総トップページにジャンプ

  京王堀之内駅周辺



はじめに
京王堀之内駅 場所
京王堀之内駅周辺
南八幡宮
大栗川橋
北八幡神社
保井禅寺
愛宕神社
せせらぎ緑道
京王堀之内駅から南大沢駅前まで


はじめに

 京王堀之内駅は、京王相模原線の駅です。京王相模原線は、調布と橋本の間を高架やトンネルなどで走ります。つまり、踏切は京王多摩川から橋本まで一つもありません。そんなために、高速走行が可能で開通時には特急なども走ったのですが、利用客が少なかったせいか、特急はなくなってしまいました。
 いずれの駅も、相模原線が開通したときにできたので、新しい設計になっています。


京王堀之内駅 場所

 南から駅を見たところ。




 上の写真の左側のサイケ電灯の左側、その拡大図。




京王堀之内駅周辺

 駅前の「さんわデパート」へ、サンダルを買いに何回か行きました。また、象の看板を付けたビルもありました。




南八幡宮

 京王堀之内駅の北にある南八幡宮。北口前の開発から取り残されたような感じ。古くから、そこに鎮座ましましておられたのかもしれない。




 本殿




大栗川橋

 京王堀之内駅から平山城址公園駅のほうに向かう新道を行くと、大栗川。そこにかかっている大栗川橋。上流(西)を見たところ。右が大栗川本流、左から支流が合流している。




 大栗川橋から下流(東)を見たところ。




北八幡神社

 北八幡神社は、新道が作られたり、宅地開発がなされるより前からあったのであろう。トンネルが作られて、その上に残った感じである。トンネルは、北八幡寺芝トンネル。おわかりでしょうか。画面中央の草の上にチラッと見えるのは横向きになった鳥居の上部。




 本殿




 本殿の




 「北八幡神社舞殿」と額にあるが、いわゆる神楽殿でしょう。




 正面から(西南を)見たところ。舞殿が右になっている。




 境内から、北を見た。まだ、未開発。向こうの森は、東京薬科大学。




 北東の眺め。右端のほうに、保井禅寺の墓地。




保井禅寺

 龍沢山保井禅寺。「保井」は「ほうせい」と読む。




 階段を登ると山門




 境内の案内図。その他に説明板などあって、親切なお寺である。「新撰組 斉藤一諾斉の墓」「日本一の五色八重散り椿」などあることがわかる。




 本堂。山門から写すと、全体が入らない。




 本堂の




 観音堂




 観音堂の説明。




 鐘楼。左に八重椿が見える。




 摩尼車(まにぐるま)。右に行くと、斉藤一諾斉の墓。




愛宕神社

 かなり本道から入ったところにある。下には、鳥居がないから入り口はわかりにくい。しばらく行くと、右側(東)に「NPO里山農業クラブ」の作業小屋があった。




 それからは、下のような道。右側には、階段が付いている。写真ではわかりにくいが、かなりの勾配なのである。正面左の木々の中に愛宕神社。




 愛宕神社の本殿




 本殿の。地域の人以外に参拝者は少ないらしい。千社札も一枚だけ。




せせらぎ緑道

 長池から流れ出した水は小川になって、京王堀之内駅まで住宅街の中をせせらぎ緑道として下っていきます。上流部にある長池です。




 長池にはアオサギが来ていました。




 長池の下流には人工的な貯水槽になっています。橋は長池見附橋。都内にあった橋を移築したそうです。




 高層住宅の下を流れるせせらぎ。




 高度差が大きいので、水流は階段状に流れます。




 住宅の間でも、かなりの段差があります。




京王堀之内駅から南大沢駅前まで

 2007年10月12日、金曜日。
 南大沢の病院予約が11時だったので、少し早めに出て京王堀之内駅までバスで行く。そして、そこから南大沢駅前にあるビルまで1時間半ほどかけて歩いてみた。
 まず、駅の南に向かって登っていく。エスカレータが完備しているので、楽ちん。
 「街しるべ」というモニュメントがあった。




 その塑像は、開発された団地の模様を示している。
 ちょっとわかりにくいかもしれないが、中央の上(南西)から下(北東)にかけて金色になっているところは、小川に沿った「せせらぎ緑道」である。いちばん上に、長池がある。




 エスカレータ以外にも、ケーブルカーもある。
 エレベーターで、斜め方向に動くものといったほうがよいだろうか。乗って下方を見たところ。写真にすると、勾配がわかりにくいかもしれない。




 乗り口は、ふつうのエレベータと同じ。




 これは、その斜めの部分についた覆い。下の方が駅になっている。
 つまり、ケーブルカーの走る空間は閉じられていて、安全にしているみたい。
 小さなケーブルカーであるが、ときどき見かける。洋画などで、ときどき見るのだが、日本にはないと思っていた。しかし、多摩市の桜ヶ丘にも、個人の家でケーブルカーのある家を見たことがある。




 しばらく行くと、せせらぎ緑道を越える。
 下の写真は、上流を見たところ。歩いて20分ほど行くと、四谷橋をくぐり、長池になる。




 ユリノキが並木に使われていた。
 私は、メタセコイヤやユリノキなどは大木になるので、メンテナンスの関係上このような並木には用いられないと思っていたのだが、……




 しばらく南大沢方向へ行くと、蓮生寺公園である。
 池があった。濁っていたが、おそらく昔からあった池であろう。もはや、魚はいないようである。




 その池の反対側。見事なトンネル。もしかしたら、四谷橋のように由緒のある構築物かもしれない。
 トンネルを通して遠くに見える高層の団地と、手前にある木の間に、京王線が走っている。左(西)が橋本方面、右(東)が調布方面である。




 この公園を示す地図である。
 散策をするのには、ちょうどよい広さ。しかし、「まむしに注意」と立て札があるので、おっかない。




 鬱蒼(うっそう)とした木々の間に、吊り橋がある。




 渡ると揺れ、音がきしいで鳴るので楽しい。




 下のほうは、ちょっとした渓谷になっている。




 いちばん上に登ると広々としていて、集会場のような建物があった。




 途中には、「別所やまざくら公園」というのもある。緑の多い、静かな環境だと思う。




 さらに、しばらく行くと今度は「別所くすのき公園」。




 上の写真の右端に小さなブロンズの犬が見えるだろうか?
 その部分を下に拡大。




 しかし、子どもの犬が離れた場所に、もう三匹いるのである。




 そして、そのタイトルが「家族」。さらに西に少し行くと、そこはもう南大沢駅南口




Kuroda Kouta (2007.10.06/2010.04.05)