総トップページにジャンプ

  武蔵五日市駅周辺


○はじめに
○武蔵五日市駅
○駅前交番
○成就院
○五日市街道にあった小さな祠
○岩走神社
○岩走神社から大悲願寺への道
○大悲願寺
○増戸保育園
○五日市橋
○正光寺
○観音堂
○写真館
○あきる野市図書館
○秋川漁業協同組合
○あきる野市立五日市中学校
○あきる野市役所五日市出張所
○開光院
○神明社と名前が明らかでない神社
○徳蔵禅寺
○五日市郷土館
○玉林寺
○小和田橋
○玉泉寺
○阿技留神社


○はじめに

 武蔵五日市は、五日市線の終点です。しかし、京王八王子バス停から乗り換えなしで行けます。


○武蔵五日市駅 場所

 JRの武蔵五日市駅です。左側(南西)には、もう線路がありません。




 線路が終点であることを確認すると。




 駅前のバス停。向うには、2番八王子方面のバス停があります。




 バス停の向うに、皇太子妃殿下の歌碑がありました。




 つるつる温泉行きの大型バス。運転手も車掌も若い女の子。




 トレーラバスの外装を改装したもので、狭い道を曲がるときは大変。




 さらに少し遠くから、駅全体を見ると。




 いっぽう道路は、駅前から左・前・右の三方向に続いています。左(北東)は、日の出町方向。




 前(東南)は、五日市街道で福生方向です。




 そして、西(右)は山に向かいます。




 少し西へ向かってから、ぐるっと回って下を通り今熊方面、さらには八王子に向かう道があります。その道を西へ向かう道から見下ろしてみました。




 歩道のための近道もあります。秋川橋河川公園に行くときには便利です。




 駅の北口と言っても、駅の下をくぐって通路があるだけ。商店街などはない。駅の北側に発展をした住宅街の人々の利用が多いのではないか。




○駅前交番

 五日市駅前交番。駅前のバス停ロータリーの右側(東)にある。その前からは、福生行きのバス。そして、肝心なのはその後ろにトイレのあること。




○成就院

 伊奈坂上バス停を降りると、北側に真言宗豊山派流澤山成就院。その入り口。




 本堂。




 本堂の額。




 本堂の右にあったいわれの書いてある石碑。




○五日市街道にあった小さな祠

 五日市街道を行くと、左手に小さな祠。




 その小さな祠は、どうやら神社らしい。道の反対側には、岩走神社。




○岩走神社

 正一位岩走神社。




 本殿。




 本殿の額。




○岩走神社から大悲願寺への道 場所

 岩走神社から、五日市街道を五日市駅のほうに向かって少し歩く。すると右手(北側)に階段がある。きつかったが、登って見下ろすとかなり段数があって納得をした。




 階段を上がると、五日市線の向うに大悲願寺が見える。




 踏切から武蔵五日市駅方面を見ると。まだ、単線である。




○大悲願寺

 真言宗豊山派金色山大悲願寺。道から入り口を眺めると。




 本堂の門。




 本堂の門に掲げてある額。「吉祥院」となっている。




 本堂。




 本堂の額。




 本堂の説明。




 観音堂。




 観音堂の額。「無畏閣」と書いてある。「無畏閣」は仏語で施無畏(せむい)の建物という意味だと思います。つまり、仏や菩薩が衆生たちの恐れの心を取り去って救うことです。そのことから、観世音菩薩の異称ともなりました。




 正面上の部分。




 正面右。




 正面左。




 観音堂の説明。




 鐘楼。




 大悲願寺には、五日市七福神のうち大黒がまします。




○増戸保育園

 大悲願寺と地続きに増戸(ますこ)保育園がありました。その扉の模様は、何を意味するのでしょうか。




○五日市橋

 秋川にかかる五日市橋。




 反対に武蔵五日市駅方向を見ると。




 上の写真の右手手前(北)に小さな祠がありました。




○正光寺

 時宗金玉山正光寺。その山門。




 本堂。なお、本堂には額はかかっていなかった。




 宗旨。




 沿革。




 鐘楼。




 弁財天。五日市七福神のうち弁財天がまします。




 その内陣。弁財天はご開帳していないみたい。




○観音堂

 駅から西へ檜原街道を少し行くと、左側に観音堂がありました。




 賽銭投入口の小さな穴から内陣を覗いてみると。




 説明文によると、実際のご本尊でないかもしれません。なお最初に直してある「市」は「町」、また最後の「あきる野市……」は「五日市町……」だったようです。昭和五九年二月には。




 新しい説明文もありました。




○写真館

 モダンな写真館があった。




 壁に付いている彫刻。大きくしてみても、なかなかである。




 張り出し看板のほうにも、同じポーズの女性。下に「Since *9*2」となっている。「*」の部分が剥げ落ちていた。




○あきる野市図書館

 静かな環境の中に図書館がありました。




○秋川漁業協同組合

 秋川で魚を釣るようなときには、ここに申し込むのではないでしょうか。




○あきる野市立五日市中学校

 五日市小学校と五日市中学校は、隣接してあります。下の写真は、中学校。




○あきる野市役所五日市出張所 場所

 あきる野市は大きいので出張所があります。というよりも、かつて町だった単位に今でも存在しているのでしょう。




○開光院

 臨済宗建長寺派幽遠山開光禅院。その入り口。




 山門。




 山門に掲げてある大きな額。「幽遠山」でなく「幽遠名山」。




 山門のところにあった説明文。




 本堂。




 鐘楼。




 入り口に塚があった。「箱」であろうか、「扇」であろうか。




○神明社と名前が明らかでない神社

 高いところに鳥居があった。近所の人に聞いたら、神明社。




 五日市小学校の裏(北)の道路にあった。中が暗くて、階段だったので下から参拝。




○徳蔵禅寺

 福祐山徳蔵禅寺。JR五日市駅の北側、斜面になった高いところにある。その入り口。




 本堂。




 本堂の額。寺号でなく、山号。




 境内には、石が配置され、落ち着いた感じ。




○五日市郷土館

 駅から左手に少し歩いて、五日市署の裏手にあります。




 休館日がわかりにくいので、注意が必要か。




 保存民家があった。




 五日市駅の最後の蒸気機関車。昭和36年4月16日とある。桜の季節であったが、むろん駅は高架になっていない。




 東秋留・西秋留と言った時代の駅名板も残っていた。




○玉林寺

 鳳凰山玉林寺(臨済宗建長寺派玉林無量禅寺)。北側の通りから入る。いちばん高台にあった祠。




 そこから階段を下るのであるが、寺が裏側から一望。




 裏門。つまり、墓地に通じる門。鉄筋コンクリートでできているみたい。




 正面に回って本堂。




 本堂の額。方丈にしては、ばかにでかい。また、下に写っている丸いのは何だろうか?




 閻魔堂。




 閻魔堂の額。本当に閻魔はいるのだろうか。




 七福神のうち福禄寿が祀ってあるらしい。




 鐘楼。




 山門。裏手から入ったので、最後に山門から出た。




○小和田橋 場所

 秋川にかかる橋です。




 上流の流れを見ると。




 同じく下流。




○玉泉寺

 臨済宗建長寺派金龍山玉泉寺。民家風の本堂。




○阿技留神社

 大きな鳥居。




 入って正面に神楽殿。




 右手(北)に本殿。




 本殿の額。




 由緒。




 説明文。




 檜原街道にあった石柱。御旅所(おたびしょ)とは、神社の祭神が巡幸をするときに、お神輿(おみこし)を置いておく場所。




Kuroda Kouta (2009.11.04/2014.03.29)