総トップページにジャンプ

  三ノ輪橋駅周辺



はじめに
三ノ輪橋駅 場所
三ノ輪橋駅付近
真正寺
円通寺(大観音)
西光寺
真養寺
千手天王素盞雄神社
日慶寺
浄閑寺
小塚原回向院
延命寺
南千住駅
南千住駅付近
広徳寺
春慶院
東禅寺
宝晃寺


はじめに

 都電荒川線の終点「三ノ輪橋」を降りて、昭和通りを歩いてみました。また、このページは南千住駅周辺までを範囲としましょう。
 なお、広徳寺・春慶院・東禅寺・宝晃寺は少し遠いのですが、東禅寺の江戸六地蔵を参拝するために足を伸ばしました。(実際には、南千住車庫から東浅草までバスを利用しました。)


三ノ輪橋駅 場所

 駅事務所のような建物は、まったくありません。単に線路が、そこで終わっている感じです。なお、トイレはホームの北側にありました。




 早稲田方面から来た電車。右側のホームで乗客を下ろし、乗車ホームに入ってくる。線路は、ここで終わりになっている。




三ノ輪橋駅付近

 駅に向かって右(北東)に進む道がアーケードになっています。




 その通りが終わると、工事をしていました。




 南千住交差点(信号)。向うに素盞雄神社が見える。左端は交番。




 南千住交差点から南千住駅へ向かう道路のガンキ。




 浄閑寺前の公衆トイレ。




真正寺

 曹洞宗真正寺。昭和通りに面した入り口は、もはや小さくなってしまったようです。




 入り口の横に、説明板がありました。




 少し奥まって、門。右の石柱には、「真正寺」。左には、「護国観音」。




 改めて本堂のアップ。




 本堂の額。




 あまり大きくはないが、護国観音。




円通寺(大観音)

 曹洞禅宗円通寺百観音。




 入り口にあった看板。




 建物の一部となっている大観音。




 そのアップ。




 本堂下にあった仁王(右)。




 仁王(左)。




 精舎。




 精舎の額。




 鷹見の松・四十八首塚・七重の塔。




 右にある立て札。




 旧上野の黒門。銃弾の穴が、多く残っている。彰義隊士の墓もある。




 子育地蔵尊。




西光寺

 浄土宗西光寺の門。




 門の左にあった説明文。




 本堂の額。




 掲示板。




真養寺

 日蓮宗運千山真養寺。




 説明文。




 本堂の額。




千手天王素盞雄神社

 「素盞雄」は「すさのお」と読む。ふつう、「すさのおのみこと」を言い、「素戔嗚尊」「須佐之男命」などとも書く。日本神話の神であって、伊奘諾尊(いざなぎのみこと)と伊奘冉尊(いざなみのみこと)の子である。また、天照大神(あまてらすおおみかみ)の弟にあたる。
 三ノ輪橋駅から昭和通りを北に歩くと、南千住交差点(信号)のところに交番がある。その角に大きな看板。




 そこを左に曲がって、南門。




 本殿に向かって、その額。




 本殿の内陣。




 本殿横、つまり昭和通りから入ったところには、お雛さまがいっぱい。(2010年3月15日、月曜日)




 別殿にも、お雛さま。客の出入りする客殿であろうか。




 さらに、神楽殿にも飾られていた。




 南門の狛犬。右側。




 左側。子犬もいる。




 素盞雄神社の中に、浅間神社がある。




 文人に関する立て札。




 千住 おおはし。左の柱には、「これは矢立の初めとして、行く人なほ進まず 人々は途中にて立ち並びて、後影の 見ゆるまではと見送るたるべし」と三行に書いてあったみたい。」。




 芭蕉の記述板。




 乃木希典の書。




 桃に関する記述。




 桃の続き。




 交番のところにあった看板の反対側。




日慶寺

 日蓮宗円心山日慶寺の入り口。




 説明文。




 本堂。




 本堂の額。




 立正安国の像。




 鬼子母神の祠。




 中のお像のアップ。




浄閑寺

 昭和通りから少し入ったところ。




 その説明文。




 本堂。




 本堂の額。




 史蹟。




 本堂の手前右にあった仏像。下には、「南無阿弥陀仏」とあった。




小塚原回向院

 小塚原回向院の近代化された入り口。




 説明文。




 解体新書(原著)の扉。




 解体新書の説明。




 小塚原刑場の説明。




延命寺

 小塚原回向院が線路によって分断されたみたい。その入り口。右の三枚のプレートには、それぞれ「史蹟小塚原刑場跡」「浄土宗」「首切地蔵 延命寺」。




 入り口にあった文。




 その続き。




 解体工事のお知らせ。




 首切地蔵。右を走っているのは、つくばエクスプレス。




 ちょっとアングルを変えて。




 左の立て札を読んでみよう。




 もう一度。




 そして、出てからふり返ると。




南千住駅

 東京メトロの南千住駅。実際には、南から北東にかけて「東京メトロ南千住駅」「つくばエクスプレス南千住駅」「JR南千住駅」の三駅が別々にある。




 南側の跨線橋から見たホーム端。




南千住駅付近

 改めて東京メトロの下を跨線橋から見ると、操作場の引込み線が見られる。




 跨線橋から反対側、つまり泪橋方向を見ると。




 操作場の眺め。




広徳寺

 浄土宗広徳寺。




春慶院

 浄土宗春慶院。




 本堂。




 本堂の右手奥に、福徳子育地蔵尊。




 すこやか地蔵尊は、福徳子育地蔵尊の半分くらいの大きさ。ちょっと首をかしげておられる。




 高尾太夫の墓。




 その説明文。




 キツネと猫か。あるいは、犬と猫か。もしかしたら、ペットの墓地かもしれない。




東禅寺

 曹洞宗東禅寺。江戸六地蔵の一つがある。




 お地蔵さまのアップ。




 違ったアングルで。




 左手に夫婦の像。残念ながら、下の板の文字が読めない。




宝晃寺

 唱楽山宝晃寺。




 額。




 建物は民家の間にある。




Kuroda Kouta (2010.03.15/2014.03.29)