総トップページにジャンプ

  大宮神社の瓦十二支



はじめに
十二支


はじめに

 百草園駅前に大宮神社があります。駅の南、川崎街道を越えたところです。
 階段の途中の中門にあるのですが、なかなか見事です。おそらく、実際の瓦にも使用しているのでしょう。なぜならば、デザインが古い時代の面影を残しているからです。




 ご参考までに、上の図は「わき腹をなめるビゾン」です。フランスのラ・マドレーヌで発見された紀元前15000〜10000年ごろの鹿の角製のもの。長さは約10センチメートル。
 なお、ビゾンとは野牛の一種です。


十二支

・ 鼠(ね)




・ 牛




・ 虎




・ 兎(う)




・ 竜




・ 蛇(み)




・ 馬




・ 羊




・ 猿




・ 鶏(とり)




・ 犬




・ 猪(い)



Kuroda Kouta (2008.01.24/2010.04.04)