総トップページにジャンプ

  多磨駅周辺



はじめに
多磨霊園(多磨墓地)
多磨駅 場所
多摩駅付近
誓願寺
観音寺
妙龍寺
泉龍寺
普賢寺
斎場
寿光寺
多磨霊園表門から南の通りを西へ
多摩寺
心行寺
妙観院
立正院
蓮宝寺
常久寺
大長寺
人見稲荷神社
人見街道
和光密寺
武蔵野公園
野川公園
ギンヤンマの飛翔と目の検査
野川公園付近
龍源寺(近藤勇の墓)


はじめに

 西武是政線の多磨駅周辺をメモしておきましょう。
 なお、このページが大きくなりすぎたので、多磨霊園(多磨墓地)を別のページにした。


多磨霊園(多磨墓地)



多磨駅 場所

 多磨霊園表門(南門)から少し東に行くと西武鉄道の「多磨駅」。かつて、「多磨墓地前」と言った駅名が、東京外国語大学や警察大学校ができたころに、「多磨」に変更をしたようだ。




 上り武蔵境方向を見たところ。下り是政駅行きの電車が入ってくる。この駅には上下線のホームが別々にあるが、実際には駅を出ると上り下りともに単線になっている。




 北側踏切から駅を見る。上り下りのホームは別々にあるものの、単線であることがおわかりでしょう。向こうが是政方面。この道が、人見街道です。




多摩駅付近

 一つしかない改札口を出て、北に行くとすぐに人見街道。その標識があった。




誓願寺

 多磨霊園表門(南門)の少し手前に、田島山誓願寺。




 本堂の額。




 本堂の手前、向かって左にある石灯籠。




 その石灯籠の一面には、山のようなデザイン。何を示しているのだろうか。




観音寺

 多磨霊園の表門交番の南100メートルくらいのところにあります。門柱右には「玉園山」、左には「観音寺」とあります。




 本堂の前には、左右に石灯籠が一基ずつ。




 本堂の額。「園」の字が、丸くなっている。




 左側の石灯籠。




 左側の石灯籠の一面。




 右側の石灯籠。




 右側の石灯籠の一面。




妙龍寺

 多磨霊園表門と西武線多磨駅の間にある小さいお寺。浄雲山妙龍寺です。




 本堂では、数人が集まって、僧が読経をしていた。




泉龍寺

 多磨霊園の東側、地番で言うと府中市紅葉丘二丁目。道に面した入り口には、「医王山泉龍寺」というように山号・寺号がありました。そこで、入ってみると墓はあるものの、堂宇らしきものがありません。民家のような造りになっているからです。




普賢寺

 紅葉丘二丁目にある高龍山普賢寺。泉龍寺の北隣になります。




 本堂の前には、お墓がいっぱい。




斎場

 多磨霊園の東側に斎場があります。表札を見ると、「多磨葬祭場」「日華斎場」とあります。「さいじょう」の「さい」の字が、いずれも異なるので注意が必要です。




 中に入ってみると、車がいっぱい。そして、建物の中を覗くと、人がぎっしり。守衛さんの話だと、今日(2008年2月22日、金曜日)一日に、38体を焼くと言う。今年に入ってから1月の寒かった時期には、56体を焼いた日があったそうだ。




 斎場の前の通り。左側が多磨霊園。手前が南で、先が北。東八道路に突き当たります。




寿光寺

 斎場を少し北へ行ったところ、府中市多磨町二丁目に寿光寺があります。小さいお寺で、境内のようなところはないようです。何となく建て方が、個人の家(いえ)風です。犬を飼っているので、看板を見ているとけたたましく吠えました。




 しかし、額の文字はなかなか厳かで立派です。




多磨霊園表門から南の通りを西へ

 多磨霊園表門の交番のあるところから、多磨霊園の南端の通りを西へ行くと、多摩寺・心行寺・妙観院・立正院・蓮宝寺・常久寺・大長寺があります。そして、ちょっと離れて稲荷神社です。


多摩寺

 松光山多摩寺の本堂です。




 本堂の額。




 中国風の塔がありました。




 水子・子育地蔵菩薩。足元の二人の子どもが、あどけない表情。




 境内には「やすらぎ」という墓碑銘がありました。




心行寺

 浄土宗心行寺は、鉄筋ビルがそのまま堂宇になっています。その入り口。右側のドアから入ります。




 左側の仏像のさらに左の空間に、下のような掲示板があります。




 やはり、ビル自体に「開運・子育地蔵尊」が納められています。かなり大きいお姿で、ガラス越しに見るとお顔は文字の書いてあるところぐらい。




 信号の右手が墓地。そして、手前がお寺ビル。




妙観院

 お寺らしからぬ建物の日蓮正宗妙観院。




 それでも、額は額。




 玄関脇には、沙羅双樹。「姫沙羅」と書いてある。




 入り口は玄関風。




 全体は、いわゆるビルである。




立正院

 法華宗国昭山立正院。このお寺も、近代式。コンクリート製。




 一階は、さながら自動車の車庫。もっとも、この上は広場になっていて、本堂はもっと奥に乗っている。




 二階部分の上に三階の本殿がある。




 本殿の額。「国昭山」と字体まで、何ともモダンである。




 寺への通常の入り口は、ふつうのドアになっている。




蓮宝寺

 ビル風のお寺があるかと思うと、まったく民家風のお寺もありました。もしも、大きな看板がなければ見落としてしまうでしょう。




常久寺

 神護山常久寺。すべての墓が新しく、同じ形になっているのも何となく不思議。「常久」は「じょうきゅう」と読むのだろうか。「つねひさ」ならば、西武線是政駅の一つ手前の駅「競艇場前」のかつての名前と同じ。




 本堂の額。上の赤いのは、大きな提灯がぶら下がっていた。




 本堂の前に小さな庭があるが、奥は民家がいっぱい。




大長寺

 日蓮宗本妙山大長寺。本堂以外の堂宇(堂の建物)は、何となく現代風。




 本堂の堂宇(堂の軒)にある額。




 本堂と墓地の間に、百度石がありました。




人見稲荷神社

 鎮守の森が、周囲の宅地開発の中で目立ちます。なぜならば、鬱蒼としているからです。




 本殿。




 本殿の額。




人見街道

 街道は変哲のない道ですが、その「人見」のいわれ。




和光密寺

 多磨霊園の小金井門の近くにあります。道路に面しているので、とくに山門はありません。




 額の下には、なぜか天狗の面。




 左側には、水子地蔵がありました。




武蔵野公園

 多磨霊園と府中運転免許試験場の間に、東八道路があります。そして、運転免許場の東と北に武蔵野公園が広がっている。その東八道路にある入り口。




 大きな木がたくさんあるだだっ広いところ。何と地下が、貯水池になっているとのこと。




 ユーモラスな看板。




 中央というか、北寄りに野川が流れている。




 野川を下流(東)に向かって見たところ。伏流水はともかく、河床には水がない。向こうに見える鉄橋には、黄色い車両の西武是政線が走っている。その下は野川公園の二枚橋。




野川公園

 野川公園までは、ふつう武蔵野台駅から歩いていきます。途中の道も、なかなか素敵だからです。元米軍の基地であった関東村の中が整備されてからは、西側に大きな歩道のある道路ができました。
 公園の中には、戦前の面影を残す一角が残っています。キリスト教大学と隣接をする北端の部分です。ワサビ沢や丸池などはすでにありませんが、トンボの池は何とか残っています。




 自然観察センターのところから、下流方向を眺めた。向こうの斜めになった橋は、かつて丸い形の大きなものであった。




 自然観察センター。蛍の養殖について、カワニナの資料などがあった。




 自然観察センター横の連絡橋上から、東八道路を西に向かって眺めた。向こうに見えるのが、府中運転免許試験場。手前の跨線橋の下あたりが、二枚橋のバス停。




ギンヤンマの飛翔と目の検査

 ふつう、ギンヤンマは川の畔(ほとり)や池の上で飛翔をします。
 仲間同士でもある程度のテリトリーを守って、回遊やホバリングをしながら虫を捕らえるのです。川や池から、かなり離れることもあるようです。
 下の写真は、いずれも多磨墓地の西側、小金井病院の南の畑で撮影したものです。(2005年夏)
 いったい、どこにギンヤンマがいるのでしょうか。




 上の写真と同じ場所です。
 もしも、ギンヤンマの位置がわかったら、あなたの視力は素晴らしいことでしょう。




 上記、二枚の写真の回答。
 それぞれ、画面のまんまん中に少なくとも一匹はいます。

  


野川公園付近

 野川公園に行くときは、武蔵野台駅をおりて北に元関東村に沿って歩く。以前は、整備されていなかったので中を行ったが、現在は歩道つきの大きな道路ができた。
 その大きな道を北に行くと、人見街道。左へ行くと多磨駅(元の多磨墓地前駅)。
 さらに、細い道を北に向かうと三谷神社。アメリカンスクール・インジャパンの手前、多磨町一丁目である。




 そして、その付近に旧鶴川街道の碑があった。
 しかし、もしかしたら「三谷神社のそばにあった」という私の記憶が間違っていて、別のところだったかもしれない。そんなこともあって、最近はデジカメの写真整理を出来るだけその日のうちにするようにした。




龍源寺(近藤勇の墓)

 龍源寺には、近藤勇の墓があります。その山門の外には、近藤勇の像が建っています。




 額の文字は、なかなか立派です。




 剣道の練習をした道場です。




 その道場の説明。鏡と柱の間にある金属製の板(ばん)です。




 近藤家の墓です。




 その中に、近藤勇の墓がありました。




 近藤勇の墓に関する説明。




 生家(せいか)のあった場所にある祠(ほこら)。




 実際の生家跡。




 上の写真の前面に写っている説明板。




 ついでながら、近藤勇が産湯(うぶゆ)をつかったという井戸。




 生家跡の説明。




 寺門の外にある近藤勇の像。




 上の像を前から見たところ。




Kuroda Kouta (2007.10.05/2010.09.03)