総トップページにジャンプ

  三鷹台駅周辺



はじめに
三鷹台駅 場所
立教女学院
神田橋
川沿いの小さい公園


はじめに

 かつて、三鷹市牟礼(むれ)と言った土地です。田園地帯というか、いわゆる田舎だったのですが、近年になって宅地開発が行われました。今後は、北はJRの中央本線の辺りまで、南は中央高速の辺りまで歩いてみたいと思う。


三鷹台駅 場所

 駅の改札口は、二階になっている。




 駅と道路と川の関係で、空間を利用せざるをえない状況のようです。




立教女学院

 駅の北側の高台にあります。何かの大会で優勝した学生がいるのでしょう。垂れ幕に「」と書いてあります。




神田橋

 神田川にかかっている神田橋。上流を見ると、住宅がいっぱい。しかし、昭和三十年代には、まだ護岸もしてなく民家もまばら。井の頭線の下をくぐった辺りで、ヌートリアを飼っていた。何でも駐留軍関係者のミンクのようなコートを作るためだったらしい。台風のときに百匹ほど逃げ出したことがあった。




 神田橋。




 井の頭池と、この周辺の神田川の流れ。




 下のような表示が、両岸のあちこちにあった。




川沿いの小さい公園

 さらに神田川沿いに歩いていくと、左岸に小さい公園があった。




 その椅子であるが、何となく奇妙な形をしていて座る気がしなかった。私は、ふと江戸川乱歩の『人間椅子』や楳図かずおの『まことちゃん』に出てくる歩く椅子などを考えたからだ。




 そして、さらに川を下ると右岸に小さいながらも日本風の庭園。さらに下ると、久我山駅周辺になってしまう。ともかく、民家間の空き地を公園にしてくれるのは、何ともありがたい。




Kuroda Kouta (2008.07.13/2010.08.14)