総トップページにジャンプ

  町田駅周辺



はじめに
町田駅 場所
境川と千寿閣
鹿島神社
青柳寺
宋保院
町田天満宮
祥雲寺
勝楽寺
浄雲寺
芹ヶ谷公園
国際版画美術館
菅原神社


はじめに

 かつて専門学校の講師をしていたときには、週に何回か行った。講師をやめてからは、玉野先生を訪問するときに行く。もはや、歩行ができない状態になっておられるが、すでに86歳(大正11年生まれ)であるから、仕方のないことかもしれない。きょう(2007年11月26日、月曜日)伺ったときは、芹が谷公園の写真を何枚か撮影した。


町田駅 場所

 町田駅は、小田急町田駅とJR町田駅がある。ちょっと離れているが、かつて国鉄の原町田駅のころから考えると、ずいぶんと開けて賑やかになったものだ。下は、町田街道に沿った小田急駅入り口。左の石柱に「北方よこはま」とあり、その奥は交番。




 町田街道の踏切から、小田急線のホームを見る。ホームの上は、小田急デパート。




 JR町田駅の南口。駅の後方には、JORNAと丸井。写っていないが、左手にはヨドバシカメラ。




境川と千寿閣

 JR町田駅の南口を下りて少し行くと境川。上流側(西)には、小田急線。




 そして、道なりに進むとホテルラポール千寿閣。結婚式場だろうか、教会風の建物がある。





 本館は、堂々としている。一回の喫茶室には、何回か入ったことがある。




鹿島神社

 村社鹿島神社の参道。




 本殿。




青柳寺

 方運山青柳寺の山門。




 山門の額。




 説明板。




 本堂。長い綱が伸びている。




 本堂の額。何と書いてあるのか読めない。しかし、下の二字は、何となく「微笑」に見える。中では、お参りが行われていた。




 鐘楼。




宋保院

 曹洞宗金森山宋保院。寺号がないらしい。その山門。




 山門に掲げてある額。




 標語が貼ってあった。




 石柱の文字が独特で気品のあるような感じ。

  


 本堂。




 鐘楼。




 鐘楼の下には、ちょっと変ったお面持ちの観音さまがましました。




町田天満宮

 JR横浜線をまたぐ格好で、陸橋の参道ができている。




 説明文があった。




 本殿。




 本殿の額。




 本殿の内陣。




 境内には牛の置物が二つ。その新しいほう。




祥雲寺

 曹洞宗瀧澤山祥雲寺。町田市高ヶ坂にあるが、行きにくそうな場所なので、仏具店で尋ねた。




 教えてくれたとおり線路の反対側を行って、踏切りを渡ると一望ができる場所。




 山門を入る。内側から見ると、上が鐘楼になっていた。




 本堂。




 本堂の額。




 境内には、大きな水子観音さま。




 十二支の石像があった。右からね(鼠)・うし(牛)・とら(虎)。




 う(兎)・たつ(竜)・み(蛇)。




 うま(馬)・ひつじ(羊)・さる(猿)。




 とり(鶏)・いぬ(犬)・い(猪)。




勝楽寺

 町田駅の北口、開発地域にあった浄土宗三宝山勝楽寺。その山門。




 境内の地図。塔が印象的。




 本堂。




 本堂の額。何と書いてあるか、私(Kuroda Kouta)には読めない。下の仏さまの形は切り抜いてあって、そこからお賽銭を入れる。




 鐘楼。




 塔。てっぺんにある飾りは、遠くから見える。手前にあるのは、エレベータ室。




 本尊の説明。




浄雲寺

 町田駅北側150メートルほどの繁華街にある日蓮宗法要山浄雲寺。その本堂。




 本堂の額。欄間ではないが梁の上の龍の彫り物がすばらしい。




 境内に夜盗塚があった。




 その説明文。




 鐘楼。




 日蓮の立像。下には、「立正安国」。




芹ヶ谷公園

 駅の北方にある静かな公園。




 入ってしばらくすると、光った丸い玉。それも穴が開いている。




 やがて、このような造形。いったい何を表しているのか? 私にはわからない。




 これも、何を意味しているのだろうか。美術については、ど素人のために「豚に真珠」のように、私には芸術的価値が、とんとさっぱり。




 これもそうであるが、しばらくすると溜まった水の重みで回転をするようになっている。じっと見ていると、なかなか面白い。




 ほぼ中央に道があって、その下を水は流れる。散策をする人は、手前のトンネルを抜ける。
 自動車や通勤・買い物の人は、上の通りを行く。




 トンネルを西に抜けると、花壇があった。




 池があって、小さい島がある。11月半ばを過ぎて、紅葉が見事。




 上流には、石だけの島がある。




 さらに、水源に行くと湿地になっている。ミズバショウが、少しだけ咲いていた。向こう(西)の崖上には小田急線が走っている。右が新宿方向。左方向には町田駅。




 下は、トイレである。小ぎれいで気持ちがいい。しかし、それよりも入口にある「男」と「女」。それが、「ひょっとこ」と「おかめ」になっているのが、なかなか面白いではないか。




国際版画美術館

 芹ヶ谷公園の一角に、版画美術館がある。ユニークな落ち着いた雰囲気なので、時間の余裕があるときには入る。




菅原神社

 本町田菅原神社。その入り口。奥に見えるのは、交番。




 由緒が書いてあるが、光ってしまって読みにくい。




 本殿。逆光になるので、横から写した。




 神楽殿。




Kuroda Kouta (2007.11.26/2010.04.05)