
教誓寺
石の造形
龍原寺
神明坂
志ほあみ地蔵尊
天祖神社
長久寺


はじめに

 六本木駅周辺と近いので、同じフォルダにこのファイルや写真などを収めてしまいましょう。


麻布十番駅 場所

 都営大江戸線と東京メトロ南北線が、ほぼ直角でクロスしている地下駅です。「5a」出入り口。




 「新一の橋」交差点。




 東京メトロ側の「4」出入り口。上り下りともに、エスカレータになっている。西へ行くと、大丸ピーコック。




 「4」出入り口の横の飾り。




 同じく、親子像。




十番稲荷神社

 駅「1」番出入り口を上がったところに十番稲荷神社。




 本殿。




 本殿の額。




 内陣を覗くと。




 道路に面して、「港区七福神詣の内 宝船」。

<l


たぬき煎餅

 瀬戸物の狸が置いてある店があった。




 店頭のたぬき。




 店内にもあった。




賢崇寺

 曹洞宗賢崇寺の入り口。




 本堂。




 本堂の額。




 鐘楼。




 説明文。




 坂道。登ってきたときは気にならなかったが、寺はかなりの高台にある。




坂の標識

 この地域は土地の高低があって、坂道が多い。その標識が、多く建っていた。
 まず、大黒坂。向こうからこっちへ登ってくる。




 その説明文。




 七面坂。




 その説明文。




 大黒坂を西へ登りきったところに、暗闇坂。




 その説明文。




 一本松坂。




 その説明文。薄くなってしまい、よく読めない。しかし、いずの坂も往時が偲(しの)ばれると思う。




徳正寺

 浄土真宗本願寺派徳正寺の門。




 親鸞聖人像。




 本堂。




大法寺

 日蓮宗栄久山大法寺の門。大黒天がある。前の道が坂になっているのがわかるでしょう。




 本堂。




 正徳稲荷大明神。




長伝寺

 長伝寺(長傅寺)の入り口。




 本堂。なお、後ろのビルは下が狭まっている変な形。




麻布山善福寺の入り口

 右の石柱には、「麻布山善福寺」。左の石柱には、「都旧跡 最初のアメリカ公使宿館跡」。ここからが、善福寺の境内らしいが、左右に小さい寺がいくつかある。突き当りが善福寺であるが、後で改めて記述する。




光善寺

 浄土真宗本願寺派光善寺の門。




 入って右側に、阿弥陀如来。

<l


 説明文。




 お顔の部分。




 本堂。




金蔵寺

 浄土真宗本願寺派金蔵寺の門。




 本堂。




 親鸞聖人像。




 「和」と書いてある仏。黒御影石が、鏡のように反射している。




 門の外には、「柳の井戸」があった。




善光寺

 浄土真宗本願寺派善光寺の入り口。(港区元麻布1−7−3)




 本堂。




真福寺

 浄土真宗本願寺派真福寺(眞福寺)の本堂。(港区元麻布1−6−20)




 本堂の額。




善正寺

 浄土真宗本願寺派善正寺の門。




 本堂。




普通寺

 浄土真宗本願寺派普通寺。




善福寺

 いちばん奥に、麻布山善福寺。その山門。




 説明文。




 本堂。




 本堂の額。




 ハリスの碑。




 親鸞聖人の像。




 越路吹雪の碑。




 大銀杏。




 その説明文。




 鐘楼。




 開山堂。




 開山堂の額。




 開山堂の説明文。




一の橋・水の流れ

 麻布十番駅の東側、一の橋交差点のところに水の流れがあった。水面は、歩道の高さ。もしかしたら、浄水をしているのかもしれない。




一の橋

 実際の一の橋。




 上の写真の右側(南側)、おそらく上流側であろう。その眺め。




 反対側、つまり北側。




パークコート(時の標・銀杏大明神)

 「Park Court Azabujuban」というビルの角に、「時の標(The Mark of Time) 2010 高須賀昌志」という造形があった。




 ビルの入り口の造作。




 ビルの一角に神社があった。




 神社の額。




二の橋(二之橋)

 一の橋と二の橋との間にある親水区域。




 二の橋。




 二の橋の北方向。おそらく下流側。




 反対側。おそらく上流側。




円徳寺(圓徳寺)

 二の橋の袂(たもと)に、日蓮宗常祐山円徳寺。




 円徳寺の山門。




 変わった形の屋根をした本堂。




 本堂の額。




 洗い観音がおられた。




日向坂

 日向坂(ひゅうがざか)を見上げる。




 標識の説明文。




当光寺(當光寺)

 浄土真宗本願寺派綱生山当光寺の門。




 本堂。




 本堂の額。




教誓寺

 当光寺の本堂手前から右に入る。その入り口。




 本堂。




 ふくよかで、ちょっと仏のようなお顔の観音さま。




石の造形

 日向坂を登っていくと、大使館の前あたりに「ふじマンション」があり、そこに石の造形があった。かなり大きなもので、子どもの身長くらい。




龍原寺

 浄土宗龍原寺の山門。




 山門の額。




 本堂。




 本堂入り口の天井には、龍の絵があった。




 鐘楼。




 石仏があった。




神明坂

 龍原寺の角から、北へ下る坂道。




 その説明文。




志ほあみ地蔵尊

 神明坂を下っていくと、左側に地蔵尊。道路に面しているが、実際は龍原寺の境内にある。二重の屋根になっていて、大切にされている。




 その内陣。




 小さいながらも額が付いている。




天祖神社

 坂を下りきると、右側に天祖神社。




 階段の左手には、小さい社がたくさんある。




 本殿。何かの撮影をしていた。




長久寺

 日蓮宗法運山長久寺の山門。




 本堂。




 本堂の額。




Kuroda Kouta (2010.11.21/2014.03.29)