総トップページにジャンプ

  喜多見駅周辺



はじめに
喜多見駅 場所
国本女子高・中・小学校
氷川神社
慶元寺
須賀神社
第六天塚古墳
知行院
宝寿院光伝寺
次大夫堀公園と民家園


はじめに

 喜多見駅周辺を散策してみましょう。


喜多見駅 場所

 柴崎駅から野川を下って行って、小田急線の喜多見駅から帰りました。一日に歩く距離を4キロメートル以下にしているからです。なぜならば、膝が痛くなってしまわないためです。




 ホームから見るとおわかりのように、すでに複々線になっています。各駅停車だけが喜多見駅に停まって、急行などは中央の線路を通過していきます。見える電車は、エキスプレスの新宿行きです。




国本女子高・中・小学校

 北見駅から南に300メートルくらいのところです。




氷川神社

 駅から1キロメートルほど東南、世田谷区喜多見四丁目にあります。本殿の正面に参道がありますが、知らないので脇から入りました。




 堂々とした本殿です。




 本殿の額。




 東から入る100メートル以上の参道。むろん、突き当りが本殿。




 本殿の北にある舞台。




 氷川神社の故事来歴。




慶元寺

 氷川神社から200メートルほど東南にあります。浄土宗で、正式には「永劫山華林院慶元寺」と言います。おそらく、由緒のある寺でしょう。




 門を入ると、木漏れ日の参道が続きます。




 参道には、江戸太郎の銅像が。




 参道が終わると、中門です。




 墓地には、三重の塔が建っています。




 墓地の片隅に、無縁塔がありました。




 寺の故事来歴。




 落ち着いた雰囲気の本堂。




 本堂の額。




 鐘楼です。




 若い姿の法然は、ちょっとめずらしい。




 裏手に大きな幼稚園も経営していました。




須賀神社

 世田谷区喜多見四丁目に、小さい社(やしろ)がありました。




 この須賀神社にまつわる伝承。




第六天塚古墳

 小さい古墳がありました。




 その説明文。




知行院

 世田谷区喜多見五丁目にあります。天台宗で、山号は「龍宝算」です。




 絵付きの掲示がしてありました。右の絵の右下には「一隅を照らす運動」とあります。




 ロータリークラブも便乗して、下のようなものが貼ってありました。




 さらに、石の掲示もありました。「衣食」は、健康においても大切な問題です。




 本堂です。前にある甕(かめ)は季節になったら蓮を植えるのでしょう。右のほうに、そのための池がありました。




 本堂の額です。山号のほうが、額になっています。




 見事な鐘楼もありました。




 由緒が書いてあります。




宝寿院光伝寺

 知行院の東100メートルくらいのところ。同じく喜多見五丁目です。正式には、「長徳山宝寿院光伝寺」と言います。




 なかなか落ち着いた感じの本堂でした。




 本堂の額です。




いわれが書いてあります。




次大夫堀公園と民家園

 おそらく、野川の旧流域だったのでしょう。現在でも流れを利用した公園になっています。




 園内には、小川が流れています。




 次大夫公園とその民家園が、野川の右岸に位置することがおわかりでしょう。




 民家園の入り口前には、池があって鴨が泳いでいます。




 民家園は、古い建物を移築したようです。




 のどかなかつての農村を思い出させる家屋です。




 上の写真とは別な建物ですが、とてもよく似た感じがします。




 防風のために垣根を利用したようです。




 おそらく、この公園の名前の由来となった小泉次大夫という人がいて、土地の測量などをしたのではないでしょうか。




 郷土史家の田中隆之氏の記念碑もありました。




Kuroda Kouta (2008.02.27/2008.02.29)