総トップページにジャンプ

  中野島駅周辺



はじめに
中野島駅 場所
新多摩川ハイム
中野島小学校・中野島幼稚園
観音寺
信号機のある工場


はじめに

 JR南武線の中野島駅です。最近、急速に宅地化が進んでいるようです。
 機会があったら、多摩川の堤防のほうへも行って見たい。


中野島駅 場所

 改札口が一つの小さな駅です。それでも駅舎は、何となくメルヘンチック。




 登り方向を見たところ。つまり、向こうが登戸・川崎方面。電車は下り、立川行きです。こちらに走ってきます。




 府中本町・立川方面。線路には、かなり草が生えてしまった。




新多摩川ハイム

 駅の北西に隣接して新多摩川ハイムがある。中央に子どもの遊び場があって、広々としている。また、北端にはサミットストアがあって便利。




 交番が、その南東角に寄り添うようにしてある。




中野島小学校・中野島幼稚園

 小学校と幼稚園が、道の北と南に向き合ってあります。北は、川崎市立中野島小学校。そして、小学校寄りの西側にに休憩ベンチまであるのです。下の写真の左側に見えている木の下が、ちょっと落ち着いた休憩ベンチ。




 その休憩ベンチのところから見た「学校法人浅谷学園 中野島幼稚園」。




 ぐるっと回って、東側から見た幼稚園。正面から見えた汽車が横になる。




観音寺

 寺の名前に「観音」があるのは、由緒があるのかもしれない。
 なお、本堂前にある石灯籠の十二支については、「観音寺の灯籠十二支」をご覧下さい。




 門を入ったところからでは、本堂がアングルに納まらない。




 本堂の額。




 本堂の内陣。




 境内には、六地蔵。




 大量生産のお地蔵さまかもしれないが、それぞれのお顔にはユニークな表情があるので、一つずつ参拝してみましょう。右からまず、法性地蔵。




 陀羅尼地蔵。




 宝性地蔵。




 法印地蔵。




 鶏亀地蔵。




 地持菩薩。




 おまけに、境内にあった水子地蔵。大きさは、六地蔵の三倍くらい。




信号機のある工場

 観音寺のすぐそばに、信号機のある工場があった。まったく初めてのところなので、最初は「こんなところに鉄道はないはずだ」と不思議に思った。よく見ると、赤の信号まで点(つ)いている。遠くから見たから、実際の路線があるのだと錯覚。




 何かの実習に使うようではあるが、先端のクロッシング部分は実物と異なって、間違っている。




 ぐるっと回ると、どうやらこの会社らしい。




 材料置き場にも、信号や踏み切りの装置が置いてあった。




 道路の外にも、ひときわ高い信号機。何かの目印にしているみたい。しかし、一般の人には何となく睥睨(へいげい)されているみたいに感じる。




Kuroda Kouta (2008.05.12/2008.05.13)