総トップページにジャンプ

  溝の口駅周辺



はじめに
溝の口駅(JR武蔵溝ノ口駅・東急田園都市線溝の口駅) 場所
溝の口駅付近
川崎市高津区役所
真宗寺
厚木街道の跨線橋
宗隆寺
溝口神社
二ヶ領用水を遡って
大山街道ふるさと館
高津こども文化センター
二子塚公園(トロリーバス)
二子二ヶ領公園と二子坂戸緑道
二ヶ領用水(第三京浜付近)
御嶽神社
安養院
久本薬医門公園
魚籃観音
久本神社
洗足学園
大蓮寺
龍台寺
八幡宮(新作団地奥)
薬師院
山越えで一苦労
養福寺
生れ年守護仏(養福寺)
川崎市民プラザ
新作小学校
杉山神社
明鏡寺
増福寺
川崎北税務署
富士通ゼネラル
THE TOWER & PARKS
久本小学校と高津高等学校


はじめに

 JR南武線は下の写真でおわかりのように「武蔵溝ノ口」駅。しかし、東急田園都市線は「溝の口」駅。また、地番には「溝口」となっているところがあります。しかしこのページでは、いずれも「溝の口」としました。その代わり間違いやすいときや区別が必要なときは、カッコを補って「溝の口(JR)」または「溝の口(東急)」のようにしました。




溝の口駅(JR武蔵溝ノ口駅・東急田園都市線溝の口駅) 場所

 JR南武線の「武蔵溝ノ口」駅は、最近になって大改造をしました。もしかしたら、まだ完成していないのかもしれません。南口に到着するバスからJR溝の口駅に入る階段。エスカレータはないが、エレベータがあります。「場所」は、JR駅の位置を示しました。




 JR改札口。




 北口は、そのまま二階。下は、バスターミナル。




 北口のバスターミナル。




 JRのホームを上から見たところ。左側が立川方向。




 下り立川方向のホーム先端。上り川崎方向はホームの位置がずれていて先のほうまである。その構造は、かつてと変らない。向こうに見える高架橋は、東急田園都市線。こちら側のホームの左側に置いてあるものは、「鉄道の仕組みや保守・点検」の「○置物?」を参照してください。




 東急田園都市線「溝の口」駅の入口。現在は、まだ工事中。上のホーム部分は、すでに完成をしたらしい。




溝の口駅付近

 駅から歩いて1分。そんな便利なところに二軒続いて仏具屋さんがありました。




 そして、仏具屋さんの隣の隣(西へ駅寄り)。木だらけのお店が、営業中。ピザなどを食べれるお店のようです。入り口は、ほぼ中央の赤い看板がチラッと見えるところ。なお、このお店の違ったアングルが『木の変容』にもあります。




川崎市高津区役所

 溝の口駅周辺をプチさん(プティ散策)するに当たって、地図や資料を入手するために高津市役所に行きました。何となく登戸にあった多摩区総合庁舎に行ったときの感じに似ています。多摩区でもらった案内には、津田山駅までしか載っていないのです。高津区役所の手前にあった庚申塔。




 その庚申塔の説明。ついでながら、後ろにバーミヤン。




 川崎市の高津区総合庁舎。




 高津区総合庁舎前にある「平和の憩い」像。




真宗寺

 高津区総合庁舎の少し西に、通りに面してお寺があります。ビルのような建築の「浄土真宗本願寺派正覚山真宗寺」です。




 それでも額は、なかなか見事です。




 建物の左側(西)には、水子地蔵もありました。左は、厚木街道(246号線)が南武線を超える陸橋です。また、空き地は真宗寺の駐車場らしい。




 道の反対(南)側には、保育園。もしかしたら、このお寺の経営かもしれません。




厚木街道の跨線橋

 南武線を超えようとしたら踏切がないので、厚木街道の歩道を渡ることにした。驚いたことに、その下は公園になっていて、名称が「下作延中央公園」となっている。公園のイメージが、何となく異なってしまった。




 公園の上から、厚木方向を見ると。




 同じく、東京方向。




 階段を下りると、やはり公園。向こうの部分とは、つながっていない。線路があって、遮断されているからである。だから、私は上の歩道を渡らざるをえなかった。面積は、向こうにあった表示と同じであるから、全体の値である。




 そこを右(東)に行くと、小さいながらも石庭。




 振り返って見ると、自動車の販売店。




宗隆寺

 宗隆寺(そうりゅうじ)の御会式(おえしき)は、今でも賑わうそうです。その参道。




 山門。幼稚園も経営していて、その送迎バスが見えます。




 山門の額。下のほうに、黒門の千社札が見えます。




 本堂。




 本堂の額。




 「善日麿」の像。なお、善日麿は日蓮の幼名(ようみょう)です。




 祖師堂。




 祖師堂の額。




 宗隆寺境内にある芭蕉の句碑についての説明。




溝口神社

 宗隆寺のすぐ近くにある神社。




 内陣には、びっくりするくらい大きな鏡。




 青い袴の若い神職がいたが、何となく上品ではなかった。




二ヶ領用水を遡って

 神社から少し北東に行くと、二ヶ領用水の西浦橋。川は、向こう(北西)からこちら(南東)に流れている。




 西浦橋から上流を見ると。




 下流を見る。




 川に沿って、上流に向かって少し歩く。すると、厚木街道を超える歩道。二ヶ領用水は、暗渠になって厚木街道の下。




 その歩道橋の上から、東京方面の眺め。




 逆に、厚木方面。




 厚木方面の左側に、「花工場」があった。




 橋を下ると、木々の間を二ヶ領用水。




 橋を下ったところから振り返ってみると、厚木街道の下が暗渠になっている。
 なお、この先(二ヶ領用水の上流)については、「津田山駅周辺」に記述します。





大山街道ふるさと館

 大山街道と「大山街道ふるさと館」について、写真を見ていただきましょう。下は栄橋交差点から南を見たところ。つまり、厚木・大山方面です。道が曲がっているのがわかります。




 栄橋交差点から北に向かうと、二ヶ領用水。その大石橋です。歩道部分の欄干はデザインが古風で、なかなか凝っています。




 二ヶ領用水の上流を見ると。




 同じく、下流。




 「大山街道ふるさと館」。




 中へ入ると、すぐ左手に大きな掛け軸。




 そして、スロープを上がって展示室。




 古い庁舎の模型があった。




 慶応四年、つまり明治元年(1868年)の三月に発令された太政官高札。




 その書いてある内容。




 二階には、宇田川君江氏の「ためらい」。




 さらに上には、同じく歌川氏の「巣立ち」。




高津こども文化センター

 高津駅の南に「高津こども文化センター」があります。大山街道に面して、「大山小径」という標識がゴミと一緒になってありました。




 その標識を入っていくと、溝口南公園。




 溝口南公園の中に、「高津こども文化センター」。




二子塚公園(トロリーバス)

 二子塚公園は、府中街道のちょっと南にある小さい公園です。そこには、「史蹟二子塚之碑」がありました。また、ラクダの置物もあるのですが、私にとっては何となく違和感があります。




 それよりも、かつて走ったトロリーバスが何とか原型をとどめて残っていました。全部のデザインには見覚えがあります。




 前に回ると、残念ながらイチョウの木があって見れません。




 トロリイーバスの説明です。




二子二ヶ領公園と二子坂戸緑道

 川沿いに小さな公園と緑道があります。もしかしたら緑道のほうは、かつての川の流域だったのかもしれません。




 緑道は、歩行者専用道路になっています。




 大きく曲がっていたりして、川の流域を感じさせます。




二ヶ領用水(第三京浜付近)

 川崎市高津区北見方一丁目8の辺りを流れる二ヶ領用水。小さな橋には、名前の付いた標識が付いていなかった。上流方向の眺め。




 下流方向を見ると、第三京浜が見える。写真では右下がりになっているようだが、実際にそうなっていた。




御嶽神社

 第三京浜の川崎インターチェンジの近く。高津区坂戸二丁目である。御嶽神社の正面。




 御嶽神社の本殿。回りに鳥居がいくつか見える。




 鳥居は神社外の見えないところにもある。




 入り口のまん前には弁財天。この鳥居は、赤く塗っていなかった。




 それはともかく、本殿の額。欄間には、見事な彫り物。




 かなり大きな近代的な神楽殿。色合いが、なかなか素敵ではないか。




安養院

 御嶽神社のすぐ側(そば)に「智山派御嶽山安養院」。




 門を入ると、すぐ左手に六地蔵さま。経文の書いてあるお揃いの前掛けをなさっている。




 本堂。




 本堂の額。




 本堂の左手にある赤い幟(のぼり)が立っているところが観音堂。




 観音堂の額。




 観音堂の内陣。




 境内の野外には、水かけ浮動さま。




久本薬医門公園

 まず、「久本薬医門」とは何ぞや? 下の故事来歴を読んでください。




 その門です。前に、庚申塔が立っています。




 「薬医門」と「庚申塔」についての説明。




 補修された蔵が残っています。




 蔵に関する説明。




魚籃観音

 高津区久本一丁目5-15の個人のお宅にあった魚籃観音。数軒先にある床屋のご主人が道の掃除をしていて、教えてくれた。久本薬医門公園にあったのだが、地震か台風で倒れたままになっていてので、そこのおじいさんが家に連れてきたらしい。

<l


 左横からのお姿。




 右横から。面(おもて)が大通りに面している。




 手に持った魚籃。魚の尻尾が見える。




 お顔のアップ。




久本神社

 ご本尊は、「天照大神宮」です。




 本殿は、鉄筋コンクリート造り。




 本殿の額。




洗足学園

 最初、道から見ると大きな建物で、いったい何かと思いました。




 歩道に大きなボールが二つ。転がらないように、おそらく軸を入れていることでしょう。




 だいぶ行ってから、振り返ると。こちら側の建物に、鳥の造形が付けてありました。




 ちょっと気になったので、ズームしてアップ。梟(フクロウ)のようです。、西洋には、フクロウが学問の神という意見もあるようです。また、アイヌの民話にもフクロウを神として崇(あが)めたストーリがありました。




大蓮寺

 溝の口での最初の参拝でしたので、写真をたくさん撮りました。まず、山門。




 本堂。




 本堂の額。「光昭山」と読むのでしょうか。




 六地蔵。




 左奥に「六地蔵とは」という説明板がありましたが、うまく撮影できませんでした。




 右から、檀陀地蔵。




 宝処地蔵。




 宝手地蔵。




 持地地蔵。




 宝印手地蔵。




 堅固意地蔵。




 そして、奥には水子地蔵。下に「無量寿廟」。「廟」は「おたまや」と読むのでしょうか、それとも「びょう」でしょうか。




 さらには、犬や猫の観音さま。下に、「如是畜生発菩提心 諸動物之霊廟」。これは、「れいびょう」のようですね。




 立派な手水鉢(ちょうずばち)がありました。




 境内の石壁に、ヨーロピアン調の獅子の顔。




 雨垂れ受けの鉢も、なかなか凝っています。




 境内にあって、観音さまやお地蔵さまとは異なって、ちょっと場違いのように思いましたが、何とも素晴らしい造形です。おっぱいを見ると女性のようでもあり、オチンチンを見ると男性のようでもあります。かつて私は、「観音さまは両生具有」ともれ聞いたことがあります。




龍台寺

 正式には、「天台宗命府山理性院龍台寺」と言い、由緒のあるお寺のようです。




 本堂。




 本堂の額。




 寺の案内板。




 下に、「照一隅 めぐり地蔵尊」とありました。




 ペットの慰霊塔です。




 毘沙門堂。




 毘沙門堂の額。




八幡宮(新作団地奥)

 新作団地に隣接してあります。もっとも神社は前からそこにあって、団地がそこまで進出したのでしょう。入り口は、団地用に作ったものです。




 自転車の右側に貼ってあった案内板。八幡宮は、左の奥。




 左右は団地。右の小屋も、団地のもの。奥に西門の鳥居が見える。




 本殿。




 本殿の額。




 本殿の内陣。欄間(らんま)にも、額がある。手前の格子は、賽銭箱(さいせんばこ)。




 本殿の右に、小さな祠(ほこら)。




 左にも。おそらく、開発によってここに合祀されたものでしょう。




 南側の入り口にある鳥居。こちらが正門かもしれない。




 境内から見た眺め。




薬師院

 「医王山薬師院」。この山号・寺号から、最初は医学的な由緒を考えたのだが、そのことはどこにも記されていなかった。もしかしたら、まだ私の調査不足かもしれない。下の写真は、入り口。




 本堂。正面から全体を撮る場所がなかったので、上のようなアングル。




 本堂の額。




 本堂の右側にある別院。




 その別院の額。




 故事来歴。




 文化財。




 裏手の墓地に六地蔵がましました。




山越えで一苦労

 薬師院の裏から、「市民プラザ通り」にある養福寺に出ようとして一苦労。グーグルの地図で見ておいたが、高さの概念がわかりにくい。そこで、近道のつもりが現実には山越えの坂道で大変であった。平地をぐるっと回ったほうが、楽ちんだったかもしれない。とにかく、薬師院の裏山の林道みたいな急坂を登って、何とか高台の住宅街に出る。すると、そこにはほぼ北を向いたお地蔵さま。地番で言うと、「川崎市高津区新作三丁目22」。




 でも、今度は降りる道がわからない。前方の中心に見える養福寺に行きたいのだが。




 高台の道をテクテク歩いて、北を見ると畑になっている。新作三丁目11の辺り。




 そして、またお地蔵さま。




 中を覗くと、柔和なお顔をしておられたのでアップ。




 そのお地蔵様のところを左(南)に曲がって、右前方に川崎市民プラザのゴミ焼却場。煙突がひときわ目立つ。向こうも高台になっている。道は、かなり下。




 道を下って、民家になる。川崎市新作1626の富田さんのポストを見て、ひとまず安心をして一息つく。もしかしたら、新しい地番では「新作一丁目16」かもしれない。何ともユニークな素晴らしい郵便受けではないか。




 さらに下ると、民家の間を小さい川。新作三丁目1の辺りである。




養福寺

 市民プラザ通りに面して入り口がある「天台宗無量山養福寺」。通りの北側にあって、「養福寺前」というバス停にもなっている。また、負荷が重くなってしまいますので、『生れ年守護仏(養福寺)』は別ページにしました。




 山門。




 本堂。




 本堂の額。




 本堂の内陣。




 観音堂。右は、墓地の入り口。




 ご詠歌。




 山門の前にある六地蔵。




 いったん市民プラザ通りに出て、ほぼ全景を写す。




生れ年守護仏(養福寺)



川崎市民プラザ

 いろいろな複合設備ですが、隣接する橘処理センターの熱交換でプールなどを運営しているみたいです。その東側の入り口。




 西側のメイン入り口。




 プールや体育館などがあります。




 子どもの遊び場です。




 西側に隣接する橘処理センター。ひっきりなしに、ゴミ収集車が出入りしています。




新作小学校

 「川崎市立新作小学校」です。運動場が、とても広い学校です。




 橘処理センターが、向こうの丘に見えます。




 また、川崎市民センターも一望できます。




 壁にある徽章が素晴らしいので、望遠でズームアップ。麦の穂をデザインしているのではないでしょうか。新作の周りにある輪は、小学校の「小」の字を表わしているのでしょうか、それとも川崎市の「川」でしょうか。




杉山神社

 遠くから見ると大きな木があるのがわかります。




 近づいてみると、シイノキで保存樹木になっていることがわかります。また、神社ではご神木の扱いを受けているようです。




 本殿。




 本殿とは別にある建物。右の鳥居が、入り口。




 入り口の鳥居を下から見ると。




明鏡寺

 「天台宗松林山明鏡寺」。




 本堂。太い石灯籠が、ちょっと印象的。




 本堂の額。菊のご紋章が下の扉に付いている。




 内陣を覗くと。




 高いところに観音さま。




 観音さまのズームアップ。




 木造の三重の塔がありました。




 六地蔵。




増福寺

 「天台宗茂岳山増福寺」。




 本堂。




 本堂の額。




 境内にある八幡宮(神社)。




 八幡宮の額。




 八幡宮の内陣。




 大慈悲殿。




 大慈悲殿の額。




 六地蔵。




 伝教大師。ご幼少の像と大人になられた像。




 伝教大師に関する説明。




川崎北税務署

 入り口。実際の建物まで、かなりある。




 税務署の建物。後ろにあるのは、マンションで税務署ではない。




 税務署の隣(北側)には、かなり高級なマンション。そのエントランス。




富士通ゼネラル

 八欧電機だったかゼネラルか忘れたが、そんな時代に仕事のことで何回か訪問。本館のイメージは変っていないようだ。




 しかし、敷地内に大きな建物が幾棟も建ったみたい。




 南武線のほうから見た工場。




THE TOWER & PARKS

 ものすごく大きな建物です。




 高層部は居住空間、そして下は商店や事務所になっているようです。




 しかし、大きくても何となく閑静な感じがするので不思議です。




 下には池があったりして、落ち着いた雰囲気をかもし出しています。




 池にある中の造形。鳥が魚を捕る様子をあらわしているのでしょうか。




久本小学校と高津高等学校

 川崎市立久本小学校と川崎市立高津高等学校が隣同士であります。久本小学校の中を覗くと、小さい噴水がありました。




 高津高等学校には、女子バレーボール部と女子ソフトテニス部が全国大会に出場するという垂れ幕がかかっていました。




 小学校と高校の間には、電話ボックスがありました。




Kuroda Kouta (2008.05.10/2011.12.26)