総トップページにジャンプ

  西永福駅周辺



はじめに
西永福駅 場所
西永福駅付近
理性寺
大光寺
永福体育館
大宮八幡宮
宮下橋と調節池
郷土博物館


はじめに

 今後、いつか和田掘公園の中も歩いてみたい。


西永福駅 場所

 永福町駅の西にあるから「西永福」。駅は、何となく工事中の模様。南口です。




 東側の踏切り。




 現在、ホームは一本。吉祥寺行きが入ってきました。新しい駅にはエスカレータやエレベータがついていて、高齢者には便利です。なお、右手にはかつてテレビで人気があった社長の城南電気がありました。




西永福駅付近

 駅南口付近を歩いてみました。杉並区永福三丁目の辺り、井の頭線線路づたいに布袋さまのある整骨院。




 そのちょっと南。五十年ほど前の記憶ですが、「中村」という家の前に「村中」という家があって、その隣に「池部」という家がありました。不思議なことですが、今でも名前を覚えています。「中村」さんは失念しましたが、「村中英彦」さんと「池部良」さんでした。その村中さんのお宅は、山森さんと二枚の表札が出ています。




 池部さんのお宅。表札はありません。




理性寺

 井の頭線の西永福駅から北に行くと、すぐ左手に法華宗法真山理性寺の入り口。「理性」とは、何とも知的な寺名ではないでしょうか。




 高い石柱のある入り口の奥に山門。




 山門をくぐると本堂。




 本堂の額。




 教育委員会ではなく、お寺の執事さんの故事来歴。文自体に尊(たっと)さが感じる。




 束子(たわし)で洗う仏さまがあった。何のご利益(りやく)があるのかわからなかったので、私はしませんでした。




 お姿を大きくすると。




 奥の墓地には、法界万霊塔。




 北側にある裏門。




大光寺

 七福山大光寺。「大光」は、「だいこう」と読むのか、あるいは「たいこう」だろうか?




 ちょっと寺らしからぬ玄関。空いていたので、中をパチリ。




 外には、六地蔵があった。




永福体育館

 井の頭通りを少し南に入ったところ。杉並区立永福体育館。私はトイレ(小用)とか手洗い(顔や手を洗う)には、このような公共機関を利用します。たいがいは、清潔な環境だからです。




大宮八幡宮

 東京の中心に当たる場所といいます。西永福から方南通りを行った場合の入り口。鳥居は大きく、屋根には瓦が敷いてある。




 右手には、八幡宮で経営する幼稚園。その壁画が素敵。




 幼稚園の入り口。バスによる送迎をしているが、近くの子どもは親が迎えにくる。




 堂々とした本殿




 本殿の内陣。上の梁についているのは、菊のご紋




 本殿から見た大銀杏(おおイチョウ)。左が男銀杏、右が女銀杏。




 神楽殿。樽酒が置いてある。




 説明文1。




 説明文2。




 正面の入り口にある鳥居。




宮下橋と調節池

 大宮八幡宮から北に少し歩くと善福寺川宮下橋。そして、そこには調節池となっている野球場がある。宮下橋から上流を見ると。




 同じく、下流。




 広々としたグラウンド。一段と低くなっているのが、回りの階段でわかるでしょう。




 調節池の説明板。




郷土博物館

 善福寺川沿いに杉並区立郷土博物館があります。展示室の撮影が禁止になっていたので、屋外の写真だけを示しておきましょう。




 入り口にある長屋門の説明。




 (オギ)。




 荻の説明。




 白雲木(ハクウンボク)。




 白雲木(ハクウンボク)の説明。




 古い家。




 古い家の説明。




 その座敷。




 居間。




 (かまど)。




Kuroda Kouta (2008.07.09/2010.05.18)