総トップページにジャンプ

  多磨霊園駅周辺



はじめに
多磨霊園駅 場所
多磨霊園駅付近
白山神社(清水が丘)
溝合神社
かなしい坂
東郷寺
石井神社
元は寺か?
染屋不動尊
灯籠十二支
多磨霊園南参道
多磨霊園(多磨墓地)


はじめに

 多磨霊園駅の周辺について、ここにメモを残しておきましょう。
 多磨霊園駅は、京王線。しかし、多磨霊園の周辺については、西武是政線の「多磨駅周辺」に記述しました。このページが大きくなりすぎたからです。同じ理由で、「多磨霊園(多磨墓地)」自体についても別のページにした。


多磨霊園駅 場所

 「多磨霊園前」駅ではなく、「多磨霊園」駅である。東京都が運営する公共の墓地であるから、それでよいのかもしれない。しかし、もしも「明大前」を「明大」としたら、どうであろうか。蛇足ながら、西武是政線の「多磨墓地前」駅は、数年前に「多磨」駅になっている。
 京王線の多磨霊園駅は、北に一つしか出口がありません。この駅前広場から、多磨墓地のある多磨町、そして府中自動車試験場行きのバスが出ています。さらに、そこを経由して武蔵小金井駅まで行くバスもあります。




多磨霊園駅付近

 ホームの南側には、小さな「清水が丘三丁目公園」。そこには、「山車格納庫 府中囃子保存会 東町支部」とある。「山車」は「だし」、「囃子」は「はやし」と読むんでしょう。山車格納庫の向こうは駅のホームです。




 駅から南に少し行ったところから、開催日だけの競艇場行きの無料バス。おじさんたちは、「行きはよいよい……」にならなければいいが。




 JR中央線からの帰りには、武蔵境駅から西武線に乗って、白糸台駅で下車。ふつうそこから武蔵野台駅まで歩くのですが、たまには多磨霊園駅まで歩くこともあります。
 下の写真は、府中市立白糸台文化センターの桜です。一本だけの八重桜なので、何となくぼてっとしているようですね。




 多磨霊園駅から白糸台駅に行く通りに、石灯籠が立っています。かなり大きく、私の身長の二倍くらいあるでしょうか。中ぐらいの六角形になっている部分には、十二支がありました。手前の階段はアパートの上り口ですが、一階は建築事務所のような作りになっています。もしかしたら、石材屋さんかもしれません。




 手前にある鬼の顔の彫り物です。




白山神社(清水が丘)

 白山神社という名称は多い。府中市にも、是政地区に同じ名前がある。多磨霊園駅の西300メートルくらいのところにある白山神社。今となっては、住宅街の中にひっそりと残っている感じ。




 額は白木の板に、堂々とした文字。




 内陣を覗くと、改めて赤い祠があった。




 本殿の右隣には、小さなお宮。




溝合神社

 白山神社から南東に400メートルほど行くと、溝合神社。




 猿田彦の額がかかっています。




 ご本尊の二体ではないでしょうか。




 境内の左側にあった石の記念碑説明板。




かなしい坂

 東郷寺の入り口付近に、「かなしい坂」があります。




 その由来。




東郷寺

 多磨霊園駅から南に500メートルほど行くと、聖将山東郷寺。その立派な石柱。この寺は山号からわかるように、東郷平八郎の屋敷跡に建てたという。なお、墓は別に「多磨霊園(多磨墓地)」にある。




 階段を登ったところに、堂々とした山門。かつて、『羅生門』という映画に使われていたので、何となく見知っていた感じ。『羅生門』は、芥川龍之介の『藪の中』を映画化したもの。




 山門を入ったところにある掲示。「心」については、古い時代から感覚で言い当てていてのであろう。




 どうやら本堂らしい。




 本堂の内陣では、読経(どきょう)がなされていた。左前に僧侶がいる。




 本堂の隣内には、別院が二棟。




 境内には広い通路。右側(南)は、大きな墓地になっている。山門の大きさは前にある自動車、さらには山門をくぐっている人物、それらと比較すると大きなことがわかる。映画を見たときも、「大きな門だなぁ」と感じたことを覚えている。むろん、そのときはここで撮影をしたことは知らなかった。




 この通りを後ろに行くと、墓地。その小さな墓門。




 小さな門でも、「常在不滅」の額。大きな山門には、額はなかった。




 墓門を過ぎて、墓地から山門方向を写す。




 そして、帰りぎわに後ろから山門をもう一度だけ単独で。




石井神社

 小柳町に古くからある神社。




 石井神社の本殿。非常に質素な造りのようです。




 その額には、「石井宮」。




 横から、奥の院も写しました。やはり、質素な造り。




 近くにあった「小田分」の説明には、石井神社にも触れられている。




元は寺か?

 府中市小柳町二丁目で、「正福寺」という寺があるかどうかを探していた。すると、墓地があった。てっきり、隣が寺だと思った。




 しかし、「小田分氏子講中集会所」とある。もしかしたら、寺をやめたのかもしれない。




染屋不動尊

 多磨霊園駅から北に向かうと、旧甲州街道にクロスします。その西南角に下のような石柱があって、染屋不動尊です。




 染屋不動尊の本堂。




 本堂の額。




 本堂の手前に、国宝の阿弥陀如来のお堂。この国宝は厳重に保管されていて、年に一度11月3日にご開帳とのこと。




 その阿弥陀如来の由来。




灯籠十二支



多磨霊園南参道

 京王線の多磨霊園駅から北に向かって、多磨霊園南参道が続いています。しばらく歩くと、まず旧甲州街道を越えて道が広がります。下の写真は旧街道の信号を渡ったところから、多磨霊園方向を見ています。




 さらに行くと、甲州街道を越えます。そして、かなり行ってもう少しで多磨霊園。




 多磨霊園に近くなると、石材店が多くなります。中には、下のようなポストを店頭に置いてある店もありました。何に使うのでしょうか。




多磨霊園(多磨墓地)



Kuroda Kouta (2007.10.05/2010.03.07)