総トップページにジャンプ

  西馬込駅周辺



はじめに
西馬込駅 場所
馬込文士村商店街
湯殿公園
湯殿神社
大田区立郷土博物館
円乗院
夢告観音


はじめに

 初めて降りた駅です。


西馬込駅 場所

 都営浅草線の終点西馬込地下駅から出たところ。前の道路は、第二京浜。




 駅を横から見ると。




馬込文士村商店街

 文士村商店街があった。馬込に住んだ和辻哲郎・倉田百三・北原白秋・川端康成・山本有三たちに因(ちな)んだのであろう。




湯殿公園

 大田区立湯殿公園であるが、何だか家屋が物納になった跡みたい。




 入って見ると、やはり門柱がある。




 隣りのドラゴンハイムIのほうが、飾りもあって何となく立派。




湯殿神社

 湯殿神社の入り口も狭い。




 入って右手に地蔵が数体。




 そして、鳥居。




 鳥居の額。鳥居も額も、木製だとわかる。




 本殿。




大田区立郷土博物館

 西馬込駅の東北400メートルくらいのところに、大田区立郷土博物館。




 屋外の掲示に、「馬込文士村」の説明があった。




 古い時代の父子(想像復元)。




 埴輪観音。

<l


 埴輪観音の説明文。




 土器の製造(想像復元)。




 かつての蒲田駅。




円乗院

 手前の石柱には、「陽雲山南晴寺円乗院」。その山門。右の柱には、「高野山真言宗準別格本山」。左には、「円乗院」。




 山門の額。




 本殿。




 本殿の額。




 太子堂。




 太子堂の額。




 太子堂の左には、観音さま。下には、ただ「三界万霊」。

<l


夢告観音

 寺院に属さない(と思われる)西馬込夢告観音堂。夢告観音は、「ゆめつげかんのん」と読むのであろう。通りに面して小さな祠があるが、何となく仮に置いてある感じも否めない。




 観音さまは、ちょっとお姿が崩れてしまったみたい。

<l


 後ろの由来を大きくして見ると。




 少し斜めから。




 反対側から。




Kuroda Kouta (2010.05.25/2014.03.29)